ブログ

事例1127 「床下断熱材、カットが雑」

明日と明後日は出張のため、今日は現場予定を詰め込みました。

事務所に戻ってからも忙しいので、移動中に書いています。

 

■(1)今回の事例______________

「床下断熱材、カットが雑」
_______________________

◆写真解説

床下断熱材、切断面が真っすぐでなく隙間が生じている。
現場でのカットが雑。

 

◆内容説明

床下の断熱材。
工場からジャストサイズにカットされてくるケースが多いですが、
現場で大工がカットするケースもある。

カッターナイフで切断した場合、
断熱材が厚いと写真のように曲がりやすい。

丸のこで切ると、粉が飛び散るため、
カッターナイフで切る現場も多いようですが、
真っすぐ切れないのなら、他の方法を選択すべきです。

隙間があれば、断熱材と床合板の間に外気が入る。

 

◆対策

現場でカットしない。床下を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

大手ハウスメーカーと工務店の現場の違いで、大きいと感じる一つに「足場」があります。
その差はかなりあります。

単価自体、大きく違わないと思いますが、安全性は数倍違います。
職人の作業性も違ってきます。

最近、地元工務店の現場で、危険だと思う足場に何件か遭遇しました。
安全性を考えますと、地元工務店の足場も大手並みに近づいて欲しいと思います。

まだまだ現場で怪我をせずバリバリ動けるように
約1年前から体幹を鍛えております。

お尻も大きくなり、お腹のぜい肉がほとんど無くなりました。

 

 

事例1126 「断熱材、表裏反対」

今月は移動が多かった。
おそらく過去最高の出張回数だったと思います。

2月もやや多めですが、1月の2/3くらい。

今日も、朝早い新幹線で現場へ。
夕方は早めに戻ってきました。

 

■(1)今回の事例______________

「断熱材、表裏反対」
_______________________

◆写真解説

壁断熱材(ロックウール)が、裏表反対に施工されている。
湿気を抜く穴があいている方を外壁側に向ける。

 

◆内容説明

防湿材付きのグラスウールやロックウール。
両面ビニールに覆われているが、室内側は防湿。
外壁側は透湿のための孔があいている。

(壁内に水蒸気が入れないため、室内側は防湿。
壁内に入ってしまった水蒸気を外壁側へ抜けるように裏側は孔があいている)

大工や現場監督なら、知っておくべきこと。
何も気にせず、勉強もせず仕事しているのでしょう。

 

◆対策

断熱材施工時に現場をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

事務所近くの病院。
最近、駐車場が常に満車。インフルエンザの影響でしょうか。

周囲に結構、インフルエンザにかかった人が多いですが、
私は今のところ大丈夫です。

来週も予定が埋まっているため、風邪をひかないように気を付けたいと思います。

 

事例1125 「断熱材が薄い」

今日は遠方へ新築検査。
行きは朝6時台の新幹線。帰りは15時頃名古屋駅に戻りました。

弁護士との打ち合わせまでに時間があったため、
名古屋市丸の内付近で時間を潰そうとしましたが、
意外と喫茶店がなく、探すのに15分くらい歩き回りました。

 

■(1)今回の事例______________

「断熱材が薄い」
_______________________

◆写真解説

天井断熱材が薄い。図面では100mm、2重敷き。現場は75mm、2重敷き。

 

◆内容説明

設計より薄い断熱材が施工された。
断熱材は普段、目につかないため、ごまかされても気づきにくい。

グラスウールやロックウールの厚さや密度は
表示がないものが多く、見ただけでははっきり分からない。

厚さでは90mmと100mm、
密度では10Kと16Kなどの区別がつきにくい。

裏側のビニールの色で区分してある材料もあるが、
色分けよりも各材料の防湿材などに数字を記載して欲しい。

 

◆対策

材料が現場に入った時点で確認するとともに
施工後、見えなくなる前にチェックをする。

 

==============================

■(2)編集後記

今月は忙しく、スケジュールが一杯の日が続きました。
未だ月末までこの状態が続きますが、来月に入ると、
忙しさもようやく、ひと段落しそうです。

 

 

事例1124 「断熱材の不備」

今年の冬は暖かいです。
富士山や長野や岐阜県でも雪は少なめ。
名古屋でコンクリートの凍結を懸念した日は、1日だけです。

 

■(1)今回の事例______________

「断熱材の不備」
_______________________

◆写真解説

天井断熱材が散乱。よく調べると材料が足らなかったために端材で代用。

材料費やごみ処分費を浮かした。

 

◆内容説明

瑕疵検査で屋根裏に入ると、一部で断熱材が散乱していた。
軒先に近く、体が入りにくい箇所でしたが、
近づいて見てみると、断熱材をカットした際に出た端材だった。

天井断熱材の設計厚さは200mm。
材料が足らなかったため、ゴミ箱行きの端材をかき集め、
投げ捨てたと思われる施工。

すき間だらけのため、断熱効果はかなり軽減される。

見えない箇所でバレないと思ったのでしょう。
悪質な大工です。

 

◆対策

仕事が雑だと感じた時は、各所点検してみる。
見える箇所が雑なら、見えない箇所はもっと雑。

 

==============================

■(2)編集後記

今週は裁判の仕事が集中しています。
明日も5時台に家を出ないといけません。

建築の裁判は、できれば避けるべきです。
相手にもよりますが、裁判中は不快な思いをすることが多く、
いいことはほとんどありません。

最近は早い段階で弁護士を頼む業者が増えています。
話し合いより、金銭や時間が節約できると判断しているからでしょう。

裁判を避けるには、争わない業者に依頼をする。
私が知っているだけでも何社か争わない方針の会社があります。
経営者の考え次第です。
ただし、滅茶苦茶な要求をした場合は対応が違うかもしれません。

最近はインスタで依頼先を決めたという話も伺いますが、
契約までに相手の会社のことを知ることが重要です。

事例1122 「断熱材 未施工」

この3連休。検査を控え、書類作成などに大半の時間をあてました。

ほぼ予定どおり仕事は進みましたが、
まだ年内までに処理する書類がいくつかあります。

大みそかまでダラダラ仕事したくないので
タイムスケジュールを守るように努力しています。

 

■(1)今回の事例______________

「断熱材 未施工」
_______________________

◆写真解説

ユニットバスの床下から上を見上げた写真。
赤丸部は間仕切り壁で、裏側は洗面所。
床下の外気と接するため本来、断熱材が必要。

 

◆内容説明

ユニットバス下を断熱構造とし、床下通気ありのタイプ。
浴槽下は、壁パネルがなく、空間になっている。
そのため、浴槽まわりに接する間仕切り壁は断熱材を入れないと、
床下の外気を遮断できない。

1階にユニットバスがあると、その周囲から床下の空気が室内に入りやすい。
長期優良住宅の普及によって、ユニットバスまわりの寒さ対策が
一般的になったのは、まだ最近。未だに施工不備を多く見かけます。

構造が複雑になると、断熱材の施工忘れが生じやすい。

同様の件は日経ホームビルダー2月号で詳しく解説します。

 

◆対策

完成時に床下をチェックする。
ユニットバス下を床断熱形態にする。

 

==============================

■(2)編集後記

2020年住宅の省エネ義務化が、小規模の住宅に関しては、
実施されないかもしれないというニュースが出てました。

一部の業者の混乱を懸念しての案だと思います。

家を買う方がきちんと省エネ性能を理解して買えば、国が規制しなくても
良いと私は思います。

ただ、家を買う人全てが事前に勉強する訳ではないので、
住んでから、説明より家が寒い、暑いという問題が増えそうです。

最近、耐震性能は大差が無くなってきました。
省エネに関してはメーカーや工務店によって大差があり、省エネ性能が良い家が
売れている印象を受けます。

省エネについて、営業の説明やカタログが大げさなケースが多いため、
消費者自身で知識を得ることが重要です。

 

 

 

事例1121 「断熱材 一部施工忘れ」

今週の月曜日、帰りの飛行機が大幅に遅延。
翌火曜日は夕方から体調不良(胃腸風邪?)。
一晩で治りましたが、水曜日、建築士事務所登録の更新期限が
翌日だと知り、慌てて書類作成。

3日間の予想外の事態に、全く余裕がない週になりました。

たまった書類は今週末に処理します。

 

■(1)今回の事例______________

「断熱材 一部施工忘れ」
_______________________

◆写真解説

小屋裏から見た屋根断熱材。グラスウール2枚敷の仕様。
1枚足らない箇所がある。施工忘れ。

 

◆内容説明

2枚重ねは、施工しているうちに、1枚目か2枚目か
分からなくなることがあると思われる。
そのため、反対に1枚余分に施工されている箇所もあった。

屋根の断熱不足は、夏場に大きく影響する。

検査した当日、すぐに建て主さんが現場監督へ報告をすると
この施工が標準だと言ったようです。

その場しのぎの言い訳だと思いますが、
その一言で信用はなくなります。

 

◆対策

同じ断熱材を重ねない。種類をかえればミスは起こりにくい。
(天井の2枚重ね、メーカーは上の断熱材は防湿フィルム付でないものを推奨している)

 

==============================

■(2)編集後記

TV放送後は、いきなり事務所へ相談に来られたり、
電話をかけてきたりする方が見えます。

予約のない訪問やいきなりの電話は対応いたしません。
また、無料相談は一切行っておりません。

住まいダイヤルやスーモカウンターは無料で相談できます。
費用はお客さんからではなく、他からの収入源があるから成り立ちます。

弊社のような会社は、スポンサーがいないため、
お客さんから費用を頂くしかありません。

無料だけでなく、利用するとお金がもらえたりするものもあります。
新規カード発行類がそうですね。

メリットが無ければ、無料にしたり、お金をくれたりしません。

スーモカウンターの相談がなぜ無料なのか、
PayPayがなぜ20%も還元したのか、
利用する前に理由を考えてみるのも面白いです。

 

 

 

 

 

プレハブメーカーの断熱性能

本日、ある大手鉄骨メーカーの完成検査に行ってきました。
気密施工は抜けているし、断熱材の施工も雑。
(高気密でないことは図面に表示されているので図面どおりの施工)
1階の天井点検口や巾木下からは風が出てきて、暖房を付けないと寒い家。

このメーカーだけでなく、鉄骨系プレハブメーカーの省エネ化が遅れている。

設計仕様上では、最低限の基準を満たしているが、
省エネに特化している工務店や、大手でも木造系のメーカーに比べれば低い。

大手でも木造系は、省エネ化が進んでいることを見ると、
工業化住宅+鉄骨というのが弱みになっていると思われる。

商品をモデルチェンジし、大臣認定を取り直すのに
高額な費用がかかる。そのためモデルチェンジできないのかもしれない。

未だに30年くらい前の型を使い続けているメーカーもある。
住宅だけで儲かっているメーカーは少なく、
商品開発にお金を掛けられないのが実情でしょう。

そんな中、1社だけ大幅なモデルチェンジしているメーカーがある。
断熱仕様は他社に差をつけ、気密性能も何件か気密測定を実施したところ悪くない。

今後、省エネ性能はさらに進化していくと予想しています。
大幅なモデルチェンジを行わないと、鉄骨系メーカーは取り残されていくでしょう。

 

ウレタン吹き付けの種類

今までウレタン吹き付け(断熱材)を数多く見てきましたが、
木造住宅の現場で30倍発泡を見たのは、今日が初めてです。
一般的によく施工されているのは100倍発泡。
文字通り、膨らみが大きく、触るとやわらかい。30倍発泡は硬いです。

少しネット検索をして気づいたことは、
ウレタン30倍発泡で検索すると、
100倍発泡を批判しているものが目立った(その反対もあった)。

今まで断熱材メーカー、施工業者は、違う種類の断熱材を批判することが多い。
例えば、ウレタンメーカーがグラスウールを批判するなど。
30倍発泡は100倍発泡の客層を奪うつもりでしょう。

値段は高いですが、性能の良さから今後、30倍発泡は、
住宅の省エネ化の波に乗り、シェアを伸ばしていくと思います。

断熱材はそれぞれ一長一短があるため、私はあえてどれが良いか勧めません。
あとからかえることが困難な材料だけに、選ぶ際はよく考えてください。

事例1110 「屋根断熱の落下」

今日は1日、伊勢湾岸道通行止めの影響を受けました。

未明に起きた追突、炎上事故で今現在も通行止め。
朝、大府市へ向かう予定で名二環に入ったところ、
名東区から混んでました。

名古屋高速へ迂回しても、皆が迂回しているため、そこも渋滞。
午前中の予定は大幅に狂いました。

夕方、岡崎市の予定を終えて、事務所へ戻る時は、
伊勢湾岸道を迂回した車で、名古屋ICから大渋滞。

それでも、何とか相談時間には間に合うように帰って来れました。

 

■(1)今回の事例______________

「屋根断熱の落下」
_______________________

◆写真解説

天井点検口を開けると、屋根断熱材が多数落下していた。
木(たるき)の間に挟み込むだけの施工で固定具などは無い。

 

◆内容説明

最近、天井の上ではなく、屋根に断熱材を施工する家が増えている。
仕様がかわる時は、ミスが起きやすい。

木の間にはめ込んだだけで特に金物などで留めていないため、
木が痩せて、ほとんどの断熱材が落下した。

大工なら将来、落下することを予見できるはず。
施工時に落ちなければ良いという考えでしょう。

 

◆対策

金物などでしっかり断熱材を固定する。
(吹き付けで接着できる場合、固定具は要らない)

 

==============================

■(2)編集後記

面白い話をお客さんから聞きました。

完成時に階段の隙間を指摘したところ、監督がこういった。
「地震の時のためにわざとあけてある」

お客さんは、「今の技術はすごい」と感心し、その時は疑わなかった。
その後、現場へ行くと隙間はシーリングされていたようです。

その場しのぎの言い訳で、似たような話は多いです。

修理を回避しようと、おかしな言い訳をするのはよくあることです。
騙されないようにしましょう。

 

 

 

完成検査で多い指摘

完成時の検査で指摘が多いもの。

「ユニットバス下、基礎断熱の施工不備」

写真は、人通口部の断熱材蓋が未施工。

その他、蓋まわりの隙間、配管貫通部の隙間などの指摘が多い。

この箇所に隙間が多いと、省エネ施工が落ちます。
床下の外気が入り込み、壁の周りから1階天井を経由し、室内へ入ります。
(ユニットバスの壁と躯体の壁の間に隙間がある)

長期優良住宅の制度ができ(H21年)、省エネの規定から、
ユニットバス下からの空気を遮断する施工が一般的になりました。
(基礎断熱+気密、もしくはユニットバス床の断熱、周囲の気流止め)

それまでの家は、断熱、気密措置が無くてもOKでした。
(今でも契約内容によっては無くてもOK)
冬場、寒さを感じる場合は、リフォームで周囲を塞ぐと良いです。

今でも、監督、職人が十分理解していない現場が多い。
ここの施工が省エネ性に影響します。
床下の分かりにくい箇所なので、プロに検査を依頼すると良いです。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る