ブログ

事例963「壁内の湿気」

昨日、今日の豪雨はすごかった。
スコールという表現をしているニュースもありますが、
南国のスコールより降り方がひどいと思います。

 

■(1)今回の事例______________

「壁内の湿気」
_______________________

壁内湿気

◆写真解説

壁内に湿気がこもる。
湿気が抜けない構造であることが原因。
壁内結露の原因となる。

 

◆内容説明

日本の家は、夏の暑さ対策、冬の寒さ対策。
そして湿気対策を考えないといけない。

湿気について、結露のメカニズムを理解していない設計者や施工者が多い。
そんな現状だからミスはいまだに起きている。

写真はコンセント部から壁内に入った湿気が
抜けずに壁内に溜まっている状況。

断熱材はグラスウール。外壁面に構造用合板あり。
外壁の通気層はあるが、空気が滞留しているため、湿気が抜けない。

 

◆対策
湿気対策を設計時に考える。

壁内に湿気を入れない。湿気を入れたらどう抜くか。

 

==============================

■(2)編集後記

日常的に書類の締め切りに追われるため
仕事術の本は今まで何十冊も読んできました。

最近読んだ仕事術の本は、
元マイクロソフトの伝説のプログラマー、中島聡さんが書いた
「なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である」(文響社 )

書いてある内容は、私もいくつか実践していました。

今現在も書く仕事がたまり気味。
効率よく片付けないと、お盆休みが取れません。

事例943「天井裏のカビ」

セミナーやTV出演で先週は忙しかったため
昨日は久しぶりに1日、何も予定を入れず
休みを取りました。

 

■(1)今回の事例______________

「天井裏のカビ」
_______________________

壁カビ

◆写真解説

ユニットバス周囲の石膏ボードのカビ。床下の湿気が原因。

 

◆内容説明

床下で水漏れが発生。
建物の気密が高いため、湿気が室内にこもり、
石膏ボードの表面にカビが発生した。

昔のような隙間風だらけの家であれば、
ここまでひどくはならない。

 

◆対策

ベタ基礎の場合、床下点検口を開けるだけでも
漏水を確認できる。

引き渡し後1ケ月、6ケ月、1年
その後は思い出したときなどに確認するとよいです。

 

==============================

■(2)編集後記

ハウスメーカーの広告を信じ契約。
あとから騙されたと気づく方が多い。

直接、ハウスメーカーへ修正を指示しましたが、逃げられた。
他に手段がないので、消費者庁に告発しました。

広告表示している数字は明らかに嘘。
結果はどうなるか分かりませんが、
チャレンジしていくことが大事だと思います。

事例942「屋根通気ふさがり」

明日のセミナーの準備で今晩は忙しいです。

期限が迫ってから慌てて、準備をしております。

 

■(1)今回の事例______________

「屋根通気ふさがり」
_______________________

キノコ
◆写真解説

屋根断熱材と野地板間の通気が塞がれていて密閉状態。
ファイバースコープで中を見ると白いキノコのようなものが確認できた。

 

◆内容説明

屋根通気構造を取っているが、空気を抜く棟換気がない。
そのため、空気が滞留し、湿気がこもっている。

小屋裏がカビたり、茶色の水が屋根から出てきたため
通気層内を調べてみた。

白いキノコは白色腐朽。

 

◆対策

屋根通気を施工する場合、空気の入口、出口を設ける。

 

==============================

■(2)編集後記

大手ハウスメーカーP社。

親会社のフローリングを使用しているが
親会社が使用を禁じている釘を3年前までマニュアルに記載し、使っていた。

それが原因で床なりが起きているが、
マニュアルどおりで問題がないと主張している。

どこのメーカーでも禁止している弱い釘を
マニュアルに指定している自体がおかしい。

追求をしているが、間違いを認めると社会問題になる可能性もあり、非を認めない。

事例931「壁内の湿気」

今日は現場予定を入れず、書類作成に没頭しています。
スケジュール調整以外の電話も全てシャットアウト。

GW中、あと2日くらい、書類に没頭する日を設ける予定です。

 

■(1)今回の事例______________

「壁内の湿気」
_______________________

壁内湿気
◆写真解説

クロスにカビが発生。壁をあけ外壁合板の含水率を計測したら57%。
かなり湿っている。正常な状態は20%以下。

 

◆内容説明

壁内に湿気を入れない。入ったとしても外部へ放出する。
通常住宅はそのような設計、施工になっている。

この現場は施工不備によって両方ができていない。

壁内に湿気がこもるため、冬場は外壁側、夏場はエアコンで冷やされた
室内側で結露が起きる。

結露水がカビ、木の腐朽の原因となる。

 

◆対策

通気層はあるだけではダメ。
入口、出口をきちんと確保する。

防湿材は連続させ、隙間はテープなどで処理をする。

 

==============================

■(2)編集後記

熊本地震の影響で、行政に耐震診断の申し込みが殺到しているようです。
数が多いため、私も数件は行くことになるでしょう。

耐震診断を行うまでもなく、古い家は危険です。
診断後に耐震補強まで行うことが重要です。

 

田舎に行くと、未だに昔の基準で仕事している老大工がいます。

勉強していないため、今の基準は当然知らない。
他の大工と一緒に仕事しないため自己流。
金物を使うことは他から聞いているが、選び方が分からない。

昨年も実際に遭遇しました。
当然、私の言うことは理解できない。おかしな施工をしても
おかしいと気づかない。

昔の耐震基準で新築するなんて非常にばからしいことです。
依頼先を間違えてはいけません。

事例930「湿度99.98%」

汗ばむ季節になりました。

今日の屋根裏は非常に高温。
これからもっと暑くなるので、仕事がやりにくくなります。

 

■(1)今回の事例______________

「湿度99.98%」
_______________________

湿度99%
◆写真解説

小屋裏の湿度99.98%。
室内から持ち込んだ機材が全て結露する。換気不足が原因。

 

◆内容説明

室内の湿気は小屋裏にたまりやすい。

換気が不十分で、外へ水蒸気が排出されないと
湿度が高くなり、結露を起こしやすい。

普段から室内の湿度が高めの家は
小屋裏の湿度を確認した方が良いです。

 

◆対策

2階天井面で気密を取る。
小屋裏換気を十分確保する。

 

==============================

■(2)編集後記

悪徳業者相手に何件が紛争を行っています。

私のことが憎くて仕方がないのは分かりますが
手抜きや、ずさんな工事をした反省もなく
逆恨みするのはどうかと思います。

また、自分らを守るため、我々のような
瑕疵を指摘する検査会社をなくそうとする動きがある。

検査を行う建築士はたくさんいますが
紛争がらみの検査を行う人はごくわずか。

重労働な仕事、私も何年この仕事をできるか分かりません。
若手が増えるような環境つくりをしたいと思います。

事例912「屋根材のカビ」

日本テレビ「鉄腕DASH」の製作会社から
写真の提供を求められました。

昨年もドラマなどいくつかTV局に写真提供しました。

TV局はネットで情報検索しています。
探しているキーワードで画像が出てくるためだと思います。

 

■(1)今回の事例______________

「屋根材のカビ」
_______________________

野地板カビ

◆写真解説

屋根の野地板のカビ。
小屋裏換気が不十分で、湿気がこもり
結露を起こしたことが原因。

 

◆内容説明

小屋裏換気の基準は、長期優良住宅や
フラット35の仕様書に記載がある。

これらを選択しないと、小屋裏換気を計画しないこともある。
また、設計で計画をしていても、
断熱材が通気を塞いでいある場合もある。

結露を起こすとカビが生えやすい。

 

◆対策

フラット35の仕様書の基準を参考に
小屋裏換気を設ける。
(屋根断熱の場合は、断熱材と野地板間に通気を取る)

 

==============================

■(2)編集後記

瑕疵検査を実施した家。
依頼者と業者の話し合いの日でした。

私は、その場に同席はしていません。

業者があまりに横柄な態度を取るため、
電話で会話の一部こっそり聞かせてもらいました。

完全に逃げられない証拠を出したつもりです。
開き直りで威圧的な態度に出たのだと思います。

最後は、できる限り修理すると言って帰ったようです。

事例882「ボルトの結露」

ある週刊誌から取材依頼が来ました。

特集記事の内容はこれから詳細を詰めますが、
手抜きをしてきた業者が困る内容です。

どうせ分からないという考えで、家を建ててきた風習がある。
その悪習が無くなればと思います。

 

■(1)今回の事例______________

「ボルトの結露」
_______________________

ボルトの結露
◆写真解説

小屋裏で梁を接合しているボルトが結露している。
ボルトが錆びる、ボルト周辺の木が腐食する恐れがある。

 

◆内容説明

完成1回だけの検査で小屋裏に入り発見。

小屋裏が湿気た感じは、入った瞬間に肌で感じた。
湿度を測ると80%超。部屋が50%なのでかなり高い。

夜間、外部に面してつけられたボルトが冷えて、
内側で結露が発生した。

小屋裏換気は計画されているが、軒先で断熱材が通気口を塞いでいた。
それが原因で、湿気が高くなり結露を起こした。

 

◆対策

フラット35の仕様書などを参考に
小屋裏換気をきちんと取る。

換気部を断熱材で塞がない。

 

==============================

■(2)編集後記

省エネ基準が強化される傾向にある。
検査する立場の知識として、本を買ったり、講習会に出るようにしている。

平成25年省エネ基準で、冷暖房や給湯機、照明、家電など
建物全体の省エネを評価する「一次エネルギー消費量」が追加された。

すでに建っている家は、断熱改修が困難なため、
設備を変えることでも省エネ向上になる。

効果が高いのは、エアコン、照明(LEDに)を替えることでしょう。
また、電気温水器を使っている場合は、エコキュートに替える。
その他の家電も年々省エネ性能が高くなっていますが、
最新型で省エネタイプは値段も高額なので、費用的には得しないかもしれません。

設備で断熱効果などは上がらないため、
寒さを解消させるには、工事が簡単な内窓の施工などが良いでしょう。

事例838「床合板裏のカビ」

大きなミスを隠蔽。それが発覚しても謝らない。

認めると修理に大金がかかるため
裁判で損害賠償額の減額を探る。

こんな事例が3件続いています。

 

■(1)今回の事例______________

「床合板裏のカビ」
_______________________

床下のカビ

◆写真解説

1階床合板裏に生えた大量のカビ。
基礎断熱で通気、換気がなく、床下が湿気たのが原因。

 

◆内容説明

完成検査で床下に入ったところ、合板裏のカビを発見。

工事中、雨に濡れ、乾燥しないままに床を組んだためと
冬場、結露で床下が湿気たことが原因。

基礎断熱のカビ問題は非常に増えています。
床下なので気づいていない家も多くあると思います。

 

◆対策

基礎断熱にする場合は、湿気対策を計画する。

 

==============================

■(2)編集後記

高所など危険な場所での仕事があります。

その時心がけていることは安全配慮。
危険率が1%でもあれば、できる限りの安全策を取ります。

怪我をすれば仕事ができなくなるし
いろんな方に迷惑をかけます。

現場で若い方たちを見ていると
危ないと思える行動が目に付きます。
安全対策がカッコ悪いと思っている人もいるようです。

大手の会社でなければ、社員が安全研修を受ける機会は少ない。
建設業者に対し安全研修を強制化してくことも大事だと思います。

事例837「通気弁からの湿気の漏れ」

今週は出張の連続。

列車移動中は騒音や電波が悪かったりして
なかなか連絡しづらい状態が多いです。

また現場へ入ると休憩を取らないことが多く
連絡が遅くなりご迷惑をおかけします。

 

■(1)今回の事例______________

「通気弁からの湿気の漏れ」
_______________________

通気弁

◆写真解説

通気弁の漏れにより湿気が充満、
天井裏がカビだらけになった。

 

◆内容説明

通気弁。配管内が負圧になると弁が開いて空気を吸込み
圧力を均等化、トラップの封水を保護する材料。

屋外だけでなく、天井裏や床下などに付けるケースもある。

今回、部品の不良で常時、弁が開放。
配管の湿気が漏れ、結露しカビが大量に発生した。

 

◆対策

普段見えない箇所にあるため、確認は難しい。
点検できる位置へ設置する

 

==============================

■(2)編集後記

一時、新築検査が少なく、欠陥検査ばかりでしたが、
来月あたりから、新築検査が増えそうです。

昔から住宅は2,3月完成が集中しやすい。
上場企業で2、3月決算であれば余計に集中します。

忙しくなると下手な職人が混ざることがありますが、
弊社が検査に入る現場は、指摘が出ないよう
上手な職人を選んでいただけると思います。

事例817「小屋裏の湿気」

茨城県常総市の鬼怒川決壊のニュースは、被害のひどさに驚きました。

夏場の大雨は、今後増えていくのでしょうか。
がけ崩れ、川の決壊が頻繁にあるようなら、
家の構造を変えていく必要があります。

 

■(1)今回の事例______________

「小屋裏の湿気」
_______________________
小屋裏多湿

◆写真解説

小屋裏が多湿。湿度は90%を超えている。換気不良が原因。
断熱不良等があると夏でも結露が起きる。

 

◆内容説明

湿度が90%もあると、そこに冷たいものがあれば結露を起こす。

例えば、ダウンライトにエアコンの風が当たっていて
ダウンライト上の断熱材がめくれているケースなどがある。

冬場、外の空気が乾燥していても
室内の湿気が入り込み、冷たくなる屋根面で結露するケースもある。

 

◆対策

小屋裏の湿気対策は「換気」と「2階天井部の気流止め」が重要。

気流止めの意味が分からない業者が多いです。
そのような業者に依頼しない。

 

==============================

■(2)編集後記

分譲住宅やマンションを買うとき、
数は少ないですが、売主が不動産業以外の大手有名企業、
又はその子会社が良い。

なぜかというと、クレームなどの対応をきちんとしてくれます。
(私の経験上での見解)

私が見て、過剰と思うほどの
手直しをしてくれたケースもありました。

不動産業者はクレームの線引きは手慣れたもの。
ですから、業界以外の会社が良い。
また大手有名企業はクレームを嫌うため、
きちんと処理しようとしてくれます。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る