ブログ

過剰表現

営業マンの言うこと、パンフレット、広告など。
これらを鵜吞みにして契約。
住んでから説明と違うことに気づくケースが
相談などを受ける中で、増えているように思います。

また、ネットの情報で選んだ仕様などが、
説明と違ったという例も増えてます。
(営利目的のものは、特に注意したほうがよいです)

新聞やテレビニュース並みに、これらに嘘はないだろうと
思っている方が多いので、騙されてしまいます。

ただ、言っている、書いている方も、会社からの説明を
素直に信じ、嘘だと気づいてないケースも多いです。

コロナの影響による、住宅着工数は落ち着きつつあり、
今後、受注確保のため、性能アピールが激化すると、
この手のトラブルは増えていくと思います。

取り立て

今週は、検査代金の取り立てを2件行いました。
1件は業者。ミスが続き、施主さんが完成時の検査を希望。
弊社を施主さんが選び、代金は業者払いのパターンでした。
面識のある業者なので、後払いを了解しましたが、
4ケ月経過しても支払いなし、その後、支払うと言っては何度も約束を破る。
経営が悪いか、杜撰なのか、だから現場でもミスが多く起きると思います。

依頼してはいけない業者のリスト入りです。

もう1件は、裁判をサポートしている方。
お金がない方ではなく、被害者だからボランティアでやってみたいな感じ。

次回の裁判出席を含め、今後のサポートも全てやめるとお伝えしたところ、
払いますとの返事が来ています。

支払いの催促は、嫌な仕事なので、人に任せず私が行います。
なかなか支払わない相手でも、申し訳ないと謝られると、
こちらが悪者のようになった気分になります。

 

 

TV放送延期の件

一昨日、告知しました明日18日のTV放送の件。
先ほどディレクターから延期の連絡がありました。

オミクロン株の感染拡大などのニュースで
時間枠がなくなったようです。
また、放送日が決まりましたら告知いたします。

今月は毎週、欠陥住宅検査の予定を組んでいます。
欠陥住宅検査は、書類作成に時間がかかるため、
検査間隔が短いと、書類作成が大変になります。

TV放送の告知

2つ前のブログで紹介しました、昨年、フジテレビで放送したものを
東海テレビ(愛知、岐阜、三重県)で再放送することが決定しました。

日にちは1月18日(火)

夕方の報道番組、「Live News イット」15:45~16:50
「ニューズOne」16:50~19:00 内、
放送される時間までは分かりません。

大きな事件があると、延期になる可能性があります。

使わない方が良い建材

今の事務所に移り、8年くらい。
今日初めて、近くのバス停から市バスに乗りました。
東西の移動は電車がありますが、
南北移動は市バスの方が早い場合があります。

————————————————————

今後、新築検査の図面チェックで、要望があれば
仕様、使用材料のダメ出しをしようと思います。

そう思ったきっかけは、検査を入れて品質を確保しようとしても
そもそも、仕様や建材が良く無かったりする例が多いからです。

今現在も、たくさんの紛争に関わらせていただいています。
また、いろんなハウスメーカーさんの家を見ています。
必然的に何が良くて、何が悪いかの知識が蓄積されています。

特に気象変動により、いくつか使わない方が良い材料、仕様があります。
公にコメントすると、業界からバッシングを受けるのは確実で
検査依頼をしていただいた弊社のお客様だけにアドバイスいたします。

プラン、デザインは、今までどおり、ダメ出しいたしません。
面談(有料)をされる方は、面談時に意見します。
それ以外の方は、新築検査の問い合わせ時に、
こちらから要望の有無を伺うようにいたします。



代弁者としての依頼

自分の意見を、一級建築士が書類に書く。
つまり、私に代弁者になって欲しいという目的で依頼をしてくる方が、
たまに見えます。

雨漏りしていないのに、雨漏りしていると書いてとか、
その他、常識を超えた要求の記載を求められる事があります。

弊社、おそらく他社さんも、客観性を持った検査や書類作成業務を行って
いて、言われたまま、書くようなことはしていないと思います。

数ケ月前、欠陥検査に行き、検査をしないで帰ってきたことがあります。
依頼者が、自分に有利な内容、結果を求めてきて、
私の話を聞く気がないため、お断りしました。

事実を無視した、自分の思い通りの書類が欲しいだけでしたら、
自分で書類を作り、名義貸ししてくれる建築士を探せばよいと思います。



適正な検査料金

ここ最近、数名のお客さんから、
他社に比べ検査料が安いですねと言われました。

普段、気にしていないため、どのくらい違いうのか、
検査会社としては大手の会社と、創業して間もない、
個人経営のところを見てみました。

大手は、会社の経費、広告代を考えれば妥当で、
基本的な料金算定は、弊社とあまり変わらないと思います。

弊社は3年くらい前から、ネット広告をやめています。
開業した当初(2000年前半)は、ネット広告に費用をかけていました。
近年の価格の高騰傾向でネット広告をやめたのではなく、
広告を出さなくても、紹介などで依頼が十分来るようになったため
広告の配信を止めています。

後者の方の料金設定は、全体的に高く、オプション検査の
いくつかは、私の考えでは、ぼったくりレベル。
同業他社の値段を参考にしていると思いますが、
初めの頃は、不慣れなため、検査の質が高いとは思えません。
安く始めて、質の向上の応じて、値段を上げていくことが
値付けの基本だと思います。
とは言え、値付けは自由なので、本人の考えで良いと思います。

安いと検査の質が低いと思われることもあります。
材料費のかからないこの仕事は、食事や製品などと違い、
価格の判断が難しいです。

検査内容、項目、使用機材などで比べることはもちろん。
誰が検査に来るのか、業者に対し言いたいことが言えるかが重要です。
きちんと検査ができても、業者の顔色をうかがい、また、反論を恐れ
指摘をなかったことにしては意味がありません。

この業界もDXへの取り組みが進んでいます。
AIによる判断、5Gの普及、スマートグラスの性能向上による遠隔検査で
価格は下がり、検査会社選びの基準もかわるでしょう。

ただ、全てが置き換わるのではなく、欠陥住宅検査など
一部は、今までどおりだと思います。

弊社としては、遠隔検査の体制を可能であれば、
早めに取り入れたいと考えております。

木造建築物の高層化

日本で木造建築と言えば、3階建てまでが一般的でした。
最近は、4階以上も珍しくなく、木造のビルも注目されています。

一昨日、TVニュースで木造のマンション、ビルが取り上げられていました。
懸念される強度、防火性、防音性について、
あるメーカーが十分クリアしていると説明していました。

確かに正しく施工をすれば、そのとおりだと思います。
ただ、性能を確保するには、丁寧で細かな作業が必要で、
きちんとした現場管理が重要になります。

このメーカーの現場で、手抜きにより耐震強度、防火、防音性能が
確保できていない現場があります。
不具合の検証の結果、職人任せで管理されていないのが明らかになっていて、
この会社の施工不良率は相当高いと思います。

CO2削減などをうたい文句に、今後、木造の構造建築物が
確実に増えていきます。

供給が増えれば、欠陥問題がいろいろ出てくると予想しております。


間違った情報

検査に伺った際など、お客さんが持っているネット情報の資料を見ると
その情報は間違っていますよというものがある。

ネット上での情報は日々、増え続け、今では文章に加え
動画まであります。

実は、TVでも内容が正確でないことが、多々あります。
(放送前にチェックを求めてきますが、
局の都合のよい表現になることがあります)

ネットの場合は、私も含め、私的な発信のため、
当然、情報の信憑性はさまざま。

どの情報を選ぶかが、今の時代、とても重要です。


不動産購入知識

年間200件以上の物件を検査している中で、
そもそも依頼先の選択を間違っている、物件の選択が悪い
と思うことが多いです。

不動産は何度も買うものではなく、それは仕方がないことだと思います。

家購入際し、事前に自分自身で知識を付けることも大事。
最近読んだ本、結構参考になりましたのでご紹介します。

ここまで変わる! 家の買い方 街の選び方 (祥伝社新書) | 牧野 知弘 |本 | 通販 | Amazon

本だけでは、個別事例に近い情報がないケースが多いため、
個別相談などでアドバイスを受けることもお勧めします。

数はあまり多くないですが、私自身、年に何件か相談を受け
依頼先を絞る、物件の良し悪しの判断のお手伝いをしております。

いろいろなメーカーの現場を自分の目で数多く見てきているため
情報は豊富です。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る