ブログ

設計、施工のシステム

結構、スケジュールが過密でバタバタしております。
今週中に書類の大半を片付け、
来週からの現場仕事に備えようと思います。

あるハウスメーカーに初めて検査に入りました。
会社は大きそうですが、聞いたことがない会社名。
調べてみると、昨年、愛知県に進出してきたようです。

新しく進出すると、スタッフや職人の確保が大変。
現場にいたある専門業者は、他所のメーカーでも見かける会社で、
平均して施工が粗い。ただ、この現場は、きちんと施工ができていました。

その業者以外も一流の職人を集めているわけではないが、
結果として問題ない施工が行われている。
これは大手プレハブメーカーが目指してることで、
その方法を取り入れていると思いました。

どれだけ良い職人を抱えても
設計仕様が古く、やりにくいと、残念な施工になることがあります。
誰が施工してもほぼ同じ結果になるシステムを作ることが重要です。

人手不足が問題になっている今
うまく言っている貴重な例ではないかと思いました。

事例1199 「壁内のカビ」

今年の夏もたくさんの結露、カビ調査依頼を頂きました。
結露、カビに関し、非を認め責任を取る会社は少ないです。
住み方、つまり、施主側に責任があると言ってきます。

裁判所の判断もこれらに関しては厳しいため、
設計、施工時の予防が重要です。
ただし、大手メーカーの設計者も良くわかってない方が多い。
来年も多くの依頼が来ると予想してます。

 

■(1)今回の事例______________

「壁内のカビ」
_______________________

◆写真解説

クロス表面にカビが発生。
壁内をあけると木下地に大量のカビが付着していた。

 

◆内容説明

間仕切壁に発生するカビの原因特定は、壁内の気流を疑い壁内を見る。
写真は石膏ボードをあけて壁内を確認。
壁の上下で隙間処理がされてなく、空気の動きを確認することができました。

夏場の湿気た外気が壁内へ入り、エアコンで壁が冷えれば、
結露が発生し、その水分にカビが生える。
コンセント等の鉄部は結露で錆びる。

 

◆対策

気流止めを確実に施工し、気密を高める。

 

 

==============================

■(2)編集後記

欠陥住宅調査の書類。
ここ数ケ月に作成した書類は、どれもページ数が多くなっています。

今現在書いているものも、不具合の数が膨大。
作成するのに丸2日くらいかかっております。

修理に相当な費用がかかりそうなため、相手が逃げないと良いですが。

現場監督の質

この1週間ほど現場に入る中で感じたことは
「現場監督さんの質の低下」

工程を把握していない、職人に指示ができない、
こちらが指示したことを理解できない、平気で嘘をつくなど。

現場監督をかえて欲しくても、人出不足で交代人員もいない。

優秀な方は、出世し現場を離れるか、独立してしまうため、
優秀な現場監督に出会えるのは稀です。

設計事務所に所属する建築士数、60,70代が40%を占めているそうです。
若手が不足の上、建築士の受験者数もここ10年くらいで激減しているため、
ますます今後、現場などの人手不足は加速しそうです。

以前、現場監督の仕事をAIが担うようになるという記事を読みました。
今現状の現場を見ていると、導入まであと数年はかかると思います。

 

 

 

はんこを無くす

河野行革相が提言している「はんこを無くす」に賛成です。

私が裁判所に出す書類。意見書、見積書等で、
はんこがなくてもOKする弁護士もいれば、朱肉で押したはんこにこだわる、
また、紙の質まで指示する弁護士もおります。

統一されていないということは、重要度が低いと思っていました。

捺印することで結果がよくなれば、はんこは必要ですが、
三文判でもOKの書類にはんこの意味は薄いです。

同時に検討されているペーパーレス化も、是非実施して欲しいと思います。

 

事例1198 「土台未施工」

健康診断の結果に「軽度の肥満」と書かれていました。

ケガ防止のために体幹を鍛えている影響で
体全体が一回り大きくなり、体重が増加傾向。

体は重くなっていますが、この1年、ケガもしなくなりましたし、
不安定な足場などでの体の安定感は増しました。

 

■(1)今回の事例______________

「土台未施工」
_______________________

◆写真解説

土台が未施工のため、アンカーボルトが丸見え。
図面どおりでない施工。

 

◆内容説明

上に耐力壁ではないが、壁が載る箇所。

その箇所の土台が欠品。大工が手待ちを嫌い、
土台未施工のまま作業を進めた可能性が高い。

普通は作業を中断し、材料を待ちます。

図面どおりでない施工であり、施工業者に修理を求めます。

 

◆対策

1階床組時、または完成時に床下を確認する。

 

 

==============================

■(2)編集後記

夏場の結露発生時期は過ぎましたが、
結露被害の相談、調査依頼が多いです。

かなりの数、調査させていただいたため、
被害データがたくさん蓄積できました。

昨年から家の仕様、構造を見直す必要性を訴えておりますが、
建築系のマスコミ含め、反応が悪いです。

被害がもっと顕著にならない限り、業界の意識は変わりません。

 

今月2件目の建て替え決定

今月2件目の建て替え決定の報告を頂きました。

建て替えになるケースは、裁判より直接交渉が数倍確率が高い。

今回も先回も、直接交渉を飛ばして、いきなり裁判をしていたら
建て替えの結果は出ていないでしょう。

構造的な瑕疵があり、生活に支障が出ている家。
修理は不可能ではありませんが、いろいろ面倒なため
建て替えしたほうが人的負担が少ないと業者側が判断したと思います。

建て主さんの冷静な判断、行動が今回の結果を引き寄せました。

 

仕上げ不良~重大欠陥が発覚

この連休に欠陥住宅調査に伺った新築の家。
建て主さんは、仕上げ不良が気になり欠陥住宅調査を依頼。

現場で仕上げ不良箇所を確認すると、それほど悪くはないレベル。
それよりも構造や断熱などの重大な不具合が発覚した。

目に見える仕上げ不良がきっかけで検査に入り、素人さんが気づかない
重大欠陥が見つかるケースは今までも多くあります。

何かおかしな予感がする場合、調べてみることをお勧めします。

 

 

事例1197 「地盤からの基礎高さ」

4連休ですね。
今朝、名古屋高速一宮線で事故が2件もあり、
早めに出発したにもかかわらず、15分ほど遅れました。

今日は終日、どこへ行っても道路が混雑。
最近は新型コロナの影響で、連休でも道路は空いていたため、
久しぶりに車の多さを感じました。

 

■(1)今回の事例______________

「地盤からの基礎高さ」
_______________________

◆写真解説

周囲地盤からの基礎の高さが低い(300mmほど)。
フラット35や長期優良住宅の仕様は劣化対策で400mm以上必要。

 

◆内容説明

地面からの雨の打ち返しや、シロアリが上りにくい高さを考慮し、
地盤面からの基礎高さは400mm以上という規定がある。
(告示では300mm以上)

図面より基礎本体を低く施工するというよりは、
周囲の土を上げすぎる事例がほとんど。

GL設定や庭の設計に無理がある場合に起きやすい。

 

◆対策

完成時に基礎の高さを確認する。
(テラスやポーチなどは対象外)

 

 

==============================

■(2)編集後記

今月バタバタしている原因は、完成現場が多いためです。
8月に比べると10倍くらい完成があります。
完成検査に付きものの床下に、今週は毎日入っています。

連休があると、休み前後に工事中の検査予定が埋まりやすくなります。
そのため、この連休は欠陥検査などの予定を埋めています。

久しぶりのセミナー登壇

新型コロナの影響で、3月以降のセミナーの予定はすべてキャンセル。
本日、久しぶりにオンラインではない講演を行ってきました。


(ステージ脇からの写真)

会場は入り口での検温、消毒、席を一つづつあけて座る等、対策は万全。
今後の流行次第ですが、ライブのセミナーも増えていくと思います。

 

現場監督を正す

先日、ある現場監督が仕事の怠慢ぶりを建て主さんから責められました。
支店長や上司まで引っ張り出され、注意を受けましたが、
その後の仕事ぶりは、以前と変わらず。

こういう話は珍しいことではありません。
別の現場の建て主さんが、ハウスメーカーの監督、上司のダメな仕事ぶりを
直そうと、本社へミスの記録を送るという話を伺いました。

私は、無駄ですよとアドバイス。
会社にとって工期を守り、家を完成させることが優先で、
仕事のできるできないは重要ではない。
また、起きたミスの再発防止をしている会社も少ない。

最近は現場監督を希望する人も少ないため、
辞められたら困るので、強く指導しない会社も多いです。

 

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る