ブログ

事例1055 「基礎断熱の欠損」

午前中の雨漏り検査。
早めに原因を特定したため、昼からの現場までに時間の空きが出た。

次の現場近くまで移動し、雰囲気のよい喫茶店を見つけ、
昼ごはんを食べながら、提出が遅れている原稿を書きました。

事務所以外で仕事をすることが増えています。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎断熱材の欠損」
_______________________

◆写真解説

基礎断熱、配管貫通部の断熱欠損。
配管施工時に断熱材を欠損した場合、補修が必要。

 

◆内容説明

全体または部分的に基礎断熱仕様とする現場が増えています。
配管施工時に断熱材を傷め、補修がされない例が多い。
床下で
見えないからと、職人が手を抜くからです。

断熱材だけでなく、貫通穴を埋めない例も多い。
穴を埋めないと空気が出入りし、気密性も大幅に悪くなる。

図面上は、省エネ基準を満たしていても、施工に不備があれば、
省エネ性能は大幅に落ちる。

 

◆対策

床下から確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

年内あと2つ、TV撮影を予定しています。

事件解決のプラスになることを願い、こちらからも企画に意見を出すつもりです。
撮影対象(ターゲット)は、今現在、重大な瑕疵の修理を放置し、
責任を取らずに逃げている会社。

撮影の詳細が決まりましたら、またご報告いたします。

TV局のOKが出る例は稀です。
ちょっとやそっとの欠陥では撮影対象になりません。
今回は複数の会社を撮影対象として承認が出ています。

それだけひどい事件を数多く抱えております。

 

捜査協力

一昨日の晩。自宅前の駐車場で、車上荒らしがあり、
警察から防犯カメラ映像データの提供依頼があった。

もちろんすぐに承諾。
今日の昼には、データを取りに来たようだ。

自宅防犯のために取り付けた防犯カメラ。
なるべく下向きに取り付けているが、家の前の道路までは映る。

自宅だけでなく、地域の防犯対策に役立つとは予想していませんでした。

また、最近注目のドライブレコーダーも事件解決に役にも立つこともあり、
迷わず付けたい装備です。弊社の車は全て取り付け済です。

最近の防犯カメラは、画素も高く、録画も簡単。カメラとモニター間はwifiでOK。
是非取り付けを検討してみてください。

刑事が家に来て、娘と息子はビビった様子。
いきなり刑事が訪ねてきたら、誰でも緊張しますね。

 

既存住宅状況調査講習に参加

朝9時半から夕方6時まで講習を受けてきました。
よくよく考えると、この制度の発足に向け
国土交通省からのヒアリングに何度か協力しました。

建築士が家の状況を見て、表面的ではあるが、家の具合を判断する。
良い制度だと思います。
ケースによっては鉄筋探査が必要であり、機材をそろえている弊社に
その依頼が寄せられるかもしれないと思いました。

今回、講習テキストを初めて拝見し、不十分だと思った箇所は
質疑応答にびっしり記入し、帰ってきました。

1日潰しましたが、国土交通省が制定した検査制度のしくみについて
参考になる箇所が多かったです。

講習後、弁護士との打ち合わせなどで、事務所に戻ったのは今。
連絡業務も丸1日行う時間がありませんでした。

 

既存住宅状況調査

来年の4月以降、既存住宅の売買時に既存住宅状況調査に関する
説明が義務付けられる。(宅建業法)

そこでその調査資格を得る講習が、今現在数多く行われている。

私は、検査を行っている立場として、どんな内容であるか知っておきたいと思い、
明日講習に行ってきます。

聞いた話では、劣化のチェックが主のようです。

国は空き家対策、中古住宅流通を推進する中で、新築の抑制は行ていない。
この先、新築を抑制しない限り、中古住宅の流通が大幅に伸びると思いませんが、
なにがしらの調査をすることは、良いシステムだと思います。

明日の講習は、朝から夕方までの長時間講習です。

 

 

事例1054 「洗濯排水接続部の隙間」

今回の台風で、自宅や事務所のある名古屋東部は、
特に大きな被害はなかったようです。

午前中に行った現場は足場がぐらぐら。
強風で揺れが激しく、やや緊張しました。

 

■(1)今回の事例______________

「洗濯排水接続部の隙間」
_______________________

◆写真解説

洗濯排水、床下の接続口。隙間があり、下水臭が漏れている。
悪臭の原因は接続不良が多い。

 

◆内容説明

一般的な接続方法ではありませんが、新築の家で撮影した写真。
臭いを防ぐトラップは、この上にあるため、下水の臭いが隙間から出てくる。

住宅の問題で臭い、音も多い。
特に配管はきちんと流れること以外に、臭い対策を講じることも重要です。

 

◆対策

完成時に床下を確認する。

 

 

==============================

■(2)編集後記

欠陥検査後、書類を受け取った業者が怒っているという話をよく耳にします。

「誰だ検査した奴は、どんなレベルの奴だ」など。

怒りの原因は、修理にお金がかかるから、腹が立つ。(お金の損失)
きちんと造らない事に原因があることは頭にない。

今はネットで情報を拾い、施主が自ら瑕疵を判断することもある。
造る側は、もっと品質管理に重点を置くべきだと思います。

 

 

 

 

 

 

欠陥修理

台風が近づいています。愛知県は深夜に最も近づく予定。
ピーク時は寝ている時間なので被害がないとよいですが。

欠陥を指摘し、大規模な修理をこれから行う家がある。
一度失敗を犯した相手なので、修理がきちんとできるか不安。
そのため、工事中に何度かチェックに伺う予定です。

現在、瑕疵保険の手配などで工事の着手が遅れている。
工期が縮まることで、突貫工事になるかもしれない。

そんな中、相手業者の代理人から、工事をスムーズの行うため、
あまり現場へ来て欲しくないという内容の通知が来た。

工事を任せる施主にとっては不安になる内容。
このまま任せてよいかと思ってしまいます。

私を排除する動きは、当初からありました。
検査がきっかけで、かなりの負担をさせることになったため、当然だと思います。

お金だけ払わせて、他の業者で修理を行う選択ができればよいですが、
今回はダメでした。

相手が非を認めて、一時はホッとしましたが、工事完成まで安心できなくなりました。
来るなと言われても、必要最小限、現場へ行く予定です。

 

 

 

出張準備

今日は愛知、岐阜で新築検査3件。
3件とも現場にいる時は雨が止み、移動中に雨が降るパターン。
雨の外部検査はやりにくいため、検査中に降らなくてよかったです。

明日は340KM先へ検査に行きます。
遠くの移動は、車をかえるため、荷物の入れ替えが必要です。
入れ替えは、いつも朝に行いますが、19時ころ雨が止んでいたため
今晩中に積み替えました。
ステーションワゴンの荷台は、機材で一杯になります。

明日は早朝出発、帰りは深夜です。

 

事例1053 「床下断熱材未施工」

日帰りで北陸へ行ってきました。

天気は良かったですが、非常に寒かった。
最近、気温が低い日が多いため、風邪をひかないように気を付けたいです。

 

■(1)今回の事例______________

「床下断熱材未施工」
_______________________

◆写真解説

階段下の1階床、断熱材が未施工。
年配の大工さんほど断熱材の正しい施工方法を知らない人が多い。

 

◆内容説明

写真は今年新築された家。
居室下以外は、断熱材が要らないと思っている大工さんが未だに存在する。

断熱材の施工部位は、外気に接する箇所をすっぽり覆う。
押し入れ下なども当然、必要です。

 

◆対策

完成時に床下を確認する。

 

 

==============================

■(2)編集後記

セミナーなどのイベントや長距離移動、欠陥検査や裁判などの予定が集中していたため、
ここ数週間、余裕がない日々を過ごしております。

メールの返事なども遅れ気味で
今日の移動中に処理しようと思いましたが、
福井県や滋賀県の山間部はネットがつながりにくく、
ネット接続をあきらめました。

スケジュールを見ると、来週からようやく平常に戻りそうです。
ただ、書類がかなり溜まっているため、書類作成の時間を作らないといけません。

 

 

証人尋問

今日は早朝から先ほどまで予定がぎっしり。
移動中にメールをしようとしましたがネットがつながらず、
メールの返信もできませんでした。

夕方は、裁判の証人尋問の打ち合わせをしました。
ただ出て行って、質問に答えるだけなら苦労しません。
尋問では、質問に対し素直に答えてはいけないこともある。
正しい答えを言ったつもりが、相手に有利になることがあります。

弁護士は、有利な証言を引き出そうと、質問の仕方に工夫を凝らします。
引っ掛からないためには、質問内容をストレートに受け取らず、
相手の心理を読んで答えないといけません。

質問に引っ掛った場合でも、訂正や言い訳はできません。
余分なことをしゃべった場合、裁判官から注意を受けます。

弁護士との法廷での対決。
検査会社でこれを経験している人はあまりいないでしょう。

 

 

 

話し合い

建て替えが必要な欠陥の家。

新築検査で近くに行ったついでに下見をしました。
屋根裏などを少し見ただけでも、多くの重大な瑕疵が目に飛び込んできた。

業者が建て替えると言えば、検査は不要。話し合いの結果待ちでした。

昨日の報告では、業者は依頼者が素人だということで
舐めた態度だったようです。
また、瑕疵についても何とか簡単な修理で逃げようとしていたようです。

業者の態度に腹が立った依頼者は、「私に相談している」ことを告げた。
それを聞いた業者は態度が急変。持ち帰って考え直すと言ったそうです。

あまり良い回答は期待できないため、検査に行くことになるでしょう。
その後、厳しい書類を突きつけ、対応次第では、TVカメラを入れる予定です。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る