欠陥工事写真集

  • 570、写真ではわかりにくいが、小屋束が乾燥により真っ二つに割れている。無垢の木にヒビは付きものですが、貫通割れはNG。 平成24年10月19日

  • 569、気密シート端部の処理がなく、隙間だらけ。これでは所定の気密が確保されない。気密テープなどで密着させる必要がある。 平成24年10月16日

  • 568、ベタ基礎外周部、鉄筋が露出している。かぶりが全くなく、基準法違反。 平成24年10月12日

  • 567、表しの火打ち梁に穴を開け、電線を通し照明器具を付けた。水平方向の変形を防ぐ構造材、耐力が落ちる穴をあけてはいけない。 平成24年10月9日

  • 566、ユニットバス点検口から外壁をチェック。換気扇開口まわりに防水テープの施工がない。シーリングが切れるなどすれば雨漏りする。 平成24年10月5日

  • 565、浴室の水漏れ。ユニットバスでないお風呂の排水が基礎内へ漏れている。不衛生であり、床下が湿気る影響もある。 平成24年10月2日

  • 564、金物が間違って付いている。L字の長いほうが柱に付くのが正解。(ビスから端までの距離が短いと、大きな引き抜き力がかかった場合、木が裂けやすい) 平成24年9月28日

  • 563、2×4縦枠(柱)の切断。換気扇開口を開けるために切断した。荷重支えると共に水平耐力を受け持つ部材、大きな切り欠きはNGです。 平成24年9月25日

  • 562、シーリング幅のごまかし。表面上基準どおりの赤色の幅(約10mm)に見えるが、実際は青色(約2mm)の幅。 平成24年9月21日

  • 561、住宅用火災警報器、壁からの位置が近い。基準では60CM以上離すところ、10CMしか離れていない。 平成24年9月18日

  • 560、天井断熱材の隙間。高性能グラスウールは防湿気密フィルムがぶ厚い。そのためよく見ないと断熱材の隙間に気づかない。 平成24年9月14日

  • 559、ダウンライトの開口により天井下地が切断され、補強などがされていない。ケースによっては天井が下がる恐れもある。 平成24年9月11日

  • 558、事例556のような筋交い端部の固定金物がない。建築基準法違反。故意ではなく計2ヶ所付け忘れたようです。 平成24年9月7日

  • 557、梁中央部の下が破損している。組立時に何かに当たり破損したようです。この部分は特に大きな力がかるため、切り欠きなどがあってはいけない。 平成24年9月4日

  • 556、筋交い金物ビス打ち忘れ。仮止めしておいて、あとから施工するつもりが、1ヶ所だけ忘れてしまった。 平成24年8月31日

  • 555、基礎の生コン伝票。呼び強度24N/mm2以上必要なところ、25%低い18で打設してしまった。 平成24年8月28日

  • 554、雨漏りによる屋根部の腐朽。勾配天井+屋根断熱の仕様のため、雨漏りしたあと木が乾きにくく腐朽が進行した。 平成24年8月24日

  • 553、ベタ基礎スラブ筋、かぶり不足。規定の6CMに対し2CMしかない。 平成24年8月21日

  • 552、筋交いの割れ。裏側にある金物のビス施工により割れた。これでは金物による固定が充分ではない。 平成24年8月17日

  • 551、建物完成時、すでにシーリングが切れている。施工不良が原因と思われ、再施工が必要。 平成24年8月10日

  • 550、ホールダウン金物、ビス2本不足。施工途中に電話がかかってきて作業中断。そのまま忘れてしまったらしい。 平成24年8月7日

  • 549、排水ますの破損。車庫施工時に割れたと思われる。よくある事例ですが、蓋を開けることはほとんどなく、気づく人は少ない。 平成24年8月3日

  • 548、モルタル外壁内部の雨漏り。仕上げをめくると、合板が腐り、金物が錆びていた。構造部分の修理も必要です。 平成24年7月31日

  • 547、基礎の高さ不足。長期優良住宅、フラット35は40CM、その他は30CM必要。写真は約24CM。 平成24年7月27日

  • 546、1階天井裏、壁断熱材の欠損。断熱材が梁まで届いていない。 平成24年7月24日

  • 545、ベタ基礎の鉄筋、表面から24mm の位置にある。基準では30mm以上必要で、鉄筋が近いこともあり、先回紹介した沈下ひび割れも発生している。 平成24年7月20日

  • 544、基礎の天端付近で継続的に発生している横方向のひび割れを発見。コンクリートが固まる過程において、主筋の位置で沈下し発生する「沈下ひび割れ」である。 平成24年7月17日

  • 543、間仕切り壁上、図面で指示されている気流止めが未施工。壁内の空気がここから抜けていく。 平成24年7月13日

  • 542、換気扇ダクト、接合部のテープの巻き方が甘く外れた。本来室外へ排気される空気が、この部分から天井裏へ漏れる。 平成24年7月10日

  • 541、かぶり厚不足。掘る範囲を間違い、鉄筋が土にあたり、所定のコンクリート厚が確保できない。 平成24年7月6日

  • 540、ユニットバスの天井上は屋根。必要なはずの断熱材が施工されていない。 平成24年7月3日

  • 539、フローリングの変色。下地合板が雨で濡れ、乾かない状態で上からフローリングを施工した結果、入居後すぐに変色した。 平成24年6月29日

  • 538、ねじ山の出不足。力学的な理由などから、ナットから2山以上出すことが必要。 平成24年6月26日

  • 537、2階床、床鳴りがひどく、調査をしたら、合板施工がない事を発見。床剛性も不足するなど構造的な影響もある。(写真は1階天井裏から2階床断面を鏡で確認) 平成24年6月22日

  • 536、外壁塗厚不足(534と別の現場)。モルタル塗り10mm必要なところ7.5mmの厚さしかない。外壁防火性能違反。 平成24年6月19日

  • 535、外壁のひび割れとカビ付着。先回と同現場。塗厚さ不足などが原因。 平成24年6月15日

  • 534、外壁塗厚不足。20mm必要なところ8mmしか塗られていない。防火性能の確保ができない。 平成24年6月12日

  • 533、外壁からの雨漏りによる土台の腐朽。防水紙を通り越して、壁内まで雨が進入している。 平成24年6月8日

  • 532、電気配線。床下から1階へあがるスペースがなく、構造材の土台を大きく穴あけし通している。力の係り具合によっては土台が破損する。 平成24年6月5日

  • 531、先回に続き床下断熱材の落下。あとから落ちたことがよく分かる写真。 平成24年6月1日

  • 530、床下断熱材の落下。板状の断熱材は固定が悪いと、落ちやすい。 平成24年5月29日

  • 529、筋交いの傷、欠損と、ホールダウン金物のナット、ねじ山の出不足。共に構造的な影響がある不備。 平成24年5月25日

  • 528、基礎の角部、鉄筋がつながっていない。大地震時に破壊しやすい。 平成24年5月22日

  • 527、基礎の連続穴あけ。ここまで連続しているケースは初めて見た。写真524同様、集中した穴あけは耐力低下につながる。 平成24年5月18日

  • 526、壁断熱材の隙間(約10CM)。断熱材は必要な部分に隙間なく施工するのが基本。 平成24年5月15日

  • 525、配管の固定不良。専用固定具を使わずに、残材を敷いただけの固定。大地震時にズレる恐れがある。 平成24年5月11日

  • 524、基礎配管貫通穴の間隔が狭い。耐力低下や矢印部にコンクリートがまわらないなどの弊害が出る。 平成24年5月8日

  • 523、1階床の荷重を受ける、床束の浮き。下部が宙ぶらりんになっていて、役目を果たしていない。 平成24年5月1日

  • 522、べた基礎スラブコンクリートのひび割れ。打設後の押さえを手抜きしたため、コンクリートが沈み、多数のひびが入った。 平成24年4月27日

  • 521、天井の雨漏り。室内へ漏っていないが、断熱材が雨を吸っている状態。 平成24年4月24日

  • 520、屋根裏側の結露。屋根裏空間は換気がなく密閉状態。室内から上がった湿気がこもり結露した。 平成24年4月20日

  • 519、床束の欠落。原因は入忘れ。上部では、床のたわみを感じた。 平成24年4月17日

  • 518、先回同様、鉄骨接合部の不備。丸印部の距離が近く、溶接不良である可能性が高い。 平成24年4月13日

  • 517、上部にあるダイアフラム(赤線部)が下部にはない。 また、交差する梁の下部の位置が15CM以上離れていない。これらの不備は大地震時に梁と柱の接合部を破壊する恐れがある。 平成24年4月10日

  • 516、基礎立ち上がりの鉄筋。位置がずれたため、下部を切断し、正規の位置へ穴を開けて挿していた。見た目はOKですが、構造耐力上の効果はない。 平成24年4月6日

  • 515、クロスの開き。少々のことはよくある事ですが、写真はかなりひどい例。この家は乾燥していない木を構造部や下地に使ったため、各所でこのような開きが出ている。 平成24年4月3日

  • 514、雨漏りで長期間躯体が濡れて、木が腐った。不朽菌による被害が進み、材料を取り替えるか補強をしないと危険な状態。 平成24年3月30日

  • 513、鉄骨プレハブメーカー。床下断熱材のない箇所が各所にある。これでも高断熱を売りにしている。 平成24年3月27日

  • 512、長期優良住宅。玄関土間に外気が入らないように、気密パッキンを施工している。材料不足で、一部通気パッキンが使われている。 平成24年3月23日

  • 511、設置ミスにより、アンカーボルトが柱のほぞ穴の位置にある。座金の押さえが十分ではない。(座金を兼用しているナットを使用) 平成24年3月20日

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る