ブログ

事例790『屋根断熱の手抜き』

今日は、時間に全く余裕が無い1日でした。
特に午後は裁判の現場確認に立ち会い、
事前準備など含めると長時間、現場に居ました。

 

■(1)今回の事例______________

「屋根断熱の手抜き」
_______________________

屋根断熱材

◆写真解説

マンション最上階、屋根断熱材の厚さ。
図面は25mm、現場は6mmしか吹かれていない。

 

◆内容説明

断熱材の種類はウレタン吹付。
コンクリートに直に吹付をしています。

コンクリート面を覆えば、厚さはどうであれ、
施工してあるように見えます。

そのため、手抜きがされやすい。

それにしても設計25mmに対し、施工6mmは手抜きのしすぎです。

夏は暑く、冬は屋根面で結露を起こしやすい。

 

◆対策

マンションは施工時に現場チェックすることは不可能。
購入時か入居後すぐに、断熱材の厚みを確かめる。

天井はユニットバスの点検口から、
壁はコンセントBOXを外して検査します。

 

==============================

■(2)編集後記

今日立ち合いをした裁判。業者側にとっては
現場へ入れるチャンスであり、床の水平の再測定を希望してきた。

裁判官が帰ったあと、その測定に立ち会った。
測定したのは、業者が手配をした測量業者。

室内には不向きな、外の測量で使う大きな機械を持ってきた。
その機械は現場監督時代に何度か使ったことがあり
原理などは分かっていました。

ごまかしがあるといけないので、私が立会人となり
測定数字を確認していると、弊社が計測した数字より
大きな数字が読まれていく。

測量していた人がおかしいと思い、途中で測り直したい
と申し出ましたが、建築主側の弁護士が拒否。計測が完了しました。

もめる前に業者は3回ほど床レベルを測定している。
なぜ今回、再計測したのか最後まで意味が分からなかったです。

省エネ住宅の知識

省エネ最高ランクの家だと言う割に、賃貸マンションと変わらない、
それほど省エネでないと感じる方が多い。

多くのハウスメーカーが高断熱をうたっているが、
インチキ物も相当あります。

「燃費半分で暮らす家」
鎌田紀彦 室蘭工業大学名誉教授 監修

(↑画像をクリックするとアマゾンのページへリンクします)

ヨーロッパではEUの建材の燃焼性の基準から、発砲プラスティック
断熱材は、住宅では使うべきではない建材として分類されている。

エコな住宅であることをうたう、いろいろな「○○工法住宅」があふれていますが、
そのうたい文句にふさわしい快適性と省エネ性を備えているかは大いに疑問です。

など、ある材料、工法を批判する一方。
夏の上下換気や、方位に応じた窓の選択方法など
どうしたら夏涼しく、冬暖かい家になるか書かれています。

自分たちで手掛けてる家の宣伝本でもありますが
省エネ住宅を建てたい方、知識を得たい業界の人にはおすすめです。

 

 

事例787『基礎断熱の雑な施工』

週末、連続で瑕疵検査を行ったら、
昨日、頭痛、だるさなど、疲れがどっと出てしまいました。

昨年、ぎっくり腰になってから
何か体に異変を感じたら、すぐ対処するようにしています。

昨日は早めに寝て、疲れを取りました。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎断熱の雑な施工」
_______________________
基礎断熱雑

◆写真解説

基礎断熱材、天端が真っ直ぐでない。
コンクリートが一部露出してしまい、結露の原因になる。

 

◆内容説明

床下など、普段見えない箇所は、いい加減な施工が目立つ。

基礎の内側の断熱材、基礎施工時に上を長く出しておいて、
あとで上端を切断した。

切断の仕方が雑すぎる。
これでは、コンクリートが露出する個所も出る。

また、この現場は基礎天端の断熱施工がない。
床下の湿気が多くなれば、基礎天端で結露する。

 

◆対策

基礎の内側を断熱するケースが多い。
コンクリートが露出していないか、
見えなくなる前にチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

来月にかけて、裁判などの紛争処理予定が膨大に入っています。

新築検査などは影響がありませんが、
単発のちょっとした検査は、即対応ができない可能性があります。

 

そのような状況であるため、
無料、電話番号非通知、匿名の電話相談は、たとえ5分でも
お断りさせていただいています。

何か聞きたい場合は、問い合わせフォームから
名前、住所、電話番号を書いて質問してください。
多少の事でしたら無料で答えます。

名前等を書いたところで、電話することはありませんし、
情報を外部へ流すようなこともありません。

事例779『気密パッキン未施工』

今日の午前中は、雨漏り検査で屋根の上に2時間。
午後一番は、配筋検査で屋根の上に1時間。
顔、腕、首が日焼けで赤くなりました。

今年の5月は、記録的に暑かったようです。

 

■(1)今回の事例______________

「気密パッキン未施工」
_______________________
基礎通気

◆写真解説

基礎断熱仕様のユニットバス部、気密パッキンの施工忘れ。
通気があると断熱材の効果がない。

 

◆内容説明

ユニットバス廻りは断熱、気密欠損しやすい箇所であり、
ここ数年、ユニットバスの下を基礎断熱し
密閉にする会社が増えています。

写真は、人通口の蓋をあけ、中を確認した写真。
基礎パッキンが気密タイプでないものが施工されている。
これでは外気が入るため、断熱材の効果がなくなる。

ユニットバス部の断熱方法は、省エネ対策等級4の
施工基準などに記載されています。

 

◆対策

ユニットバス廻りの断熱仕様を確認し、
ユニットバスが設置される前に現場を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記
空き家対策特別措置法が今日施行されました。

具体的な内容は、
市町村に空き家への立ち入り調査権を付与。危険と判断すれば
「特定空き家」に認定し、所有者に修繕や撤去を勧告、命令する
ことができる。国土交通省の指針案は判断の目安として、
「建物が著しく傾いている」「屋根や外壁に脱落、飛散の恐れがある」
「ごみの放置などで多数のネズミやハエなどが発生している」などを挙げている。

修繕や撤去を求められても、費用が出せない場合や
更地にして高くなった固定資産税を払っていけるかなど
問題はありそうです。

窓の断熱

欠陥検査へ向かう移動中、車中からの投稿です。

下の写真は、4月下旬に撮影した赤外線サーモグラフィー画像。

窓断熱

外の気温は20度。室内は22度。
窓のアルミ枠は37.2度。

4月でこの温度ですから、夏場はもっと温度が高い。
冬は反対に外気温と同じくらいになります。(ちなみに新築住宅です)

窓はガラス部も含めて断熱の弱点となる。
冷暖房効果、結露対策を考えるなら
樹脂枠の選択、日よけなどが有効です。

事例763『屋根断熱材の落下』

年度末のバタバタもひと段落。

今週、先週と予定を詰め過ぎて、現場到着が遅れたり
することもありました。

今日は午後から裁判所。午前中の仕事を予定どおり
終わらせないといけません。

 

■(1)今回の事例______________

「屋根断熱材の落下」
_______________________
屋根断熱たれ

◆写真解説

屋根断熱材、固定が悪く落下している。
隙間があれば断熱材の効果が減る。

 

◆内容説明

断熱材は外周をすっぽり覆うように施工する。
写真のように隙間があれば、そこが断熱欠損となる。

ボード状の断熱材は、固定が悪いと動きやすい。
また、切断が悪いと隙間が出来やすい。

最近では、固定不良や隙間の心配がない、
現場で吹き付けるタイプが多くなりました。

床下の断熱材は、今でもボードタイプが主流です。

 

◆対策

住んでから断熱材が落ちるケースは良くある。
定期点検で断熱材の固定も確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

職人さんたちと話をしていて、話が脱線。

仕事が「雑」と言われるのと、「下手」と言われる、
どっちが嫌かという話になった。

雑は手を抜く感じ。下手は腕が悪い。

どちらも嫌ですが、どちらかと言えばやはり
「下手」が嫌なようです。

下手はすぐに改善できないけど、雑は意識をすれば直せる。

これから指摘を書くときは「雑」と書くようにします。

省エネには家の高断熱化が必要

自家発電装置「エネファーム」の設置を推進するため、
今年も補助金が付くようです。
新築だけでなく、既設給湯器からの買い替えも対象です。

省エネ設備を設置しても、家の断熱性が悪いと驚くような光熱費の請求が
来ることになります。エネファームも国が推進している一方で
予想以上に光熱費が高いとして、裁判をしている方も見えます。

 

大手ハウスメーカーの家は省エネをうたっていますが、
工事中検査に入ると、壁の下から光が見えたりしています。
また、赤外線サーモグラフィーカメラで撮影をすると
たくさんの断熱欠損や熱橋が写ります。

「監督に光が見えている個所塞がないの」と聞くと、マニュアルを出してきて、
ふさぐようになっていませんという答えが返ってきます。
これらは、ここ数年で商品改良していくと思われます。

高断熱化は、使う材料などを間違えると壁内結露が起きます。
特に工業化住宅は、工場で断熱材をはめてくるため、運搬中や施工中に濡らせば
結露や材料腐朽の恐れが出てきます。

過去にあるメーカーが出した新商品は、全て床下がカビだらけだったように
今後、リフォーム含め高断熱化に各社力を入れていく中で、いろいろな失敗事例が
起きるでしょう。施工実績がないものには注意が必要です。

 

事例753『ユニットバス断熱施工不備』

今から20年ほど前のハウスメーカー時代、
電話だと記録が残らないので
FAXで連絡しろという会社命令がありました。
一時、自宅用にFAXが支給されたこともありました。

このところ、監督さんたちの電話による連絡ミスが多い。

私は日時や金額などは、メールなどで伝えます。
携帯しか持たない人へはショートメールを入れるようにしています。

 

■(1)今回の事例______________

「ユニットバス断熱施工不備」
_______________________

風呂気流止め

◆写真解説

ユニットバス床廻り、気流止め未施工(非基礎断熱仕様)。
床下からの空気が上がり風呂が寒い原因になる。

 

◆内容説明

ユニットバスの壁の周りには隙間があります。
そのため、1階にユニットバスがあると、
床下の空気が壁の周りに入り込む。
天井の点検口をあけると、強い風を感じることもあります。

ユニットバスが寒い原因は、床下の冷気であることが多い。

長期優良住宅やフラット35の省エネを選択すると
ユニットバス部で以下のどちらかの施工が必要になります。

・ユニットバス部のみ基礎断熱にして、外気を床下に入れない。
・ユニットバス床裏を断熱し、壁周囲は床下からの空気が
入らないように気流止めを施工する。
最近でも施工不備をよく見かけます。

 

◆対策

ユニットバス施工前に断熱施工内容の確認を行う。

 

==============================

■(2)編集後記

先回記載した床下で見た気持ち悪い虫。

具体的に記載すると
海辺によくいる「フナ虫」のような虫が
基礎のコンクリートが見えないくらい大量にいた。

LEDの明るいライトをあてると一斉にいなくなった。
家のどこへ行ったのでしょうか?

壁の中でしょうか?

樹脂サッシのシェア拡大

今日は京都府。昨日は三重県。
たまたまですが、どちらも東北など寒い地方の断熱性能仕様の家でした。

片方は売り建て、もう一つはレオハウス。
どちらもローコストなのに高い省エネ性能の家です。
これらの家の省エネ性能を知ってしまえば、バカ高いわりに省エネでない
一部の大手ハウスメーカーの家は選ばないでしょう。

現在、名古屋地区などの省エネ最高ランク基準で建てた家は
それほど、省エネではありません。
夏、最上階が暑い。冬、風呂が寒い、結露がすごい。隙間風が入るなどの症状は当たり前。
期待して住むと、がっかりします。

今後、住宅の省エネ仕様は、急速に上がると予想しています。
特に国産メーカーが生産を強化し出した断熱性能に優れた樹脂サッシは、
アルミサッシを衰退させるでしょう。

樹脂サッシ
↑YKKの樹脂サッシ。最近よく見かけます。

これから家を建てる方は、数年後、時代遅れの家とならないためにも、
断熱仕様をよく検討しましょう。

事例750『防湿フィルムの破れ』

この2日間寒かったです。
昨日は、名古屋西部や一宮の方で、結構雪に降られました。

こちらの方へ行くと、屋根に雪止め金物が付いている率も
高くなります。

 

■(1)今回の事例______________

「防湿フィルムの破れ」
_______________________
防湿材の破れ

 

◆写真解説

省エネ住宅でよく使われる高性能グラスウール。
換気扇開口部で、壁内結露防止のための防湿フィルムが破られ、
テープ処理がされていない。

 

◆内容説明

グラスウールを覆う防湿フィルム。

グラスウールは触るとチクチクするため、
その防止のためだと思っている大工さんが未だにおります。
ですから、防湿フィルムの耳を、柱の内側へ留めたりします。

室内の水蒸気が壁内へ入り、グラスウールを通過して外壁面に
達し、冬場結露を起こしやすい。
そのために防湿フィルムを室内側全面に施工する必要があります。

換気扇の開口部やスイッチBOXなどで、防湿フィルムをカットした
場合などは、気密テープで防湿層の隙間を無くさないといけません。

 

◆対策

壁や天井を張る前に、防湿シートの状態を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

ネットやチラシなどで大々的に営業しているにもかかわらず
建設業の許可を取ってないリフォーム業者が多い。

請負契約500万円以下ですと無許可でも営業できますが、
耐震補強などを手がけると、高額なリフォーム契約になる
こともあると思います。

無許可業者は、無許可で営業していれば、いくら欠陥工事をしても
罰せられることがないと思っているのでしょうか。

無許可業者でも大手の瑕疵保険会社が
保険を付けるので、消費者は安心だと思ってしまいます。

リフォーム工事のトラブルを減らすためにも
建設業許可の条件を改正する必要があると思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る