ブログ

事例1276 「外壁通気の詰まり」

事務所前の名鉄高架工事、名古屋市市道拡張工事は
今日も休み。昨年は土曜日の休みも多く、来年から
の働き方改革に向け準備が進んでいるようです。

公共的な工事以外では、住宅を含め、まだ、対策を
取れていない会社が多いです。

 

■(1)今回の事例_____________

「外壁通気の詰まり」
______________________

壁上部の湿気滞留

◆写真解説

外壁通気の上部が塞がれていたため、湿気が滞留。
躯体の腐朽までは至っていないが、一部でカビなど
が確認できた。

 

◆内容説明

木造住宅においては、ほとんどの家に外壁通気が
計画されています。

目的は外壁仕上げから入った雨水の排水と、通気
(壁内からの水蒸気の排出等)。

外壁が日射で温められると、通気層内の空気は
軽くなり、上方へ移動します。上部に空気の出口
がないと、水蒸気が滞留し、通気層内が湿気る。

軒ゼロの家が増えてから、通気層の上部が塞がれ
ているケースが増えました。
最近では、通気抜きの必要性の認識も高まり、
また、良い通気部材も増えたため、通気の不具合
は減少傾向にあります。

◆対策

図面もしくは、工事途中に通気層の出口を
チェックする。
雨漏り対策で、目視で通気部材が分かりにくい
ケースもあります。

 

===========================

■(2)編集後記

年末、事務所で使用しているダイソンの掃除の電池が
ダメになりました。

現場ではマキタの掃除機を使用。
ダイソンはフル充電でも稼働時間が短く、
電池の点ではマキタが優れていると思います。

マキタの純正バッテリーは高価ですが、インパクトや
丸鋸などの工具にも使用できるため、利便性が高いです。

 

事例1271 「壁内結露改修」

今年、この時期にしては、暖かいです。
例年ですと、11月10日くらいから、この地方では
暖房を入れ出す家が多いですが、今年は、未だ暖房を
入れていない家も多いかと思います。

天気予報をみると12月に入ると、いきなり気温が平年
並みになるようです。

 

■(1)今回の事例_____________

「壁内結露改修」
______________________
壁内結露

◆写真解説

壁内結露の改修工事。
被害がひどかった外壁の合板を張り替えた。赤丸部の
黒い箇所は2×4上枠の結露あと。
この箇所は交換不可能なため、薬剤処理を実施。

 

◆内容説明

通気層と断熱材の施工不備により、壁に結露が発生、
家全体の外壁を改修した。
内容は外壁材、構造用合板の貼り替え、断熱材の交換、
クロス、石膏ボードの貼り替え。

撤去時は立会できなかったが、聞き取りによると、
壁を撤去したところ、下駄箱など、壁に密着してものが
ある箇所の被害がひどかったそうです。

エアコンの影響がない玄関部等においても、壁に物が
密着していると、壁内が湿気やすいことがわかります。

この家、壁内結露の被害に対し、裁判を行いました。
内容の詳細は書けませんが、カビの裁判が増えています。

 

◆対策

数年で構造金物が錆びるなど、欠陥改修時に、壁内結露
を確認することが多く、珍し事例ではありません。

壁内結露防止は、施工がきちんとしていても、設計仕様が
ダメな場合があります。設計仕様からチェックする。

 

===========================

■(2)編集後記

施主からのクレームで対応に大変な思いをしたにも関わらず、
改善をしない会社がほとんど。これは大手でも多いです。

例えば、木造で躯体組み立て中に雨に濡れ、水分が残り、
完成時に床下などがカビだらけになる例。

今日、事務所近くの現場で、雨の中、土台伏せ、1階床組
作業が行われていました。

上場企業の現場ですが、雨に濡らすなという指示が、会社
から出ていないと思います。
分譲なので、売れていなければ、文句を言う人はいない、
工期優先でやってしまえと言う考えだと思います。

検査で現場を見させていただくと、経営者が品質に関心が
あるかどうか分かります。


 

 

事例1264 「壁の結露、カビ」

名鉄高架工事の下り線の工事が始まりました。
事務所前に工区の境があり、現在、同時に杭打ち
工事を実施中。
杭打ち機の高周波騒音がひどく、窓を閉めても
頭がふわふわして、平日の昼間は事務所で仕事が
できません。

 

■(1)今回の事例_____________

「壁の結露、カビ」
______________________

壁のカビ

◆写真解説

湿気た石膏ボードにエアコンの冷気が当たり、結露が発生。
大量のカビも繁殖した。

 

◆内容説明

鉄筋コンクリート造の建物。
現地を確認したところ、外部から室内へ空気が入ってくる
開口を発見した。

夏場の湿った外気が壁内や天井裏に入り、
石膏ボードが水蒸気を吸い込む。

そこへエアコンの風が当たり、結露が発生、
その水分でカビが大量に繁殖、クロスもめくれた。

 

◆対策

計画外の空気侵入=「漏気」をできる限り少なくする。

 

===========================

■(2)編集後記

名鉄の高架工事と同時に、名古屋市の市道拡張(名東区と
守山区を南北に走る)も行われ、完成すると、事務所の真横は
大幅に交通量が増える見込みです。

東海地方各所に出ていく拠点としましては、名古屋第二環状、
名古屋インターも近く、便利なところなので、事務所移転の
計画はありません。

ただし、書く仕事や打ち合わせ、コンサルティングなど、
静かさを必要とする業務は、別の場所をメインにする予定です。
コロナ過や資材高騰などの大きな変化、自身の今後の仕事の
あり方など、複合的に検討した結果、2拠点目を新設することを
決めました。

開放的な建物で室内でも換気は十分ですが、屋外にも打ち合わせ
スペースを設けます。

現在、最終段階の準備中で、来月には、稼働する予定。
詳細はまた、告知いたします。

 

 

事例1251 「クロスのカビ」

「首都圏マンション価格バブル超え」
というニュースが昨日出てました。

戸建てに関しても、今後、予想以上に価格が上がってくる
可能性があります。

住宅に関することは、食品や日用品と違い、あまりニュースでは
取り上げられないため、関係者からの情報が頼りです。


■(1)今回の事例_____________

「クロスのカビ」
______________________ 

クロスのカビ
◆写真解説

湿った石膏ボードにエアコンの冷気が当たることで結露が発生、
クロスにカビが生えた。石膏ボードが湿気る原因は、
床下の湿気が壁内に上がってくるため。


◆内容説明

入居1年目の夏からカビが発生。ハウスメーカーに伝えるが
対応を先延ばしにされ続け、4年が経過。
しびれを切らした施主が、私に調査を依頼してきた。

業界側の人は、結露やカビが発生しても、それは普通のことで
問題ないという認識の人が多い。
だから、苦情を申し出ても対応が悪い。

原因は、付近に配管スペース(パイプシャフト)があり、
1階床を貫通する配管まわりの隙間が埋められてないため、
床下の空気が壁内、1階天井裏に入っていた。
また、天井埋め込みのエアコンの吹き出し口が壁に近く
壁が必要以上に冷えるため。

写真のようにクロスが黒ずむレベルのカビは、
室内空気の汚染レベルは、最高ランクになる。

部屋を閉め切れば、確実にカビ臭がしますし、人体に何らかの
支障が出る可能性が高い。


◆対策

夏場の湿った床下の空気を室内へ入れないため、
1階床を貫通する配管、配線まわりをコーキング処理する。
(最近の職人さんは、言わなくてもやってくれる人も増えてますが
大半は、言わないとやらないです)

 

==============================

■(2)編集後記

家は何年かすると、いろいろ手を加えたいところが出てきます。
最近はDIYブームで、ホームセンターやネット上で、好みの資材や
工具が手に入りやすいです。また、施工方法もYouTube上に多数ある
など、DIYが容易になっています。

それでも、自分では無理という箇所も出てくると思います。
その時は、部分的に職人さんを頼ると良いです。

電気屋さんや水道屋さん、クロス屋さんなどは、事務所に看板が出ているので
飛び込みでも対応してくれると思います。
看板が出ていない、大工さんなどは、紹介してもらうのが良いと思います。

 

 

 

 

 

 

カビ被害と施工不良の関係

温暖化による、夏場の水蒸気量の増加、
高気密、高断熱化住宅の増加に比例し、
近年、カビ被害が不具合現象の上位を占めています。

約4年前からカビ被害で裁判を行っている家。
住めないほどのカビ被害があるにも関わらず、
裁判所は判断に迷っているようで、カビと施工不良が
どう結びつくか、意見書提出を求められました。

相手側が、普通に施工して、何か手を抜いたわけではない、
基準法違反の施工もしていないと言っているからでしょう。

カビの件については、カビの専門家が書くべきですが、
建物の施工との絡みがあるため、結構な時間を費やし
私が全て作成しました。

今後の家づくりにおいて、家の仕様、立地などによっては、
カビ発生を懸念しないといけません。しかしながら、
業界の人はカビ問題に興味がありません。
建築専門誌に情報を入れても、全く興味なし。
まだ、素人のTV局デレクターの方が興味を示してくれます。
業界の人ほど、家にカビが生えるのは仕方がないと思っています。

今回意見書を出した裁判の結果も、今年中には判断が分かると思います。
また、新たに数件のカビ被害の裁判が始まる予定もあり、
カビ被害については、今後も情報を出していきます。

結露、カビ裁判

欠陥検査に行ってから5年超。
夏型結露によるカビ、躯体の湿りの裁判が終わりました。

夏型結露によるカビ被害は、ここ数年急増していますが、
この当時は、結露、カビ被害での裁判事例があまりなく、
施工不良の原因においても、基準法などで規定がない箇所で
苦戦が予想されました。

裁判中においても、夏になるたび室内にカビが発生。
被害状況、原因を理解してもらうために壁をめくり、
細かなデータを取り、証拠を集めました。

結果として1審で勝訴。施工者が控訴し、高裁での決着となりました。

今回の裁判所の判断は、今後、増えるであろう結露、カビ被害の裁判
において良い判例、事例ができたと思っております。

担当した弁護士さんと他県の裁判所で、現象、原因は違いますが、
同じくカビ被害の裁判を行っています。
こちらも裁判が長期化しております。

 

 

事例1240 「床下のカビ」

年末の休みまで、あと2週間ほど。

未だ、年内に予定を入れて欲しいという依頼がありますが、
特に混み合う時期でもあり、新築検査の枠以外、
ほとんど予定を埋めております。

また、今月対応できない予定を1月にスライドしているため、
欠陥住宅検査などは、これから依頼を頂きますと
2月の検査になる可能性が高いです。

 

■(1)今回の事例_____________

「床下のカビ」
______________________

◆写真解説 

1階床合板のカビ。基礎の打ち継ぎ部から雨が浸入。
基礎断熱仕様の家であるが、床下換気はなく、密閉状態。
それゆえ、床下が猛烈に湿気て、カビが大量発生した。

 

◆内容説明 

カビ問題は、最近急増しております。裁判で争っている家も年々、
増えており、問題解決のノウハウをかなり蓄積しつつあります。

今回の例は、基礎の打ち継ぎ部が、地面より低く、地下水が浸入した。
これはよくあるパターンで、設計者や現場監督の経験が豊富であれば
予見できる内容です。

こうなると、水が入らないように防水し、
内部を徹底的に乾燥させ、除カビ、防カビ処理を行う必要がある。

もともと、床下の換気計画もないため、今後の湿気対策として、
床下換気の設置も、再発防止のために検討する必要がある。

 

◆対策

カビ被害を予見できる現場の実務者は非常に少ない。
夏場の湿気、カビ対策を家の計画時に検討する。

 

==============================

■(2)編集後記

設計事務所に設計を委託。
工事中に第三者検査を入れる旨を伝えたところ、
拒否されたという話を伺いました。

設計者である建築士は自分自身の無知がばれるため、
NGを出すケースが多いです。

設計事務所は、開業資金がそれほど必要ではなく、独立しやすい商売。

独立しやすいため、十分な経験、知識の蓄積無しで独立する人も多く、
独立してしまうと、誰もダメ出しをしないため、
間違っていてもそのままになる。

最近は、設計、デザイン力のある工務店が増えています。
淘汰されないためには、検査を断っている場合ではないと思います。

 

 

 

 

事例1237 「外壁通気層の結露」

本日検査に行った現場。
アキュラホームの基礎屋さんとタマホームの大工さんの仕事が
エクセレント(超優良)でした。

優秀な職人さんに当たった施主さんは幸せです。

 

■(1)今回の事例_____________

「外壁通気層の結露」
_______________________

◆写真解説

天気が続いているにも関わらず、外壁下から水が出てくる。
原因は、通気層内で結露が発生している。

 

◆内容説明

気候は秋ですが、夏のような暑さの朝9時頃に撮影した写真。
防水紙やサイディング裏面で結露した水が下に落ちている。

外壁通気層の上部が閉ざされていて、水蒸気が溜まる構造。
外壁通気層内は日射の影響で、気温の変動が大きい。
空気が乾いていれば良いが、湿っている場合、
大きな温度変化で結露が起きやすくなる。

湿った状態が続けば、木躯体の腐朽の原因となる。

 

◆対策

通気層の上部に空気の出口を確実に設ける。
(通気層内は換気ができていたとしても、
夏場は湿った外気を入れるため湿気やすい)

 

==============================

■(2)編集後記

先月あたり、休日や時間外にメールを送信すると、
時間外労働を強要するみたいな記事を読みました。

パソコンだけでメールをやっていれば、問題ありませんが、
最近は、メールをスマホへ転送している人が多いと思います。

それを考えますと、いくらメールといえども、
送信する時間帯を考えるようになりました。

 

事例1233 「天井に大量の水滴」

この前、名神集中工事をしていたと思ったら
今度は東名集中工事を行っています。

今までは2週間だった期間が、今回は3週間。
高速道路を使う頻度が高いため、結構、影響を受けます。

本当に必要で工事をやっているのか、いつも疑問に思います。

 

■(1)今回の事例_____________

「天井に大量の水滴」
_______________________ 

◆写真解説

天井に大量の水滴が付着。外壁通気層内の湿気た空気が
エアコンスリーブから室内へ流入し、天井面で結露した。

 

 ◆内容説明

沖縄に良く呼ばれるなど、結露検査を数多く手がけていますが、
ここまでの大量の水滴は過去最高の量です。

季節は夏。最初は天井面が何らかの原因で冷えていると思いました。
ところが詳しく調べてみると、エアコンスリーブから50℃、湿度100%の
空気が流入していた。

天井表面の温度が30℃でも、結露が発生する条件です。

ここまで湿気た空気が出てきているのは、
外壁通気層の上部に出口がなく、湿気や熱が溜まるからです。

エアコンスリーブ自体の気密性も悪く、
室内へ外壁通気の空気が流入している。

 

◆対策

外壁上部に通気層の出口を設ける。
エアコンスリーブの両端は、きちんと塞ぐ。

 

==============================

■(2)編集後記

春から初夏にかけて行った欠陥住宅検査。
業者の回答が決まりだしています。

裁判になるものも、いくつかありますが、買い戻し、建て替え、
仕上げを内外部全撤去し、やり替え等の決定も出ています。

欠陥検査は、現場検査と書類作成、その後、裁判になれば
サポートが大変で、楽な仕事ではありません。
それでも、上手く解決できる現場があるので、続けられると思います。

 

事例1222 「エアコンまわりの結露」

先週はかなりスケジュールを詰めこみ、
休みなく、また、早出などしても、仕事が遅れ気味でした。

常に多少でも余裕を持たせることは重要だと考えています。
その対策としては、請ける仕事を減らさないといけません。

取り急ぎ、毎月2日間分くらいに相当する
新たな定期の仕事を請けないことにしました。

 

■(1)今回の事例_____________

「エアコンまわりの結露」

_______________________

◆写真解説

夏場に多いエアコン吹き出し口付近の結露。
天井裏が湿気て、石膏ボードが水分を含んだことが原因。

 

◆内容説明

夏場になると結露が発生、施工者が毎年対策を実施したが
3シーズン経過しても結露が止まらず、検査依頼を受けました。

室内側にカビが出ると、石膏ボード裏はその何倍ものカビが
発生している。

程度がひどくなると、カビ臭くなり、健康被害につながる。

 

◆対策

天井裏が湿気るのは、湿気た外気を取り込むため。
気密性を高め、漏気を少なくする。

 

==============================

■(2)編集後記

今年は特に高速道路の工事が多い気がします。

今週から普段より渋滞する一宮IC付近で集中工事が始まりました。
今日、早めに出たものの、渋滞は予想以上。
工事箇所を見ると本当に必要な工事なのか疑問を抱きました。

高速道路の工事における、お金の流れについて
関係者から話を聞いたことがあります。

その内容を知ると、誰かの金儲けのために
工事を推進している印象を持ってしまいます。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影