ブログ

事例234(梁の切り欠き)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今週の寒さはこたえますね。
 
 東海地方は日本海側からの雪が入りやすい
 岐阜県や一宮市付近は雪が積もりやすい。
 
 天気予報が気になる1週間でした。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「梁の切り欠き」
 ________________________
 
 234
 
 

 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 2×4 の2階床根太(梁)
 中央下側を電線を通し切り欠いている。
 耐力上支障が出る箇所で切り欠いてはいけない。
 
 
 
 ◆内容説明
 
 建築基準法施行令
 (はり等の横架材) 第四十四条  
 
 はり、けたその他の横架材には、その中央部附近の
 下側に耐力上支障のある欠込みをしてはならない。
 
 
 以前にも数例紹介しましたが、
 法律になくても
 この部分の切り欠きは弱くなるのでNG。
 
 
 電気屋さんが基準を知らないため
 施工の便宜上、電線を通してしまったのでしょう。
 
 
 
 ◆対策
 
 基礎や木部など構造材に穴をあける場合
 現場管理者の許可を得るなど勝手に施工させない。
 
 それと、職人さんへ基準を理解させる。

 
 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 多くの紛争現場がある反面
 
 すごく優秀な現場を
  「新築検査」で見ます。
 
  現在は3件 思い浮かびます。
  
 
 きっとそれは
   大手メーカーでしょう?
 
   と聞かれそうですが
   
   
  
  
   「違います」
 
 
 1社はハウスメーカーですがあと2件は小さな会社です。
 
 
 結局、現場は
 監督さん、職人さん次第なんです。
 
 良い家を造るという意識の監督さんが
 担当になるかが重要です。
 
 
 初めて家を建てるのにこんなこと
 見分けるのは無理だと思います。
 
 
 
 検査前に相談に来ると
   こんな事とかいろいろな不安に答えます。
 
 
 検査依頼前提なら1回は無料です。
 
  お気軽に問い合わせください。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影