ブログ

事例1251 「クロスのカビ」

「首都圏マンション価格バブル超え」
というニュースが昨日出てました。

戸建てに関しても、今後、予想以上に価格が上がってくる
可能性があります。

住宅に関することは、食品や日用品と違い、あまりニュースでは
取り上げられないため、関係者からの情報が頼りです。


■(1)今回の事例_____________

「クロスのカビ」
______________________ 

クロスのカビ
◆写真解説

湿った石膏ボードにエアコンの冷気が当たることで結露が発生、
クロスにカビが生えた。石膏ボードが湿気る原因は、
床下の湿気が壁内に上がってくるため。


◆内容説明

入居1年目の夏からカビが発生。ハウスメーカーに伝えるが
対応を先延ばしにされ続け、4年が経過。
しびれを切らした施主が、私に調査を依頼してきた。

業界側の人は、結露やカビが発生しても、それは普通のことで
問題ないという認識の人が多い。
だから、苦情を申し出ても対応が悪い。

原因は、付近に配管スペース(パイプシャフト)があり、
1階床を貫通する配管まわりの隙間が埋められてないため、
床下の空気が壁内、1階天井裏に入っていた。
また、天井埋め込みのエアコンの吹き出し口が壁に近く
壁が必要以上に冷えるため。

写真のようにクロスが黒ずむレベルのカビは、
室内空気の汚染レベルは、最高ランクになる。

部屋を閉め切れば、確実にカビ臭がしますし、人体に何らかの
支障が出る可能性が高い。


◆対策

夏場の湿った床下の空気を室内へ入れないため、
1階床を貫通する配管、配線まわりをコーキング処理する。
(最近の職人さんは、言わなくてもやってくれる人も増えてますが
大半は、言わないとやらないです)

 

==============================

■(2)編集後記

家は何年かすると、いろいろ手を加えたいところが出てきます。
最近はDIYブームで、ホームセンターやネット上で、好みの資材や
工具が手に入りやすいです。また、施工方法もYouTube上に多数ある
など、DIYが容易になっています。

それでも、自分では無理という箇所も出てくると思います。
その時は、部分的に職人さんを頼ると良いです。

電気屋さんや水道屋さん、クロス屋さんなどは、事務所に看板が出ているので
飛び込みでも対応してくれると思います。
看板が出ていない、大工さんなどは、紹介してもらうのが良いと思います。

 

 

 

 

 

 

カビ被害と施工不良の関係

温暖化による、夏場の水蒸気量の増加、
高気密、高断熱化住宅の増加に比例し、
近年、カビ被害が不具合現象の上位を占めています。

約4年前からカビ被害で裁判を行っている家。
住めないほどのカビ被害があるにも関わらず、
裁判所は判断に迷っているようで、カビと施工不良が
どう結びつくか、意見書提出を求められました。

相手側が、普通に施工して、何か手を抜いたわけではない、
基準法違反の施工もしていないと言っているからでしょう。

カビの件については、カビの専門家が書くべきですが、
建物の施工との絡みがあるため、結構な時間を費やし
私が全て作成しました。

今後の家づくりにおいて、家の仕様、立地などによっては、
カビ発生を懸念しないといけません。しかしながら、
業界の人はカビ問題に興味がありません。
建築専門誌に情報を入れても、全く興味なし。
まだ、素人のTV局デレクターの方が興味を示してくれます。
業界の人ほど、家にカビが生えるのは仕方がないと思っています。

今回意見書を出した裁判の結果も、今年中には判断が分かると思います。
また、新たに数件のカビ被害の裁判が始まる予定もあり、
カビ被害については、今後も情報を出していきます。

結露、カビ裁判

欠陥検査に行ってから5年超。
夏型結露によるカビ、躯体の湿りの裁判が終わりました。

夏型結露によるカビ被害は、ここ数年急増していますが、
この当時は、結露、カビ被害での裁判事例があまりなく、
施工不良の原因においても、基準法などで規定がない箇所で
苦戦が予想されました。

裁判中においても、夏になるたび室内にカビが発生。
被害状況、原因を理解してもらうために壁をめくり、
細かなデータを取り、証拠を集めました。

結果として1審で勝訴。施工者が控訴し、高裁での決着となりました。

今回の裁判所の判断は、今後、増えるであろう結露、カビ被害の裁判
において良い判例、事例ができたと思っております。

担当した弁護士さんと他県の裁判所で、現象、原因は違いますが、
同じくカビ被害の裁判を行っています。
こちらも裁判が長期化しております。

 

 

事例1240 「床下のカビ」

年末の休みまで、あと2週間ほど。

未だ、年内に予定を入れて欲しいという依頼がありますが、
特に混み合う時期でもあり、新築検査の枠以外、
ほとんど予定を埋めております。

また、今月対応できない予定を1月にスライドしているため、
欠陥住宅検査などは、これから依頼を頂きますと
2月の検査になる可能性が高いです。

 

■(1)今回の事例_____________

「床下のカビ」
______________________

◆写真解説 

1階床合板のカビ。基礎の打ち継ぎ部から雨が浸入。
基礎断熱仕様の家であるが、床下換気はなく、密閉状態。
それゆえ、床下が猛烈に湿気て、カビが大量発生した。

 

◆内容説明 

カビ問題は、最近急増しております。裁判で争っている家も年々、
増えており、問題解決のノウハウをかなり蓄積しつつあります。

今回の例は、基礎の打ち継ぎ部が、地面より低く、地下水が浸入した。
これはよくあるパターンで、設計者や現場監督の経験が豊富であれば
予見できる内容です。

こうなると、水が入らないように防水し、
内部を徹底的に乾燥させ、除カビ、防カビ処理を行う必要がある。

もともと、床下の換気計画もないため、今後の湿気対策として、
床下換気の設置も、再発防止のために検討する必要がある。

 

◆対策

カビ被害を予見できる現場の実務者は非常に少ない。
夏場の湿気、カビ対策を家の計画時に検討する。

 

==============================

■(2)編集後記

設計事務所に設計を委託。
工事中に第三者検査を入れる旨を伝えたところ、
拒否されたという話を伺いました。

設計者である建築士は自分自身の無知がばれるため、
NGを出すケースが多いです。

設計事務所は、開業資金がそれほど必要ではなく、独立しやすい商売。

独立しやすいため、十分な経験、知識の蓄積無しで独立する人も多く、
独立してしまうと、誰もダメ出しをしないため、
間違っていてもそのままになる。

最近は、設計、デザイン力のある工務店が増えています。
淘汰されないためには、検査を断っている場合ではないと思います。

 

 

 

 

事例1237 「外壁通気層の結露」

本日検査に行った現場。
アキュラホームの基礎屋さんとタマホームの大工さんの仕事が
エクセレント(超優良)でした。

優秀な職人さんに当たった施主さんは幸せです。

 

■(1)今回の事例_____________

「外壁通気層の結露」
_______________________

◆写真解説

天気が続いているにも関わらず、外壁下から水が出てくる。
原因は、通気層内で結露が発生している。

 

◆内容説明

気候は秋ですが、夏のような暑さの朝9時頃に撮影した写真。
防水紙やサイディング裏面で結露した水が下に落ちている。

外壁通気層の上部が閉ざされていて、水蒸気が溜まる構造。
外壁通気層内は日射の影響で、気温の変動が大きい。
空気が乾いていれば良いが、湿っている場合、
大きな温度変化で結露が起きやすくなる。

湿った状態が続けば、木躯体の腐朽の原因となる。

 

◆対策

通気層の上部に空気の出口を確実に設ける。
(通気層内は換気ができていたとしても、
夏場は湿った外気を入れるため湿気やすい)

 

==============================

■(2)編集後記

先月あたり、休日や時間外にメールを送信すると、
時間外労働を強要するみたいな記事を読みました。

パソコンだけでメールをやっていれば、問題ありませんが、
最近は、メールをスマホへ転送している人が多いと思います。

それを考えますと、いくらメールといえども、
送信する時間帯を考えるようになりました。

 

事例1233 「天井に大量の水滴」

この前、名神集中工事をしていたと思ったら
今度は東名集中工事を行っています。

今までは2週間だった期間が、今回は3週間。
高速道路を使う頻度が高いため、結構、影響を受けます。

本当に必要で工事をやっているのか、いつも疑問に思います。

 

■(1)今回の事例_____________

「天井に大量の水滴」
_______________________ 

◆写真解説

天井に大量の水滴が付着。外壁通気層内の湿気た空気が
エアコンスリーブから室内へ流入し、天井面で結露した。

 

 ◆内容説明

沖縄に良く呼ばれるなど、結露検査を数多く手がけていますが、
ここまでの大量の水滴は過去最高の量です。

季節は夏。最初は天井面が何らかの原因で冷えていると思いました。
ところが詳しく調べてみると、エアコンスリーブから50℃、湿度100%の
空気が流入していた。

天井表面の温度が30℃でも、結露が発生する条件です。

ここまで湿気た空気が出てきているのは、
外壁通気層の上部に出口がなく、湿気や熱が溜まるからです。

エアコンスリーブ自体の気密性も悪く、
室内へ外壁通気の空気が流入している。

 

◆対策

外壁上部に通気層の出口を設ける。
エアコンスリーブの両端は、きちんと塞ぐ。

 

==============================

■(2)編集後記

春から初夏にかけて行った欠陥住宅検査。
業者の回答が決まりだしています。

裁判になるものも、いくつかありますが、買い戻し、建て替え、
仕上げを内外部全撤去し、やり替え等の決定も出ています。

欠陥検査は、現場検査と書類作成、その後、裁判になれば
サポートが大変で、楽な仕事ではありません。
それでも、上手く解決できる現場があるので、続けられると思います。

 

事例1222 「エアコンまわりの結露」

先週はかなりスケジュールを詰めこみ、
休みなく、また、早出などしても、仕事が遅れ気味でした。

常に多少でも余裕を持たせることは重要だと考えています。
その対策としては、請ける仕事を減らさないといけません。

取り急ぎ、毎月2日間分くらいに相当する
新たな定期の仕事を請けないことにしました。

 

■(1)今回の事例_____________

「エアコンまわりの結露」

_______________________

◆写真解説

夏場に多いエアコン吹き出し口付近の結露。
天井裏が湿気て、石膏ボードが水分を含んだことが原因。

 

◆内容説明

夏場になると結露が発生、施工者が毎年対策を実施したが
3シーズン経過しても結露が止まらず、検査依頼を受けました。

室内側にカビが出ると、石膏ボード裏はその何倍ものカビが
発生している。

程度がひどくなると、カビ臭くなり、健康被害につながる。

 

◆対策

天井裏が湿気るのは、湿気た外気を取り込むため。
気密性を高め、漏気を少なくする。

 

==============================

■(2)編集後記

今年は特に高速道路の工事が多い気がします。

今週から普段より渋滞する一宮IC付近で集中工事が始まりました。
今日、早めに出たものの、渋滞は予想以上。
工事箇所を見ると本当に必要な工事なのか疑問を抱きました。

高速道路の工事における、お金の流れについて
関係者から話を聞いたことがあります。

その内容を知ると、誰かの金儲けのために
工事を推進している印象を持ってしまいます。

 

事例1217 「壁の結露」

GWに向けて、緊急事態宣言の発動など
いろいろ規制が多くなりそうです。

来週も2回、出張を組んでいます。
外での仕事になるため、現場は心配しておりませんが、
電車や駅等を懸念しないといけません。

この際、時間がかかっても車で行くか検討しております。

 

■(1)今回の事例_____________

「壁の結露」
_______________________

◆写真解説

外壁の結露。石膏ボードを留め付けているタッカー部で冬場、結露が発生、
クロスを変色させる。(写真はクロスをめくり石膏ボードを露出した状態)

 

◆内容説明

鉄筋コンクリート造の戸建てやマンションで多く発生している事例。
最近は原因が特定され、新築では被害が起きていないと思われる。

被害が出た現場は、断熱材付きの特殊型枠を使用。型枠は解体せず、
一番室内側の材の上に石膏ボードを施工し、クロスを張る仕様。
その材が鉄筋コンクリートからの湿気をため込み、結露を発生させる。

(材の名称の公開は控えます。ケイカル板に近い材料)

 

◆対策

昨年、マンションの現場などでゼネコンさんの現場監督と話をしたところ
最近は、その材料を使用していないとの事。

外部からの湿気を室内側に移動させない。

 

==============================

■(2)編集後記

木造と鉄骨プレハブの「制震装置」に関する事件を受け持っております。

両方に共通することは、相手からの情報開示がない。

商品単体での性能が確かなのは、疑いません。
けれども制振装置を家に組み込んだ場合の実際の効果が不透明。

今回、検証している製品はまだましな方。
現場に行くと、これは効果がある?
お守りのようなモノではと、疑いたくなるものもあります。

 

 

 

 

建物における湿害

ここ数年、特に夏場の結露被害が増えています。
全国的に結露などの湿害が増えているためなのか、
建築学会から先月、
「建物における湿害の診断と対策に関する規準・同解説」
の改訂版が出ました。

さらっと読みましたが、意外と夏型結露の例が少なかったです。

今後増えると予想する「湿害」。
調査、対策の精度を上げるために、情報を集めています。

事例1210  「棟換気未施工」

昨日の午後から、出先でパソコンがネットにつながらなくなりました。
スマホで代用できる部分もありますが、できないものもあります。

普段、スマホ、タブレット、パソコンを使い分けています。
複数台あると、効率の悪い部分も多く、
できるだけ統合できないか考えています。

 

■(1)今回の事例_____________

「棟換気未施工」
_______________________

◆写真解説

棟瓦をめくり、棟換気の有無を確認。換気開口が施工されていなかった。

 

◆内容説明

「建築工事標準仕様書・同解説 JASS12 屋根工事」
日本建築学会 2020年改訂版において、棟換気の内容が追記されるなど
屋根の頂部である棟に換気を付ける設計が増えています。

写真は屋根断熱の家。
内側にウレタンがあり、棟換気が確認できないため、瓦をめくって
開口の有無を確認したところ、棟換気が未施工だった。

屋根断熱材の外側に通気層を設ける場合、
通気層内の空気は湿気やすい。頂部で空気を排出できないと
結露により屋根が腐朽しやすい。

 

◆対策

図面での指示が不十分なケースが多い。
図面に明記し、施工中に棟換気の有無を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

就活の学生に人気があるハウスメーカー。

求人倍率が高く、優秀な人が集まっているかと思えば、
その会社の現場監督の大半は、やる気がなく、ルーズな人が多い。
連絡をしても無視、検査に立ち会わない、是正書類は5回くらい
催促してようやく出てくる。

仕事の内容よりは、会社のブランド、待遇の良さで会社を選び
(私もそうでした)
仕事してみたら、やりがいがなかったというパターンで、
辞めたくても、今より待遇が下がるので、辞められず
ダラダラ過ごしているように思います。

監督さんが比較的優秀なのは、数社だけです。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る