ブログ

暑中コンクリート

お盆休み前で現場予定が埋まっております。
明日もスケジュールがきついです。

このところ基礎の検査が多い。
配筋検査時に生コン工場へ発注する強度(呼び強度)の聞き取りをします。

寒い時期に呼び強度を高めるのはよく知られています。
住宅の現場ではあまり知られていませんが、
暑い時期も、寒い時期同様、呼び強度を高める必要があります。

理由は、長期材齢の強度の増進が小さい。簡単に言うと、
あとあとの強度が気温の影響で上がりにくい。

建築学会やフラット35の基準では、住宅は監督が常駐しないため、
1年中、同じ呼び強度にすることになっています。
(一番寒い時に合わせ、設計強度+6N/mm2)

この基準もあまり知られていません。
夏だから、呼び強度を上げなくてよいという認識の基礎屋さんが大半です。

強度は高い方が良いですが、夏場は呼び強度を上げすぎると、
逆に打設時のコンクリート温度が高くなり、不具合が出る恐れもあります。
(セメントが増える分、熱量も増える)

きちんと管理をするのが難しい住宅の現場では、
夏場の呼び強度を必要以上に上げないほうがよいです。

そのあたりは、検査時に確認しております。

 

事例1103 「壁断熱材、施工忘れ」

今日は、まるはちの日。
名古屋市が制定した記念日です。
なぜ今日なのか。市章が〇に八の字だからです。

今日は1日、名古屋市内の現場。
どこかで関連のイベントがあった訳でもありません。

 

■(1)今回の事例______________

「壁断熱材、施工忘れ」
_______________________

◆写真解説

壁断熱材が一部未施工(写真の黄色の箇所)。
断熱材がないため、屋外の熱が直に室内側の壁に伝わる。

 

◆内容説明

先回に続き、赤外線サーモグラフィーカメラで
断熱材の抜けを発見した例。

家の形が複雑な場合、施工忘れが起きやすい。
今回の例、壁の裏側は、屋根が交わっている。

大工のうっかりミスが原因。

 

◆対策

石膏ボードを張る前に断熱材をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

今週から、高速道路がかなり混雑しています。
普段の平日にはない、車の量です。

週末、出張がありますが、車の場合、時間が読めないため、新幹線で伺います。

お盆期間中、渋滞がひどい一宮IC,四日市ICを通るルートの現場予定は組んでおりません。

四日市~鈴鹿の渋滞は、現在新名神の延長工事中。
これが完成すれば、渋滞は激減します。

一宮ICは拡張の予定なし。
一宮JCに出口を設けるようですが、渋滞解消になるか疑問です。

新築検査

今日1日の車での移動距離は約450KM。
片道なら水戸や前橋あたりへ行ける距離です。

3件の新築検査をこなしました。
3件とも方角がバラバラのため、距離が延びました。

移動に費やした時間は、高速道路が多かったため、約6時間くらい。
朝早く出発し、夕方遅くに戻るパターンです。

こんな強行なスケジュールになるのは、現場や担当者の都合。
どうしても今日しかダメと言う条件が揃いました。

工程に余裕がない現場が目立ちます。
納期に間に合わせるため、決算のため、集金を早めるため、理由はいろいろです。

 

 

夏場の結露

この時期、結露調査に行くことが多い。

今日、伺った家は、最上階の天井で結露を起こしていた。
天井には気密シートの施工があるため、結露水は気密シートの端部、
天井の壁際から室内に出てきていた。

施主さんが、施工業者に、天井から水が垂れてくるという苦情を入れたところ、
現場を見に来た、担当者はいろいろ調べたあと、
「天ぷら油の垂れです。生活の仕方に問題があるから、壁の補修は、自己負担です」
と言ったようです。後日、出てきた見積もりは120万円。

この件のあと、私に依頼がありました。

現場を確認すると、結露水が合板を通っているため、水が茶色になっているだけ。
それを天ぷら油だと思いこんだようです。

このような、バカげた話はよくあります。
中には信用してしまう人も多くいると思います。
施主自身も家に関する知識を持つことが重要です。

 

 

設計ミスが多い

先月は、大きな問題がある家を3件、検査しました。
2件は、相手から訴訟を起こされています。
欠陥住宅を造っておいて、自分から訴える。よくあるパターンです。

1件は、相手が非を認め、修理をしていく予定です。
まだ、あと1件分の書類作成に追われています。

今回の3件に共通することは、設計、監理のミスが目立つ。

・希望した冷蔵庫が入らない。
・車庫に小型車しか入らない。
・バリアフリーになっていないなど。
書ききれないくらい、建て主の希望が反映されていない。

原因は、設計担当が、素人だった。
設計している時に予見が出来ない。現物が出来て、ミスに気付く。

設計事務所の代表者が細部を能力がないスタッフ、下請けに投げるパターンも多い。
売れてる設計事務所で良くあるパターン。
所長の能力は高いけど、担当は、学生のインターン。

建築家と名乗る人は、たくさんおります。
任せて大丈夫な方なのか、しっかり見極めることが重要です。

 

 

猛暑

今日は名古屋におります。

ついに今日、名古屋で気温40度を突破したようです。
観測史上初。
午後からの基礎の検査は炎天下で実施。とても暑かったです。

昨日、出張帰りの名古屋駅、新幹線乗り場で、警察が通行制限をしていました。
誰が来るのかと思っていたら、皇太子さまでした。
多くの人が足止めされ、ごった返している中、
比較的近くで、お姿を拝することができました。

出張が続くと、仕事や疲れが溜まりますが、
珍しいことにも遭遇できたりするので、悪くもありません。

名古屋が暑いので、涼しいところへ呼ばれたいです。

 

事例1102 「天井断熱材、施工忘れ」

猛烈に暑い日が続きます。

昨日は屋根の上に2時間半ほどいましたが、
体が慣れてきたせいもあり、体の調子が悪くなることはありませんでした。

今日からも暑い日が続きます。
外へ出たくありませんが、
来週にかけて、現場予定がたくさん入っています。

 

■(1)今回の事例______________

「天井断熱材、施工忘れ」
_______________________

◆写真解説

天井断熱材の一部施工忘れ(黄色の箇所)。
天井面の温度が高く、部屋が暑い原因となる。

 

◆内容説明

設計だけ断熱仕様を高めても、施工がいい加減であれば意味がない。
このところ、壁や天井の断熱材抜けを多く発見しています。

完成後であっても、赤外線サーモグラフィーカメラを使えば、
断熱材の抜けは、壁などを壊さなくても確認できます。

今回の写真は、部分的に天井断熱材が未施工。
故意的というよりは、大工のうっかりミスが原因だと思います。

 

◆対策

石膏ボードを張る前に断熱材をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

最近、結露、雨漏りの調査依頼が多いです。
この2つは、室内へ出る症状が似ているため、判断が難しいケースがあります。

結露は、起きる時期が限定されます。
大きく分けると、夏か冬。
細かいことを言えば、春や秋でも条件や場所によっては発生する。

雨漏りは、6月から9月頃が多い。
(昨年は秋に台風が来たため、その時の雨漏りも多かった)

原因を突き止めるには、データ取りをしていくと、分かりやすいです。

 

 

 

現場監督への愚痴

このところ週に2日は出張。
今週は、明日と明後日。明日は始発の電車で出発です。

先日、検査に行った現場で、大工さんが現場監督のことをひどく怒っていた。
よく見かける風景。現場監督に不満を持っている職人は多い。

検査で多くの現場監督を見てきた。
1回会えば、出来る監督か、そうでないか分かります。

今回、大工さんが怒っていた監督は、基礎の時からダメ監督だと思っていました。
大工さんがイラつく気持ちが、理解できます。

職人は、段取りの悪い監督を嫌います。
仕事が順調良く進まず、収入が減るからです。

段取りの良さ=もともと要領が良いなど、
現場監督は、性格的に向き不向きがあると思います。

私が最初に勤めたハウスメーカーは、段取りにミスが続くと、
監督の職を外され、内勤業務にまわされていました。
努力だけでは、段取りが良くならないという判断からだったと思います。

今は、現場監督が不足しているというか、やりたい人がいない。
代わりがいないため、嫌なら会社を辞めるしかない。

 

 

 

事例1101 「基礎スラブの水」

過密なスケジュールが続いています。

この時期、夏休みを取る方も多いと思いますが、
普段の休みも取れない状況です。

あと1週間ほどすれば、落ち着いてくると思います。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎スラブの水」
_______________________

◆写真解説

基礎スラブの水たまり。夏場に多くみられる。
原因は結露、雨水浸入等。

 

◆内容説明

春先やこの時期。猛烈に外気が湿気ることがあります。
湿度が100%近いと、少でも温度の低いものに触れれば結露を起こします。

コンクリートが冷えている状態で、湿気た空気が入ってくると
結露を起こしやすい。

また、この時期は雨が多く、地下水位も高くなる。
基礎の打ち継ぎや隙間から雨が入りやすい。

どちらの原因であっても、床下に水が溜まれば、床下が湿気る。
金具が錆びたり、木にカビの胞子が付いたりする。

改善するには、原因特定が重要。
作業として、現場の状況確認、数日間以上のデータ取りを行います。

 

◆対策

基礎内の風通しを良くする。
雨水が入らないように、打ち継ぎ部の防水を行うなど。

定期的に点検し、水が無いか確かめる。

 

==============================

■(2)編集後記

最近、毎月5枚の写真更新を心がけています。

今月は多忙なため、無理かと思いましたが、
何とか月末ぎりぎりで5枚目を載せることが出来ました。

今月は、大きな瑕疵をいくつか見つけております。
来月から順番に公開していきます。

瑕疵対応の良し悪し

6時前に事務所を出て、現場に向かう新幹線の中です。
この時期、お盆を避けて休みを取る人も多く、空港や駅は混んでいます。

紛争になったケースで、社員と修理の約束を交わしたにも関わらず、
あとになり、社長が出てきて、対応を拒否するケースが非常に多い。

何かあった時の対応の良し悪しは、経営者次第。
いくら営業担当がいい人でも、経営者の指示に逆らえません。

経営トップの人柄も業者選びのポイントです。

ホームページに良いことが書いてあっても、裏は真逆の人だったりします。
大手含め、そのあたりの情報は良く知っている方だと思います。

有料の面談などでは、知っていることをお話しします。

 

 

 

 

 

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る