ブログ

事例699『小屋裏通気塞ぎ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
早めの夏休みを取っている方も見えるようです。
住宅業界は昨年ほどは忙しくないという人がほとんど。
今年は多少まとまった休みが取れるのではないかと
期待しています。
■(1)今回の事例________
「小屋裏通気塞ぎ」
________________
 
屋根通気
 
◆写真解説
外壁最上部。小屋裏への通気口が断熱材で塞がれている。
屋根裏の湿気、熱気などが抜けにくくなる。
◆内容説明
長期優良住宅やフラット35で基準がある小屋裏換気。
設計で換気を設けても、写真のように
断熱材で塞がってしまっているケースがある。
(特に天井断熱材が、通気口近くになる2×4でなりやすい)
このようなケースでは、通気を優先すると
断熱材が建物際で入らなくなる。
どっちを優先するか、悩んでる工務店さんが過去にいました。
小屋裏換気は、地域によってはフラットの仕様以上の
開口があった方がいいという意見もあるなど
家の耐久性において重要なものです。
◆対策
断面図などで、きちんと収まりを確認する。
======================
■(2)編集後記
フラット35Sの省エネルギー性をクリアしている家を検査して、
何でこれが、基準をクリアするんだろうと思うことがあります。
最近は、審査の仕組みを理解したので、疑問には思いませんが、
省エネルギーという言葉がマッチしていない感を受けます。
日経ホームビルダーの今月号。省エネ住宅についての記事は
具体的な数字があり、分かりやすかった。
改正省エネ基準(2103年基準、東京や大阪)でも
暖房負荷はドイツやスイスの6.3倍(全館空調で)
日本の戸建住宅の8割が無断熱。
92年基準でも寒くてたまらない・・など。
日本の基準で満足していても
世界的に見れば省エネ住宅でない。
本当の省エネ住宅を目指すなら、ドイツなどの基準を
参考にして家を計画すべきです。

まもなくシーズン終わり 結露対策

書こうと思っていたテーマ。
シーズンが終わりそうなので、今日書きます。
新築の家は24H換気が付いていますが、
トイレに換気扇、部屋に給気口という換気システムの場合、
机上で計画したようには、換気されない。
2階のトイレの換気扇1つで、平均的に、各部屋の
空気を引っ張ることはできません。
トイレの換気扇の近くだけ、空気が引っ張られ、
居室の空気は、ほとんど動かないケースが多い。
検査で、いろんな業者さんに聞き取りした結果、
やはり、1種換気か、3種換気でも、各部屋から平均的に
空気を引っ張るダクト式の換気扇が良いみたいです。
↓ダクト式3種換気 (排気、給気は各部屋に給気口)
換気扇
結露のクレームがたくさん出ているメーカーでも
対策を打たずに、そのままの仕様で売り続けています。
換気扇は、あとから入れ替えが困難。
建てる前に、検討しましょう。

我が家の湿度

冬場は結露に悩む家が多い。

我が家は過乾燥気味。
{0C82EE83-5A10-4DBF-9D52-25F5E205F954:01}


夜、湿度が上がってもこれくらい。

もちろん結露はなし。
加湿器は全く役に立ちません。
湿度が低い理由は、調湿する仕上げ、断熱材。
24時間換気の法律施行前の家ですが、3種換気は付いてます。ただ、あまり換気は機能してないと思います。
結露対策は複雑です。
あらゆる面から検証しないと
いけません。

多湿の家

今朝1番で検査に伺った家。
室内の湿度が80%超。
ペアガラスの窓も結露してました。
この家は、高気密、高断熱の家。
高気密、高断熱の家のイメージは
結露を起こさないイメージがありますが、
実は結露で悩んで見える方が大勢見えます。
結露の原因は、室内の水蒸気が排出されず
蓄積するような構造になっています。
24H換気はあります。ただ、2階は吸気だけで排気がない。
設計上は1階の換気扇へ2階の空気を引っ張る
つもりですが、机上で考えたように空気は動きません。
結露をなくすには、湿気を取る換気システムか
全館空調を入れる。または、湿気を吸う材料で
壁や天井を仕上げるなどが有効です。
例えば、しっくい、エコカラット、無垢の板など。

事例645『木製サッシの結露』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日の日経新聞夕刊の一面は
「建設費上昇 影響広がる」
鉄筋、型枠合板などはこの1年で約30%も
上がっているようです。
一部、資材も不足しているようですし
全般に価格が高騰傾向です。
■(1)今回の事例_________
「木製サッシの結露」
__________________
 
サッシ結露
  
◆写真解説
結露に強いはずの木製サッシの結露。
室内の多湿が原因。
木枠が濡れるため、カビの発生、枠の腐朽が起きている。
◆内容説明
この家は、高断熱、高気密仕様の家。
さらに室内の湿度が70~90%になる家。
輸入製のサッシは、国産のアルミサッシに比べると、
断熱性能は高く本来、結露は起きない。
ただ、室内の水蒸気量が多ければ、
断熱性能が高いサッシも結露が起きます。
◆対策
高気密、高断熱の家で
サッシの結露に悩まされている方が多い。
設計時に、換気の種類を含め結露対策を考える。
===================
■(2)編集後記
欠陥住宅訴訟の立証は、費用がかさみます。
非破壊試験を行うと何十万単位の金額になります。
場合によっては検査する費用で、その瑕疵を直せるくらいの
金額になることもあります。
何だか無駄なような気がしますが、
やらないと、裁判で負けてしまう可能性が高い。
当事者にとっては、非常に複雑です。
今も数件、立証の依頼を抱えています。
お金をかけても、いい結果が出ないこともあるため
私も複雑な気持ちで仕事しています。

事例629『梁、柱のカビ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
あるNPOの検査組織が検査した
報告書を見させていただきました。
実務をやってない建築士が検査したようで、
知識不足をさらけ出す内容でした。
材料、基準などは変化していきます。
実務をしていないと分からないでしょう。
■(1)今回の事例________
「梁、柱のカビ」
_______________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-柱のカビ
 
◆写真解説
壁内が湿気た状態で気密シートを施工。
その結果、柱、梁にカビが生えた。
気密シートが乾燥を妨げている。
◆内容説明
気密を高めるため、気密シートを使う現場があります。
雨で梁、柱が濡れたまま気密シートを張ると
水分の蒸発を妨げ、カビが生えたりします。
◆対策
外の雨仕舞いを済ませたあと、
梁、柱、壁内が乾燥していることを確認してから
気密シートを施工する。
====================
■(2)編集後記
ミサワホーム中国の施工ミス。
詳細な内容が伝わって来ません。
記事によると型式認定に対する施工ミス。
型式認定とは・・
標準的な仕様書により複数建築される住宅等の建築物について、
構造、防火、設備等が建築基準法に適合しているかを専門の委員が
予め審査し、認定を行うもの。建築確認申請において型式適合認定書
を添付することにより、審査が簡略化される。
プレハブメーカーのほとんどは、型式認定を取っています。
この認定内容については、一般に開示されず
ブラックボックス化しています。
新築検査に入っても、入手することはできませんし、
裁判所から請求しても、まともに出さないメーカーもあります。
ですから、今回のミサワホームの件も
外部の人が気づくことはできない。
ハウスメーカーが独自で取得した大臣認定なども
詳細内容は一切開示されていません。
これらが大手ハウスメーカーの欠陥隠しの温床になっています。

2階床の結露

寒くなると結露の相談が増えます。
その中で、意外と多い内容が、
「2階のフローリングの上に布団を敷いて寝ると、床が結露する」
これは水蒸気がふとんを通過し、
冷たいフローリング面で結露を起こしています。
2階床が冷たい理由は、1階の壁下などから
外気が1階天井裏へ入るためです。
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-気流
(1階の壁下、大きな隙間)
長期優良住宅を申請し、省エネ対策等級4でも
この現象が起きている家があります。
気密についての施工基準が曖昧なため
断熱材はしっかり入っているけど、
隙間だらけの家は珍しくありません。
省エネ対策等級が最高ランクだと言っても
実際の性能が良いとは限りません。
ベットにするか、布団下に水蒸気を遮断する
シートを敷けば床の結露は起きなくなります。

事例576『外壁通気口欠落』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日の午後、雨漏り調査に行ってきました。
当社へ来る雨漏り依頼は、業者がお手上げの難しいものばかりで、
いつも、検査は緊張します。
今回は、案外早く原因をつかめました。
事務所に戻り、ほっとしています。
■(1)今回の事例_______
「外壁通気口欠落」
_______________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-外壁通気
 
◆写真解説
外壁下端。外壁通気の進入口がない。
長期優良住宅などでは、結露防止措置として通気が必要。
◆内容説明
サイディングの外壁。
屋上防水の立ち上げの納まりが悪く、通気スペースがなくなっている。
これはよくある事例。
15mm程度の通気層を確保しても、
防水下地が手前に出てくれば、外壁とくっついて、
通気の入り口がなくなる。
◆対策
施工後指摘しても、直すのは困難。
大工さん任せにせず、図面で納まりを指示する。
====================
■(2)編集後記
今日、躯体検査に行った現場での出来事。
性能評価の検査に来ていた方が、
私を瑕疵保証検査のJIO検査員と勘違いしたようで、
「JIOさん、今日は検査時間がかなり長いですね。
JIOさんより早く、私の検査が終わるなんて珍しい」と話かけてきました。
ちなみに性能評価の方は約1時間、現場に居ました。
業界の人も、保険の検査は早く終わる印象があるようです。
 

冬でも、加湿ではなく除湿が必要

今年の冬も、何件か結露の相談受け、
今くらいから対策工事に取り掛かります。
結露対策は、水蒸気量を減らすか、温度差を無くす。
どちらか、もしくは両方を考えます。
温度差をなくす内窓の施工は費用が高額になるため
除湿機で湿気を取る方法が人気です。
冬場は加湿するのが常識だと思っている方が実に多い。
隙間風が多く、寒い家なので、外の乾燥した外気が室内へ入り
部屋が乾燥すると思うようです。
隙間風がひどくても、湿気が滞留しているケースがほとんど。
そういう家では、加湿機ではなく、冬でも除湿機が必要です。
据え置き型の除湿機は場所も取るし、水を捨てるのが面倒。
そんな欠点を解消した製品が、ダイキンのルームドライヤー。
壁掛けのため場所をとりません。さらに、水捨て不要です。
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-ダイキン
設置台数、部屋の水蒸気量によっては、結露がゼロにはなりません。
それでも除湿した分は結露が減ります。
住宅検査カノムの
スマートフォンサイト→こちら
 
PCサイト→こちら

事例543『基礎パッキンの結露が原因で土台がカビた』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
明日の1件目は早朝に家を出て、電車で現場へ行きます。
そのあと、1時間くらいまた電車で移動し、次の現場へ入ります。
移動時間が車より電車の方が早く、検査道具が少ない場合は、
電車を選ぶこともあります。
■(1)今回の事例__________
「基礎パッキンの結露が原因で土台がカビた」
_________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-土台カビ
 
◆写真解説
基礎断熱仕様の密閉空間の床下。
基礎パッキンが結露し、土台が濡れ、カビが生えた。
◆内容説明
先回に続き、土台のカビ。
今回は基礎パッキンが結露し、その結露水を土台が吸い、
カビが生えた例。
ユニットバス部の寒さ対策(省エネ対策等級仕様)のため、
浴室部だけ基礎断熱とし、床下を密閉する設計が増えています。
先回も記載しましたが、新築のうちは基礎のコンクリートから
水分が蒸発します。
密閉してしまうと湿気がこもるため、結露が起きやすくなります。
写真のように、断熱されていない基礎の天端や
基礎パッキンが冬場、結露を起こしやすい。
◆対策
工事中に出来るだけ床下を開放し、湿気を逃がす。
基礎断熱ではない施工方法の選択。(フラット35仕様書参考)
===========
■(2)編集後記
文章は少し時間を置いてから見直したほうがいいとか、
夜書いた文章は、朝見直したほうがいいとか言います。
私も裁判所へ出すような、一旦出したら引っ込みが付かないような書類は、
できるだけ時間をあけての見直しを、数回行うようにしています。
見直せば必ず、修正が出ます。
そんな理由もあり、最近は書類の作成期間を多めにいただきます。
時間はかかり、自分への負担も多いですが、必要なことだと思います。
紛争処理を安価で出来ないかという話もよく来ますが、
安価で請ければ、かけられる時間が減るため、結果として質が落ちます。
プロとしてこの仕事に専念している以上、
最大限の努力ができない条件の事案は、お断りしています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る