ブログ

事例1283 「外壁上、気流止め未施工」

先週、マスクを付けずに1日外に居ましたら、
花粉症が重症化しました。
毎年、薬を飲むほどではない程度の花粉症の症状
はありますが、ひどくなったのは初めてです。

花粉の飛散が収まるまで、マスクは外せません。

 

■(1)今回の事例_____________

「外壁上、気流止め未施工」
______________________ 

気流止め未施工

◆写真解説

グラスウール壁断熱材の天井から上の部分、
気流止めが未施工。

本来、石膏ボードを貼り上げるか、気密テープを
貼るなどして、防湿材の端部をおさえる。

 

◆内容説明

気流止めというと、間仕切壁の上下端を思いつく
ことが多いと思います。

写真は、外壁部の天井上部分。
グラスウールやロックウールの場合は、この箇所
から気流が出入りするため、気流止めの施工を
する必要があります。

気流止めの施工は、石膏ボードを貼って押さえるか
端部を気密テープか木材で止めます。

 

◆対策

造作工事途中で、気流止めの施工を確認する。

 

=======================

■(2)編集後記

耐震等級3仕様の増加に伴い、
耐震等級に関するトラブルが増えています。

具体的には、
1、計算せずに「等級3」と謳っている
2、計算をしているが、計算ミスがあり、実際は
  等級3を満たしていない
  (許容応力度計算のケースで多い)
3、計算はしているが、設計者判断で甘い計算と
  なっていて、標準的な等級3を満たしていない
  (計算方法が設計者のさじ加減で、どうにでも
   なる部分がある)
4、計算は間違っていないが、施工不備があり、
  等級3を満たしていない。

これら以外のケースもあり、しばらくはトラブルが
増えると予想しております。

重要な仕様だけに、図面や計算書、工事中の
チェックは重要です。
また、高い耐震性能をカタログで謳いながら実は、
そうでもない会社もあります。
業者選びも重要です。

 

 

事例1275 「気密パッキンの不備」

土曜日の朝の雪は、前日に予想できず、現場予定
は全て延期になりました。

事務所や自宅の近くでは、事故や車の乗り捨てを
多く見かけました。

 

■(1)今回の事例_____________

「気密パッキンの不備」
______________________ 

◆写真解説

玄関土間部分、気密パッキンを施工するところ、
一部、通気パッキンが施工されている。
気密切れの原因となる。

 

◆内容説明

最近、玄関土間まわりを気密化するのがあたり前
になってきました。
(仕様によっては、未だ気密化されていないケース
もあります)

ここが空いていると、床下の空気が室内に入り、
特に冬場、冷たさを感じます。

写真は、一部で通気パッキンが使用されている。
形状や色が似ているため、間違いやすい。
修理は、ウレタンで通気部を塞ぐケースが多い。

 

◆対策

間違いやすいため、工事途中にチェックする。

 

===========================

■(2)編集後記

欠陥住宅紛争で、建築士への行政処分を期待する方
が多いです。

明快な建築基準法違反があったとしましても、役所
に話を聞いてもらうことも苦労するケースが多い中、
今日発表された、建築士の処分内容を見ていると、
そんなことで、というものがありました。

おそらく、担当者が良かったと思います。
大半は、たらいまわしになるか、話を聞いてもらう
だけで終わります。

今回の処分内容の中に裁判でよく問題ないと逃げら
れるものがありました。国土交通省が処分を下した
今回の内容は、裁判に利用できそうです。

 

指摘後の仕様変更

1,2年前、大手ハウスメーカーの現場で断熱欠損を
指摘しました。

比較的大きなものですが、目視では確認できない部位で、
赤外線サーモグラフィーカメラ撮影で発見しました。

最初は、静岡県の現場、2件目は愛知県の現場。
支店が違っても同様だったことから、標準的な施工方法
だったと思います。

今月、久しぶりにこのメーカーの現場検査に入りました。
気になって、以前指摘した箇所を確認すると、施工方法
が改善され、断熱欠損が解消されていました。

担当者に聞くと、施工仕様が最近、変更になったとの
こと。

私の指摘がきっかけかどうかは、分かりませんが、
仕様改善されたことをうれしく思いました。


事例1267 「壁断熱材未施工」

私にたどり着くまでに苦労しましたと、最近よく
言われます。

特にカビの原因調査は、頼んではみたものの、依
頼した先がそもそもカビの知識がなかったなどの
話を聞きます。

多くの人に必要とされる仕事ではないので、認知
度があがりません。

■(1)今回の事例_____________

「壁断熱材未施工」
______________________ 

断熱材未施工

◆写真解説

赤外線サーモグラフィーカメラで壁断熱材の有無を検査。
四角部は温度が他に比べ低く(室内の冷房の影響)、
断熱材が未施工だった。

 

◆内容説明

担当した大工の仕事が雑だったことから、断熱材の施工
不良も疑い、赤外線サーモグラフィーカメラ撮影を実施。

その結果、1階の壁の一部で、断熱材が未施工だった。

壁の断熱材を確認する方法としては、赤外線サーモグラ
フィーカメラは有効です。
ただし、下駄箱やユニットバスなどがある箇所は、孔を
あけて見たほうが確実です。

 

◆対策

施工途中に、断熱材の施工をチェックする。

 

===========================

■(2)編集後記

地盤沈下で建て替え、もしくは修理を求めてる家。
地盤調査、保証会社が沈下の計測、確認に来た時、
立会いをしました。

結果は1週間くらいで出ると思っていたら、2ケ月
ほど時間が経過し、ようやく、その結果が出てきた。

内容を見ると、傾斜は保証対象外。修理しません
と弁護士からの書面が付いていた。

書類をよく見ると、ベタ基礎が途中で折れていると
最初から主張しているにも関わらず、傾斜のほとん
どない箇所も含め、建物の端と端で傾斜角を出して
いる。こんな出し方をされると、途中で傾斜角が急
になる不同沈下は大半が保証対象から外れる。

別の現場でも同様にベタ基礎が途中で折れていて
同じような算定を別の会社がしてきた。

普通に考えてもおかしく、保険を下ろしたくないの
が見え見えです。

 

 

 

事例1263 「換気扇ダクトまわり、断熱材欠損」

例年に比べ、夏の結露調査依頼が少ないです。
被害が減っていると、考えたいところですが、
湿度、水蒸気量自体は今までと変わらないため、
そうではないと思っています。

 

■(1)今回の事例_____________

「換気扇ダクトまわり、断熱材欠損」
______________________ 

断熱材隙間

◆写真解説

ユニットバス換気扇ダクトの外壁貫通部。
グラスウールがよけられ、周囲が空洞になっている。
よくある例です。

 

◆内容説明

大工さんがグラスウールやロックウールを施工したあと、
電気屋さんがダクトを通す際、断熱材をよけて施工した。

よくある例ですが、今まで紹介していなかったかも
しれません。

体感的に分かるレベルではないが、ダクトの周囲が
無断熱状態になる。

 

◆対策

石膏ボードを貼る直前に断熱検査を行う。

 

===========================

■(2)編集後記

木造住宅の構造検討において、構造計算不要の2階建てでも
追加費用を払い、構造計算をする現場が増えています。

構造計算すれば、より安心ですが、意外と計算ミスが多く、
欠陥住宅になっている家があります。

昨日の午前中、欠陥検査をした家の構造計算書をチェック
したところ、重大なミスが見つかりました。

ミスがあっても、確認申請は許可され、現場も完成してい
ます。

 

6月頃、大手ハウスメーカー2社の構造計算に疑問点が
あり、質問を出しました。

1社は未だ回答がありません。もう1社は、計算途中の
資料開示を拒否、1ページだけ開示し、間違っていません
と言う回答でした。

計算ソフトを使っても、入力や設定のミス、ソフトのバグ
などでミスが出ることがあります。
構造計算して、かえって弱い建物になっている例も多く、
計算したから安心とは言えません。

※新築検査における許容応力度計算のチェックは別途、
 受けています。欠陥住宅検査の場合は、内容に含んで
 おります。

 

 

事例1242 「ユニットバス下、基礎断熱材未施工」

欠陥住宅写真、月に3つは上げるようにしています。

今月はまだ2つしかあげていなく、
最終日の今日、今月3つ目の写真を追加しました。

ネタはたくさんあるのに、間隔があいてしまい
申し訳ございません。

 

■(1)今回の事例_____________

「ユニットバス下、基礎断熱材未施工」
______________________ 

ユニットバス基礎断熱材

◆写真解説

ユニットバス下、基礎断熱材未施工。
図面どおりの施工でない。冬場、浴室が寒い原因となる。

 

◆内容説明

今年だけでも3件、指摘をしました。
図面に書いてあるのに、断熱材が施工していない。

ユニットバスを1階に置く場合、周囲が、床下からの外気に触れます。
昔は、何もしませんでしたが、最近では、
ユニットバス床を断熱し、さらに周囲に気流止めを設けて
床下からの空気を遮断するか、
基礎全体または、ユニットバス部の下だけ基礎断熱にして密閉します。

未だ、一般的な施工とまでとは、なっていないため
施工ミスが目立ちます。

 

◆対策

ユニットバスを施工する前に施工をチェックするか、
完成後に床下にもぐりチェックをする。

 

==============================

■(2)編集後記

コロナ過でもある、20年~21年は、業界内のいろいろな
変化が大きかった印象があります。

この先もこの業界で仕事をしていくには、世間、業界等
の変化に対応しないといけないと強く感じた1年でした。

来年は、変化できるよう、チャレンジしてみようかと考えております。

最近、ブログの更新が空き気味ですが、
写真などを見て、参考になりましたという声は、
たくさんいただいております。
中には説明が悪く、間違って理解され、混乱を生じるきっかに
なっている例もあるかもしれませんが、今後も情報発信を行っていきます。

みなさま、今年も一年ありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

事例1219 「大量の漏気」

例年より、かなり早めの梅雨入りです。

5月は冷暖房も要らず、1年で最も過ごしやすい時期
であるのに残念です。

 

■(1)今回の事例_____________

「大量の漏気」
_______________________

◆写真解説

分電盤下の黒い汚れ。
気流止めの施工が不十分なため、外気が壁内を経由して室内に入っている。
量が多く、築半年程度でここまで汚れた。

 

◆内容説明

床下や屋根裏の空気がユニットバスまわりの壁内を通り、
分電盤開口より、室内へ出ている。
(床下通気あり、ユニットバスの上は屋根裏で通気あり)

スイッチ開口、巾木下からも同様に外気の侵入がある。

気流止めを施工したり、気密を高めても
多少、スイッチなどから漏気を感じることはあるが、
ここまで量が多いのは、最近の家では珍しい。
24H換気の給気が無くても、そこら中から外気が自然に入ってくる状態。

室内の換気量が多い分には問題がないが、
家の省エネ性能を大幅に落とす。

 

◆対策

気密性能について、契約時に取り決めをする。

 

==============================

■(2)編集後記

4月後半に検査した家の書類作成がひと段落。

建て替えや、全面やり替えを要求するものが多く、
書類作成にかなりの時間を要しました。

簡単な問題であれば、依頼は来ないでしょうから、
仕方がないです。

先週末に検査した家も、重大な瑕疵が発覚。
問題のある家が多いです。

 

事例1218 「ユニットバス下 断熱材未施工」

愛知県にも緊急事態宣言が発令されました。
状況によっては制約を受けることも出てくるかもしれませんが、
弊社の業務は、面談などをのぞき、
以前と変わらないと予想をしています。

 

■(1)今回の事例_____________

「ユニットバス下 断熱材未施工」
_______________________ 

◆写真解説

ユニットバスの床裏に断熱材がない。
長期優良住宅等、省エネ仕様の場合において、
床下を基礎断熱で密閉せず、通気を取る場合は、
ユニットバス床に断熱材が必要。

 

◆内容説明

最近、2件続けて指摘を出すなど、
意外と間違っている現場が多いため、今回、この内容を選びました。

浴槽は標準で断熱材が施工されていますが、
床においては、注文時に断熱材のあり無しを選ぶ必要がある。

外気を床下に取り入れる場合、床裏は外気の空気に触れるため
断熱材と周囲の気流止めが必要になる。

基礎の立ち上がりを断熱材で囲い、気密化すれば
床下は室内扱いとなり、床の断熱材は不要。

 

◆対策

注文時に床断熱材の有無、仕様を確認する。

 

 

 

==============================

■(2)編集後記

何か分からないことを調べる時、ネットに頼ることが多いと思います。
ネットで解決できるものもあれば、そうでないものもあります。

紛争のやり取りをしていると、間違ったネット情報に
振り回されている方が案外多い。

実害がなければ良いですが、その情報を信じて行動し、
損害が発生した方が、大勢見えます。

自分に不利な情報を排除し、有利な情報ばかりを集めていると
そうなりやすいです。

バランスよく情報を整理するか、プロに任せてしまう方が
ベストな解決につながる可能性が高いです。

 

 

 

ZEH仕様の家なのに寒い

ZEH=ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス
省エネ性の高い家を想像して入居したけれど、
住んでいたアパートより寒いなどという話が寄せられます。

エアコンをフル稼働しても寒いとなれば、
実際はゼロエネルギーになっていない可能性が高いです。

有名大手ハウスメーカーの家でもこの手の話は良くあります。
住んでから気づいても、改修はほぼ不可能。

営業マンやカタログ表記を信用せず、しっかり情報を集めてから
注文先を選ぶことをお勧めします。

事例1216 「床下断熱材の下がり」

来月にかけても、出張予定を多く組んでいます。
最近は、新幹線もかなり混んでいるので
以前より注意しないといけません。

この時期、車で移動するのが一番良いですが、東方面は、
東京手前の渋滞がネックとなり、道具が少ない時は
新幹線を利用してしまいます。

■(1)今回の事例_____________

「床下断熱材の下がり」
_______________________

◆写真解説

普通、床下断熱材は床合板に密着するように施工する。
写真は断熱材を約20mm下げて施工。合板との間に空間があり、
周囲の隙間から1階床側に空気がまわりこむ。

◆内容説明

床下断熱材の受け金具が、断熱材の厚さより大きいため、
下に下がったような施工になっていた。
周囲に隙間がなければよいが、ぴったりでなく、多少の隙間が
あるため、床下の空気が断熱材の裏側に回り込んでしまう。

是正は、断熱材を上に持ちあげ、周囲の隙間をウレタンで塞いだ。


◆対策

1階の床は1日で組みあがるため、タイミングよくチェックするのは難しい。
完成時に床下を確認する。

==============================

■(2)編集後記

このブログを書いている「ワードプレス」のソフトを新しくした関係で
写真の位置などの表示が以前から変わってしまったと思います。

操作、打ち込み画面も大きく変わり、慣れるまでしばらくかかりそうです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る