ブログ

出版記念セミナー

明日の午後、名古屋で出版記念セミナーを行います。

主催は弊社ではないため、私は行って話をするだけ。
100名超の定員が、申し込み開始早々に、埋まってしまったようで、
当日枠はありません。

連休明けの忙しい最中、来て頂くため、準備はしっかり行います。
今朝も早起きして、現場へ出る前に内容を考えました。

事例1111 「外壁の雨漏り」

事例1111 ぞろ目ですね。

このところ投稿ペースが空いているのは、忙しいからです。
8月末から規模の大きな瑕疵現場を続けて検査をしたり
書籍の販促、TV撮影なども加わりバタバタしました。

この3連休、現場予定も埋まっておりますが、
裁判や瑕疵検査書類を集中して作成する予定です。

忙しいのは、弊社だけではありません。
最近、雨漏り検査は、他を紹介していましたが
紹介先の2社も予定が混み合い、即対応できない状況です。

 

■(1)今回の事例______________

「外壁の雨漏り」
_______________________

◆写真解説

外壁からの雨漏り。
小屋裏から外壁の内側を見ると、防水紙を通過し、雨が内部に入っている。
外装材は天然木。隙間や反りが多数。

 

◆内容説明

1階の天井が濡れる雨漏り。
漏れている上は、2階の外壁ライン。小屋裏に上がると写真の状態でした。

雨を防ぐ、外壁裏の防水紙で雨を防げていない。
外壁全体から雨が漏り、1階の天井へ落ちていました。

防水紙は、釘やタッカーを打つため、そこから雨が入ることもある。
また、経年劣化で防水性が悪くなったものを見たこともあります。

今回、外壁が板張り。劣化が激しく、あちこち隙間や反りがあり、
雨がたくさん裏側に入り、防水紙を通過した。

外側の仕上げがきちんとしていることも、雨漏り対策には重要です。

 

◆対策

新築時、良い品質の防水紙を使う。
外壁の劣化を放置しない。

 

==============================

■(2)編集後記

今現在、ご依頼いただいても即、動けません。
この状況を解消するため、受注調整を少ししております。
雨漏りや漏水などの建物検査以外は、裁判の損害額を算定してもらっている業者さんに
お願いしております。

あと、すぐに見て欲しい的な検査はお断りさせて頂いております。
1週間先くらいまでは、予定が埋まっています。
(新築検査で監督さんが連絡を忘れていて、急な検査設定は、日程を調整します)

裁判関係の書類も、今月中くらいまでほとんど完了。
今月の後半からは、通常に戻る見込みです。

設計が原因の瑕疵

今週放送したTV。
紛争の原因は設計にあります。
期限までに図面が完成できず、見切り発車したこと、
おそらく経験した事がない仕様にしたことが原因です。

最近の紛争の傾向として、設計事務所へ依頼し、
紛争になるケースが増えています。

今現在の裁判サポートしている中で、設計事務所を訴えている事件は5件ほど。
施工の瑕疵と違い、立証が難しいケースが多いです。
深く追求していくと、建築主の指示だと言い出します。

大手メーカーなどは、仕様が決まっているため、
設計でのミスが起きにくい。

大手分譲メーカーは、新たに図面は作成せず、
既存の図面を選んで使うだけなので、図面ミスは起きない。

完全オーダで設計する場合は、設計ミスに気を付けないといけません。
どれだけ気を付けてもミスが起きることもあるため、
設計事務所の保険加入は必須です。

 

 

Amazonランキング

2日連続の超早きと長距離移動で疲れました。
明日からは、ホームで新築検査予定が週末までぎっしり入っています。

本日、日経新聞に書籍の広告が出ました。
その影響もあり、Amazonの住宅建築・家づくりで1位になりました。
発売前の予約の時点で2位が最高だったと思います。
ご購入していただいた皆様、ありがとうございます。

 

 

 

TVのロケ

今日は1日、TVのロケでした。
午前中は、木造住宅の耐震診断。午後はビルの前で耐震についての解説。

ビルは、人通りの多い中での撮影。人目を感じながらの撮影でした。

放送すると、ビルオーナーから苦情が入る恐れがあり
かなりの部分、カットになると予想しております。

後日、補足で撮影するものもあり、放送はまだ先です。

最後の撮影場所は有名書店の入るビル。
撮影後に、著書がどこに置かれているか確認してきました。

建築関係の一般向けではなく、専門書のところに置かれていました。
どちらかと言えば、やはり専門書なんでしょうか。
一般の方が本屋で買われる時は、見つけにくいかもしれません。

 

本日のTV放送

本日のTV番組欄(中日新聞)を紹介します。
CBCは、東海地方しか見れません。

住宅Gメン、建築Gメンの会など、Gメンをうたった組織がありますが、
私は関係しておりません。

Gメンの本来の意味は、政府の役人。
分かりやすいのでTV局がよく使います。

今日も役所に建築基準法のグレーゾーンを質問しました。
予想どおり、たらい回しで、結論が出ません。

欠陥住宅問題も役人は介入を避けます。

 

明日は、1日、次のTVロケ。
これは関東でも放送されます。内容は欠陥住宅ではなく「地震」がテーマです。

書籍の広告

台風接近の影響で、明日の現場予定を無くしました。
休みにしたいところですが、書類を書きます。

今回の台風。名古屋は直撃の予想。
大きな被害がないと良いですが。

新聞に広告が掲載されます。
1日(月)は朝日新聞
3日(水)は日経新聞です。


(多少、変更があるかもしれません)

 

事例1110 「屋根断熱の落下」

今日は1日、伊勢湾岸道通行止めの影響を受けました。

未明に起きた追突、炎上事故で今現在も通行止め。
朝、大府市へ向かう予定で名二環に入ったところ、
名東区から混んでました。

名古屋高速へ迂回しても、皆が迂回しているため、そこも渋滞。
午前中の予定は大幅に狂いました。

夕方、岡崎市の予定を終えて、事務所へ戻る時は、
伊勢湾岸道を迂回した車で、名古屋ICから大渋滞。

それでも、何とか相談時間には間に合うように帰って来れました。

 

■(1)今回の事例______________

「屋根断熱の落下」
_______________________

◆写真解説

天井点検口を開けると、屋根断熱材が多数落下していた。
木(たるき)の間に挟み込むだけの施工で固定具などは無い。

 

◆内容説明

最近、天井の上ではなく、屋根に断熱材を施工する家が増えている。
仕様がかわる時は、ミスが起きやすい。

木の間にはめ込んだだけで特に金物などで留めていないため、
木が痩せて、ほとんどの断熱材が落下した。

大工なら将来、落下することを予見できるはず。
施工時に落ちなければ良いという考えでしょう。

 

◆対策

金物などでしっかり断熱材を固定する。
(吹き付けで接着できる場合、固定具は要らない)

 

==============================

■(2)編集後記

面白い話をお客さんから聞きました。

完成時に階段の隙間を指摘したところ、監督がこういった。
「地震の時のためにわざとあけてある」

お客さんは、「今の技術はすごい」と感心し、その時は疑わなかった。
その後、現場へ行くと隙間はシーリングされていたようです。

その場しのぎの言い訳で、似たような話は多いです。

修理を回避しようと、おかしな言い訳をするのはよくあることです。
騙されないようにしましょう。

 

 

 

TV放送

今日の夕方、先日ロケをした報道番組のコメント取りを
TV局内で行ってきました。

その際、相手業者への電話インタビューも収録。
施工者の社長は、裁判中を理由に電話を一方的に切りました。

番組はCBC(東海地方)のイッポウ。
来週月曜日放送予定です。18時過ぎから約14分の内容。

撮影した家は、カビがひどく、完成後3年経過しても住めない家。
住めなければ、家を建てた意味がない。
それでも業者は、修理をせず、最終代金を請求してきました。
請求は最終代金だけでなく、設計ミスでやり替えた工事も不当請求されている。

難しい裁判になることが予想されますが、
良い結果が出るように、サポートしていきます。

 

雨天のコンクリート打設

先週は後半から4日間出張が続き、書類や段取り業務を
かなり溜めこんでしまいました。

今週は珍しく出張は1日だけ。
書類をできるだけ片付けたいと思います。

雨の日に基礎のコンクリートを打設しないように、監督へ伝えたところ、
「雨の日に打設して何が悪い。建築基準法に書いているか?」
「今日、打たないと上棟に間に合わない」と言ってきた。

私はこう言い返しました。
「あとから壊すことになりますよ。会社は大損害。施主からの信頼は無くなるでしょう」

この会社、ホームページには安心・安全な家づくりなどと書いていますが、
現場を見る限り、それは嘘。

過去に何度かミスを犯し、痛い目に会ってきた経験は、何も生かされていません。

今日から、ブラックリスト入りです。
この会社どうですかと尋ねられた場合、
現場のレベルが低すぎるので、やめたほうが良いとアドバイスします。

 

 

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る