ブログ

外壁の寿命

サイディングの不具合を連続で見てきました。
(写真はまた紹介できると思います)

結構、釘穴や継ぎ目から内側(通気層)に水が入っています。
内側の防水紙も釘やタッカーを大量に打つため、そこから雨が入り、室内へ漏水する。

サイディングと下地の防水紙の2重防水構造は、それぞれが100%防水でなく、
2つ合わせて、100%に近づけていると考えたほうが良いでしょう。

年数が経過するほど、サイディングが動き、漏水しやすくなる。
対策としては、塗装をして水の侵入口を塞ぐしかありません。

今回、複数の現場を見て、塗り替えサイクルは、早めが良いと改めて思いました。

 

保証逃れ

下の写真は、雨漏りで天井クロスがはがれた。

とにかく一度見に来て欲しいと依頼を受け、確認に行きました。
原因は、外壁のシーリング切れ。
ほとんど全ての外壁でシーリングが切れていた。

外壁はALC。防水はこのALCだけのため、シーリングが切れれば、即雨漏りにつながる。

話を聞くと、築1年目から雨漏りが発生。
施工者は、シーリングを打ち替えせず、切れた箇所を埋める補修を雨漏りのたびに行ってきた。
簡易な補修のため、補修箇所は再度、切れる。
切れて雨漏りすれば、再補修を繰り返した。

10年過ぎた途端、補修は有償だと言い出し、
全面やり替え500万円の見積もりを出してきたらしい。
(家自体も3階建てで大きい)

そもそもシーリング切れは接着不良が原因。
プライマーの施工不備か、濡れた目地にシーリングを施工したと思われる。

原因が新築時の施工不備であるため、初期に全面やり替えを施工者負担ですべきであった。

保証期間中は、補修で時間を稼ぎ、保証が切れたら責任逃れをする。
会社ぐるみでなく、担当者の判断で行っていると思われる。
大きな補修費を使うと、上から叱られるためでしょう。

外壁全てのシーリングが切れているため、養生のやりようがない。
今晩も雨漏りで、家の中が水浸しになるでしょう。

当然、このまま放置することはありません。
施工者あてに是正を要求する書類を送りつけます。

施工者、特に親会社はかなり有名な会社。
ヒント:鉄骨メーカー、親会社は世界的に有名、自動車でない・・

 

 

工務店の倒産

今週は毎日、近場の出張が続きます。
距離にして150から200km。
昨日、今日は西。明日は東、明後日は北へ。

このところ、工務店の倒産のニュースをよく目にする。
昨日は、名古屋の欧倫ホームの倒産を知りました。
監督さんを何人か知っているため、残念に思います。

住宅業界は、人出不足のため、忙しく感じますが、
住宅着工数は減少傾向にある。

受注を拡大する会社がある反面、仕事を減らす会社がある。
欧倫ホームも受注が減っていたようです。

今後、倒産する業者は増加傾向にあると予想します。
これから建てる方は、経営状態の見極めも大事になるかもしれません。

 

事例1084 「防水紙の劣化」

今日は、午前午後共、雨漏りに関する仕事。

午後からの現場は明らかな施工不備を発見。
大手ハウスメーカーに責任追及する書類を送りつける予定です。

 

■(1)今回の事例______________

「防水紙の劣化」
_______________________

◆写真解説

外壁防水紙の劣化。メッシュだけが残り、水を通す。

 

◆内容説明

メッシュ以外の部分が取れてしまう現象。
当然、水が通ってしまい、防水紙の役割を果たさない。

 

外壁をめくる機会は度々ある。
前からあるメーカーの防水紙がこのようになるのを何度か見ています。

過去、メーカーに見解を求めたが、想定内というような回答が来た。
現在は商品改良されていると思われる。

目に見える箇所でないため、気づくケースが少なく、業界内で問題になっていません。

 

◆対策

防水紙の選択をする。
信頼できる商品を選ぶ。

 

==============================

■(2)編集後記

建材不良は、いろいろ多発しております。

特に新しい商品は注意が必要です。
想定外の不具合が出ることが多いです。

車と違い、リコール制度はありません。
見捨てられる可能性が高いので、新商品を選択する際は、十分気を付けてください。

 

断熱材メーカーの検査

現場で、アクアフォームの検査員の人に初めて会った。
私の予定に合わせて、監督さんが呼んでくれたようです。

近年、アクアフォームを採用する会社が増えています。
聞くところによると、他社に比べ、値段の安さが売りのようです。

過去、いろいろ不具合なども出て、安かろう、悪かろうのイメージでしたが、
品質向上に力を入れ出したようです。
「安くて良い」なれば、もっとシェアを伸ばすでしょう。

今回1時間半ほどかけて、検査員の人が、検査、補修を行いました。
もちろん、私も一緒に検査し、補修を確認しました。
ここまできっちり行えば、完璧です。

ただし、現状、全現場、検査対応しているようではないそうです。
検査員の人員も限られますので、来てもらった現場はラッキーです。

 

是正確認

瑕疵検査のあとの是正確認。
現場に行くと、費用がかかることから、写真確認で済ますことも多い。
それでも依頼を受ければ、遠方でも確認に行きます。

最近、確認に行った現場は、全て写真もきちんと提出されていました。
しかし、確認に行くと、施工忘れや不十分な個所を再指摘した。

是正を大勢の職人で行ったり、確認を監督一人が行うと、忘れや不備が出やすい。

写真で十分確認できるもの以外は、実際に再確認したほうが良いと思います。

 

 

 

事例1083 「野地板の結露」

ようやく年度末のバタバタがひと段落しました。

手つかずだった書類などの処理に追われています。

 

■(1)今回の事例______________

「野地板の腐朽」
_______________________

◆写真解説

屋根下地合板の腐朽。屋根断熱の家。
この下にある通気層に出口がなく、湿気がこもり、結露を起こした。

 

◆内容説明

省エネ化が進み、屋根断熱の比率が高くなっている。

屋根断熱にする場合、断熱材の外側に通気層を取るのが一般的。
理由は、断熱材を通過した水蒸気を逃がすため。

通気層の施工は壁でも一般的に施工されるが、
通気の入口、出口を気にしない職人が多い。
通気層のスペースだけあればOKだと思い込んでいる。

通気層内の暖かい空気は下から上へ移動する。水蒸気も同じ。
上面で抜ける箇所が無ければ、水蒸気は溜まる一方で、飽和すると結露を起こす。

今回紹介した例も、通気層の施工はあるが、隅棟部で出口がない。
空気が抜けないため、水蒸気がたまり、野地板が結露した。

 

◆対策

通気層は、空気の出入口を確保する。

 

==============================

■(2)編集後記

今回紹介した例は、最近多い。来週からもう1件、屋根をやり替える現場があります。

工法が変わっていく過程で、不具合は出やすいです。

 

気分転換

年間、車での移動距離は約5万キロ。
プラス、飛行機や新幹線移動も多いです。

普段、移動に飽きているため、移動手段で唯一、気分転換になるのはバイク。
今日のような天気で、裁判など道具が要らない用事の時は、
バイクで移動することもあります。

10代の時、車の免許より先にバイクの中型免許を取得。
当時、大型の免許(400cc以上)は、自動車学校では取れず、試験場の一発試験。
試験はかなり厳しく、1%くらいの合格率だったと思います。
練習場に通い、元白バイ隊員の特訓を受け、何とか3回目で限定解除に合格。
苦労して大型免許を取得したので、未だにバイクに乗り続けています。

帰り道、バイクの気温計は28℃。
普段150KMくらいは休憩なしで走りますが、のどが異常に乾いたため、サービスエリアで休憩。

水分を補給し、帰ろうとしたとき、2台のドゥカティが隣に止まった。
ライダーを見てびっくり、芸人の千原せいじさんでした。

今月は、長野の裁判所へ行く用事もあります。
アップダウンの多い中央道は、パワーに余裕があるバイクが楽。
天気が良ければ、またバイク移動しようと思います。

床下の埃

今日、現場で床下に入る際、大工さんからマスクが大げさだと言われました。

床下に入る時に付けるマスクは「防塵マスク」
見た目は確かに大げさに見えます。

私が防塵マスクを付ける理由は、息苦しくないこと。
普通のマスクでは、動いて息が荒くなると酸欠気味になり、頭が痛くなります。
長いと1時間くらい入っているので、呼吸が楽な防塵マスクは必需品です。

床下は結構、埃だらけ。移動の際に埃がたくさん舞います。
通気がある基礎では、風でも埃が舞います。
埃は主にセメントの粉、木くずなど。特にセメントは吸い込むと体に悪そうです。
スポットライトを当てると、埃が大量に舞っているのが分かります。

小屋裏も結構、埃が多いです。
梁の上に溜まった埃が、歩くことで舞います。

 

メンテナンス費用

躯体が腐朽しているにも関わらず、費用がなく、修理できない事例があります。
保証期間は切れていて、施工者からは、劣化を放置したのが原因と言われてしまう。

家を売ろうにも、重大な瑕疵があれば、家の査定はゼロどころか、
解体費用まで請求される恐れがある。

 

将来のメンテナンス費用で大きなものは、外装の改修。

昔に比べ、屋根も外壁も長寿命化していますが、
施工不備などによって、案外早くダメになる例も多いです。

特に注意しなければならないのが、保証が切れたあと。
お金がないからと、メンテを先送りにすれば、家の腐朽が早まります。

分譲マンションの修繕積立金も、築年数が古くなればなるほど
値上がりして行くように、修繕にかかる費用は増え続けます。
また、天災が起きる確率も高まっています。

家を買うときに、家の予算を下げて、修繕費用を残しておくか
強制的に毎月、積み立てることをお勧めします。

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る