ブログ

事例1040 「気密シート未施工」

自宅の寝室は2階建ての2階にあります。
今年の夏、エアコンを入れたのは未だ1回だけ。

夜は涼しいです。

家のある場所は標高50Mほど。
北側に大きな県の公園がありますが、環境は市街地です。

天井断熱材、風通し等を考慮して家をつくれば、涼しい家になります。

 

■(1)今回の事例______________

「気密シート未施工」
_______________________

◆写真解説

居室直上、バルコニー下のウレタン吹き付け。
外側に通気層がなく、室内側に気密シートの施工を図面で指示をしているが、施工し忘れた。
湿気が抜けず、結露を起こす恐れあり。

 

◆内容説明

ウレタン吹き付けにも種類があって、木造住宅で多く使われている
硬質ウレタンフォームA種3は、グラスウール同様、透湿性が高い。
そのため、外側には湿気を排出する通気層が必要。

ウレタンは、湿気を通さないイメージがあるため、
通気層を省略する場合でも、気密シートを忘れてしまう現場が多い。
湿気がこもり、冷えた部材に接すると、結露を起こす。

グラスウールやロックウールでは、気密シートを省略しないケースがほとんど。
ウレタンは、気密シートを省くことが多い。
(工務店さんによっては安全のため、気密シート施工を標準としている)

ウレタン吹き付けの家で、湿気が高いという申し出で伺うと、
通気層への水蒸気の排出が機能していないことが多い。

 

◆対策

ウレタン吹き付けの場合でも、気密シートの施工等
湿気対策を考慮する。

 

==============================

■(2)編集後記

今年は結露の相談が多いです。
原因は、家の中途半端な気密化だと考えております。

省エネ化が進み、断熱施工などが一昔前より変化しています。
新しいことにチェレンジすれば、失敗が出る可能性は高いです。

ここ数年は、結露被害が増えると思います。
実績が少ない工法や材料に飛びつくのは危険です。

残工事放棄

7月末から移動が多いです。今月も遠くの予定が一杯です。
夏休み期間中のため、道路などは普段より混みあっています。
時間に余裕をもって出かけたいです。

前にも紹介しましたが、完成時お金を払うと
残工事を放棄する現場監督がいます。

残工事、手直しがあれば、支払いを多少でも残すのが良いですが
ほとんどの会社は、全額支払いしないと鍵をくれません。

100%でない状態で引き渡しを受ける場合は、残工事は何があり、
何時までにやるかを書面に残しましょう。

社長自身が現場監督というケースは特に注意したいです。

 

寄り道

久しぶりに検査から戻る途中、寄り道をしました。

普段は移動時間においても余裕を入れずスケジュールを組むため、
食事や休憩時間が無くなることも良くあります。

早く事務所に戻り、書類を片づけようと思っていましたが、
ふらっと寄り道しました。

場所は、世界遺産「白川郷合掌造り集落」
インターチェンジから近く、寄り道には適しています。

約10年ぶりに訪れた観光地の変貌に驚きました。
外国人に人気が出て、非常に混み合っていました。

7,8割、いや9割は外国人。近くに人気の高山市がありますが、
ここまで外国人だらけだと思いませんでした。

また、白山スーパー林道が、白山白川郷ホワイトロードに
名称変更されているのも知りませんでした。

伝統的な建築物は、どの国へ行っても人気の観光スポットとなる。
合掌造りも保存が大変なようですが、観光客が増え、注目されることで
これからも景観を保てると思います。

白川郷は名古屋から200KM弱の距離。東海北陸道、白川郷IC降りてすぐです。
電車は通ってなく、車かバスで行くしかありません。
冬場は雪が多く降るので、運転に自信がない方は行きにくい場所です。

 

 

 

 

契約より性能がダウン

耐震等級3で契約。完成した家は耐震等級1。
(3が耐震最高等級)

業者の言い分は、
「こういた変更は業界では当たり前。
基準法はクリアしているし、問題ない」

何か不備が起きたとき、「業界の常識」だと言って逃げるケースが目立つ。
話の流れによっては信じ込んでしまう方もいる。

請負契約で契約内容通りでない施工は業界の常識ではない。
また、設計者が勝手に変更ができる範囲はそれほど広くない。
図面どおり施工するのが請負業者の義務だ。

ずさんな業者がいる一方で、真面目な業者もたくさんいる。
業者を選ぶ際に、きちんと見際めることが必要です。

 

再放送決定

5月に放送されたNHK「ど~なった!? あのジケン」
好評につき、再放送が決まりました。

8/3(木)1:50~2:25

耐震偽装事件の当事者が出演。(私は当事者ではありません)
予想外の内容に驚きました。

建築関係者にぜひ見ていただきたいです。

 

事例1039 「排水管逆勾配」

今週末から、遠出が多くなります。
新築検査に余裕があるため、愛知にいる日が少なくても問題ありません。

名古屋は暑いので、この時期、出張していた方がいいです。

 

■(1)今回の事例______________

「排水管逆勾配」
_______________________

◆写真解説

洗濯排水管の勾配が逆。
今までの検査データから洗濯、キッチン排水に逆勾配が多い。

 

◆内容説明

排水管勾配が反対。
解説に書いたように、洗濯やキッチンの配管に多く見られる。

複数の水道屋さんに話を聞けば、理由がわかると思う。

配管勾配は管径65mm以下は1/50。
75,100mmは1/100が最小勾配。

納まり的に勾配が規定を下回るケースもあるが、逆勾配は容認できない。

 

◆対策

完成時に配管勾配を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

工事現場の長時間労働が問題視されています。

この業界も、昔から労働時間が長い。
私も入社1年目は、毎晩1時ころまで仕事していた。
週に2回くらいは、その時間から飲みに付き合わされて、非常にハードだった記憶しかない。
また、資材が盗まれないように、現場で寝ていたこともある。

現在、現場所長など責任者が私と同年代だと思う。
長時間労働を当たり前に経験しているため、それがおかしいと思わないかもしれない。

時代が労働時間短縮に向かう中、建築現場がどう対応するのか
以前から気になっていました。

住宅メーカーなど見ていると、仕事に支障が出ても、
強制的に残業をやめ、休みを取っている感じを受けます。

根本的に何かを変えていかないと、どこかにしわ寄せが来ると予想します。

ロボットや人工知能などによる改革が必要な業界だと思います。

 

設計事務所の愚痴

設計事務所を個人でやっている建築士が、人気のある工務店の現場を見て
「図面の種類が少ない、図面の内容が薄い、設計者の能力が低い」など
検査と直接的に関係がないことを書類に書いていた。

設計事務所の看板を掲げる限り、設計に力を入れる。
一方、規格住宅の会社は、コストを抑えるため、設計は最小限しか行わない。

設計事務所から見れば、手抜きだと思うが、それが一般的には多いし、
問題になっているわけでもない。
施主は、コストダウンという恩恵を受ける。

木造2階建ての構造審査省略の廃止(4号特例廃止)が実施されないのは、
廃止になると設計の手間が増え混乱するビルダー、メーカーの力が強いからだと思う。

そう考えると、いくら図面が少ないなどと批判したところで、何も変わらない。

住宅では、圧倒的に設計事務所に依頼する率が低い。
この人も売れてないから、副業で検査の仕事もやっていると思われる。
売れている会社を嫉み、書類で批判することに喜びを感じているくらいなら、
もっと宣伝するなど、設計事務所のアピールをしたらどうかと思う。

以前、ある建築家の人と会食した時、こんなことを言っていました。
「なぜ、俺の才能が世間に知れ渡らないのか」

どんな宣伝をしているか、聞いてみると
ホームページだけで、フェイスブックなどの広告には一切費用をかけない。
また、自分の信念で賞にはエントリーしない。(落選すると名誉が傷つく)

こんなタイプの方が多いので、探す方も大変です。

 

 

ホルムアルデヒド濃度

気温が高くなって、ホルムアルデヒドの濃度が高い数字を示します。
特にキッチン内は良く反応します。

冬場は0.00ppmの家がほとんど。この時期、気温が上がると反応し出します。
他の物質も濃度が上がっている可能性もある。

体に異変がなければ、気にすることはありませんが、
頭が痛くなるなどの症状が出る場合、軽微な量で体が反応しているかもしれません。

対策として、エアコンで室温を下げる。
窓を開けて風を通す。
対策材料を使う。
(24H換気は当然、稼働)

対策材料の例、
工事前なら、吉野石膏「ハイクリンボード」
http://yoshino-gypsum.com/haikurin/product/regular.html#haikurin01
すでに完成していれば、ホルムアルデヒド吸着・分解シート 家庭用
http://amzn.asia/grYkWTq

ちょっとしたもので対策ができます。

 

施工者の義務

紛争中の事件において、基準法などに抵触しない瑕疵については、
「施工上の義務に違反していない」と主張されることがある。

施工上の義務とは何か?明快にするのは、はっきり言って難しい。

不具合があって建物の使用上支障がある。建物耐久性に影響がある。
将来的に危険な状態になる可能がある事項においても逃げてくるケースは多い。

また、裁判でも逃げきれてしまうケースもある。
業者選びや施工中のチェックが重要です。

 

 

 

事例1038 「けた行き筋交い未固定」

一昨日の夕方から、急な検査、長い打ち合わせ、
予定時間を大幅にオーバーする検査など、
食事をする暇もないくらいバタバタしていました。
何とか、複数の締め切りごとも予定どおり完了。

今日は、新幹線移動など、移動時間が長いです。

 

■(1)今回の事例______________

「けた行き筋交い未固定」
_______________________

◆写真解説

小屋裏の変形を防ぐ、けた行き筋交い。
小屋束への釘打ちが未施工。打ち忘れ箇所が多いと構造的な影響が出る。

 

◆内容説明

1,2箇所程度では大きな問題にはならないが、ほぼ全体で打ち忘れていたり、
留めつける釘が小さなケースがある。

全体を打ち忘れているケースは、躯体組み立て時に仮止め。
その後、全体の固定を忘れる。

構造検査時に確認できる箇所。
ただし、釘頭は2階床から見上げる場合、見にくいため、見落としやすい。

正しい施工は、N50 2本平打ちする。

 

◆対策

目を凝らば、2階からでも確認できる。
構造検査時にチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

先週、高校の先生と話をする機会がありました。
大学の工学部の受験話になり、今は機械、建築系が難しく、電気工学はその下のランクらしい。

私の時代は、今と正反対。電気工学系に入るのが圧倒的に難しかったし、
電気工学科の学生は、勉強ができるレベルが違った印象があります。

建築業界、職人や現場監督は人気がない反面、大学は人気。
何となく、理由は分かります。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る