ブログ

事例1045 「ダウンライトの結露」

先週末から、現場予定と長距離移動が多く、
久しぶり、事務所に1時間以上居ました。

どこにいても仕事ができるようにしていますが、
やはり事務所の机が落ち着きます。

 

■(1)今回の事例______________

「ダウンライトの結露」
_______________________

◆写真解説

天井裏で結露したダウンライト。
金属部は白錆が発生。基盤も故障し、点灯しない。

 

◆内容説明

先回と同じ現場。結露でカビだらけになった天井裏。
そこへ埋め込まれているダウンライトも被害が出る。

ダウンライトは、プラスチックや鉄などでできているため、
石膏ボード+クロスより表面温度が低く、結露を起こしやすい。

ダウンライトのカバーに水滴が付いたり、複数故障した場合は
結露を疑ったほうが良い。

電機製品に水分は非常に危険。
漏電などの事故が起きなくてよかったです。

 

◆対策

天井裏を湿気させない。

 

==============================

■(2)編集後記

相変わらす、数多くの紛争をサポートしております。

最近、瑕疵判断を自分でしてしまう方が多く見受けられます。
ネットで情報を拾い、瑕疵だと自ら業者へ主張する。

瑕疵判断は、非常に難しいです。
例えば、土台の端が少し欠けた。
見た目からすると、大変な状態だと思ってしまいますが、
この現象は、施工上よくあることで、少し欠けるくらいは、瑕疵にはなりません。
もちろん指摘をすれば、優しい業者であれば、ボンドなどで修理はしてもらえます。

瑕疵判断をするのは構いませんが、誤判断や問題にならないことを
主張しすぎると、クレーマー対応されてしまう事があります。

立場を悪くしないよう、冷静に行動することが大事です。

 

 

 

挑発

今週は現場予定と打ち合わせ、相談が多く、空の時間がほとんどありません。
週末は、続けて2件の遠方への検査が入っています。

話し合いの末、ハウスメーカーから「どうぞ、訴えてください」と
切りだしてきたときは、メーカー側は訴えられても勝てると確信している。

最近、ハウスメーカーの顧問弁護士は、建築専門の〇〇法律事務所であるケースが多い。
専門をうたっているだけに、建築紛争に詳しく、経験も豊富であるため、予想も的確だと思う。

「どうぞ訴えてくれと言われた場合は、諦めるしかないのか?」

新たに重大な瑕疵や証拠が出ない限り、裁判はやらないほうが良いでしょう。

泣き寝入りしたくなければ、今までの責め方、流れを変える必要があります。

メールのマナー

今日の夕方、ビル検査の下見へ行きました。
繁華街のため隣地との空きが少ない。階数が高い(今回は10階)。
テナントが入っているなど、住宅とは条件が違います。

問題が解決できるように、計画を立てないといけません。

 

昔からですが、データの重たい写真などを添付してメールしてくる方が多い。
最近は週一くらいの頻度で送られてきます。
過去にサーバーが詰まり、メインで使っているメールが使えなくなりました。
それを解決するため、サーバーを移転したことがありました。

業務に支障が出る恐れがあるため、現在は10MBを超える添付メールを
サーバーで削除しています。サーバーで自動的に削除した場合、その旨は認識しますが
メールアドレスしかわからないため、独自ドメインの会社以外は誰のメールを
削除したか判断がつかないことが多いです。

一般的にはメールの添付は3~5MB以内が良いと思います。
私の場合は、大容量でも受信可能なGMAIL,ヤフーメールは10MB以内、
それ以外は5MBを超えないように気を付けています。

どうしてもデータが重たくなる場合は、宅ふぁいる便などにアップロードします。

事例1044 「天井裏のカビ」

名古屋市役所付近にある工事現場の看板を見たら
「中央新幹線緊急避難口工事」と書いてありました。

身近なところで工事が始まっているのを初めて知りました。

 

■(1)今回の事例______________

「天井裏のカビ」
_______________________

◆写真解説

天井裏のカビ。新築1年目の夏、ダウンライトが故障。
天井裏にカメラを入れると、カビが大量に発生していた。原因は結露。

 

◆内容説明

天井裏に大量の水蒸気が発生。
夏を迎え、エアコンを入れると結露が発生した。
(エアコンが天井を冷やし、結露が起きた)

原因は、湿気を含んだ建材の使用と換気不足。

この事例を私が目にしたのは2件目。
同じ仕様の家で結露が起きている可能性が高い。

メーカーに苦情を言っても真面目に対応しない。
この家も器具が不良品だといい、カビ、結露を隠蔽していた。
検査に入らなければ、隠し続けるつもりだったかもしれない。

天井裏であり、気づかず生活している方も多いと思う。
リコールすべき事例だと思う。

 

◆対策

天井裏や壁内のカビは、室内側に何か異変が出ることが多い。
この家は、ダウンライトの故障以外に、虫が大量発生した。

異変を感じた際は、専門家に相談をする。

 

==============================

■(2)編集後記

住宅を買う人、造る人にとって、将来的な予想であまり明るい話題はありません。

先の心配をしていたら購入に踏み切れませんが、
いろいろな専門家が予想していることも頭に入れ、
家を買うことをお勧めします。

そう遠くない将来、大きな変化があるかもしれません。

 

第三者機関

ハウスメーカーが言う第三者機関は、
確認申請や性能評価等を行う民間の検査機関をさしている。

これらの民間検査機関、今から約10年以上前の設立した当初、こんなデータが出ていた。

「調べた11社中9社で複数のハウスメーカーの資本が入っている。
また計100人くらい、ハウスメーカーから出向社員がいる」

最近ではどの会社も、株主構成をホームページから削除している。
また、どのくらいの社員が出向しているかも公開されていない。
お客に対しイメージが悪いので、公開しないと思われる。

上場しているERIホールディングスは会社四季報で大株主が確認できる。
出資企業と持ち株の数は以下。
大和ハウス工業、パナホーム、三井ホーム、積水化学工業、ミサワホーム、
各社35万株(4.4%)づつ。

民間検査機関へ発注をかけるのは、ハウスメーカー側。

継続して仕事を大量に受注する場合、受注側が恐れるのは、仕事が激減するかゼロになること。
資本関係があれば、仕事が切られる恐れはないため安泰です。

すでにこの制度が始まり20年弱。廃止になることはないでしょう。

 

他にも不動産購入時には買う側に不利なことがたくさんあります。
頻繁に購入するものでなく、勉強することが難しいです。
最近ではフェイスブックなどの広告で誇大表現が目につきます。
詐欺のような広告も存在します。ご注意ください。

 

 

 

 

 

セミナー(業者向け)のご案内

検査業務で知り合いになった業者の方から、基準についての質問を受けたり、
セミナー開催について聞かれることが多い。

次に一般募集で行うセミナーは

「建築総合展 NAGOYA 2017」 吹上ホール(名古屋市千種区)
10月13日(金)13:30~15:30

建築士会の主催で、主な対象は設計者、施工者、不動産営業の方。
内容は、業界の人向けにお願いしますと依頼を受けています。

1ケ月半前ですが、募集はまだかけておりません。
9月に入ると、愛知建築士会から告知が出る予定です。
料金は一般 1,500円。建築士会会員は1,000円の予定です。

社員が数十名の会社であれば、会社単位でセミナーを依頼するよりお得だと思います。
興味のある方は今から予定を開けておいてください。

愛知県建築士会の告知を見れない可能性がある方、
私に連絡を頂ければ、取次ます。(私と面識がある方のみ)

定員は100名の予定です。

杭芯のずれ

今日の名古屋は35度超え。
現場予定3件。汗をたくさんかきました。
夕方からの打ち合わせでは、上着を着替えました。
明日も着替えを持って出社したいと思います。

杭を約1Mずれて打たれた家をTVなどで紹介したためか、
杭打ちの検査を希望されるお客様が少し増えています。

他の工程に比べミスは出にくく、検査をこちらからお勧めすることはしません。
希望された場合は、検査に伺います。

今日、検査に行った現場。約40本中2本、位置出しが間違っていました。
直径約10CMの杭で、ずれが10CM。

たまたまその杭は、10CMのずれでも構造的な影響がない箇所でしたが、
そうでない個所がずれることもあります。

今までも杭の検査に行って、位置出しの間違いを何件か指摘しています。
位置出しは、2重、3重のチェックをした方が良いです。

疲れない、怪我をしないカラダ

5年ほど前から、よく怪我をするようになった。
ぎっくり腰はすでに3回ほどやっている。

時々体力、筋力が必要な仕事がある。
無理をした時、疲れがたまった時に、怪我をしやすい。

今回は、いつも歩かない長距離を歩き、右足を痛めた。
安静にしていれば、3日くらいで治るものが、
現場へ出続けたため、3週間もかかった。

今回こそ、何とか対策をしようとして、いろいろ考えた。
その中で、比較的参考になった本があるので紹介します。

「世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ」
仲野 広倫著 アチーブメント出版

http://amzn.asia/eBWIEdG

内容を紹介すると

「最近、体力が落ちたな」
「いつもカラダがだるい、重い」
「少し長い距離を歩くと、腰やひざが痛む」

これらはカラダのキャパシティ(機能運動性)を上げれば解消されます。

そのためにはジム通いも
1日何百回のスクワットも
バランスボールのようなトレーニング器具も
1万歩のウォーキングもすべて不要。

繰り返す怪我の原因も理解でました。
あとは日々実践し、新たな怪我をしないようにしたいです。

 

 

事例1043 「床の結露」

今日は日帰りの遠出(往復620KM)。

先週に比べますと、高速道路の車の数が激減。
スムーズに行って来れました。

 

■(1)今回の事例______________

「床の結露」
_______________________

◆写真解説

床の結露。収納内の水蒸気量が多い。
ドア下から入り込むエアコンの冷気で床が冷やされ、結露が起きる。

 

◆内容説明

水蒸気がこもりやすい収納。
飽和状態に近いくらいの水蒸気が溜まっていたと思われる。

最近、逆転結露と言われる夏に起きる結露が増えている気がする。
室内に起きる結露は、家の気密が高くなっている割に、
24H換気がきちんと機能していないことも原因の一つだと思う。

気密を高めすぎるのは良くないと思い込んでいる方が多い。
高気密が施工できないハウスメーカーが負け惜しみに言っているから
そう思い込む方も多いようです。
実際は中途半端な気密の方が良くない。

結露が起きやすい家は、24H換気が機能していない。
湿気が壁内、天井裏などにこもっていて、家の中が湿気ている。

そもそも、断熱材の施工方法を勘違いしているケースが多い。
ある断熱材メーカーは、湿気対策を何も教えていない。

 

◆対策

湿気がこもらない家を設計する。
無知な設計者、メーカーに設計を任せない。

結露対策ができる設計者は、なかなかおりません。
結露発生のメカニズムがさらっと言える人も少ない。

 

==============================

■(2)編集後記

今日発売の日経ホームビルダー。
今月号に私の記事の掲載はありません。

連載が終わったわけではなく、誌面の都合で、掲載されていません。
今年に入り、2回目の不掲載。

原稿は予定どおり書いているため、原稿の貯金ができています。

大手メーカーの欠陥

週末に大手メーカーの手抜きを暴きに行くと予告しました。

1日半かけて、検査してきました。
不具合を見て、驚きましたし、あまりのレベルの低い施工に笑ってしまいました。

今回、商品設計に欠陥があることを突き止めました。
その他、施工不備がたくさんありました。

同じ瑕疵症状の家を今年春に見ています。その家は大規模なやり替え工事済。
商品不具合を把握しながら、他の購入者へ告げていない可能性が高い。
今回も検査に入らなければ、隠蔽するつもりだったようです。

いろいろ、調べることもあり、全てはっきりした時点でご報告します。
社会的なニュースになってもおかしくない事例です。

他でも大手メーカーの手抜きが多発しています。
忙しく納期を急ぐあまり、下手な職人を使ってしまうのが原因でしょう。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る