ブログ

事例806「室内のカビ」

今朝は朝7時半から現場へ入らさせていただきました。
やや早いため、室内から検査を始め外部は後回し。

住宅の現場は、監督が常駐しないため
職人はバラバラに来ます。

一番早かったのはサイディング屋さん
7時ころに現場に入り、音が出ないよう
作業の準備をしていました。

 

■(1)今回の事例______________

「室内のカビ」
_______________________
マンションカビ

◆写真解説

マンションの室内に発生したカビ。
原因は大量の水蒸気が天井裏に入り込んでいた。

 

◆内容説明

マンションは断熱材の厚さを手抜きされやすい、
水蒸気を吸収するものが少ないなど、
もともと結露しやすい。

写真の現場は配管に漏れがあり、水蒸気がPS内から
天井裏まで充満、結露を起こしカビが発生した。

これだけのカビが生えると、胞子を吸い込んでしまい、
健康被害に直結します。

 

◆対策

部屋内の湿度を常に気にする。
異常を感じれば、専門家に相談をする。
(建築業者で結露のことがわかる人は少ない)

 

==============================

■(2)編集後記

名刺交換した業者から見解を求められることが稀にある。
「公平な立場で判断して欲しい」と言いながら
正確な情報がない場合が多い。

これでは見解の出しようがない。

ひどい業者は、情報をあまり出さず、見解の希望を伝えてくる。
もちろん、そんな依頼は無視します。

ごまかすことばかり考えていると、不動産業界はいつまで経っても
ブラックなイメージは払拭できません。

基礎断熱

昨日は東京に宿泊。午後の検査に間に合うように余裕をもって
帰ってきましたが、検査が延期。
どうやら壊して一部をやりかえるようです。

基礎断熱を施工する会社が増えています。

屋根やサッシなどの断熱性が低くくても
基礎断熱にすることで高断熱を売りにしている会社がある。

どうせお金を使うなら、サッシや屋根、壁の断熱性能を上げる方が先です。

 

安易な考えで基礎断熱を施工すると結露やカビが発生することがある。
換気などをきちんと計画することが重要です。

 

夏の結露調査

結露調査は、現象が起きている冬にやるのが良い。
ただし、冬まで待てないケースも多く存在します。

今日、検査に行ったマンションはカビがひどく、待ったなしの状態。
1日も早く解決しないと、健康被害が懸念されます。

カビ

特殊な機械を使い検査、99%そこだという原因を特定しました。
結露調査は、目視だけでは到底無理です。
機材が揃っていて、結露の原理を理解している会社に依頼しましょう。

建物を出てもカビ臭が体に残っていたため、
事務所に戻り服を全て着替えました。

カビの問題は、家の高気密化と共に増えています。
今年も2件の家で内装を全てはがし、カビを除去しました。

 

事例774『柱の結露』

1日現場にいると体がバテます。
急に暑くなったため、体が慣れていないのでしょう。

明日からも数日、丸1日の現場予定が続きます。
徐々に体も暑さに慣れるでしょう。

 

■(1)今回の事例___________

「柱の結露」
____________________
結露

◆写真解説

鉄筋コンクリートの柱、断熱材がないため結露を起こし、
クロスが剥がれた。

 

◆内容説明

外部に面する柱や梁を断熱しないと、
確実に結露が起こります。

古い建物なら、柱や梁部に断熱材がないケースは珍しくないが、
比較的築年数は浅い。

この建物、断熱材の施工も全般的に薄かった。
設計で壁、屋根共に25㎜になっているが、屋根は10㎜以内の施工。

壁など各所で結露が発生し、クロスが剥がれたり
カビが発生しています。

 

◆対策

分譲マンションでは工事中の施工状況をチェックをすることは、ほぼ不可能。
断熱材の仕様、施工範囲をよく確認してから買うか、
内覧時に第三者の建築士に断熱材の施工をチェックしてもらう。

 

==============================

■(2)編集後記

昨日検査に行った現場、居室の換気扇がつながっていなかった。

換気扇は天井埋め込み式タイプのもの。建物は築15年ほど。
部屋の排気は全て天井裏に排出され、
天井裏は黒いほこりでかなり汚れていました。

ダクト式の換気扇の場合、見えない箇所の接続はあとから分からない。
設備業者の自主検査を確認する必要があります。

事例745『屋根結露』

「界壁施工」というキーワードで検索をかけると
アパート会社の東建コーポレーションの
社員ブログばかり出てきます。
ほぼ独占状態に近いくらい順位を独占しています。

ブログを書いている現場監督さんも大変ですね。

 

■(1)今回の事例______________

「屋根結露」
_______________________
屋根結露

◆写真解説

壁をつたう黒いすじは、屋根の結露水が小屋裏収納に出てきたもの。
屋根断熱で、断熱材の施工が悪いために結露が起きている。

 

◆内容説明

ロックウールによる屋根断熱。断熱材は野地板に密着して施工。
通気層はない。また、屋根断熱なので小屋裏換気も設けいていない。

水蒸気が小屋裏に集まり、断熱材の隙間から入った水蒸気が
冬場冷たい野地板面で結露を起こす。

 

◆対策

屋根断熱にする場合は、野地板との間に通気層を設けるか、
表面でしっかり気密を取る。

 

==============================

■(2)編集後記

一時、仕事が減った住宅メーカなどでも
忙しくなってきているようで、
暇な時に他へ移った職人を呼び戻すのに
苦労しているみたいです。

先日の新聞に、消費税UPの駆け込みを無くすために
毎年1%づつ税率を上げる案が書かれていました。

それはそれで、事業者にとっては面倒過ぎます。
ここの現場は11%、ここは12%。工期が長い現場があれば、
あそこは10%など、税率が複数存在し、余計に混乱が起きるでしょう。

それでも決まった場合は従うしかないですね。

事例741『基礎の結露』

昨日ブログに書いた「トイレの水漏れ」
本日、部品交換をして直りました。

水道屋さんが言っていましたが、最近の器具は機能が増え、
部品が複雑化し、壊れやすくなっているそうです。

新築時、シンプルで単純なものを選んだ方がよいのでしょう。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎の結露」
_______________________
基礎結露

◆写真解説

基礎断熱で床下を密閉。
換気が機能せず、床下が湿気て結露が発生。
水が溜まっている。

 

◆内容説明

冬の床下でよく見る現象。
床下に外気を入れない、基礎断熱形式で多い。

床下が湿気て、コンクリート面で結露を起こす。
換気不良もしくは断熱施工ミスが原因。

 

◆対策

換気計画を設計時に考慮する。

断熱材をコンクリートに密着させ、隙間などをつくらない。
==============================

 

■(2)編集後記

約5年間かかった裁判が終わった。
検査からは約8年。途中で何度も追加の証拠を出す。
また、依頼者と個人的に何度も話をするなど
関わりが深かった事件です。

誰が見ても明らかで重大な欠陥がある家。
裁判を始める前は、ここまで長くかかるとは思って
いませんでした。

裁判官が現象を重大だと思っていない。
相手の訳のわからない反論の応酬。
施工業者の経営状態が悪い。

いろいろ悪条件が揃いました。

このような条件の中で、最良の結果で終わったのは
担当した弁護士の力が大きかった。

建築に詳しくない弁護士であれば、負けていたかもしれない
裁判でした。

事例735『土台のカビ』

今日、県外での裁判が延期になり、予定を組み変え
現場をフルに回ってきました。

事故渋滞などにもはまり、事務所に戻ったのは20時。

連絡希望がいくつか入っていますが、
今から書類を書かないといけないので
メール以外は明日以降の対応になります。

(この本文は早朝に原稿を書いています)

 
■(1)今回の事例______________

「土台のカビ」
_______________________
土台のカビ
◆写真解説

土台のカビ。床下の湿気が原因で大量のカビが土台に発生。

 
◆内容説明

住宅の省エネ化で、気密の高い家が増えています。

床下を換気しない基礎断熱の家も増えていて、
計画換気などで、床下の湿気を対処しないと
カビなどが発生することがあります。

ただ、計画換気が動くのは電気が通ってから。
雨に濡れたまま床を密閉してしまうと、工事中にカビが生えます。

 
◆対策

床下を換気しない場合は、機械換気などで湿気対策をする。

定期的に床下を点検する。

 

==============================

■(2)編集後記
数ヶ月前に欠陥検査した家の近くを、たまたま通りました。

引渡し前のタイミングでの検査。かなり重大な欠陥があることが分かり、
それを知った業者がカギをかけたため、
施主さんは今でも、家に入ることができません。

 

住むのに危険な家ですが、自分の家に自由に入れない。
非常におかしな話です。
裁判が終わるまで、壊すこともできない。
安全な新居に住めるのは、数年先になりそうです。

事例719『屋根結露』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今回の台風は雨も風もすごかったです。
また、吹き返しがかなり強いです。
今日は足場の上にいる時間が長く
強い風を一日感じました。
■(1)今回の事例_________
「屋根結露」
_________________
 
屋根結露
 
◆写真解説
屋根の結露。部屋の水蒸気が小屋裏にこもり、
屋根面で結露を起こしている。
ひどくなると、屋根をふき替えないといけない。
◆内容説明
今でも、小屋裏の換気を取らない。又は不足している。
屋根断熱の場合に通気を取らない現場があります。
勾配天井で屋根結露を起こすと発見は早いですが、
普通の天井ですと、気づかないケースがほとんど。
20年目に気付いて、キノコが生えていたという例もあります。
◆対策
フラット35の規定以上に小屋裏換気量を取る。
屋根断熱の場合は、通気層を確保。
上記が難しい場合は、小屋裏へ湿気を入れない
気密工事を確実に行う。
========================
■(2)編集後記
紛争になると相手へ請求をする修補費用を
出さないといけません。
弊社は検査専門で、建設物価に精通していないため、
他へ委託して見積もりをしてもらいます。
裁判所に金額を削られるから、高い見積りを
出して欲しいという要望が多い。
ただ、請求金額が増せば、弁護士の着手金が増えますし、
相手も建築屋なので、単価や数量を操作すれば気づきます。
意味なく増やしても、有利になることはないでしょう。
正しい主張をしていくことが大切です。

事例708『棟換気が機能していない』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
来月一新する予定のホームページ。
ワードプレスへの移行に伴い、ブログもアメブロから
ワードプレスへ移行する予定です。
ホームページ作成は業者さんに任せてありますが
説明文などは私のほうで書いて渡さないといけません。
その作業が意外と時間を取りそうです。
■(1)今回の事例_________
「棟換気が機能していない」
_________________
 
棟換気
 
◆写真解説
屋根頂部に換気部材を取り付けている家。
裏側から見ると、防水シートが換気部を塞いでいて
換気ができていない。
◆内容説明
屋根断熱の増加や、高い位置で空気を抜くことは効果が
高いとして、屋根頂部に換気を設ける設計が増えています。
この「棟換気」。
屋根工事の最後に、外側の部材を取り付ける。
それまで雨が入らないようにするため
下地の防水シートをカットしないケースが多い。
防水シートのカットを忘れて完成したのが今回の例です。
屋根の防水シートは空気も通さないため、
換気は全く機能していません。
5件に1件くらいある多い事例です。
◆対策
屋根断熱の場合は、あとから確認できません。
屋根工事店に写真の提出を強制するなど。
====================
■(2)編集後記
雨漏りに関する相談が多いです。
雨漏り現場を見に行くと、雨漏りしやすい設計や
施工になっています。
建築士や現場監督、職人、誰でも
一度失敗をしないと、気を付けません。
20年くらい前に知り合った建築家の方。
賞を数多く受賞するなど、設計は素晴らしい。
ただ、屋根だけは決して無理な設計をしない。
過去に雨漏りで施主とトラブルになってから、
デザインより雨漏りのリスクを取るようになったそうです。
そういった貴重な失敗談を若い方たちへ伝えていくことが
この業界では出来ていません。
何かいい方法があればいいなと思います。

事例699『小屋裏通気塞ぎ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
早めの夏休みを取っている方も見えるようです。
住宅業界は昨年ほどは忙しくないという人がほとんど。
今年は多少まとまった休みが取れるのではないかと
期待しています。
■(1)今回の事例________
「小屋裏通気塞ぎ」
________________
 
屋根通気
 
◆写真解説
外壁最上部。小屋裏への通気口が断熱材で塞がれている。
屋根裏の湿気、熱気などが抜けにくくなる。
◆内容説明
長期優良住宅やフラット35で基準がある小屋裏換気。
設計で換気を設けても、写真のように
断熱材で塞がってしまっているケースがある。
(特に天井断熱材が、通気口近くになる2×4でなりやすい)
このようなケースでは、通気を優先すると
断熱材が建物際で入らなくなる。
どっちを優先するか、悩んでる工務店さんが過去にいました。
小屋裏換気は、地域によってはフラットの仕様以上の
開口があった方がいいという意見もあるなど
家の耐久性において重要なものです。
◆対策
断面図などで、きちんと収まりを確認する。
======================
■(2)編集後記
フラット35Sの省エネルギー性をクリアしている家を検査して、
何でこれが、基準をクリアするんだろうと思うことがあります。
最近は、審査の仕組みを理解したので、疑問には思いませんが、
省エネルギーという言葉がマッチしていない感を受けます。
日経ホームビルダーの今月号。省エネ住宅についての記事は
具体的な数字があり、分かりやすかった。
改正省エネ基準(2103年基準、東京や大阪)でも
暖房負荷はドイツやスイスの6.3倍(全館空調で)
日本の戸建住宅の8割が無断熱。
92年基準でも寒くてたまらない・・など。
日本の基準で満足していても
世界的に見れば省エネ住宅でない。
本当の省エネ住宅を目指すなら、ドイツなどの基準を
参考にして家を計画すべきです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る