ブログ

事例1255 「工事中の濡れによるカビ繁殖」

太陽光発電の設置義務化が、東京都から将来的には
他の都市部へも広がると思います。

数は少ないですが、太陽光発電に関するトラブルも
出ていて、条例などで義務化になるとトラブルは
急増すると思います。

 

■(1)今回の事例_____________

「工事中の濡れによるカビ繁殖」
______________________ 

床下のカビ

◆写真解説

土台のカビ。工事中、雨に濡れ、乾燥が遅いと木部に
カビが繁殖しやすい。床下が一番乾きにくく、屋根や
2階床などは乾燥が早い。
1階床を濡らさないことが重要。

 

◆内容説明

基礎断熱仕様の家。工事中、1階床が雨に濡れ、床下の
乾燥が悪いためにカビが発生した。

カビが繁殖した場合は、放置しておくと、カビの胞子が、
室内まで上がってくることが多く、適切な除カビ処理が
必要。

 

◆対策

雨に濡れた場合は、合板をめくるか換気扇で風を送るなど
木部を乾燥させる。

 

===========================

■(2)編集後記

設計途中で、契約解除となって裁判をしている家の設計料
算定をしました。
建物が特殊、業務が中途半端、設計図が基準法などの規定に
違反する部分がいくつかあり、結構難題でした。

こういった設計に対するトラブルは多く、いろいろ提案して
もらったあと、正式な契約に至らないと、設計料を請求される
ケースがあります。

今回の例は、設計業務は全て完了しているという相手の主張で
役に立たない図面に満額の設計料を請求されています。

過去の判例などを見ても、契約書の有無はあまり関係がなく
最低、実働時間分は支払いする判断が多いです。

役に立たない図面なのに、相手の請求額の1/10くらいは、
支払うことになると思います。

 

事例1254 「多数のボルト締め未施工」

裁判所に出す意見書作成がいくつか重なり、
書く仕事が忙しかったです。

意見書と言っても、私見を述べるだけでは
効果がなく、裏付けデータが重要になります。

資料を探して揃えるまでが、結構時間がかかります。

 

■(1)今回の事例_____________

「多数のボルト締め未施工」
______________________ 

ボルト締め未施工

◆写真解説

鉄骨造、ボルトの締め忘れ。
小屋裏だけで8ケ程、締め忘れがあった。
検査を全くしていないと思われる。

 

◆内容説明

軽量鉄骨の家。新築ではありませんが、欠陥検査で
小屋裏に入ったところ、ボルト締めの未施工を発見。

ボルトは鉄骨を接合する重要な部品。
これが締められていない、検査されていないのは
通常ではあり得ないが、いろいろな業界で検査不正が
発覚していることを考えると、かなりの率で同じような
事があると思われる。

 

◆対策

今回のような小屋裏の部分は、高所ですが、
2階から目視で締まっているかの判断は可能。

構造が見えるうちに、目視でボルトを見るなど。

 

===========================

■(2)編集後記

家を買う方の見積書をチェックすると、昨年に比べ
明らかに価格が高くなっていることがわかります。

上げ幅の差はあるものの、価格を据え置いている
業者は皆無だと思います。

また、最低賃金で働く外国人が増えていますが、今
でも現場は職人不足です。今後、人件費も上がって
いくのは確実で、早めに買った方が得だと営業攻勢
をかけられるケースも増えています。

その他には、名古屋市の高級住宅街の購入を検討して
いる人には、インフレ傾向が続くから、価値が下がら
ない土地を買っておくとよいと勧める営業マンもいる
ようです。
その一方で、金融、不動産バブルがはじける予想を
する専門家もいるなど、どれを信じるかは、自分で
判断するしかありません。

 

 

 

紛争数の多い会社

数年前から、ある大手ハウスメーカーの
紛争事案の仕事(検査、相談、裁判サポート)
が増えています。

私の予想ですが、施主と裁判になっている数は
大手の中ではダントツだと思います。

普通に考えれば、顧客を大事にしない会社ですが、
反対を考えると、クレーム対応から社員を開放
するために裁判数が多いかもしれません。

この会社との裁判。話の争点が、かみ合わない
ことが多いです。おそらく、実際の担当者は裁判
に関わりを持たず、弁護士と一部の紛争処理を
担当する社員で答弁などしていると思います。

住宅業界も働き方改革が進んでいます。
時間を取られ、ストレスになるクレーム対応を
初期段階で弁護士に丸投げするのが一般的に
なるかもしれません。

施主側にとっては、良い事ではありませんが、
こういった動きが進むと予想しています。



換気システム選び

住宅の高気密化で、換気計画、システム選びが
重要になっています。

今週もいくつかのタイプの換気システムを見る
機会がありました。価格、音、ダクトの多さなど
それぞれ一長一短あり、お勧めの順位を付けるのは
大変難しいと改めて思いました。

換気システム選びでの注意点は、広告、カタログを
信用しないこと。売るためにオーバーな表現をして
いるものもあります。

現在、カビの繫殖で裁判している、設計に欠陥がある
換気システムもあり、十分な実績のあるものを選んで
おくことが重要です。



腑に落ちない対応

今現在、軽量鉄骨のボルトの緩みで争っている住宅があります。
築数年後、室内の工事をした際に、ボルトの緩みが発覚。
私も現場で立ち合い、トルクレンチでボルトを締めた。
目視で緩みは分からないが、トルクレンチで締めるとボルトが
締まる。数は1,2本ではなく、確認できたボルトにおいて、
結構な確率でボルトが締まった。

私が腑に落ちないのは、
ハウスメーカー側は緩みを認めてはいるものの、
原因について、徹底的に調べようとしない。

原因は、工事中の締め忘れか、経年で緩んだの
2つしか考えられない。どちらにしても会社にとって
都合が悪いため、原因を追究する気がないようです。

緩みの数から、締め忘れの可能性は低く、私はあとから緩んだ
可能性が高いと考えています。原因はボルト自体の不良。
そうであれば、構造部分でもあり、リコールすべきです。

施主が、この件の情報を国土交通省や市に入れても
どの行政も関心を示さず、裁判を勧められる。
大量生産品で、安全にかかわる事であっても、
行政は、世間が騒がない限り動きません。

マンション検査

連休最終の土日は、マンションの検査でした。
土曜日、朝6時の飛行機に乗るのに、1時間も寝坊してしまい
起きてすぐ、パニックに陥りました。
すぐに冷静になり、搭乗までのタイムスケジュールを組み直し、
余裕の時間が無くなりましたが、無事搭乗できました。

普段は木造の検査がメインですが、社会に出て10数年、鉄骨、
RCばかりやっていたため、マンションの検査も対応してます。
今回も原因を無事特定することができ、良かったです。

昨日の帰り、空港などはかなり人出でしたが、乗った飛行機は、
出発時間が遅いため、予想より空いてました。

本日、移動疲れも残っておりますが、それより、気温差で終日、
寒気を感じております。



事例1253 「ゴミ隠し」

この仕事をしていると、10連休を取るのは難しい
です。

それでも、大型連休は、普段よりは現場スケジュール
が入りにくく、普段に比べ、休みが取りやすいです。

 

■(1)今回の事例_____________

「ゴミ隠し」
______________________

瓦破片

◆写真解説

瓦ぶきの屋根。隅棟部に瓦の破片を入れている。
乾式施工においては重くなる、通気を阻害するなどの
デメリットしかないが、複数の業者へ聞き取りすると、
これが一般的な施工だという回答が多かった。

 

◆内容説明

破片は、隅棟部の瓦をカットしたもの。
ここの施工業者含め、複数の屋根業者に聞き取りした
ところ、回答の多くは、漆喰を使う湿式施工の時、瓦
の破片を入れて漆喰を施工するので、問題ないという
内容でした。

本現場は、湿式ではなく、乾式の施工。
今の時代、瓦のほとんどが乾式の施工で、湿式は少ない。
漆喰を施工しないのなら、瓦の破片に役割はなく、ゴミ
である。

念のため、瓦の施工マニュアルをいくつか確認しました
が、乾式施工において、割った瓦を入れるような表記は
ありません。

完成すれば見つからないため、下ろす手間、処分費削減
を目的として、故意にやっていると思われる。
それだけ発注単価が安く、利益が少ないのかもしれない。

地中や壁内、屋根裏などにゴミを放置するのと同じこと、
これで良いと判断していることが理解できない。

 

◆対策

工事中に確認すると言っても高所のため、
施主自身での確認は困難。

事前に瓦の処理について、確認をしておく。

 

===========================

■(2)編集後記

本日、ネットのニュース、
欠陥住宅裁判で「慰謝料を認める異例の判決」という内容が
出てました。

このニュースを読んで、意外だと思われる方がほとんどだ
と思います。

弁護士のコメントで、
「建物の瑕疵(かし)で慰謝料が認められるのは画期的」
とあるように、欠陥住宅裁判では、私も慰謝料は認められ
ないものだと思っています。

裁判でなく、直接の話し合いであれば、慰謝料を請求し、
相手が支払うケースはあります。

火災保険を使えば、実質0円で修繕工事ができる

国の認定を受けた消費者団体「消費者機構日本」が、業者を訴えた
裁判終結のニュースが出ていました。
(火災保険を使えば、実質0円で修繕工事ができると勧誘して契約
を結び、着工前に解約しようとすると高額な違約金を請求するパターン)

これは、数年前くらいから、よく広告で目にする内容。
知り合いの保険屋さんに念のために聞いてみると、
保険会社の査定は甘くないですと言う回答でした。

胡散臭い内容ですが、騙される方が多いので、広告も増えたと思います。
実質0円でなくても、補助金を使う、格安など、金銭的な面でアピール
する外壁塗装などの広告がネット上でも目立ちます。

悪い業者ばかりではありませんが、広告で業者の良し悪しを
見極めるのは難しいです。





検査をして業者から恨まれる

最近、検査でかなりのダメ出しをした現場があります。
施工者側は、指摘を今後の品質向上など、前向きに
とらえてくれれば良いですが、今回のケースでは、
後ろ向きにとらえてしまっているようです。

やり取りしている対応から感じ取れる印象は、
指摘を受け、修理をするのにお金がたくさんかかる、
余計なことをしてくれたと思っているようです。

最近、ある業種で検査不正のニュースがありました。
住宅業界を掘り起こせば、不正のニュースは大量に
出てくるのは確実で、今現在でも、大手ハウスメーカーの
商品、品質不良の情報をいくつか持っております。

資材高騰で利益が圧迫される中、今後、品質確保のコスト
を切ってくる企業が増えると思います。

欠陥住宅被害者にならないためには、消費者側が自己防衛
することも重要です。

事例1252 「鉄筋切断」

GWの直前と直後に遠方の検査を組んでおります。

コロナの影響で、未だ飛行機の便が少ない、欠航しているなど
の影響を受け、2ケ所ともハードなスケジュールを組みました。

新型コロナで制限が出てから、3回目のGW。
そろそろ、元の状態に戻って欲しいですね。

 

■(1)今回の事例_____________

「鉄筋切断」
______________________ 
コア抜き鉄筋切断

◆写真解説

コア抜き(孔のあとあけ)したコンクリート片。
よく見ると鉄筋の断面が見える。
鉄筋の位置を確認しないまま、基礎に孔をあけ、
鉄筋も切断した。

 

◆内容説明

コア抜きを社内規定で禁止しているにもかかわらず
コア抜きをして、鉄筋まで切ってしまった。
現場監督の段取りが悪く、設備業者がスリーブを
入れ忘れたことが原因。

今回の例では、強度とかぶりの問題があるが、
ハウスメーカー側は、強度は計算により問題ないことを
確かめ、かぶり不足については、あけた孔を塞いだ。

鉄筋コンクリートのマンションやビルでも
コア抜きにより鉄筋が切られていることが多く、
割とよくある事例です。

 

◆対策

コア抜きの必要がある場合、鉄筋位置を調べ、
かぶりを確保して孔をあける。

 

==============================

■(2)編集後記

建築費の高騰は、木造より、鉄筋コンクリートや重量鉄骨で建てる方に
影響が大きいようです。

最近、これらの構造で建築する複数の方の相談に乗りましたが、
建築業者が予想外の金額を提示しているようです。

特に住宅においては、木造に比べ、施工する業者が限られます。
競争が木造より少ない分、リスクを取ってまで仕事を取ろうと
しないようです。

建築費は今が一番安い。今後、さらに上がるという予想をしている人も
多く、情報収集を続けたいと思います。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る