ブログ

運気を磨く

より完璧を目指し、行動する施主さんの現場と
大半をお任せして工事途中に興味がない施主さんの現場。
現場でミスや不運が起きる確率が高いのは、前者。

細かくカウントはしていませんが、この業界に入ってから
その考えは変わりません。

なぜそうなるか、深く考えたことはありませんが、
この本に答えがあるのではないと思い、買ってみました。

「運気を磨く 田坂広志著 光文社新書」
科学研究者としての立場から運気について書いた本。

参考になることがいろいろ書かれてる中で、現場に当てはめて例を作ると

・職人にミスを犯さないよう注意したのに、緊張から思わぬミスが発生。
・工事中、躯体が濡れなければよいと強く思っていたら、
台風が直撃してずぶ濡れになった。

失敗を避けようと強く念じていたら、成功ではなく失敗を引き寄せた。
家つくり以外でも、経験があると思います。

すでに家を買ってしまった方も、人生の運気を高めるヒントが
見つかるかもしれません。

 

同じ会社とは思えない

今現在、成長中で勢いのある住宅メーカー。
昨年は施工不良の問題、トラブルが多発。
私に検査依頼した方、3名のうち2名が契約解除した。

今年に入り、急激に品質が上がっている。
昨日検査した基礎の現場は、かなり品質のレベルが高かった。
良い職人をたくさん確保しているようです。

この傾向は、今まで何社か見ています。
会社が安定してくると、良い職人が集まる。
職人は、支払いが良い、仕事量が安定している会社を選びます。

この会社、株価も好調。
昨年まで、品質は、レオパレス以下だとみていましたが、
名古屋地区では、急激に品質が改善されています。

 

書類作成

昼間は2件の新築検査。

書類がかなり溜まっていまして、新たに始まる裁判の書類と
大手メーカーへの修理要求の書類を検査の前後で、集中してまとめました。

19時くらいから手の動きが鈍くなり、タイピングミスが多発。

音声入力も以前、試してみましたが、
精度を考えると、打ち込んだ方が早いです。

これ以上の書類作成はやめて、今日は、手を使わないことをやろうと思います。

 

 

集中作業

欠陥検査の書類作成は、丸1日以上要します。
特に難しい箇所は、集中しないと書けないため、
2,3時間くらい、他ごとを一切行わずに没頭します。

今日の午前中は、難しい内容を書くための集中タイム。
完了後、昼からの現場予定へ行く時まで、頭が疲れてました。

書類作成が完了したあと、最終確認は、頭が冴えているときに実施。
早朝に出社し、最終確認を行うことが多いです。
あとからの見直しで、かなりの修正箇所が出ます。

この流れは、雑誌連載の記事を書く時も同じ。
完成したあと、一晩おいて、翌朝に最終チェックを入れます。

 

 

相談する上での準備

いきなりの電話で、現場の状況を説明されても、正確に理解するのは困難です。
事実かどうか分からない。状況を十分把握できない場合は、
話を途中で切らせてもらいます。

間違った理解で答え、話がおかしな方向に進んでもいけません。

先日も、現場監督から相談がありました。
資料送付を指示したところ、送られてきたものは、情報が少なすぎ。
追加指示したところ、それ以降、何も送られてきません。

私は国土交通省などに質疑を出すことが多いです。その場合、
内容を1回で理解してもらえるように、資料をきちんとそろえます。

相手に回答を求める場合、内容を正確に把握できるよう、
手間を惜しまないことが大事です。

 

営業代行

先月、今月と「営業代行します」という連絡が会社に入っています。

「家に不安がある人を集め、紹介します」

ものすごい違和感を感じます。
わざわざ煽る必要はないと思いますし、
そんな商売は必要ないと考えます。

第三者検査が広まることは良い事ですが、
手段は何でもいいとは思っていません。

どんな形態であっても、私は外部に営業を頼ることは行いません。

 

自分勝手な現場監督

昨日は岐阜県の標高1000mくらいを通過し、山中での打ち合わせ。
所々、紅葉が見ごろでした。

帰り道は真っ暗で紅葉は見えず。観光客がいなくなる夜は、山道でも車のペースが速い。
ゆっくり走っていると大型トラックにも煽られます。
運悪く、途中から先頭になってしまい、高速道路までの約15KM、真っ暗の山道を
早いペースで走りました。(譲るスペースもほとんどない)

昨日の修理打ち合わせは約5時間。
その直前に、現在新築検査中の監督から電話があり、
検査書類を破棄してしまったので今すぐ送ってほしいという内容。

打ち合わせに入るのと、電波が弱いので無理だと言うと、怒り出した。
書類は会社の上司に出すもので、上司の目を気にしているのでしょう。

だいたい工事が終わってもないのに、破棄すること自体が理解できません。

この仕事をしていると、こんなことはよくあります。
いちいち気にしていても仕方がないので、戻ってから送りました。

 

 

 

豪雨

先週の金曜日、愛知県も午前中を中心に大雨が降りました。
ニュースに出ていませんが、被害が結構出ているようです。

昨日、擁壁が倒壊した現場を見てほしいという依頼が入り、
本日、現場を見てきました。

基礎の下まで土がえぐられ、再度雨が降れば、家も倒壊しそうな状態。
原因は、50年ほど前に施工した擁壁の施工不良。
この当時の擁壁は、きちんとしたものが少ない。
長年、何ともなくても、雨の量によっては、地盤が緩み被害が出る。
大きな被害が出る前に、古い擁壁の点検をお勧めします。

壊れる前に補強したほうが、被害を防げ、費用も安く抑えられます。

 

自然災害に対する備え

最近頻発する自然災害に対し、これから家を買う方は
土地などを選ぶ際、災害リスクを考えることをお勧めします。

ハザードマップだけでは、情報が十分とはいえないため、
地盤や災害の専門家に相談するのも良いかと思います。

ただし、これらの真の専門家で相談窓口を設けている方が少ない。
災害防止セミナーに参加し、講演後、講師(大学教授など)に個人的に質問する。
ハウスメーカーから専門家を紹介してもらうなどするのが良いです。

私も災害に対しては専門家ではありません。
本当のプロを見極め相談することが重要です。

すでに購入している方は、避難の計画を立てる。
自然災害をカバーできるか、火災保険のチェック、見直しを行ってください。

私の自宅は昨年、築15年目で火災保険の見直しをしました。
新築時にハウスメーカーから勧められたままになっているケースが多いと思います。

 

 

 

 

建築総合展NAGOYA セミナー

昨日、名古屋の吹上ホールで開催している
建築総合展NAGOYAで2時間のセミナーを行いました。

100名の会場に30席増やしたため、スペースはギュウギュウ。
一番前の席も近すぎるくらいでした。


展示会場内で行ったため、まわりはざわついていて、
いつもと違う雰囲気でのセミナーでした。

たくさんの事例を出し、実際に起きている事件の話をするのが
私のセミナーの内容です。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る