ブログ

事例1148 「地盤陥没」

このところ、写真の更新頻度が少なくなっています。
事例がないわけではなく、更新する時間が確保できません。

来週からの連休は、たまった仕事を片付けようと思います。

 

■(1)今回の事例______________

「地盤陥没」
_______________________

◆写真解説

基礎底の陥没。埋め戻した土地で転圧が不十分なため、
基礎工事をしている時から陥没が起きている。
家は杭で支えられるが、基礎下に隙間ができる可能性が高い。

 

◆内容説明

表土が軟弱であり、沈下の恐れがあることを
基礎業者に伝えていれば、陥没は防げた可能性がある。
特に指示をしなければ、職人は普通の転圧しか行わない。

小範囲な沈下なら、大きな問題はないが、
全体的に沈下し、杭が抜け上がった場合は、修理の必要性が生じる。

 

◆対策

地盤に応じた細かい転圧指示を基礎業者へ出す。

 

==============================

■(2)編集後記

大手ハウスメーカーの建築基準法違反を行政へ情報提供する予定。

1つは、すでに裁判の中で違法な施工を認めています。
裁判で開示された施工マニュアル自体が間違っているため、
今まで施工した現場全てに波及すると思います。

自ら行政へ間違いを申し出ると思いましたが、
そのまま無かったことにしようとしています。

もう1つは、これから裁判が始まる。
基準法違反は明らかですが、型式認定で逃げる可能性が高いと予想しています。

有名メーカーの対応

梅雨明け前に躯体の組み立てを行い、躯体がずぶ濡れ。
苦情を言った後も、養生が不十分で複数回濡れた。

工場生産の家で、濡れてはいけないものが多数あるが、
それらも全て濡れてしまった。

建て替えを求めたが、受け入れない。
安心するためにメーカー側でなく、第三者が乾燥確認することを提案したが
受け入れてもらえなかった。(私が入ることを拒否してきました)

このメーカーは、自らのミスでトラブルが起きても強気、
向こうから裁判で決着付けましょうと言ってくる。
一般的に契約をしたあとは、メーカーが強くなります。

大手でお客さんを大事にして、要望をできる限り聞いてくれるのは1社だけです。

 

 

海外不動産

最近、海外の不動産投資を勧める広告が目につきます。

海外不動産購入で心配なのは、売買の仕組みや税金その他、建物の品質。
安心して買うために、日本の会社やスタッフも増えています。

東南アジアのある国で建設中のコンドミニアム。
素人の購入者が現場を見るのはOK。日本の建築士が同行するのはNG。

そこの仲介業者は、日本の資本も入った会社。現場をプロに見せれば、
購入に至らないことを分かっているのでしょう。

売ってる人たちも品質に不安を抱いている。
短期所有以外は、買わないほうが賢明ですね。

 

 

 

 

 

マンション完成検査

今日は10階建てマンションの完成検査。
1K45世帯。1日で終わる予定でしたが、10世帯残しました。

1日、同じ場所にいる瑕疵検査より疲れました。
疲れの原因が、暑さのせいなのか、
同じことを繰り返しているのか、おそらく両方でしょう。

この時期、エアコンのない室内の検査も大変です。
水分をしっかり取っている割に、トイレに行きません。
汗で水分が出てしまうからでしょう。

 

 

苦しい言い逃れ

猛暑の中、日帰り出張でした。
現場では汗だくになりますが、すぐに乾く服を着ているので
電車に乗る頃には服は乾いています。

欠陥検査後、相手業者が嘘の言い訳をする例が連発しています。

設計図書や重要事項説明に、はっきり仕様が明記されているのに
記載は誤記で、その仕様で施工していないと言ってきた。
そんなことを言い出したら、図面や契約書類の意味がない。

また、不備は検査で見えた箇所だけで、隠蔽された箇所はきちんと出来ている
と写真を出してきたが、他の現場の写真でした。

嘘をつくのは、修理費用が膨大にかかるから。
また、今まで間違った施工をしてきて、他の家への波及も恐れていると思います。

 

 

 

通院

このところ通院で時間を取られ、
いつも以上にスケジュールに余裕が無くなっています。

通院と言いましても大したことではありません。
発端は、足底腱膜炎。それだけで治ればよかったのに
痛い箇所をかばい、おかしな歩き方をしていたため、関節などが腫れ出しました。

大した痛みではなく、仕事ができないものではありませんでしたが、
原因を調べるため、病院へ行きました。その後、追加の検査や処置でほぼ毎日通院。
今日は、大きな病院で、関節内に残っている異物を取りました。
あとは傷口の感染が無ければ、終わる予定です。

今回、いろいろ検査を受けました。レントゲンと血液検査は2回も行いました。
費用と時間がかかりましたが、骨などに問題が無いことが分かり安心しました。

完成した家を検査すると、何らかの問題が出てきます。
検査をして、安心が出来るケースは、ほとんどありません。

 

アパートの施工不良

レオパレスのような施工不備。レオパレスだけの問題ではなく、
他のアパートでも起きているという考えです。

先週、アパートのオーナーからの依頼で退去した1室を検査しました。
建物は木造3階建て。

1時間ほどの検査で、重大な構造と防火不備が発覚しました。
構造計算書を取り寄せ中ですが、おそらく基準法をクリアしていません。

同じ事例が昨年、ありました。
入居者を退去させ、大規模な修理を実施。
工事完了後、瑕疵保険が下りない事が決定。
工事期間中の家賃を施工者が支払うことができなくなり、現在裁判中です。

不備が出れば、1社だけの問題ではありません。
国は大手だけしか指導しません。中小は疑われなけば、不備がバレることはありません。

レオパレスやTATERUの問題。低層賃貸市場の縮小で、
今後は老人、障害者施設に被害が多くなると予想しております。

職人都合優先

朝から基礎の鉄筋を組んで、15時からコンクリート打設するので、
検査は13時からと連絡を頂いた現場がある。
こんな予定の組み方をされると、13時に行けない場合は何ともならない。

コンクリート打設を翌日にして、夕方か翌朝にでも、検査できるようにするのが一般的です。

完全に職人都合で現場が進んでいる。
納期が厳しいなら仕方がないが、そうでなければ、施主の都合(検査を入れること)を
優先すべきです。

小さな会社ではありません。大手の会社の例です。

 

事例1147 「壁内防火施工の不備」

雨の影響で、現場予定がいくつか遅れ
今日、明日に集中してきました。

朝から夕方まで現場予定がぎっしりです。

 

■(1)今回の事例______________

「壁内防火施工の不備」
_______________________

◆写真解説

省令準耐火構造の家。壁の下地に胴縁が施工されている。
横方向に隙間があり、所定の防火性能が確保できない。

 

◆内容説明

最近では、柱に石膏ボードを直接貼るのが一般的ですが、
昔は、胴縁を打ってから石膏ボードを貼っていました。

省令準耐火構造においては、横胴縁の施工はNG。
横方向500mm以下ごとに柱か間柱を入れ、
壁内を完全に仕切る必要があります。

写真は完成後の現場で横胴縁施工を確認。
壁を全て撤去しないと修理できません。

 

◆対策

省令準耐構造仕様を選択した場合、
大工工事中に、正しい施工が出来ているかチェックする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

完成検査で水道業者の手抜きを見つけることが多い。
最近の指摘率は50%を超えています。

床下を点検しない、点検しても不備には気づかないという
考えがあると思います。

狭い空間なので、床を組んだ後、施工するのは大変。
もう少し、設備業者の作業性を考慮した設計をすることも
必要だと思います。

質疑

木造住宅工事仕様書の基準のことで疑問があり
住宅支援機構、技術本部に電話をしました。

対応してくれた方は、話を聞いた後、
きちんと質問内容を把握するために、図面か写真を送って欲しと言われました。

私の場合も、間違って理解してしまう可能性がある場合は、写真などを求めます。
お互い手間ですが、正確な回答のためには非常に重要なことだと思います。

ワードに写真を添付し、説明を加えメールで送信。
10分後に回答があり、納得ができる回答でした。

役所に質問をすることもあります。
今までで一番期待外れだったのは「国土交通省」
特にグレーンについては、明快な回答を避けます。

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る