ブログ

下請け業者へのタカリ

鹿島建設の幹部が、下請け業者に過剰な接待と
キックバックを要求していた件。

これと同じことを、私が社会に出た頃は、
堂々とやっている幹部社員が多かった。
景気が良く、公共工事の談合なども当たり前の時代。
所定の利益を出していれば会社も黙認していたと思います。

その後、バブルがはじけ、会社のチェックも厳しくなり、
急激に減っていった印象があります。

昨年、あるハウスメーカーの現場で、その会社に不満を持つ
下請けの社長が、○○課長は頻繁にキックバックを要求してくると言ってました。
検査に来た私に言うくらいなので、いろんな人に言っているのでしょう。

お金と仕事を回しあうことで、お互い関係がよくなりそうですが、
その現場は、下請けの社長がわざと手を抜き、最終、大トラブルに発展。
私が完成検査に来るのを知っていて、工事課長を困らせるために
自らシナリオを考え、手抜きを実行したようです。

お客さんにとっては、とても迷惑な話し、
その修理で引き渡しが数ケ月延びました。

 

 

 

タイムチャージ報酬

先月末から今月初めにかけて、欠陥検査が集中しました。
書類作成期間を設けるため、2週間ほど欠陥検査をストップ。
(新築検査は通常どおりです)
ただ、あまり待ってもらうのは申し訳ないため、明日から再開です。

紛争などのサポートにおいて、タイムチャージで報酬を頂くことがあります。
弁護士事務所では、電話やメールの時間を含め、
きちんとタイマーで時間をカウントしているようですが、
私の場合は、端数の時間を削り、少な目に請求することが多いです。

タイムチャージでない場合は、弁護士の着手金のように
まとめて頂く形態もありますが、揉め事は、先の展開が読みにくいため
タイムチャージでお願いすることが多いです。

中には、検査を依頼したのだから、あとの対応は込みではないか
と思われる方も見えますが、対応込みにしますと、検査費用が高くなり、
すんなり解決する方にとっては損です。

検査後の対応は、一様ではないため、タイムチャージでのご請求が、
無駄がないと思います。

 

 

 

現場の人手不足

最近では、住宅の現場においても外国人の職人がいるのが
当たり前になってきました。

検査に行った現場で、てきぱきと仕事をこなす若い職人がいて、
声をかけてみると、まだ日本に来て3ケ月だと聞いて驚きました。
日本に来る前に母国で研修をしてきたそうです。

建築現場にいる多くの外国人、特に研修生は、最低賃金で雇われている。
居住費などを引かれると、手取り10万円くらいが実態のようです。
(最低賃金で1日8時間働いて、手取り10万円。単純計算しても引かれる額が
結構な額になります。家賃、光熱費以外に渡航費やビザ代行料、母国での研修費
なども引かれているのでしょうか、食事や携帯は自己負担だそうです。)

人手不足を補い、安く使える。ハウスメーカーや工務店にとっては良いことですが、
今は安く雇うことができても、将来的はどうなるか分かりません。
おそらくアジア圏の経済発展に合わせ、外国人職人の賃金も上がっていくと思います。

一部の会社では、人手不足対策で、現場の手間を減らす取り組みを進めています。
手間が減れば、その分、施工ミスが減る。

各社の取り組みに注目していきたいと思います。

 

 

 

家購入の損得

ユーチューブなどでよくテーマになっている。
「持ち家が得か、賃貸が得か」

どちらかといえば、持ち家が損という結果のものが多いです。
確かに、家賃がもったいないから、資産になるから
という考えだけで買うのは、私もやめた方が良いと思います。
金銭の損得だけで判断すれば、損するケースも多いです。

ただ、家を買う時は、損得だけでは買わないと思います。

車を購入する場合、資産になると思って買うケースは稀だと思います。
必要な時にレンタカーを借りるのは面倒、好きな車に乗りたいなどの
理由で買われると思います。
それと同じで、賃貸より広い、グレードが高い、自分の好みにあった家に
住みたいと思うなら、金銭計画をきちんと組んだうえで、
買うのは構わないと思います。

家は金額も高く、所有期間も長いため、いろいろな要因が絡んできます。
先の予想なども付けにくいため、購入で失敗する方も多いです。

失敗しないためには、家を売る側のペースにはまらず、
自分でよく考え、購入を検討する。

知識の補足として、詳しい方へアドバイスを求めることが良いと思います。

 

 

 

 

好ましくない設計図書

昨日の午後から今日の朝にかけてメールが受信できなくなっていたようです。
gmail、ヤフーメールなどに転送もしているため、
その間に頂いたメールの確認はできております。
特に何もするわけでもなく、朝からは元どおり。
原因は不明のままです。
(サーバー会社の統合があり、データ移転が行われていた可能性があります)

 

いろいろな会社の図面を見る中で、
良い図面と悪い図面があります。

悪い図面の例として、情報の記載が少ない。
最低でも建築面積、延べ床面積、長期優良住宅認定、
フラット35適合、住宅性能評価、省令準耐火構造などの仕様の有無を
表示していただきたい。

図面をもとに家は造られます。
職人や検査する側は、図面の情報が少ないと、判断を誤ることがあります、

誰が見ても、その家のこと全てが理解できる図面が良い図面だと思います。

 

施工改善

一部の大手ハウスメーカは、人手不足に備えてか、
施工の簡略化が進んでいる。

熟練した職人が要らなくなる=安っぽくなるイメージを受けますが、
量産を維持するには必要な事だと思います。

大手は開発スタッフがいるため、簡略化ができますが、
地元工務店の場合は、難しい問題です。

現場の職人から施工しずらいという声が上がっても、
手が回らず、スルーされていることが多いです。

施工の簡略化は欠陥施工の確率も減らせます。
誰が施工しても一定の品質になるシステムつくりが重要だと思います。

残価設定ローン

この週末は遠方での欠陥検査でした。
普段あまり通らない道を走っていると、旅気分になります。
このあと11月中旬にかけて、6件の欠陥検査予定があります。
遠方からの依頼が半分以上のため、出張が多くなります。

「残価設定ローン」の住宅版が検討されています。
車ではおなじみの制度のため、ネットで調べると仕組みが理解しやすいです。

現時点で詳細は分かりませんが、仮に30年間と設定した場合、
30年後の家の価値は、どのくらいになるのか、
地価の下落はどのように予想するのか注目しています。

車より期間が長いため、いろいろリスクも多そうです。
特に欠陥住宅を建てて、業者に逃げられた場合は、
残価設定の計画が完全に狂います。

対策として、中間検査や瑕疵保険検査の強化又は、追加の現場検査、
瑕疵保険の拡充も必要になりそうです。

 

 

家相、地相、方位学・・

建築系の雑誌に、家相や風水は、昔の家に当てはまるもので
今の家では、無視してよいみたいな記事がありました。

弟子入りしない限り、家相や風水の深いところを知ることはできませんが、
古くからのデータ、情報を元に判断していることは確かなようです。
ただ、そう単純なものでもなさそうです。

こういったものを信じる信じないは、人それぞれの考え。
家相にこだわっていて、ハウスメーカーの方が
無視しても良いですと言っても、自分の考えを貫くことをお勧めします。

 

 

 

 

建物仕様

時代の流れに逆行して、仕様を落としている会社がある。
もちろん見える箇所ではなく、買主が気づかない箇所で落とす。

ある会社は、告示違反を犯してまで、省エネに関する仕様を下げた。
検査で指摘をすると、自社の仕様で、施工は追加費用がかかると言ってきた。
建売で完成しているため、追加施工は工事中に行うより
3倍くらい費用が掛かる。

そこまでして仕様を落とす理由は利益確保のため。
年間1000棟売る会社であれば、1件当たり10万円で1億円利益がUPする。

これ以上、下請け業者へ値引き依頼もできす、
売値(建売)は、競合も多く上げにくいため、
分からないところで仕様を落とす選択をしたのでしょう。

目に見えない箇所のことですが、生活する上では、非常に影響がある内容。
その10万円で冬場の快適さに差が出ます。

立地や価格以外、性能を比べて購入するをお勧めします。

 

はんこを無くす

河野行革相が提言している「はんこを無くす」に賛成です。

私が裁判所に出す書類。意見書、見積書等で、
はんこがなくてもOKする弁護士もいれば、朱肉で押したはんこにこだわる、
また、紙の質まで指示する弁護士もおります。

統一されていないということは、重要度が低いと思っていました。

捺印することで結果がよくなれば、はんこは必要ですが、
三文判でもOKの書類にはんこの意味は薄いです。

同時に検討されているペーパーレス化も、是非実施して欲しいと思います。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る