ブログ

事例1237 「外壁通気層の結露」

本日検査に行った現場。
アキュラホームの基礎屋さんとタマホームの大工さんの仕事が
エクセレント(超優良)でした。

優秀な職人さんに当たった施主さんは幸せです。

 

■(1)今回の事例_____________

「外壁通気層の結露」
_______________________

◆写真解説

天気が続いているにも関わらず、外壁下から水が出てくる。
原因は、通気層内で結露が発生している。

 

◆内容説明

気候は秋ですが、夏のような暑さの朝9時頃に撮影した写真。
防水紙やサイディング裏面で結露した水が下に落ちている。

外壁通気層の上部が閉ざされていて、水蒸気が溜まる構造。
外壁通気層内は日射の影響で、気温の変動が大きい。
空気が乾いていれば良いが、湿っている場合、
大きな温度変化で結露が起きやすくなる。

湿った状態が続けば、木躯体の腐朽の原因となる。

 

◆対策

通気層の上部に空気の出口を確実に設ける。
(通気層内は換気ができていたとしても、
夏場は湿った外気を入れるため湿気やすい)

 

==============================

■(2)編集後記

先月あたり、休日や時間外にメールを送信すると、
時間外労働を強要するみたいな記事を読みました。

パソコンだけでメールをやっていれば、問題ありませんが、
最近は、メールをスマホへ転送している人が多いと思います。

それを考えますと、いくらメールといえども、
送信する時間帯を考えるようになりました。

 

事例1236 「土台施工不良」

朝一番で投票に行ってきました。

支持政党は特になく、主に新聞からの情報で
誰に、どこの政党に入れるか判断しました。

 

■(1)今回の事例_____________

「土台施工不良」
_______________________ 

◆写真解説

基礎の水平精度が悪く、基礎パッキンの調整板だけを複数重ね
(写真は7枚)水平を調整し、土台を載せている。
正しい施工方法ではなく、構造耐力的に問題がある。

 

◆内容説明

基礎断熱の高気密仕様の家。
基礎の天端の水平精度を出さずに土台を敷くことはあり得ない。
もともとの施工計画がこれなら、知識があまりに無さすぎる。

正規のやり方で基礎パッキンを用いる場合においても
調整板は2枚までとなっている。したがって、
単体で複数枚の使用は、構造的に問題があるのは明らか。

また、高気密を目標にするなら、
土台と基礎間は気密漏れがないように、気密パッキンなどを入れる。
すき間をウレタンで塞いだだけのため、気密も低い。

土台部分であり、あとから修理が実質不可能。
検査書類には、基礎の重大瑕疵もあり
修理方法は「建て替え」と書きました。

 

◆対策

この方法が誰もダメだと気付かなかったのが不思議。
無知な業者に依頼しない。

 

==============================

■(2)編集後記

関東の〇〇県での裁判。
調停委員が選任され、いきなり、明らかに間違った持論を言い出し、
とても驚きました。

私の想像ですが、実務を30年ほどやっていないか、
住宅の現場を全く知らない。

この方に住宅の建て替え裁判の判断を任せても良いわけがありません。
このようなことが珍しいかと言えば、そうではなく
私から見て、まともだと思える方の方が少ないです。

実務に精通し、知識の豊富な方は、本業が忙しく、
引退か、ゼミリタイアしないと
わざわざ裁判所の仕事をやらないと思います。

調停委員の交代、もしくは1名追加を弁護士から求める予定です。

 

今年何度目かの建て替え要求

結構な手間をかけ、欠陥住宅検査の書類を一つ完成させました。

RCレーダー検査の結果、基礎の鉄筋は図面より少なく、
また、基礎の設計が規定どおりでない。
その他に、基礎梁の欠落、土台緊結不良、構造材の木部の湿り、
カビ発生などもあり、建て替えが必要なレベルの家。

今年に入り、確か4件目の建て替え要求です。

多くの欠陥住宅を見てきて、その根本の原因を考えると、
設計者や施工者が、基本的な規定などを理解していないケースが多い。
つまり、規定を十分に知らないまま、仕事をしている人が大半だと思います。
大手のように専門部署を作るか、仕事の数を大量にこなし、仕事しながら
覚えていくか、もしくは、自分から勉強しないと知識は習得できない。

そんな状態でも商売として成り立つので、消費者にとっては恐ろしいです。

過密スケジュール

先週末は、予定がぎっしり埋まってしまい。
やむを得ず、1日6件の予定を入れた日もありました。
(目標は1日3,4件まで)
途中、車を置いて、タクシーや電車で移動するなど
効率的に動いたものの、日が短くなっている分、
夏場より、1日の時間が短く感じます。

移動の際、タクシーアプリを開くと、システム更新に伴い、
登録し直しを求められたため、その分、タクシーを呼ぶのが遅れ、
電車1本乗り遅れました。それでも普段から、電車などの移動時は、
車より余裕を見るようにしているため、支障はなかったです。

早出、遅帰りが多く、事務所にいる時間が少なかったので
今日は1日、予定をあけて、紛争中の現場の判断、記載が難しい
書類作成などに一日、費やしました。

事例1235 「擁壁崩壊」

住宅に関する情報を、毎日チェックしています。

最近、壁内結露に関する内容がいろいろ出てました。
違うでしょという内容も多く、特に夏型結露は
多くの業者が理解できていません。

建材の組み合わせが多数あるので、一概に整理、判断するのは
難しいですが、図面チェックなどで○✖が容易に付けれるように
していきたいと思います。

 

■(1)今回の事例_____________

「擁壁崩壊」
_______________________ 

◆写真解説

大雨で擁壁が崩壊。人への被害は無かったものの、下の建物が一部損傷した。
現場を調べたところ、自然災害ではなく、違法造成と手抜き工事が原因である
ことが判明した。

 

◆内容説明

詳細を説明するには、1枚の写真だけでは難しいため
簡単に説明をいたします。

約7Mの高低差がある土地。
猛烈な大雨が降った日の夜。擁壁が崩壊した。

当初、大雨が原因で崩壊したと思いましたが、
現地を確認したところ、杜撰で違法な施工が行われていた。

年数が経過しているため、施工者へ責任を負わせることは
難しいと思いますが、人の命を奪いかねない事故。

造成時、でたらめな工事をチェックする機能が働いていなかったようです。

 

◆対策

違法行為、手抜きは建物だけではありません。
最近は、雨の降り方が異常。
事故が起きないためにも、造成工事の監理を強化する。

 

==============================

■(2)編集後記

最近の傾向として、ネットで調べたことを信じ、
プロの意見を聞かない、又は、疑う人が増えているように思います。

医者の知人と雑談した時にも、
同じような事を感じていると言ってました。

私は定期的に歯医者などに通いますが、
不安な治療を提案されても、全て先生にお任せしています。

家の場合でも軽微な問題以外、あれこれ自分で思い悩み調べるより、
プロに任せることをお勧めします。
(もちろん、いい加減なプロに頼んではいけませんが)

 

 

 

業者選びで失敗しないために

この2週間、出張の連続で、事務所にいない分、
書類作成が溜まっております。

建築紛争になっている家で、なぜ、その業者を選んだか聞くと
土地を購入した際、不動産屋に紹介してもらったという回答が多い。

ネットやリアルの広告で多くのハウスメーカーを知ってはいるものの
直接関わった方からの紹介は、強いようです。

注意が必要なのは、不動産屋が紹介する業者は
優秀な業者とは限らないこと。
知り合い、紹介料を払うなどの関係が多いと思います。

紹介を受けても良いですが、競争入札のように、
他に2,3社比較することが重要です。


機嫌が悪い大工

新築検査の現場で、大工の機嫌が悪かった。
現場に入った際、大工が電話で誰かに文句を言っているのが聞こえた。
その後、作業が始まったと思ったら、資材は投げるし、仕事が荒い。

監督がいなかったので、構造金物未施工の指摘を伝えたら
監督に言えという返事で、これに腹が立ったのか、
指摘を出した後は、さらに物を投げる音などが大きくなった。

現場監督が「大工の邪魔にならないように検査してください」と
言っていたのは、普段から機嫌が悪い大工だったかもしれません。

元請け業者が完全に舐められ、異常な状態。
私が元請けの責任者か経営者だったら、即やめてもらいます。

怒りの原因は、おそらく、金銭か工期でしょう。
段取りが悪く、儲からない。工期がなく、急がされるなど。

岸田内閣は、賃上げを目標としていますが、
建築業界の現場は無理だと思います。

資材高騰に加え、手取り10万円くらいの外国人が増え続けている間は、
日本人の職人の賃金は上がらないでしょう。



解決までの期間

緊急事態宣言が解除されるのを待っていたわけではないですが、
今週と来週は、遠方への移動が多いです。

先週参加した裁判。私が欠陥検査をしたのが5年以上前。
自分の中ではそんなに経過していないイメージですが、
書類等を見ると間違いありません。

建築紛争は解決までの期間が長いと言われますが、
5,6年かかるのは、やや長いほうです。

期間が長いため、裁判官の交代、調停員の辞任、代理人の引退など
いろいろなことも起こります。

裁判や調停の実態を知る機会は、一般の方はありません。
詳しく知れば、不動産購入時、相手任せにせず、
自己防衛するようになると思います。

いろいろな情報がネットで得られる時代ですが、
ネットで得られない情報も多くあります。





事例1234 「レベラー硬化不良」

今日午後の現場、風も入らない屋根直下にいた所、
熱中症になる不安を感じました。

10月に30度超え。名古屋は今日だけでなく
ここ数日、続いております。

 

■(1)今回の事例_____________

「レベラー硬化不良」
_______________________ 

◆写真解説

基礎レベラーの硬化不良。
チョークで文字が書けないくらい柔らかい。

 

◆内容説明 

基礎天端から10mm程度は、水平を出す「レベラー」の
施工があるのが一般的。
写真は、施工時に水が少なかったか、撹拌不足か、
固まる前に水を足したのか、何らかの原因で硬化していない。

基礎の一部分であり、本来であれば十分強度も出る材料。

この件は、1階床を組まれてしまうと分かりにくい。
新築の基礎完成検査で、年に1,2件指摘をします。

 

◆対策

基礎完成時に硬化具合をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

明日は遠方の裁判に出るため、朝早く出発します。

翌朝、電車が止まるなどのリスクを考え、
前日に現地入りすべきだと思いますが、
前日の現場検査予定が多いと難しいです。

クラウドサーバーを使うなど、どこでも仕事できる体制に
していますが、事務所での仕事が一番効率が良いです。

不動産購入知識

年間200件以上の物件を検査している中で、
そもそも依頼先の選択を間違っている、物件の選択が悪い
と思うことが多いです。

不動産は何度も買うものではなく、それは仕方がないことだと思います。

家購入際し、事前に自分自身で知識を付けることも大事。
最近読んだ本、結構参考になりましたのでご紹介します。

ここまで変わる! 家の買い方 街の選び方 (祥伝社新書) | 牧野 知弘 |本 | 通販 | Amazon

本だけでは、個別事例に近い情報がないケースが多いため、
個別相談などでアドバイスを受けることもお勧めします。

数はあまり多くないですが、私自身、年に何件か相談を受け
依頼先を絞る、物件の良し悪しの判断のお手伝いをしております。

いろいろなメーカーの現場を自分の目で数多く見てきているため
情報は豊富です。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る