ブログ

こんな家は危ない

先月出演したジョブチューンの台本に
「デザイナーズ住宅は危ない」というセリフが書いてあった。
事前打ち合わせを行ったが、それは私が提案したものではない。

TV局の情報では、世間はそう思っているようです。

同じ建築士を責めたくないですが、それは間違いではありません。
先日瑕疵検査に行った家は、まさにデザイナーズ住宅。
検査の結果、TV局が即、食いつくようなひどい欠陥住宅でした。

建築家として名前が売れ、仕事の依頼がじゃんじゃん来るようになるためには
とにかくいい作品をたくさん造るしかありません。
そのため、耐震性、断熱性を無視してまで、デザインを優先する人もいます。

建築家を選ぶなら、安全性、快適性も大事にした上で、デザインがよい人を選んでください。

 

 

 

 

安易な紹介を受けない

家を建てるのが目的で土地を買った人に
仲介した不動産業者が建築屋を紹介するケースがある。

紹介してもらえば、業者を探す手間は省けますが、
自分の希望に合った業者に知り合えるとは限りません。

不動産は紹介に関するトラブルも多い。
業者を何社か紹介してもらい、最終的に自分で探した業者と契約した方が、
あっせん業者から高額な手数料を請求された。
あっせん業者の目的は紹介料収入。紹介できなければ報酬はないため
腹いせで手数料を請求したのでしょう。

最初に料金の説明はなく、好意でやっていることで無料だと思わせておいて、
あとで高額な請求が来る。悪徳商法だと言ってもよいでしょう。

紹介してもらうのもよいですが、紹介する側が情報が少なかったり、
確かな知識がなければ、いい家が建つことはありません。

住宅紛争の基本

欠陥住宅の相談を受けた家で、雨漏り、カビ、契約違反など
一つの現象だけで紛争を行っているケースがある。

そのような現場にあとで行く機会があり、構造瑕疵などを見つけることがある。
裁判などの紛争の場で、途中から瑕疵を追加することもできますが、
タイミングによっては、受け付けてもらえないこともあります。

過去に、小さな瑕疵で紛争になり、和解したあとに
大きな瑕疵が発覚した家がありました。
和解条件で、今後、別の瑕疵が発見されても修理や損害賠償請求しない
旨の約束をさせられていました。

耐震性に関する瑕疵などは、素人が見つけることは困難です。
業者と争う時は、他に問題がないか家全体を調べることが非常に重要です。

 

重要事項説明

建築士の説明不足によるトラブルが増えています。

建築主の要望を図面や絵にして、確認することが重要なのに
自分の頭の中だけで想像し、建築主の確認を取らず、職人に指示、
出来たものが違うというケース。

建築主が一つの部屋のインテリアを和風で希望しているのに、
出来たのは南欧風のものという事件もありました。
建築家気取りで、自分の好きなように造る人もたまにいます。

 

現在、設計契約をするとき、建築士は重要事項説明を行わないといけません。
面談にて説明を受け、どこまで図面を書くのかなど設計業務に関する質問をすれば
こういったミスも防げるのかもしれません。

注文住宅を依頼し、契約前に重要事項説明がない場合、
その建築士は、建築士法に違反しています。(平成20年以降)

欠陥相談

午後の検査が急に延期になり、書類を書こうとしていたら
相談の電話がありました。

話を先に話をひと通り聞きますが、内容が重複したり、時系列でなかったり
たいてい話がまとまっていない。
そのため、あとでこちらからたくさん聞くことがあり、時間が長くなります。

建物に関する話は、現地や写真を見ないと話しがずれる可能性が高い。
面倒でも電話する前に、紙に内容をまとめ、写真を事前に送るか、
電話でなく面談で話をした方が確実です。

今日の方もいろんな所に相談したみたいです。
ほとんどの方は、まずは無料のところへ相談へ行くようです。
無料のところは、相談者がおかしいと思うような回答が出ることが多く、
最終的に我々のような、専門で紛争処理をしているところへ行き着くようです。

探り合い

紛争になれば、相手方も言いたいことを言ってくるため、腹が立ち、
どうしても自分中心に物事を考えがちです。それは仕方ありません。

頭に血が上り、私の意見を聞いてもらえないことも多いです。
先に攻撃する。手数を多く出した方が有利だとは限りません。
相手にうまくかわされ、反撃を受けることを注意しないといけません。

いいと思って出した意見が、相手にヒントを与えるきっかけになるなど
自分の足を引っ張るケースもあります。
格闘技でいうならフェイントをかけるなど、相手側の反応を予想しながら、
考えを探ることも大事です。

今日も1つ、それは言ってはダメだと意見させていただきました。

 

 

 

 

けんかで問題は解決しない

GW中の3日~6日までの4日間、検査に出なかったため、
今日から来週中ころまで、現場予定が朝から夕方までいっぱいです。

 

見積りをとったら勝手に工事が始まってしまい、いい加減な施工をされている。
という現場の検査を受けました。
当然、業者は私が目障りで邪魔。言う事を聞きそうもないので、
最終手段で弁護士を入れようとしたら、
今日、私と話がしたいと事務所へ連絡があった。

こういうパターンは、恫喝してくるケースが多い。
電話の会話を録音する準備をして、電話をすると
打ち合わせをしてもいいという内容でした。

今後、良い方向に向かうかは、まだ分かりませんが
予想が外れて良かったです。

今時、脅しやけんかで解決するようなことは無理です。
脅したつもりでも相手は笑っているかもしれません。
また、SNSなどのネタになるでしょう。

関係性

某欠陥検査の団体に、協力できないと断られた方の相談を受けた。

確かに家にひどい欠陥はあるが、俺は被害者なんだ協力しろという態度と
絶対に100%勝たないと気が済まないという主張、それに、
ついている弁護士が建築に疎いため、裁判をやってく過程で
うまく行かないと判断されたようです。

裁判になれば、お客と業者という上と下の関係ではなく、
フラットな関係でないと、うまく行きません。
金払うから絶対に勝てと命令されても、引き受けることはできません。

お客さんを選ぶ組織や会社は、どこも相手にしてくれないでしょう。

 

欠陥の知識

このところ、紛争を煽る建築士の話を聞く機会が多くなっています。
これらの建築士は、資格は持っていても実務を全くやっていないと思われる。
例えば、「基礎のコンクリートを打設後、4週間以内に躯体を載せてはいけない。」
これが正しいなら、ほとんどすべての業者はNGな施工をやっていることになる。
また、「柱の背割れは危険。」木造を全く知らないとしか思えない。

このような建築士が登場した時に、自社で反論できない会社もある。
同じように知識不足か、相手がNPOやFCで広く展開している
第三者組織であり、尻込みしているケースがある。

業者はプロとして、間違ってる主張にはきちんと意見を言わないと
顧客に迷惑をかけます。

そのようなこともあり、業者向けの雑誌の記事の中で
瑕疵の判断基準を取り上げています。

瑕疵の判断基準は、一様ではありません。
役所の判断と裁判での判断は、同じではありません。

 

 

 

コンクリート強度不足

昨日の夕刊で知ったニュース。

高松建設が建築した仙台市の賃貸マンション。
設計上、必要とされるコンクリート強度が、大半の箇所で実際には不足していたため、
30日、仙台地裁は建て替えしかないと判断した。

詳細な情報は、まだ入ってきていません。疑問に思うのは、

・東日本大震災で被害があったのか。(1998年築)
・コンクリートの強度不足の原因は。

マンションなのでコンクリートは階ごとに打設。全体の強度不足ということは
毎回、強度の低いコンクリートを発注した。通常では考えられない。

あまり大きく取り上げられていませんが、情報を取っていきたいと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る