ブログ

事例1233 「天井に大量の水滴」

この前、名神集中工事をしていたと思ったら
今度は東名集中工事を行っています。

今までは2週間だった期間が、今回は3週間。
高速道路を使う頻度が高いため、結構、影響を受けます。

本当に必要で工事をやっているのか、いつも疑問に思います。

 

■(1)今回の事例_____________

「天井に大量の水滴」
_______________________ 

◆写真解説

天井に大量の水滴が付着。外壁通気層内の湿気た空気が
エアコンスリーブから室内へ流入し、天井面で結露した。

 

 ◆内容説明

沖縄に良く呼ばれるなど、結露検査を数多く手がけていますが、
ここまでの大量の水滴は過去最高の量です。

季節は夏。最初は天井面が何らかの原因で冷えていると思いました。
ところが詳しく調べてみると、エアコンスリーブから50℃、湿度100%の
空気が流入していた。

天井表面の温度が30℃でも、結露が発生する条件です。

ここまで湿気た空気が出てきているのは、
外壁通気層の上部に出口がなく、湿気や熱が溜まるからです。

エアコンスリーブ自体の気密性も悪く、
室内へ外壁通気の空気が流入している。

 

◆対策

外壁上部に通気層の出口を設ける。
エアコンスリーブの両端は、きちんと塞ぐ。

 

==============================

■(2)編集後記

春から初夏にかけて行った欠陥住宅検査。
業者の回答が決まりだしています。

裁判になるものも、いくつかありますが、買い戻し、建て替え、
仕上げを内外部全撤去し、やり替え等の決定も出ています。

欠陥検査は、現場検査と書類作成、その後、裁判になれば
サポートが大変で、楽な仕事ではありません。
それでも、上手く解決できる現場があるので、続けられると思います。

 

事例1222 「エアコンまわりの結露」

先週はかなりスケジュールを詰めこみ、
休みなく、また、早出などしても、仕事が遅れ気味でした。

常に多少でも余裕を持たせることは重要だと考えています。
その対策としては、請ける仕事を減らさないといけません。

取り急ぎ、毎月2日間分くらいに相当する
新たな定期の仕事を請けないことにしました。

 

■(1)今回の事例_____________

「エアコンまわりの結露」

_______________________

◆写真解説

夏場に多いエアコン吹き出し口付近の結露。
天井裏が湿気て、石膏ボードが水分を含んだことが原因。

 

◆内容説明

夏場になると結露が発生、施工者が毎年対策を実施したが
3シーズン経過しても結露が止まらず、検査依頼を受けました。

室内側にカビが出ると、石膏ボード裏はその何倍ものカビが
発生している。

程度がひどくなると、カビ臭くなり、健康被害につながる。

 

◆対策

天井裏が湿気るのは、湿気た外気を取り込むため。
気密性を高め、漏気を少なくする。

 

==============================

■(2)編集後記

今年は特に高速道路の工事が多い気がします。

今週から普段より渋滞する一宮IC付近で集中工事が始まりました。
今日、早めに出たものの、渋滞は予想以上。
工事箇所を見ると本当に必要な工事なのか疑問を抱きました。

高速道路の工事における、お金の流れについて
関係者から話を聞いたことがあります。

その内容を知ると、誰かの金儲けのために
工事を推進している印象を持ってしまいます。

 

事例1217 「壁の結露」

GWに向けて、緊急事態宣言の発動など
いろいろ規制が多くなりそうです。

来週も2回、出張を組んでいます。
外での仕事になるため、現場は心配しておりませんが、
電車や駅等を懸念しないといけません。

この際、時間がかかっても車で行くか検討しております。

 

■(1)今回の事例_____________

「壁の結露」
_______________________

◆写真解説

外壁の結露。石膏ボードを留め付けているタッカー部で冬場、結露が発生、
クロスを変色させる。(写真はクロスをめくり石膏ボードを露出した状態)

 

◆内容説明

鉄筋コンクリート造の戸建てやマンションで多く発生している事例。
最近は原因が特定され、新築では被害が起きていないと思われる。

被害が出た現場は、断熱材付きの特殊型枠を使用。型枠は解体せず、
一番室内側の材の上に石膏ボードを施工し、クロスを張る仕様。
その材が鉄筋コンクリートからの湿気をため込み、結露を発生させる。

(材の名称の公開は控えます。ケイカル板に近い材料)

 

◆対策

昨年、マンションの現場などでゼネコンさんの現場監督と話をしたところ
最近は、その材料を使用していないとの事。

外部からの湿気を室内側に移動させない。

 

==============================

■(2)編集後記

木造と鉄骨プレハブの「制震装置」に関する事件を受け持っております。

両方に共通することは、相手からの情報開示がない。

商品単体での性能が確かなのは、疑いません。
けれども制振装置を家に組み込んだ場合の実際の効果が不透明。

今回、検証している製品はまだましな方。
現場に行くと、これは効果がある?
お守りのようなモノではと、疑いたくなるものもあります。

 

 

 

 

建物における湿害

ここ数年、特に夏場の結露被害が増えています。
全国的に結露などの湿害が増えているためなのか、
建築学会から先月、
「建物における湿害の診断と対策に関する規準・同解説」
の改訂版が出ました。

さらっと読みましたが、意外と夏型結露の例が少なかったです。

今後増えると予想する「湿害」。
調査、対策の精度を上げるために、情報を集めています。

事例1210  「棟換気未施工」

昨日の午後から、出先でパソコンがネットにつながらなくなりました。
スマホで代用できる部分もありますが、できないものもあります。

普段、スマホ、タブレット、パソコンを使い分けています。
複数台あると、効率の悪い部分も多く、
できるだけ統合できないか考えています。

 

■(1)今回の事例_____________

「棟換気未施工」
_______________________

◆写真解説

棟瓦をめくり、棟換気の有無を確認。換気開口が施工されていなかった。

 

◆内容説明

「建築工事標準仕様書・同解説 JASS12 屋根工事」
日本建築学会 2020年改訂版において、棟換気の内容が追記されるなど
屋根の頂部である棟に換気を付ける設計が増えています。

写真は屋根断熱の家。
内側にウレタンがあり、棟換気が確認できないため、瓦をめくって
開口の有無を確認したところ、棟換気が未施工だった。

屋根断熱材の外側に通気層を設ける場合、
通気層内の空気は湿気やすい。頂部で空気を排出できないと
結露により屋根が腐朽しやすい。

 

◆対策

図面での指示が不十分なケースが多い。
図面に明記し、施工中に棟換気の有無を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

就活の学生に人気があるハウスメーカー。

求人倍率が高く、優秀な人が集まっているかと思えば、
その会社の現場監督の大半は、やる気がなく、ルーズな人が多い。
連絡をしても無視、検査に立ち会わない、是正書類は5回くらい
催促してようやく出てくる。

仕事の内容よりは、会社のブランド、待遇の良さで会社を選び
(私もそうでした)
仕事してみたら、やりがいがなかったというパターンで、
辞めたくても、今より待遇が下がるので、辞められず
ダラダラ過ごしているように思います。

監督さんが比較的優秀なのは、数社だけです。

 

事例1199 「壁内のカビ」

今年の夏もたくさんの結露、カビ調査依頼を頂きました。
結露、カビに関し、非を認め責任を取る会社は少ないです。
住み方、つまり、施主側に責任があると言ってきます。

裁判所の判断もこれらに関しては厳しいため、
設計、施工時の予防が重要です。
ただし、大手メーカーの設計者も良くわかってない方が多い。
来年も多くの依頼が来ると予想してます。

 

■(1)今回の事例______________

「壁内のカビ」
_______________________

◆写真解説

クロス表面にカビが発生。
壁内をあけると木下地に大量のカビが付着していた。

 

◆内容説明

間仕切壁に発生するカビの原因特定は、壁内の気流を疑い壁内を見る。
写真は石膏ボードをあけて壁内を確認。
壁の上下で隙間処理がされてなく、空気の動きを確認することができました。

夏場の湿気た外気が壁内へ入り、エアコンで壁が冷えれば、
結露が発生し、その水分にカビが生える。
コンセント等の鉄部は結露で錆びる。

 

◆対策

気流止めを確実に施工し、気密を高める。

 

 

==============================

■(2)編集後記

欠陥住宅調査の書類。
ここ数ケ月に作成した書類は、どれもページ数が多くなっています。

今現在書いているものも、不具合の数が膨大。
作成するのに丸2日くらいかかっております。

修理に相当な費用がかかりそうなため、相手が逃げないと良いですが。

事例1195 「キッチン吊り戸の反り」

この時期、車の外気温計をよくチェックします。

今日も名古屋市に近づくほど温度が上がってくる。
反対に冬は、付近の平地より気温が低め。
住みにくいと言われる理由の一つです。

 

■(1)今回の事例______________

「キッチン吊り戸の反り」
_______________________

◆写真解説

キッチン吊り戸、底板の反り。原因は湿気。
新品に交換しても再度、反りが出た。

 

◆内容説明

結露調査で伺った家。湿気の影響で吊り戸底板に反りが発生。
底板の材質はMDF(木質繊維を原料とする成型板の1種)。
湿気を大量の含み、吊り戸内部の物の重さで反りが出た。

最近ではフローリングの基材に使用されるなど
よく使われる材料。湿気に強くはないが、
一般的な室内環境であれば問題はない。

 

◆対策

湿度が高い場所での選択を避ける。

 

 

==============================

■(2)編集後記

結露調査の解析力を上げるため、気象の勉強を始めました。
気象予報士を目指すわけではないので、関係がないところは飛ばし、
水蒸気のことを主に学んでいこうと思います。

 

 

 

 

結露調査

最近は、この時期に依頼が多い、結露、カビ調査に追われていました。

あまりに多くの現場へ行ったため、書類作成が追い付かず、
ブログを書く時間も書類作成にあてています。

結露、カビ問題。原因が分からず、さじを投げる業者も多いみたいで、
「住み方が悪い」、もっとひどいと「お祓いしたほうがよい」と
言われた現場もあるようです。

結露は自然現象。超常現象ではありません。
自然現象のため、原因は必ず存在します。

ただ、家の構造が分からないと原因はつかめません。
そのため、弊社に依頼が来ます。

 

 

 

結露調査

今月は、結露調査をたくさん行っております。

現場で各種データを取り、事務所で分析。
盆休み前に伺った家は、今までで最高の水蒸気量を測定しました。

夏場の結露調査は、昨年度から急増。
以前は、冬場の結露調査が多かったです。

夏場の結露増は、海水温の上昇が原因であることは分かっております。
施工不備がないのに結露する事例もあり、
家の構造自体を変えていくことが必要になると思います。

結露の程度が軽いと表に症状が出ないため、
壁内や床下で結露が発生していても、気づいていない家が相当あると思います。

 

 

床下結露

雨天続きで、湿度が非常に高い状態が続いています。
湿度が高いと、少し気温が下がっただけで結露が起きやすくなる。

今の時期、夜に気温が低い日は要注意。
通気がある床下で、結露が起きているかもしれません。

このところ名古屋の最低気温は23℃くらい。
天気予報を見ると20℃の日もあります。

梅雨が明け、熱帯夜が続く頃になるまで、床下の結露に注意が必要です。

注意と言っても自然現象。対策は簡単ではありません。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影