ブログ

事例1219 「大量の漏気」

例年より、かなり早めの梅雨入りです。

5月は冷暖房も要らず、1年で最も過ごしやすい時期
であるのに残念です。

 

■(1)今回の事例_____________

「大量の漏気」
_______________________

◆写真解説

分電盤下の黒い汚れ。
気流止めの施工が不十分なため、外気が壁内を経由して室内に入っている。
量が多く、築半年程度でここまで汚れた。

 

◆内容説明

床下や屋根裏の空気がユニットバスまわりの壁内を通り、
分電盤開口より、室内へ出ている。
(床下通気あり、ユニットバスの上は屋根裏で通気あり)

スイッチ開口、巾木下からも同様に外気の侵入がある。

気流止めを施工したり、気密を高めても
多少、スイッチなどから漏気を感じることはあるが、
ここまで量が多いのは、最近の家では珍しい。
24H換気の給気が無くても、そこら中から外気が自然に入ってくる状態。

室内の換気量が多い分には問題がないが、
家の省エネ性能を大幅に落とす。

 

◆対策

気密性能について、契約時に取り決めをする。

 

==============================

■(2)編集後記

4月後半に検査した家の書類作成がひと段落。

建て替えや、全面やり替えを要求するものが多く、
書類作成にかなりの時間を要しました。

簡単な問題であれば、依頼は来ないでしょうから、
仕方がないです。

先週末に検査した家も、重大な瑕疵が発覚。
問題のある家が多いです。

 

事例1218 「ユニットバス下 断熱材未施工」

愛知県にも緊急事態宣言が発令されました。
状況によっては制約を受けることも出てくるかもしれませんが、
弊社の業務は、面談などをのぞき、
以前と変わらないと予想をしています。

 

■(1)今回の事例_____________

「ユニットバス下 断熱材未施工」
_______________________ 

◆写真解説

ユニットバスの床裏に断熱材がない。
長期優良住宅等、省エネ仕様の場合において、
床下を基礎断熱で密閉せず、通気を取る場合は、
ユニットバス床に断熱材が必要。

 

◆内容説明

最近、2件続けて指摘を出すなど、
意外と間違っている現場が多いため、今回、この内容を選びました。

浴槽は標準で断熱材が施工されていますが、
床においては、注文時に断熱材のあり無しを選ぶ必要がある。

外気を床下に取り入れる場合、床裏は外気の空気に触れるため
断熱材と周囲の気流止めが必要になる。

基礎の立ち上がりを断熱材で囲い、気密化すれば
床下は室内扱いとなり、床の断熱材は不要。

 

◆対策

注文時に床断熱材の有無、仕様を確認する。

 

 

 

==============================

■(2)編集後記

何か分からないことを調べる時、ネットに頼ることが多いと思います。
ネットで解決できるものもあれば、そうでないものもあります。

紛争のやり取りをしていると、間違ったネット情報に
振り回されている方が案外多い。

実害がなければ良いですが、その情報を信じて行動し、
損害が発生した方が、大勢見えます。

自分に不利な情報を排除し、有利な情報ばかりを集めていると
そうなりやすいです。

バランスよく情報を整理するか、プロに任せてしまう方が
ベストな解決につながる可能性が高いです。

 

 

 

ZEH仕様の家なのに寒い

ZEH=ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス
省エネ性の高い家を想像して入居したけれど、
住んでいたアパートより寒いなどという話が寄せられます。

エアコンをフル稼働しても寒いとなれば、
実際はゼロエネルギーになっていない可能性が高いです。

有名大手ハウスメーカーの家でもこの手の話は良くあります。
住んでから気づいても、改修はほぼ不可能。

営業マンやカタログ表記を信用せず、しっかり情報を集めてから
注文先を選ぶことをお勧めします。

事例1216 「床下断熱材の下がり」

来月にかけても、出張予定を多く組んでいます。
最近は、新幹線もかなり混んでいるので
以前より注意しないといけません。

この時期、車で移動するのが一番良いですが、東方面は、
東京手前の渋滞がネックとなり、道具が少ない時は
新幹線を利用してしまいます。

■(1)今回の事例_____________

「床下断熱材の下がり」
_______________________

◆写真解説

普通、床下断熱材は床合板に密着するように施工する。
写真は断熱材を約20mm下げて施工。合板との間に空間があり、
周囲の隙間から1階床側に空気がまわりこむ。

◆内容説明

床下断熱材の受け金具が、断熱材の厚さより大きいため、
下に下がったような施工になっていた。
周囲に隙間がなければよいが、ぴったりでなく、多少の隙間が
あるため、床下の空気が断熱材の裏側に回り込んでしまう。

是正は、断熱材を上に持ちあげ、周囲の隙間をウレタンで塞いだ。


◆対策

1階の床は1日で組みあがるため、タイミングよくチェックするのは難しい。
完成時に床下を確認する。

==============================

■(2)編集後記

このブログを書いている「ワードプレス」のソフトを新しくした関係で
写真の位置などの表示が以前から変わってしまったと思います。

操作、打ち込み画面も大きく変わり、慣れるまでしばらくかかりそうです。

改正省エネ法

4月1日より住宅の省エネ性能に関する説明義務制度が始まります。
対象はこの日以降に建築士が設計業務の委託を受けた
300㎡以内の住宅で、分譲住宅は対象外です。
(300㎡越えは、説明ではなく届け出義務)

この制度の開始に伴い、省エネ計算を間違えた場合の保険が
建築士向けに発売されています。
図面どおり施工し、施工に不備がなければ、
設計をした建築士が責任を負います。
費用がないから責任を負えないと、逃げられないために、
建築士に設計を委託する際は、賠償責任補償を含めて、
保険加入の有無を確認することをお勧めします。

未だに建築士法で定められた「重要事項説明」を行わない建築士もいるため、
ここ1年くらいは、省エネの説明を行わない事例も多いと思います。
また、この制度により、高い省エネ性能を確保する家が増え、
省エネ性能に対する紛争も今後、増えると予想しております。

 

 

事例1205 「下屋との取り合い部、断熱欠損」

愛知県で渋滞のひどい箇所といえば、一宮IC。
今朝、一宮方面の現場を入れていて、
接続する名古屋高速にかけて大渋滞でした。

ただ、3連休初日としては、そこまで渋滞は長くなく、
外出を控えている方も多くいると思いました。

 

■(1)今回の事例______________

「下屋との取り合い部、断熱欠損」
_______________________

◆写真解説

平屋天井と2階建て部の境。赤丸印部の断熱材が未施工。
ここを開放すると気密が大幅に下がると共に、
小屋裏の空気が2階建て部の1階天井裏へ入る。(天井断熱のケース)

 

◆内容説明

断熱材の施工。大きく分けると専門業者が施工するケースと
大工さん施工の2つ。

専門業者は、現場監督が指示しなくても、必要な箇所を判断し施工してくれる。
一方大工さんは、断熱材を入れる仕事がメインでないためか、施工忘れが出やすい。

断熱材は必要な箇所に隙間なく入れるのが原則。
建物の形が複雑になるほど、ミスが出やすい。

家を包み込むよう、外部に対し、隙間なく連続で施工することが重要です。

 

◆対策

断熱専門業者による施工(ウレタン、セルロールファイバー)を選ぶと
ミスはかなり起きにくい。グラスウールなどで大工さん施工の場合は、
石膏ボードを貼る前にチェックをする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

今月は、欠陥検査を多く実施したためもあり、書く仕事が溜まっています。

パソコンはパナソニックレッツノートを使用。
購入して1年以内に、キーボードの文字が薄くなるくらい
文字を打っています。

音声入力も何度かチャレンジしましたが、専門用語などが
正しく表示されないなどで修正が多く、打ち込んだ方が
今のところ手間がないです。

書く仕事の一部は、いずれ動画提出に変わるのではないかと
思っております。

事例1204  「雨漏り ウレタン断熱材仕様の家」

昨日は1ケ月ぶりに新幹線に乗りました。
夕方、東京から名古屋へ帰る新幹線は、混んでました。

ようやく普通に戻りつつある状況において
新規感染者数が増えているので、今後、どうなるか気にしております。

 

■(1)今回の事例______________

「雨漏り ウレタン断熱材仕様の家」
_______________________

◆写真解説

ウレタン施工(断熱材)の家で雨漏りが起きると、
木の腐朽がひどいケースが多い。
ウレタンが雨を吸水し、壁内が乾きにくいのが原因。

(写真:ウレタンを絞ると大量の水がでる)

 

◆内容説明

以前からこの件は懸念しております。
ウレタンはスポンジのように水を吸うため、
相当な雨量でない限り、室内に水滴が落ちることはありません。

写真のお宅も、2階のバルコニーからの雨漏りでしたが、
1階への漏水はありませんでした。

晴れが続くと水分を徐々に放出、雨が降ると吸水を繰り返します。
常に水を含んでいるため、ウレタンに接する木部は水の供給を受けて、
腐朽していきます。

壁内を確認すると、柱、梁などの腐朽がかなり進行してました。
雨漏りが、構造瑕疵までに発展するケースです。

 

◆対策

できる限り、雨が漏りにくい設計を行う。

 

 

==============================

■(2)編集後記

大手ハウスメーカーの商品改良のペースが最近、早い気がします。
検査に入るごとに、少しづつですが、改良した箇所を目にします。

商品価値を上げるのと、コストダウンをはかる努力を
常に専門部署が行っているようです。

特に構造面の改良は、よく考えていると感心します。

 

 

 

事例1203 「隙間風、漏気」

今日は、3件、床下に入りました。

夏場は保護メガネが曇るため、メガネなしで入りますが、
11月に入り、メガネが曇らなくなりました。

埃から目を守る保護メガネ。有と無しでは、
出てからの目の痒さが違います。

 

■(1)今回の事例______________

「隙間風、漏気」
_______________________

◆写真解説

ユニットバスのスイッチから勢いよく風が出ている。
これは床下の空気流入で、1階天井裏へ達する。
冬場、風呂や室内が寒い原因となる。

 

◆内容説明

大手ハウスメーカーの家でも当たり前に起きている現象。
隙間風、漏気などと呼ばれ、家の省エネ性能を落とす。
冬場、外の冷気が入ってくる分、室内の暖かい空気は外へ出ていく。
暖房効率が非常に悪く、24H機械換気の意味が薄れます。

気密性能がゼロでない限り、完全には無くせないもの。
だが、家の省エネ性を高めるため、極力少なくすべきです。

一般的に気密性能は、自動的に適用されるものではなく、
契約で定める必要がある。
気密性能を約束しないと、写真のような隙間風、漏気が多くても
契約不適合にならない可能性が高いです。

 

◆対策

契約で気密性能(推奨1.0㎠/㎡以下)を定め、
できるだけ家の隙間を小さくする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

連載中の雑誌の原稿で、90%以上の住宅現場で問題となっている内容
の改善案を書いたところ、編集者より、掲載できないかもしれない
という連絡がありました。

原因は、難しい内容を分かりやすく書けず、勘違いさせてしまった
私の文章力不足。

説明したところ、重要な内容であるとご納得いただき、
文章を大幅修正し、記事として公開されることになりました。

雑誌はネットでも公開されるため(有料)、書き方によっては
炎上する可能性があります。

今までにたくさんの業者を敵に回してきたため、
他の方よりは、攻撃を受けやすいのは承知しております。

リスクを承知の上で、次号の原稿も、住宅業界の改善すべき問題を
記事にする予定です。

 

 

 

 

短期で柱がひどく腐朽。原因は雨漏り

数年前より「軒ゼロ」、「ウレタン断熱材」が増えています。
「軒ゼロ」は雨が壁に当たりやすくなるため、雨漏りの確率が増えます。
また、サイディングの藻の付着も軒ゼロの家に多い。

「ウレタン断熱材」は、雨漏りした場合、
ウレタンがスポンジのように水を吸い込むため、発覚が遅れます。
壁内で保水した状態が長く続き、木の腐朽を促進する。

実際、被害にあった現場を見ました。
従来の雨漏りのように、水滴が落ちることがなく、
壁にカビやひび割れが出てきて、雨漏りではないかと疑い出した。
壁をめくると、柱がひどく腐朽。
グラスウールなどではあり得ない状況です。
(近いうちに写真を紹介できると思います)

雨漏りによる躯体の腐朽は、今後増えていくと予想します。
今主流の外装材で雨漏りを100%防ぐことは不可能。
軒を出すなど、デザイン面でも工夫していく必要があると考えます。

 

事例1196 「断熱材未施工」

木曜日から今日までの3日間は、現場予定がかなりタイトでした。
そんなときに限って、現場で喧嘩を売られることも多かったです。

私を攻撃したい理由は、検査(私)が嫌。
それは、施工に自信がない証拠です。

瑕疵保険の検査員は威圧すれば、引っ込みますが、
私は立場が違うため、そうはいきません。

 

■(1)今回の事例______________

「断熱材未施工」
_______________________

◆写真解説

最上階、天井断熱材未施工。
オレンジ色の部分約2平米に断熱材が敷かれていない。
これ以外の箇所も未施工多数。

 

◆内容説明

断熱材の仕様はグラスウール。
天井断熱材は、点検口が1つあるものも目視不可能。

赤外線サーモグラフィーカメラで撮影をすると
壁と天井の何箇所かで断熱材の未施工が発覚。

樹脂サッシを入れるなど省エネ性を意識している家。
断熱材の未施工部が多ければ、省エネ性能がかなり落ちる。

 

◆対策

一般的に未施工の確率は低いが、グラスウールやロックウールは
施工の不具合が出やすい。目視に加え、赤外線サーモグラフィー
カメラ撮影を行う。

 

 

==============================

■(2)編集後記

台風10号が気になって仕方がないです。
愛知県は影響が無さそうですが、九州地方が心配です。

勢力が大きいのは、海水温が高いため。
海水温が高い影響は、6月くらいからの家の結露増加にも影響しています。

前にも書きましたが、結露調査に役立つと思い、気象の勉強を少ししております。
台風についても以前より詳しくなりました。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影