ブログ

事例1057 「雨漏りの原因」

先日の台風による雨漏り調査依頼が多いです。

海水温の上昇で、台風の勢力が強まり、
今後、被害が増えていくと予想しています。

家の計画時に風、雨対策を心掛けたほうが良いです。

 

■(1)今回の事例______________

「雨漏りの原因」
_______________________

◆写真解説

釘を打ち損じたサイディングの穴。
小さな穴でも雨が入り、雨漏りの原因になることがある。

 

◆内容説明

壁からの雨漏りの原因の一つに、サイディングの釘穴がある。
写真は釘頭が飛んで、釘の周囲から内部へ雨が入った。

釘まわりから雨は入らないと思っている方が多い。
実際、水はごくわずかな隙間でも侵入する。また、サイディングが収縮を繰り返すことで
釘頭が浮いたり、胴まわりに隙間が出来れば雨が入る。

釘部などから通気層内に雨が入ることを、メーカーは想定している。
最終的には、下地の防水が重要になる。

サイディング、最近は金物留めが主流である。
しかし、金物施工でも窓まわりなど、カット部は釘を打つ。

漏水しやすい窓まわりで釘を打つため、雨漏りの原因になりやすい。

 

◆対策

下地の防水で漏水しやすい箇所を重点的に検査する。
サイディングの穴を放置しない。

 

==============================

■(2)編集後記

建築業界は、いい加減な検査が当たり前でもなぜ叩かれないのでしょうか。

先週、大手ハウスメーカーの配筋検査に行ったとき、
性能評価の検査員もあとから来ました。

現場にいたのはわずか5分程度。基礎の中にも入らず帰りました。
基礎屋さんが、あの人はいつもすぐ帰ると言ってました。

また、欠陥検査を行った別の現場は、建物の配置が大きくずれていました。
その他、筋交いが1箇所ない、構造金物がデタラメに付いていても
中間検査に合格し、検査済証も下りている。

これらの検査をあまり期待しないとしても、
お金も払っていることですし、もう少し見てもよいと思います。

建築業界は自動車、機械などと違い、中小、零細の会社が主。
締め付けると、混乱するため、いろいろと緩いです。

 

 

 

事例1056 「梁穴あけ集中」

3連休、全て仕事です。今日は朝8時から現場入り。
また、事務所では、かなり重たい内容の書類を書いております。

現在、新築以外の検査は、予定が入らずお断りしていることが多いです。
この連休で、仕事をある程度片付け、平常に戻す予定です。

 

■(1)今回の事例______________

「梁穴あけ集中」
_______________________

◆写真解説

耐力壁部の梁、電線貫通のための穴が12ヶあいている。
穴は構造の欠点となりやすく、耐力低下は確実である。

 

◆内容説明

電気配線を通すため、穴を集中してあけた。

ここまで配管が多ければ、設計で配管スペース(パイプシャフト)を設けるべきである。
検査に立ち会った設計者は、自分のミスになるため、
梁にたくさん穴をあけて何が悪いと、開き直った。

もちろん、あとからきちんと補強させました。

 

◆対策

構造に影響しない範囲の穴あけなら良いが、
その判断は電気屋さんなどでは分からない。

構造設計の担当者含め、穴をあける前に協議が必要。

 

==============================

■(2)編集後記

先週、大手メーカーの現場を1日で4件まわった。
指摘がゼロと現場もあれば、重大な手抜きがある現場もあった。

その違いは何か考えた。指摘が出ないメーカーは、

・下請けを固定している。他の会社の仕事もさせない。
・第三者検査が入る時は、社内検査をより厳重に行う。

この2点が大きいと思う。

依頼先を選ぶときは、施工体制を調べてみるのも良いですね。

木曜日

木曜日は現場予定が混みやすい傾向にあります。
理由は、水曜日休みの会社が多いからです。
本当は水曜日で良い予定が監督が休みのため、スライドします。

明日も早朝から現場予定がぎっしり。
木曜日は、新築検査のためになるべく他の予定を入れないようにしています。

近いうちに建築現場も週休2日(当面は隔週)になると思います。
土日休みで固定されれば、月曜、金曜が混むようになるでしょう。

 

 

喧嘩を売られる

工事中の現場で、ミスをどうカバーするか、いろいろ案を出していたところ、
私の意見にいちいち「そんなの不要だ」と横やりを入れる人がいた。

面識がなかったので、誰ですかと聞くと「設計事務所」の人だった。

自分たちがミスを犯して、何とかそのままで逃げ切ろうとする態度に腹が立った。
こちらは手間やお金のかかるやり替えではなく、今最大限できることで
元の状態以上にしようと考えていた。

喧嘩腰の態度に、途中、ブチ切れました。
根拠がない反論に、資格はあるのかと聞くと「ない」と言った。

技術的な討論で私に喧嘩を売るのは、決まって無資格者だ。
知識があれば、良い悪いの分別が付くため、喧嘩にはならない。
捨て台詞で「一級建築士を取ってから喧嘩を売れ」と余計なことを言ってしまった。

自分の身を守るために喧嘩を仕掛けたと思われるが、喧嘩を売った相手が悪い。
弁護士との討論など日常茶飯事、建築の技術討論で簡単に負けるわけがない。

普段から怒らないように心がけているため、ここまでブチ切れたのはプライベート含め、
かなり久しぶりと思っていたら、今年初め、現場監督と大工相手にブチ切れ、
相手が泣くまで追い込んだでしょうとスタッフに言われた。

今日の相手も私に一方的にきついことを言われ、1日気分が悪かったでしょう。
私も気分が悪い。喧嘩をしてお互い良いことはありません。
自分たちの仕事、責任をきちんと果たし、もめ事がないようにしたいですね。

 

雨漏り検査の依頼急増

2週続けて台風が来た影響で、この時期には珍しく雨漏り検査依頼が多いです。

その他、このところ問い合わせが非常に多くなっていて
依頼をお断りすることが増えております。

お断りする線引きとして、
・私に依頼しなくても、他にやる会社がたくさんある業務
・価格を値切るわりに、要求が多い
・依頼までに何度かやり取りが必要なケース(業務時間を奪われ、他に支障が出る)など。

また、1日あたりの私からの連絡希望数も激増しております。
仕事の内容からと、スケジュールが真っ黒なため、電話できる時間が非常に少なく
対応できる時間、数に限りがあります。

電話がつながらないとき、ショートメールを入れてくれる方が見えます。
内容を短時間で把握でき、非常に助かります。
(ショートメールに自分の名前を書かない方が多いです。登録してないと
誰からのメールかさっぱりわかりません)

保険屋のAさんには電話、専門業者のBさんにはLINE、
TV局のディレクターのCさんにはメッセンジャーというように
私は、相手の職業などを見極め、連絡手段を使い分けております。

きっちり確実に連絡を取るためには、必要な手段だと思います。

 

 

 

事例1055 「基礎断熱の欠損」

午前中の雨漏り検査。
早めに原因を特定したため、昼からの現場までに時間の空きが出た。

次の現場近くまで移動し、雰囲気のよい喫茶店を見つけ、
昼ごはんを食べながら、提出が遅れている原稿を書きました。

事務所以外で仕事をすることが増えています。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎断熱材の欠損」
_______________________

◆写真解説

基礎断熱、配管貫通部の断熱欠損。
配管施工時に断熱材を欠損した場合、補修が必要。

 

◆内容説明

全体または部分的に基礎断熱仕様とする現場が増えています。
配管施工時に断熱材を傷め、補修がされない例が多い。
床下で
見えないからと、職人が手を抜くからです。

断熱材だけでなく、貫通穴を埋めない例も多い。
穴を埋めないと空気が出入りし、気密性も大幅に悪くなる。

図面上は、省エネ基準を満たしていても、施工に不備があれば、
省エネ性能は大幅に落ちる。

 

◆対策

床下から確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

年内あと2つ、TV撮影を予定しています。

事件解決のプラスになることを願い、こちらからも企画に意見を出すつもりです。
撮影対象(ターゲット)は、今現在、重大な瑕疵の修理を放置し、
責任を取らずに逃げている会社。

撮影の詳細が決まりましたら、またご報告いたします。

TV局のOKが出る例は稀です。
ちょっとやそっとの欠陥では撮影対象になりません。
今回は複数の会社を撮影対象として承認が出ています。

それだけひどい事件を数多く抱えております。

 

捜査協力

一昨日の晩。自宅前の駐車場で、車上荒らしがあり、
警察から防犯カメラ映像データの提供依頼があった。

もちろんすぐに承諾。
今日の昼には、データを取りに来たようだ。

自宅防犯のために取り付けた防犯カメラ。
なるべく下向きに取り付けているが、家の前の道路までは映る。

自宅だけでなく、地域の防犯対策に役立つとは予想していませんでした。

また、最近注目のドライブレコーダーも事件解決に役にも立つこともあり、
迷わず付けたい装備です。弊社の車は全て取り付け済です。

最近の防犯カメラは、画素も高く、録画も簡単。カメラとモニター間はwifiでOK。
是非取り付けを検討してみてください。

刑事が家に来て、娘と息子はビビった様子。
いきなり刑事が訪ねてきたら、誰でも緊張しますね。

 

既存住宅状況調査講習に参加

朝9時半から夕方6時まで講習を受けてきました。
よくよく考えると、この制度の発足に向け
国土交通省からのヒアリングに何度か協力しました。

建築士が家の状況を見て、表面的ではあるが、家の具合を判断する。
良い制度だと思います。
ケースによっては鉄筋探査が必要であり、機材をそろえている弊社に
その依頼が寄せられるかもしれないと思いました。

今回、講習テキストを初めて拝見し、不十分だと思った箇所は
質疑応答にびっしり記入し、帰ってきました。

1日潰しましたが、国土交通省が制定した検査制度のしくみについて
参考になる箇所が多かったです。

講習後、弁護士との打ち合わせなどで、事務所に戻ったのは今。
連絡業務も丸1日行う時間がありませんでした。

 

既存住宅状況調査

来年の4月以降、既存住宅の売買時に既存住宅状況調査に関する
説明が義務付けられる。(宅建業法)

そこでその調査資格を得る講習が、今現在数多く行われている。

私は、検査を行っている立場として、どんな内容であるか知っておきたいと思い、
明日講習に行ってきます。

聞いた話では、劣化のチェックが主のようです。

国は空き家対策、中古住宅流通を推進する中で、新築の抑制は行ていない。
この先、新築を抑制しない限り、中古住宅の流通が大幅に伸びると思いませんが、
なにがしらの調査をすることは、良いシステムだと思います。

明日の講習は、朝から夕方までの長時間講習です。

 

 

事例1054 「洗濯排水接続部の隙間」

今回の台風で、自宅や事務所のある名古屋東部は、
特に大きな被害はなかったようです。

午前中に行った現場は足場がぐらぐら。
強風で揺れが激しく、やや緊張しました。

 

■(1)今回の事例______________

「洗濯排水接続部の隙間」
_______________________

◆写真解説

洗濯排水、床下の接続口。隙間があり、下水臭が漏れている。
悪臭の原因は接続不良が多い。

 

◆内容説明

一般的な接続方法ではありませんが、新築の家で撮影した写真。
臭いを防ぐトラップは、この上にあるため、下水の臭いが隙間から出てくる。

住宅の問題で臭い、音も多い。
特に配管はきちんと流れること以外に、臭い対策を講じることも重要です。

 

◆対策

完成時に床下を確認する。

 

 

==============================

■(2)編集後記

欠陥検査後、書類を受け取った業者が怒っているという話をよく耳にします。

「誰だ検査した奴は、どんなレベルの奴だ」など。

怒りの原因は、修理にお金がかかるから、腹が立つ。(お金の損失)
きちんと造らない事に原因があることは頭にない。

今はネットで情報を拾い、施主が自ら瑕疵を判断することもある。
造る側は、もっと品質管理に重点を置くべきだと思います。

 

 

 

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る