ブログ

事例1092 「屋根通気部材の施工不備」

気温は高めでしたが、過ごしやすい週末でした。
行楽に適した天気でしたが、
現場予定が入っていたため、仕事で2日とも潰れました。

 

■(1)今回の事例______________

「屋根通気部材の施工不備」
_______________________

◆写真解説

屋根通気を確保するための部材(段ボール)、下から押すと浮き上がる。
端部の留め付け不良。ウレタン吹き付けの圧力で通気が塞がれる可能性が高い。

 

◆内容説明

ウレタン吹き付けのシェアの拡大で、屋根断熱仕様が増えてきた。
そのため、屋根通気の不備による野地板の結露が急増しています。

写真は屋根通気部材の留め付け不良。
母屋との取り合い部が全く固定されていない。
室内側からウレタンを吹きつけるため、押して隙間が出来れば
通気層内へウレタンが入り、通気を塞ぐ。

通気が塞がれば、空気が滞留し、結露が起きる。

上側の通気塞ぎを指摘すると、下の軒天へ空気が抜けるから問題ないと反論を受ける。
通気層内の空気の移動は一方通行。暖かい空気は軽いため上へ移動する。
実際、棟換気に手を当てると、暖かい空気が勢いよく出てくる。
暖房を付けると上の方が温度が高い現象や、煙突を想像していただくと分かりやすい。

 

◆対策

通気部材を施工する大工に、きちんと指示を出す。
吹き付け前に施工状況を確認する。
(足場が悪く、確認作業が困難)

 

==============================

■(2)編集後記

屋根の点検をした際、ソーラーパネルの上にたくさんの鳥がいた。

廻りを見渡すと、ガルバ屋根には一羽もいない。
瓦の屋根は、棟だけに数羽。

鳥はソーラーパネルを好むのでしょうか。

この日は天気が良く、ガルバは熱くなっている。
ガルバに一羽もいないのは、素材を嫌うのか、熱を嫌うのかどちらでしょう。

1回だけのデータのため、今後も注意深く見ていきたいと思います。

 

紛争処理

今日は長野県南部で仕事。
南アルプスと中央アルプスの間を通る風が涼しく、とても過ごしやすかったです。

このところ、裁判関係の仕事が重なっています。
結果を左右する内容もあるので、気が抜けません。

その中の一つに、構造耐力が基準法を満たしていない家の裁判がある。
当初は相手側に有利だったが、構造計算の矛盾点などを突き、形勢が逆転した。

終盤にさしかかり、相手の強い抵抗がまだ続いている。
これを再度、崩さないといけません。技術的な事は私の役割です。

紛争を多くサポートしてきて、データがかなり蓄積されています。
そのデータが現場検査においても、プラスになっています。

 

 

 

 

 

 

調停参加

調停に参加してきました。

場所は北陸。東海北陸道で片道200KM超。
この高速道路はトンネルだらけで、ドライブにはつまらない道。
今日はさらに雨で、車の運転が苦痛でした。

基礎に重大な瑕疵があり、建て替えを要求している調停。
相手の反論もあり、先行きが読めません。

昨年は、建て替え2件。買取1件が決まるなど、比較的順調でした。
今年は、他の事件でも苦戦気味です。
今まで多くの事件に関わらせていただきました。場数を踏んでいる分、
その経験を生かして、巻き返し策を練りたいと思います。

 

レオパレス施工不備

アパート建築で有名なレオパレス。
界壁の施工不備のニュースが出た。

界壁とは、共同住宅等の世帯間の壁。
木造では両面石膏ボード2重張り。内部はグラスウール24K等を入れます。
主な役割は防火、防音。
最上階の天井裏で、屋根の野地板まで達してないといけないが、
未施工だった現場が200棟以上あるようだ。

最上階の天井裏に人が入るスペースがあれば、隣の世帯へ行けてしまう。
あってはならないミスです。

なぜ、こんなミスが起きるのか?

大工が共同住宅などの工事をしたことがなく、界壁の基準が分からない。
社内検査も天井裏まで見ない。また、収益用の建物のため、我々のような第三者検査が入るのも稀。
普段目につかないところだけに、発見されにくい。

ちょうど1年前、木造3階の共同住宅の瑕疵検査依頼を受けた。
オーナーが、施工に不安を感じたのが依頼のきっかけ。
検査の結果、レオパレス同様、最上階の天井裏の界壁は未施工、
その他、耐力壁のほとんどが、きちんと施工されていないことが発覚した。
大地震が来れば、倒壊する可能性が高いレベルであった。

検査後、お互い弁護士を入れて、修理の実施が決まり、この3月に補修工事が完了した。

過去、レオパレスの分譲住宅の検査に入り、大改修させたことがある。
工事後、下請け業者の社長が、お前のせいで500万円損したと怒鳴り込んできた。
責任を全て下請けにかぶせたようだ。
今回も、おそらく同様でしょう。

今現在、鉄筋コンクリート賃貸マンションの新築検査を数件受けています。
入居者の安全、売却時、瑕疵による価格の下落を防ぐためにも、検査は必要だと思います。

 

 

 

道具

検査に行った現場で、職人さんの道具を、何となくチェックしています。
珍しいものがあると、つい聞き取りをしてしまいます。

道具は腕をカバーする。
いい仕事をする職人は、いい道具が揃っています。

現場に行って、大工さんの道具を見るだけでも
腕の判断材料になります。

この前、30年くらい使い込んだ丸のこを使っている大工さんがいました。
刃もぎりぎりまで交換しないようで、切断面がきれいに切れていない。
物を大事にするのも良いですが、
仕事の出来をよくするためには、定期的に買い換えて欲しいです。
丸のこはプロ用でも2万円くらいだと思います。

最近の電動工具は種類も増え、仕事を楽にしてくれます。
私が最近購入したのは、壁に穴をあける道具。
石膏ボードはカッターで切れますが、時々、合板が入っていることもある。
合板を手で切っていると時間がかかるため、専用工具を買いました。
10倍以上速く、きれいに壁を開けることができます。

 

 

沖縄

昨日は沖縄で検査。
那覇までの飛行機は、早朝便があり、朝8時過ぎに空港に着きます。
帰りも最終が22時発。仕事するには非常に都合が良いです。
また、料金もLCCを使えば、東京へ行く新幹線より安いため、
埼玉県などへ行くのと実質変わりません。

料金だけで言えば、福岡、熊本、鹿児島、札幌なども安いですが、
時間的にどうしても1泊しないと難しいケースが多いです。
料金や時間的に、沖縄は仕事でも行きやすい場所です。

 

夏場、主に付けている腕時計はダイブコンピューター。
安全なダイビングに欠かせないものですが、寝かせてばかりでは無駄ですし、
時計としても見やすいため使っています。

空港内などダイバーの方を多く見かけました。
腕時計だけ見れば、私もダイビングで来ていると思われたでしょう。

沖縄の海も、何度か潜ったことがあります。
時間があれば、那覇から行きやすい慶良間諸島へ行きたいです。

正月、お盆以外、予定が入らない日はほとんどなく、観光地に検査に呼ばれても、
仕事ついでに遊ぶことはできません。
今日は日曜日ですが、岐阜県、愛知県の現場へ行きました。

 

 

返事が遅すぎる

明日の朝は3時起き。
今日は早く帰って22時ころには寝ようと思います。

大手ハウスメーカーが施工ミスを隠し、保証切れまで時間稼ぎをした
あちこち雨漏りしている家。
責任逃れがひどい支店を飛ばし、書面を本社へ送りつけた。

その後、社員が現場を2回ほど見に来た。
回答がすぐ出ると思ったら、1ケ月期間が欲しいとの事。

何でそこまで時間がかかるのか意味が分からない。
会社が大きいので、結論を出すのに時間がかかるのか。

その間にも、雨が降り、生活に支障が出ている。結局は、自社の事が優先。

責任の逃れをする返事がくる可能性も考えられる。
そうなった場合に備え、TVカメラを準備してます。

事例1091 「防水テープの不備」

今日の午後、クリニックの完成検査に行ってきました。

商業建築物は、住宅に比べ仕上げが粗いイメージ。
今日伺った現場は、突貫に近い工程だったにも関わらず、
上手に仕上がっていました。

いい職人が入れば、突貫工事でもきちんと仕上がります。

 

■(1)今回の事例______________

「防水テープの不備」
_______________________

◆写真解説

外壁の防水下地。電線貫通部に施工されているテープが防水用ではない。
粘着が弱いタイプで防水の機能を十分果たさない。

 

◆内容説明

防水テープが不足していたのか、養生用のテープを使用。

防水テープの貼り忘れ、粘着不足は、通気層内に雨が入ると雨漏りの原因となる。
粘着の確かな防水テープを使い、きちんと密着させる必要がある。

完璧に施工したつもりでも、ちょっとした穴などから雨は入る。
防水下地の施工は丁寧さが重要です。

 

◆対策

正しく施工されているか、施工時に確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

日本ガイシは名古屋が本社。小牧や知多にも事業所があり、
社員の方から検査依頼を頂くことも多いです。

今回のような製品検査不正は信じられないニュースでした。
しかし、考え方によっては、どんな企業でもこのようなことが起きる可能性はゼロではない。

住宅現場の社内検査は、目が届きにくい分、不正をやりやすい環境にあります。
そう考えますと、社内検査だけに品質管理を任せてしまう事は危険です。

急増している瑕疵

住宅の省エネ化で、結露被害が急増している。

特に多いのは、屋根の腐朽。
一昔前は、天井断熱がほとんどだった。
屋根断熱が増えているのが、原因だと思われる。

屋根だけでなく、壁や基礎でも結露が増えている。

大昔、断熱材を入れ始めた頃も結露が頻発したという文献を読んだことがある。
仕様の大きな変わり目は、不具合が起きやすい。

結露がひどくなれば、木材が腐朽し、また、カビも発生する。
雨漏り同様、水の被害に関する現象であるが、保証はないに等しい。

結露は仕方ない現象で、瑕疵ではないと主張する、業者や弁護士も多い。
今現在も、数件、結露被害の裁判をサポートしているが、結構、苦戦している。

サッシなど躯体の腐朽に影響する箇所以外の結露については、
雨漏り同様、10年の瑕疵担保保証や保険で守るべきだと思う。

意識の低い業者

半年ぶりくらいに検査に入ったメーカー。
その時は、計5件検査。修理補修にかかった費用は計1000万円超。

品質向上を目指してくれると信じていましたが、
今回現場を見て、無駄な願いであったことが分かりました。

相変わらず、職人任せ。
品質管理を行っている形跡は感じません。

経営者が、品質管理の費用は無駄だと思っているのでしょう。

今現在、認識しているだけでも、品質がかなり悪い会社が数社あります。
今後、該当する会社が施工者の場合、検査料の割り増しを掛けたいと思います。
きちんとした品質にするには、かなりの手間がかかります。

どこの会社かは、公表すると営業妨害にあたるため控えます。
また、電話などで問い合わせいただいても、お答えできません。

検査の申し込み、有料相談などでは、該当するか否か教えます。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る