ブログ

事例1092 「屋根通気部材の施工不備」

気温は高めでしたが、過ごしやすい週末でした。
行楽に適した天気でしたが、
現場予定が入っていたため、仕事で2日とも潰れました。

 

■(1)今回の事例______________

「屋根通気部材の施工不備」
_______________________

◆写真解説

屋根通気を確保するための部材(段ボール)、下から押すと浮き上がる。
端部の留め付け不良。ウレタン吹き付けの圧力で通気が塞がれる可能性が高い。

 

◆内容説明

ウレタン吹き付けのシェアの拡大で、屋根断熱仕様が増えてきた。
そのため、屋根通気の不備による野地板の結露が急増しています。

写真は屋根通気部材の留め付け不良。
母屋との取り合い部が全く固定されていない。
室内側からウレタンを吹きつけるため、押して隙間が出来れば
通気層内へウレタンが入り、通気を塞ぐ。

通気が塞がれば、空気が滞留し、結露が起きる。

上側の通気塞ぎを指摘すると、下の軒天へ空気が抜けるから問題ないと反論を受ける。
通気層内の空気の移動は一方通行。暖かい空気は軽いため上へ移動する。
実際、棟換気に手を当てると、暖かい空気が勢いよく出てくる。
暖房を付けると上の方が温度が高い現象や、煙突を想像していただくと分かりやすい。

 

◆対策

通気部材を施工する大工に、きちんと指示を出す。
吹き付け前に施工状況を確認する。
(足場が悪く、確認作業が困難)

 

==============================

■(2)編集後記

屋根の点検をした際、ソーラーパネルの上にたくさんの鳥がいた。

廻りを見渡すと、ガルバ屋根には一羽もいない。
瓦の屋根は、棟だけに数羽。

鳥はソーラーパネルを好むのでしょうか。

この日は天気が良く、ガルバは熱くなっている。
ガルバに一羽もいないのは、素材を嫌うのか、熱を嫌うのかどちらでしょう。

1回だけのデータのため、今後も注意深く見ていきたいと思います。

 

事例1086 「気密シート切れ」

3連休の最終日、やや道路は混んでいました。

後半の休みは、道路渋滞も激しくなると予想されています。
高速で移動する現場予定は入れておりません。

 

■(1)今回の事例______________

「気密シート切れ」
_______________________

◆写真解説

屋根の気密シートを貫通する電気配線。
気密テープの隙間があり、気密切れの原因となっていた。

 

◆内容説明

気密工事後に配管施工をして、気密が切れることが多い。
設備屋さんの多くは、気密の事を理解していない。

気密測定をしないと、気密切れは見落としやすい。
高い省エネ性を目指す場合、気密測定は必要です。

最近、気密測定に立ち会う機会も増えています。
注意点などを今度紹介したいと思います。

 

◆対策

設備貫通部の処理をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

最近の外壁塗り替え業者は、非常に親切です。
無料で点検を行い、報告書まで出してくれます。

その報告書に施工当時の不備も記載されます。
不備の大半は、サイディングやタイルの浮きなど、雨漏りに関する部分は少ないため、
修理が自己負担になります。
築10年以内で雨漏りに関することであれば、施工者に修理要求できますが、
大半は10年過ぎてから塗り替えを検討するため、保証切れになっているケースが多い。

短期保証が切れる前(通常1~2年)に、外壁なども点検することをお勧めします。

 

事例1077 「ユニットバス基礎断熱材未施工」

子どもの大学入試、あと一つ後期日程を残しています。
前期4校・後期2校、複数の学部を受けました。
受験料だけで計40万円くらい。
合格してキープしておく費用は1校で30万円くらい。
(入学しなくてもお金は帰ってこない。)

学費と違い、受験料などは分かりにくいため、
参考になるかと思い、掲載しました。

 

■(1)今回の事例______________

「ユニットバス基礎断熱材未施工」
_______________________

◆写真解説

図面に記載がある基礎断熱材未施工。省エネ仕様の家、ユニットバス下。

 

◆内容説明

長期優良住宅等の省エネ仕様では、
ユニットバス床下からの外気の侵入を止める施工が必要。

方法は2つ。
・ユニットバスの床版を断熱仕様として、周囲を気流止めで塞ぐ。床下通気有。
・直下部分を基礎断熱にして、さらに通気も塞ぎ気密化する。

今回、その基礎断熱が未施工。

完成後の瑕疵検査で指摘。検査に入らなければ気づかず
風呂の寒い原因が分からなかった。

 

◆対策

床下の検査を行う。

 

==============================

■(2)編集後記

昨年秋、ある分譲業者の瑕疵検査に続けて入った。
ここは、今現在、買ってはいけないNO1の会社。

どの現場も施工がひどく、検査の結果、大規模な補修が必要になった。
素直に直せばよいのに、時間稼ぎをしている。
また、私から逃げている。

今現在、気づいていない人含め、相当な被害者が存在していると思われる。
それでも、営業が続けられるのが、この業界です。

今後、この会社の検査は料金を倍にしようと思います。
指摘が多く手間もかかりますし、買う人も危ないと気づくはずです。

もちろん、品質が改善できた時は、元に戻します。

 

事例1076 「ユニットバス基礎部の気密切れ」

この週末も現場と打ち合わせで一杯でした。

明日は遠方への移動。いつも以上に早起きしないといけないので
早めに寝る予定です。

 

■(1)今回の事例______________

「ユニットバス基礎部の気密切れ」
_______________________

◆写真解説

基礎断熱で囲われたユニットバスの基礎人通口。
断熱蓋の上に大きな隙間がある。
ここから外気が入り、寒さの原因となる。

 

◆内容説明

長期優良住宅等の省エネ仕様でない家でも、ユニットバスの基礎から
外気が室内に上がらない対策をする家が増えています。

数年前までは、ほとんど施工されていない仕様で、目的を理解していない職人も多い。
今現在でも、紹介したような不備が目立ちます。

ここを完全に気密化しないと、冷たい空気がユニットバスまわりから
1階天井裏、2階へ上ります。冷気以外に水蒸気が上がることもある。

ユニットバスまわりの壁にあるスイッチから、強い風を感じる場合は、
気密施工不備の疑いがある。
(契約内容によっては、気密化が仕様でない家もある)

 

◆対策

職人への指示の徹底、及び完成時に検査する。

 

==============================

■(2)編集後記

先日、契約前の図面をチェックさせていただいた。
2階建ての木造住宅で、耐震等級3を取る予定の家。

木造住宅で耐震等級3を取ることは、それほど難しいことではない。
全棟、取得を目指しても良いと思います。

図面を見て改善したほうが良いと思ったのは、柱と壁の直下率が著しく悪い。
計算までしていないが、20%切るくらい。理想を言えば50~60%以上は確保したい。

これを指摘すれば、設計者は嫌がるでしょう。
せっかくのプランがダメになるかもしれません。
設計者にしてみれば、直下率が低くても違法でないから問題ないと言うでしょう。

耐震等級を取っても、絶対に安全だとは言い切れません。
熊本地震で耐震等級2の家が倒壊しています。
この直下率に関しても、壁量計算、耐震等級計算では検討されません。

2階の耐力壁を梁だけで受けると、壁や柱がある場合に比べ、壁の耐力が下がります。
直下率が悪い場合で、プランを変えられない場合は、梁を大きくするなどの検討が必要です。
どのくらい耐力が下がるか、どのくらい梁を大きくすれば良いかはデータが公表されています。

 

 

 

極寒

ここ数日、異常な寒さが続いております。
私の自宅も例年に比べ暖房の効きが悪いと感じております。
寒さが続くと、壁、屋根などの温度が低いままになるため、余計に寒さを感じます。

断熱の基準で、地域を8つに分けています。
(沖縄、北海道を除けば6区分)

最近の寒さだけを見れば、2ランクくらい寒い地域に該当する寒さではないでしょうか。
(例、東京23区:6区分→奥多摩町:4区分)

毎年、ある現象ではないと思われますが、夏も異常に暑かったりするので、
家を造る際に、現状の省エネ基準で満足せず、少し上のレベルで計画されることをお勧めします。

 

 

 

事例1060「壁断熱材未施工」

次のTV撮影が決まりました。
撮影予定の家は、日産やスバルの無資格検査が小さく思えるくらいの内容です。

関東地区での放送となります。
その後、一部の地方でも放送される予定です。

詳細が決まりましたら告知します。

 

■(1)今回の事例______________

「壁断熱材未施工」
_______________________

◆写真解説

換気扇スリーブまわりの隙間から見えるはずの壁断熱材が見えない。
断熱材を入れずに壁をとじた。(工事中に発覚)

 

◆内容説明

壁の断熱材を入れずに内側の壁を施工した。
全てではなく一部。

過去、あるメーカーで同様の事例が相次いだ。
発覚の発端は、エアコン屋さんが壁に穴をあけた際に気づいた。
同じ大工の現場を、赤外線サーモグラフィーカメラを用い、
断熱材の有無を何件か確認しました。

故意の手抜きは、大工施工のグラスウールなどで起きやすい。
大工は、あとから発覚するとは思っていない。

 

◆対策

断熱材の検査を終えるまで、内側のボードを一切張らせない。

 

 

==============================

■(2)編集後記

昨日の放送。相手業者は放送された内容以上に暴言を吐いています。

欠陥をつかまされた上に、暴言を吐かれては、怒りが増すばかり。
おそらくマスコミの介入を知ってしまったため、
今後、発言は慎重になると思います。

分譲住宅で、相手は複数。すでに責任の擦り合いも始まっています。
売主、仲介業者、設計監理者、施工者。
それぞれにマスコミが取材に行く予定。

さらに今後、行政も動く予定です。

 

事例1055 「基礎断熱の欠損」

午前中の雨漏り検査。
早めに原因を特定したため、昼からの現場までに時間の空きが出た。

次の現場近くまで移動し、雰囲気のよい喫茶店を見つけ、
昼ごはんを食べながら、提出が遅れている原稿を書きました。

事務所以外で仕事をすることが増えています。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎断熱材の欠損」
_______________________

◆写真解説

基礎断熱、配管貫通部の断熱欠損。
配管施工時に断熱材を欠損した場合、補修が必要。

 

◆内容説明

全体または部分的に基礎断熱仕様とする現場が増えています。
配管施工時に断熱材を傷め、補修がされない例が多い。
床下で
見えないからと、職人が手を抜くからです。

断熱材だけでなく、貫通穴を埋めない例も多い。
穴を埋めないと空気が出入りし、気密性も大幅に悪くなる。

図面上は、省エネ基準を満たしていても、施工に不備があれば、
省エネ性能は大幅に落ちる。

 

◆対策

床下から確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

年内あと2つ、TV撮影を予定しています。

事件解決のプラスになることを願い、こちらからも企画に意見を出すつもりです。
撮影対象(ターゲット)は、今現在、重大な瑕疵の修理を放置し、
責任を取らずに逃げている会社。

撮影の詳細が決まりましたら、またご報告いたします。

TV局のOKが出る例は稀です。
ちょっとやそっとの欠陥では撮影対象になりません。
今回は複数の会社を撮影対象として承認が出ています。

それだけひどい事件を数多く抱えております。

 

事例1053 「床下断熱材未施工」

日帰りで北陸へ行ってきました。

天気は良かったですが、非常に寒かった。
最近、気温が低い日が多いため、風邪をひかないように気を付けたいです。

 

■(1)今回の事例______________

「床下断熱材未施工」
_______________________

◆写真解説

階段下の1階床、断熱材が未施工。
年配の大工さんほど断熱材の正しい施工方法を知らない人が多い。

 

◆内容説明

写真は今年新築された家。
居室下以外は、断熱材が要らないと思っている大工さんが未だに存在する。

断熱材の施工部位は、外気に接する箇所をすっぽり覆う。
押し入れ下なども当然、必要です。

 

◆対策

完成時に床下を確認する。

 

 

==============================

■(2)編集後記

セミナーなどのイベントや長距離移動、欠陥検査や裁判などの予定が集中していたため、
ここ数週間、余裕がない日々を過ごしております。

メールの返事なども遅れ気味で
今日の移動中に処理しようと思いましたが、
福井県や滋賀県の山間部はネットがつながりにくく、
ネット接続をあきらめました。

スケジュールを見ると、来週からようやく平常に戻りそうです。
ただ、書類がかなり溜まっているため、書類作成の時間を作らないといけません。

 

 

事例1051 「床下断熱材が斜め」

本日午前中、1件キャンセルが出たため
先週末から続いたハードスケジュールにようやく空きが出ました。

空いた時間は、書類を作成。午後からは、予定通りの検査でした。

しばらく休みなし、余裕なしのスケジュールが続きます。

 

■(1)今回の事例______________

「床下断熱材が斜め」
_______________________

◆写真解説

床下断熱材が斜めに取りついている。受け金物のサイズ違いが原因。
隙間ができ、室内側に外気が回る。(基礎パッキンのクサビもNG)

 

◆内容説明

床下断熱材の種類は、押出法ポリスチレンフォーム。
板状のため、受け金具にて固定されている。

断熱材の厚みより、15mm大きな受け金具を使用。
下地合板に密着せず、垂れている。

施工した大工は、間違いに気づいていたはず。
間違った受け金具がなぜ現場に納入されたかは不明。

垂れさがることで、隙間ができる。
全て固定し直しを要求。

 

◆対策

床下断熱材は、床下から目視確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

来週に迫った「建築総合展NAGOYA]でのセミナー。

募集早々、満席になり。追加で20席増やしましたが、それも満席。
事前申し込みでのお断りが多かったことから、
当日席を設けることになりました。

事前連絡のあったキャンセル分と
機材をセットしたあと、空くスペースがあれば、席を設けます。

事前確保は行っていません。当日の受付のみとなります。
ただし、来ていただいても、満席になれば入場を締め切ります。

中に入れなくても、お渡しできるセミナー資料はありません。
セミナーの対象は、設計事務所、建築業者向けです。

建築総合展NAGOYAは入り口で登録が必要です。
業者登録でご入場された方を優先します。

 

 

事例1050 「壁上、熱気侵入」

明日から長距離移動が多くなります。

今週は電車、飛行機での移動がほとんど。
普段、車での移動に慣れているため、慣れない移動手段に疲れそうです。

早朝、夜の移動も多いです。

 

■(1)今回の事例______________

「壁上、熱気侵入」
_______________________

◆写真解説

夏場、間仕切り壁の上部に屋根裏の熱気が入り込んでいる。
気流止め未施工が原因。部屋が暑い原因になる。

 

◆内容説明

冬場は、部屋の暖めた空気が、屋根裏へ逃げていき、
床下などから、外の冷気を部屋へ引っ張る原因となる。

気流止めの施工は、ここ数年で一般的になってきた。
(屋根断熱の場合、壁上の気流止めは不要)
未だに、施工の必要性を知らない設計者、監督、大工が多い。

暑い、寒いに関係する重要な施工。
忘れず、確実に施工する必要がある。

気流止めを知らない方へ、断熱材メーカーの解説
http://www.pgm.co.jp/items/product_tome.html

 

◆対策

断熱材施工時、完了時に気流止めの施工を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

我々、自らの作業が報酬となる士業にとって
一番嫌な時間の奪われ方は「長電話(課金のない対応)」。

同じ話を繰り返したり、こちらが聞いても仕方がないことを説明されたり、
3分の2は聞いても仕方がない内容。

ある弁護士は、相談に来る方へ対し、
貴重な相談時間。相談内容を事前にまとめて来てください。
また、要点だけを話してくださいと伝えているようです。

普段からスケジュールに余裕時間を組みません。
長電話の時間分、予定していた仕事が遅れます。

掛けるほうは、悪気はなく掛けてきます。
1回くらいは、何も言いませんが、何度もある場合は、
今後の対応をお断りさせていただくか、5分で話を打ち切りさせていただきます。

メッセンジャー、SMS、LINE,メールなどで
要点だけ簡潔に連絡いただく分には全く問題ありません。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る