ブログ

事例162(小屋束が短い)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今週は現場スケジュールが過密です。
 書類などデスクワークも多くあり
 バランスよく消化しなければいけません。
 
 
■(1)今回の事例_________________

 ・「小屋束の長さが短い」
 ________________________
 
 162

  
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 屋根を支える小屋束、
 寸法が短く上部に「かいもの」がしてある。
 固定が不十分なため地震時に壊れる可能性大。
 
 
 ◆内容説明
 
 ちょうど10回前に紹介しました。152と同じ例。
 今回、固定方法が更に悪いです。
 
 大工さんは材料を交換していては
 組み立て作業が止まるので
 応急的な処置で先に進めてしまうのでしょう。
 
 ただ、小屋束は
 
  構造上主要な部分であり
     接合部は緊結する必要があります。
  写真の例はその意味でもNGです。
 (建築基準法施行令 47条)
 
 
 最近、自分の家の屋根裏や床下に入る方が
 増えています。
 
 今回の例は、素人でも発見できることで
 見たらびっくりするに違いないでしょう。
 
 
 ◆対策
 
 工事中、2階から見上げても
 よく見ればわかる部分。
 
 固定金物を全数検査すれば
 このような間違いは見逃しません。

========================

■(2)編集後記
 
 
 先々回に紹介した本に
 「不動産投資」のことが書いてありました。
 
 300万円程度の中古マンションを購入し
 家賃収入を得ると。
 
 土地価格が上がらない現状
 賃貸業もリスクが多いです。
 
 景気後退で人が減り空き部屋になるリスクはもちろん
 私が考える東海地区での大きなリスクは
 
  「大地震」です。
 
 買って数年で地震が来て倒壊したら・・・・
 古い建物ほどその確率は高いでしょう。
 
 大地震の起きる周期は過去のデータからするとほぼ一定で
 この地域はすでにその周期を越えています。
 
 自分の利益を守ることだけでなく
 人に貸す部屋だからこそ安全性を確かめて
 買って欲しいと思います。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る