ブログ

事例1194 「火打ち梁、ナット締め未施工」

多い時には2時間以上、連絡業務に時間を割きます。
連休などは、連絡がほとんど入らないため、
それだけで非日常的な雰囲気を感じることができます。

 

■(1)今回の事例______________

「火打ち梁、ナット締め未施工」
_______________________

◆写真解説

火打ち梁ボルト締め未施工。大半の箇所で同様にナットが締まっていない。
本締めを忘れたたまま完成。

 

◆内容説明

1,2ケ所程度なら締め忘れ、チェック漏れがあるとしても
1軒の家でかなりの数、ボルトが締まっていなかった。

建て起こしまで、本締めを行わず、
目についた部分だけ締めた他は、緩んだまま完成。

構造的に重要な部材であり、仕口の緩みは
家の耐震、耐風性能に影響を及ぼす。

 

◆対策

ボルトの緩みは、気にしないと目につきにくい。
構造検査時にボルト締めの全数検査を行う。

 

 

==============================

■(2)編集後記

名古屋は本日、40度近い最高気温予想が出ております。
明日からも全国的に高温の予想が続きます。

現場予定がないのは、今日まで。
今週、標高1000Mくらいの場所での予定もありますが、
これだけ暑いと2000Mくらいの高地でないと、涼しくありません。

気温が高いと空調服も涼しく感じなくなります。
暑さを覚悟して、明日からの現場予定に備えないといけません。

事例1193 「サイディングの変形」

事務所前の名鉄高架工事と市道拡張工事が全休しているため、
とても静かで、お盆休みの雰囲気を感じてます。

昔に比べ建築現場も休みが増えています。

 

■(1)今回の事例______________

「サイディングの変形」
_______________________

◆写真解説

サイディングの変形。
全ての継ぎ目に反りが出て、ひび割れも多数発生。
美観を著しく損ねている。

 

◆内容説明

新築して間もなく、飛び込みのリフォーム業者が次々に来て、
外壁改修したほうが良いと勧められ、異常に気付く。

施工した会社、外壁メーカーは原因を特定しないまま
のらりくらりと時間を稼ぎ、来年で築10年目。

建て主はあきらめず動き続け、第三者などにも見てもらい
それでも原因が特定できないため、最終的に私へ依頼。
現場へ行き、外壁をめくってみたら原因が分かりました。

原因はサイディング材の留め付け不良。
釘の保持力が不足し、サイディングの収縮力に留め付け金具
が引っ張られた。

このような状態になると将来、塗り替えも拒否されます。
張り替え以外に対処法はなく、全面張り替えを要求します。

 

◆対策

サイディングの留め付け不良は、意外と多い事例。
工事中に留め付けをチェックする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

6月に購入したカラーレーザープリンターの調子が悪く、
当初、メールでメーカーとやり取り。
それでも直らないため、全交換かと思っていましたら、
昨日、修理に来て部品、トナーを交換し解消。

プリンターはトナーで儲けを出すため、本体は安価。
本体を宅急便でのやりとりで交換したほうが、手間や費用が
安く抑えられそうですが、きちんと直すところは、
さすが大手メーカーだと思いました。

 

お盆休みの予定など

7月の長雨の影響とお盆休みが絡むため、
先週末から検査を過密に組んでおりました。
車での移動時間が長く、ブログの更新も空きました。

現場予定は明日まで、それ以降は書類を作成します。

先月末に雑誌の原稿を出したところ、
「特集内容と一部かぶります」と編集者より連絡をいただいた。

当然、特集の方が強いので
私がもう1本原稿を書くことになりました。
期限は16日まで。仕事がもう一つ増えました。

日経ホームビルダーの連載は6年目に入りました。
当初は業者自身が失敗しやすい、他所からもよく聞く内容を書いていましたが、
さすがに6年目になると内容が濃くなっています。

本や雑誌などを読む人が減っております。
日経ホームビルダーは最新知識が得られる専門誌だと思います。
先回出した原稿(雑誌未発売)は、かなり時間をかけ、
多くの現場で苦労している設計仕様の改善点を書きました。

時代遅れにならない、品質を上げていくためにも
業者の方にはぜひ定期購読をお勧めします。

 

メーカー基準

外壁乾式タイルの下地サイディング施工において、
建材メーカーの施工マニュアルどおりでない施工を指摘したところ
大手ハウスメーカーの現場監督から、自社のマニュアルどおりの施工
だと反論があった。

ハウスメーカーのマニュアルを確認すると監督の言うとおり。

なぜ、同じ商品において、一般向けとハウスメーカーで
マニュアルの内容が違うのか意味が分かりません。

以前、大手ハウスメーカーの現場で、フローリングの施工不備を指摘したら、
同様にハウスメーカーのマニュアルどおりの施工でした。

一般向けのマニュアルより、施工基準が厳しければ指摘をしませんが、
外壁もフローリングも基準が下。
これを追及したところで、回答が出てくる可能性は0%です。

ハウスメーカーが自社マニュアルを作成する際に、
当然、建材メーカーのチェックは受けるはずです。

うるさいことを言うと、メーカーを代えられる可能性があるため
あまり意見しないのかもしれません。

 

施工者別の不具合データ

弊社のデータ(昨年度)、各検査における施工者の割合
1、新築検査依頼の割合
大手ハウスメーカー45%、地元有名メーカー35%、規模の小さな業者20%

2、欠陥検査依頼の割合
大手ハウスメーカー15%、地元有名メーカー30%、規模の小さな業者55%

欠陥検査の比率を見れば、規模の小さな業者ほど、新築検査を入れるべきでしょう。
ただ、信頼関係が密な場合が多く、新築時は検査を頼みにくいと思います。
不具合が発生、関係がこじれて、検査を依頼してくるパータンが多いです。

大手ハウスメーカーの不具合は、職人個人の手抜きが多い。
現場監督が厳しければ、職人も手を抜きにくい。

規模の小さな業者は、知識不足から施工を誤ってしまう不具合が多い。
やっている本人たちは、まじめに施工していても、その方法が間違っている。
長寿命、高性能を目指す家では、無知な施工は致命的になる。

 

 

 

 

 

検査業務

午前中は100Km東へ行った現場。
午後は反対方向、名古屋を通り越し、西へ250KM行った現場。

反対方向のやや遠方の現場が同じ日に重なりました。
車移動で伺います。

 

今月、他の検査会社が検査を実施した2番手として
2件の現場に入ります。

1件は、検査をした方が、検査の経験が少なく、判断を誤った。
もう1件は、問題点を深く掘り下げず、原因特定に至っていない。

建物検査の民間資格を出している組織がありますが、
資格があれば、信頼できるというものではありません。
国家資格である建築士を持っていても、受験だけ受かり
実務を行っていなければ、分からないことばかりです。

私も未だに現場に出ていて、新しい内容を知ることが多いです。

設計、現場管理問わず、個々の知識や経験を後輩へ伝えていく
必要性を感じます。

 

 

 

地盤沈下した新築住宅

今日、東海地方も梅雨明けしそうです。
梅雨明けを待ち望んでいましたが、猛暑になるのも現場がつらいです。

先日、地盤沈下している新築住宅の立ち合いに行きました。
私が沈下データを示していますが、施工者側も自ら確認したいと言ったためです。

測定の結果、沈下が進行していることが判明。
数字だけを見るとわずかではあるが、約10ケ月で30%も沈下が進行。

今回、私がでたらめを言っていると思い、自分たちで計測したかったと思います。
測った結果が、自分たちにとって都合が悪い、沈下の進行が判明。

結果を検討の上、何らかの回答がある予定。
ベタ基礎の面積が大きな家で修理費用が莫大にかかります。
「問題がない範囲の沈下、修理はしない」と言ってくるかもしれません。

 

 

 

事例1192 「アルミダクトのつぶれ」

愛知県のコロナ感染者数が100人を超えました。
今後、どう推移していくのか、今週の数字に注目しています。

検査は、国や県から自粛要請などが出ない限り、
普段どおり実施していく予定です。

遠方への検査も同様に考えております。

 

■(1)今回の事例______________

「アルミダクトのつぶれ」
_______________________

◆写真解説

キッチン換気扇、アルミダクトのつぶれ。
ダクトの断面積が減り、排気効率が悪くなる。

 

◆内容説明

外壁部への接続時、手で潰してしまったと思われる。
アルミ製のため柔らかく、簡単に潰れます。

消防条例等の規準では、キッチンのダクトにアルミ製は使えない。
また、山折りと谷折りの繰り返し構造になっている
フレキ管の使用を禁止している。理由は油が溝に溜まるため。

ただし、住宅の現場では、慣習的に昔からアルミダクトが使用され
消防署も黙認しているのが現状である。つまりグレーゾーン。
(業務用に比べると火力も弱く、支障がないという判断をしているようです)

消防検査の対象となる住宅以外でも、
施工性から曲げ部だけ、アルミフレキを使うケースが多い。

破損、変形しやすいアル三ダクト。
施工中の破損等には気を付ける必要があります。

 

◆対策

石膏ボードで隠れる前にチェックをする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

7月の天気は、ほとんど曇りか雨でした。
過去、このような天候は記憶にありません。
今年の冬は雪が異常に少ないなど、明らかに気象変動が起きています。

住宅への影響ですが、冬が暖かいのは、特に気にする面はありません。
問題は梅雨から夏場にかけての、雨と湿気と台風。

雨は雨漏り、浸水、がけ崩れ。
湿気は結露、カビ。
台風は雨漏り、屋根などの破損。

去年から確実にカビ被害は急増しています。
特に海に近い土地、内陸部でも風通しの悪い土地では、その確率が高まっています。

カビの原因となる結露。
一般的には冬場に多く発生するイメージですが、
最近はサッシ性能がよくなり、冬場の結露は減っています。

反対に夏場、床下、壁内の結露が急増しています。

 

 

 

完成検査の指摘是正

今週、梅雨が明けそうですが、晴れマークが出るのは来週以降。
天気待ちの検査が溜まっています。

 

新築検査において、完成検査の指摘是正写真の提出率が非常に悪い。
1週間以内に送られてくる確率。7月完成の現場は30%。

仕事ができる監督さんは早期に送ってきます。
この監督さんは遅いと予想すると、その予想はほぼ当たり、
こちらから何度か催促をしないと送られてきません。

理由は想像がつきます。
引き渡しが済み、お金をもらったから、仕事の優先度が下がる。

今後、是正が終わるまで、最終代金を残すようにアドバイスしたいと思います。

 

事例1191 「乾式タイル壁の下がり」

明日がなぜ祝日なのか、ふと疑問に思いました。

調べると「スポーツの日」
オリンピック開催のため、10月の体育の日が移動したんですね。

 

■(1)今回の事例______________

「乾式タイル壁の下がり」
_______________________

◆写真解説

木造住宅、乾式タイル壁の落下。
下地のボードが重みで下がり、目地が切れた。

 

◆内容説明

現在、木造住宅の外壁タイルは、モルタルを使わない
接着剤による乾式貼りが主流です。

今回紹介するのは、下地サイディングの下がり。
一部分だけの下がりのため、釘の本数が不足していた可能性がある。

検査でタイル下地の施工を見ると、100%釘、釘とビスの併用、100%ビス
など施工方法は会社により様々。施工マニュアル以上であれば、指摘はしません。
また、下地サイディングは胴縁に固定するため、胴縁の固定も重要です。

 

◆対策

通常のサイディングの重さに加え、タイルの重みも加算される。
下地の留め付けを施工中にチェックする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

一般的な外壁は、2重に防水をしていても、雨漏りをなかなか減らせません。

外壁は継ぎ目や取り合いが多く、100%雨の浸入を防げない。
下地防水も釘などの穴が開くため、100%ではない。
2重にすることで、補完し合い、100%に近づけていています。

これとは対照的に鉄骨系の大手メーカーの外壁は、防水が1重の会社が多い。

1重防水が可能なのは、外壁材の大きさの違い。
大判であるため、継目が少ない。
大判が扱えるのは、工場生産の強みです。

雨が漏りやすいのに継ぎ目が多いのは、運搬や施工性から。
外部に継ぎ目を無くせることができれば、雨漏りは激減します。

7月は雨が多かったため、雨漏り検査の依頼もいくつか来ています。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る