ブログ

事例1127 「床下断熱材、カットが雑」

明日と明後日は出張のため、今日は現場予定を詰め込みました。

事務所に戻ってからも忙しいので、移動中に書いています。

 

■(1)今回の事例______________

「床下断熱材、カットが雑」
_______________________

◆写真解説

床下断熱材、切断面が真っすぐでなく隙間が生じている。
現場でのカットが雑。

 

◆内容説明

床下の断熱材。
工場からジャストサイズにカットされてくるケースが多いですが、
現場で大工がカットするケースもある。

カッターナイフで切断した場合、
断熱材が厚いと写真のように曲がりやすい。

丸のこで切ると、粉が飛び散るため、
カッターナイフで切る現場も多いようですが、
真っすぐ切れないのなら、他の方法を選択すべきです。

隙間があれば、断熱材と床合板の間に外気が入る。

 

◆対策

現場でカットしない。床下を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

大手ハウスメーカーと工務店の現場の違いで、大きいと感じる一つに「足場」があります。
その差はかなりあります。

単価自体、大きく違わないと思いますが、安全性は数倍違います。
職人の作業性も違ってきます。

最近、地元工務店の現場で、危険だと思う足場に何件か遭遇しました。
安全性を考えますと、地元工務店の足場も大手並みに近づいて欲しいと思います。

まだまだ現場で怪我をせずバリバリ動けるように
約1年前から体幹を鍛えております。

お尻も大きくなり、お腹のぜい肉がほとんど無くなりました。

 

 

人手不足

建築現場の人手不足が深刻です。
住宅よりビル関係の方がかなり不足している感じを受けます。

人が足らないため、高齢者に頼っている面もある。
それ自体は悪いことではありませんが、
高齢者の職人さん(特に大工さん)を見て思うことは、現場が汚い。
道具が古いことが多い。

引退間際なので道具に投資しないでしょうし、
若い時は現場が汚くて当たり前だったので、少々汚くても気にならない。

高齢者の職人さんたちも、いつまでも仕事できるわけではありません。
最終的には外国人に頼るしかないと思います。

 

 

 

 

セミナーの件

3月5日(火) 建築・建材展でのセミナー(東京ビックサイト)

主催者側から、一般の方の入場も多いと予想されるため
一般の方にも分かるように資料を作って欲しいと依頼がありました。

大きなイベントでのセミナーの場合、
パワーポイントなどの資料の締め切りはかなり前。

過去のセミナー資料を編集するつもりだったため、焦りを感じます。

募集ページは以下です。入場は無料、ただし、事前予約が必要です。
https://messe.nikkei.co.jp/ac/seminar/#seminar_138760

主催が日経新聞社でお堅いセミナーのイメージがありますが、
業界の裏話など、たくさん雑談も入れる予定です。
一人で80分しゃべります。

 

 

紛争解決の打ち合わせ

このところ裁判や紛争解決の打ち合わせが多いです。
今日も16時から3時間、紛争解決の打ち合わせでした。

裁判を回避できたとしても、簡単に解決する事案は少ないです。
一昨日、打ち合わせした物件は、役所も絡んでいて複雑な問題です。

今月もすでにたくさんの瑕疵検査依頼を頂いております。
欠陥住宅問題は、増えているのかもしれません。

 

 

 

事例1126 「断熱材、表裏反対」

今月は移動が多かった。
おそらく過去最高の出張回数だったと思います。

2月もやや多めですが、1月の2/3くらい。

今日も、朝早い新幹線で現場へ。
夕方は早めに戻ってきました。

 

■(1)今回の事例______________

「断熱材、表裏反対」
_______________________

◆写真解説

壁断熱材(ロックウール)が、裏表反対に施工されている。
湿気を抜く穴があいている方を外壁側に向ける。

 

◆内容説明

防湿材付きのグラスウールやロックウール。
両面ビニールに覆われているが、室内側は防湿。
外壁側は透湿のための孔があいている。

(壁内に水蒸気が入れないため、室内側は防湿。
壁内に入ってしまった水蒸気を外壁側へ抜けるように裏側は孔があいている)

大工や現場監督なら、知っておくべきこと。
何も気にせず、勉強もせず仕事しているのでしょう。

 

◆対策

断熱材施工時に現場をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

事務所近くの病院。
最近、駐車場が常に満車。インフルエンザの影響でしょうか。

周囲に結構、インフルエンザにかかった人が多いですが、
私は今のところ大丈夫です。

来週も予定が埋まっているため、風邪をひかないように気を付けたいと思います。

 

ダメ大工

現場に行った際、職人から嫌がられているか雰囲気で分かります。
昨日、伺った現場は、大工(40代)に挨拶をしても無視。
愛想がない大工だと思っていたら、向こうから喧嘩を売ってきた。

検査を嫌う職人は、自分の仕事に自信がない。
自信がないから、検査員を脅し、指摘を言わせないようにする。

よほどひどくない限り、売られた喧嘩を買うようなことはしません。
検査をして内容が悪ければ、きつく叱ってやろうと思います。

案の定、検査の結果、ダメな箇所だらけ。
しっかりダメ出しをして、黙らせました。

 

商品の本当の性能が分かりにくい

特急列車に1時間半+新幹線3時間半。
電車旅で名古屋に戻るところです。

先週、大手ハウスメーカー新社長のインタビュー記事を読みました。
記事を読んだ感想は、自社商品のポジションを分かっていない。
同業他社、地元工務店より性能が劣るのに自社がNO1だと思っている。

この会社に限った話ではないです。どこも同じだと思います。

車は多くの専門家が試乗レポートを公開します。
私も車を買い替える際は、試乗レポートを読み漁ります。
カタログ数字を見るよりは、実際のことが分かりやすい。
住宅の場合は、専門家が実際に住んでレポートすることはなく、
カタログや営業マンからの説明を鵜呑みにするしかありません。

性能の比較がもっと活発になれば、家の性能も飛躍的に上がるでしょう。
その反面、商品開発費が膨大にかかるため、価格上昇や潰れる会社も増えるかもしれません。

消費者にとっては選びやすくなりますが、
業界にとっては今のままの方が良いかもしれません。

 

 

 

 

不人気な仕事

雑誌で得た情報。
国土交通省によると、建築士事務所に所属する一級建築士約14万人のうち
60代以上がなんと約4割!30代以下は約1割らしい。

この数字は建築士会を見れば納得できます。若い人がいない。
また、受験者数もここ10年ほどで約4割も減っているようです。
(合格率は同じなので、受かりやすくはなっていません)

若い人にそこまで人気がないとは知りませんでした。

大学などの建築学科の学生数は減っている訳ではありません。
設計の仕事などは憧れの対象になりそうですが、
労働時間が長いのが敬遠される原因かもしれません。

 

 

 

 

 

事例1125 「断熱材が薄い」

今日は遠方へ新築検査。
行きは朝6時台の新幹線。帰りは15時頃名古屋駅に戻りました。

弁護士との打ち合わせまでに時間があったため、
名古屋市丸の内付近で時間を潰そうとしましたが、
意外と喫茶店がなく、探すのに15分くらい歩き回りました。

 

■(1)今回の事例______________

「断熱材が薄い」
_______________________

◆写真解説

天井断熱材が薄い。図面では100mm、2重敷き。現場は75mm、2重敷き。

 

◆内容説明

設計より薄い断熱材が施工された。
断熱材は普段、目につかないため、ごまかされても気づきにくい。

グラスウールやロックウールの厚さや密度は
表示がないものが多く、見ただけでははっきり分からない。

厚さでは90mmと100mm、
密度では10Kと16Kなどの区別がつきにくい。

裏側のビニールの色で区分してある材料もあるが、
色分けよりも各材料の防湿材などに数字を記載して欲しい。

 

◆対策

材料が現場に入った時点で確認するとともに
施工後、見えなくなる前にチェックをする。

 

==============================

■(2)編集後記

今月は忙しく、スケジュールが一杯の日が続きました。
未だ月末までこの状態が続きますが、来月に入ると、
忙しさもようやく、ひと段落しそうです。

 

 

現場監督

私が現場に出て感じていること。
若手の現場監督さんで仕事ができる人が少ない。

時代的な仕事環境の変化や学生で現場を希望する人が
激減している影響もあるかもしれません。

現場監督を置かなくても現場がまわっている会社もあります。
商品を規格化していけば、監督がいなくても問題はないでしょう。

人手不足の問題、IT化などの流れに沿って
現場管理がどう変わっていくか興味があります。

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る