ブログ

事例1021 「断熱材の大きな空洞」

夕方から2時間、TVの打ち合わせ。

マスコミ関係者からの質問は、毎回興味があります。
業界内ばかり目を向けていると、気づかないことが多いです。

具体的なことが分かりましたら、告知します。

 

■(1)今回の事例______________

「断熱材の大きな空洞」
_______________________

◆写真解説

ウレタン吹き付けの大きな空洞。外側を確認し発見。
吹き付けしにくい箇所では空洞が出やすい。

 

◆内容説明

室内側から見るときれいに施工されていたが、
外側にまわると、空洞部が透けて見えた。

防水紙に直接、ウレタンが施工されていたため発見できた。
構造用面材などが施工されていたら気づくことはない。

傾向として、筋交い部や下地を先に入れた個所などで
空洞が起きやすい。

ウレタン吹き付けのシェア拡大に伴い、職人も増加傾向。

簡単な講習だけで職人として現場へ出ているケースもあるようで
不慣れな場合は、施工ミスが起きやすいと思う。

 

◆対策

施工の障害となる個所をできるだけ作らない。

 

==============================

■(2)編集後記

今日は1日、瑕疵検査。
規模が大きな建物のため、累計3日目の現場入り。

重大な手抜きの証拠を押さえました。
重大な手抜きは、目に見えない箇所で行われています。
壁をぶち壊し発見しました。

確認申請制度、瑕疵保険制度がありながら
未だに重大な欠陥住宅が造られてしまう。

確認や瑕疵保険の検査を「第三者検査」と呼ぶ業者が多い。
立場は第三者かもしれないが、発注者、受注者の関係が継続的に続く。
どちらの立場が強いか、当然、発注者(施工業者)です。

国の制度が万全でないことに気づいていない人が多いです。

TV取材のメリット

欠陥住宅の家を何件かTVで紹介しています。

(今月19日に放送されたCBC イッポウ)

相手業者が地元工務店レベルの場合、どこの会社であるか名前は出ません。
また、被害者の顔はモザイクがかかり、名前も仮名、声もかえられます。
それでも取材を受ける被害者の方のメリットは以下の2点。

・業者へ心理的な圧力をかけられる。
(ディレクターが業者のところへ突撃インタビューに行く)
・プロのTV局が無料でVTRを作ってくれる。

制作会社へVTR作成依頼をすれば100万円ほどかかります。
素人でも動画撮影できますが、
TV局が作成、編集したものとは分かりやすさが、雲泥の差です。

放送されたVTRをどう使うかは、被害者の方次第。

欠陥住宅であれば、どんな家でも取材が来るものではありません。
映像的に分かりやすい家ほど、TV局のOKが出やすいです。

「悪質コンサル」工事業者からリベート

今日、ヤフーニュースに掲示された内容をご紹介。

「悪質コンサル」工事業者からリベート

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000012-mai-soci #Yahooニュース

業界にいる人間なら「知らなかったの?」と言いたくなるニュースです。
コンサル以外に管理会社がリベートを取っていることもあります。

マンションだけではありません。
住宅をはじめ、いろいろな建物を建てるとき、
施主が知らないだけでリベートを取られているかもしれません。
何か便宜を図ってもらったのに、無料であったり、格安だと感じたことがあれば
裏があるかもしれません。

このニュースよりもっとひどい例も知っています。
あの国の組織が、あの上場企業が・・・

私がぶちまけなくても、知り合いの不動産、建築関係者に聞けば
いろんな話が聞けると思います。
くれぐれも、騙されないように気を付けてください。

 

 

 

 

報道番組

スケジュールがパンパンで、ブログを更新している暇がありませんでした。
週の後半は平常に戻ります。

夕方の報道番組に少し登場します。
東海地方だけしか映りません。CBCのイッポウ。
(中日新聞などのTV欄に紹介されています)

杭が大幅にずれていても、行政もどこも頼りにならない。
業者が簡単に逃げてしまうという内容。


(建物の下にない杭)

杭がずれている事実を書面で突き付けても、「間違っていない」と主張していたので
実際に十数箇所、大きく穴を掘り、(費用もかなりかかりました)
業者の代表、代理人の弁護士、杭業者を呼びつけ、現場を見させました。

相手の反応は・・・・

明らかな重大なミスを犯しても責任を取らない。行政も動かない。
業者選びの重要性を考えさせられる内容です。

省エネ施工

150KM先の現場へ行っていました。
良い天気で車も多く、事故も多く見かけました。
新東名の静岡県区間。死亡事故は土日に集中しているようです。
土日出かけられる方は、気を付けて運転してください。

今日の現場も、床下の気密処理が全くできていない。
性能が良いサッシを入れているのに肝心な断熱材施工が不十分。

省エネの基準が厳しくなって、建材の性能が上がっても
正しい施工方法の現場での認識率が低いです。

省エネ化の流れが今後も続きます。
省エネ性にこだわるなら、施工者の知識を事前に確認することが必要です。

 

 

気密

近年、断熱材の種類でウレタン吹き付けが増えている。
ウレタン吹き付けにすることで「高断熱、高気密」をうたう会社も多い。

注意点は、ウレタンを屋根、壁に施工しても、1階床できちんと気密を取らないと、寒い家になる。
暖かい空気は上に上がり、冷たい空気が床下から入ってくる。

高断熱、高気密の家なのに暖房が効かないという家を見てきた。
原因調査の一つとして、気密測定を実施。
私の予想では3.5CM2/平米。
結果は、予想が外れ、スカスカすぎて測定不可能でした。

原因は1階床が隙間だらけ。

床下にポリスチレンフォームの断熱材を入れているので、気密が取れていると
設計した建築士は思っていたらしい。

現場カットで真っすぐ切れなかったり、
木がやせて隙間が出るため、大引きの間に挟んだ断熱材だけでは気密は取れない。

未だに高気密は悪。気密は高くしない方が良いという人がいます。
そんな人に家を造らせると、寒い家が出来てしまいます。

 

 

 

現場品質を安定させるための有効な手段は?

現場品質を安定させるための有効な手段は?

社内検査の強化。職人対し定期的に試験を実施する。品質パトロールをするなど
いろいろな対策がある中、どれも完全ではないようです。

検査を簡単に済ませてみたり、その日は忙しいからと手を抜いてみたり、
パトロールの時だけ気を付けるなどするからでしょう。

先月、週刊誌で取り上げられたハウスメーカーで契約した方から
何件か検査依頼を頂いた。

現場へ行くと、あのニュースが出てから丁寧に仕事をしているように感じる。
今、手を抜こうものなら、再度取り上げられる可能性もあり
職人がいつも以上に気を付けているのだと思う。

常日頃から職人に対し、丁寧に施工せざるを得ない環境を作ることが
品質安定のための良い手段だと思います。

そういった意味では、我々が検査に入ることも有効だと思います。

地元ではそこそこの規模の工務店。
現場管理のレベルはかなり低い方。それにも関わらず、品質は比較的安定している。
理由を探ると、手抜きが発覚した場合、かなり厳しい罰があるらしい。
その反面、良い仕事をしていれば、仕事を切れずに与えてもらえる。

職人も安定を求めるため、仕事が無くなるのが不安。
その心理をうまくコントロールしていると思います。

事例1020 「床下のゴミ」

この雨で、明日からの現場予定が動いています。

新築検査はどうしてもこの日に来て欲しいという依頼が多く、
スケジュールを組み直すのがやや大変です。

 

■(1)今回の事例______________

「床下のゴミ」
_______________________


◆写真解説

床下点検口をあけるとゴミだらけ。断熱材も落ちている。
見えない箇所が雑=他に大きな瑕疵がある可能性が高い。

 

◆内容説明

床下がゴミだらけなのは、、設備職人の品質意識が低い証拠であり、
社内検査も行われていない可能性が高い。

床下が汚い家を検査すると、重大な瑕疵が発覚するケースは100%に近い。
この家も基準法違反、構造の瑕疵がいくつか発覚した。

品質が良い家は、見えない部分も手を抜かない。

 

◆対策

引き渡し前に床下点検口をあけてみる。

 

==============================

■(2)編集後記

3月末に痛めた筋肉を、再度日曜日の夕方に痛めてしまった。

今回、程度は軽いため、仕事に支障はありませんが、
再発を防止しないといけません。

床下や屋根裏で無理な姿勢を取ることがあり
筋肉が固くなったり、落ちてくると、体を痛めやすいようです。

年頭に今年は体のケアをしようと考えていました。
継続できる体つくりを何かしたいと思います。

発言

今週土曜日まで、久しぶりに県外へ出ない予定。
先週はほとんど毎日県外へ出ていたため、最近では珍しいです。

夕方確実に事務所に戻るため、夕方以降、打ち合わせが毎日入っています。

 

普段、遠慮なく発言しています。
褒めることもあれば、ダメ出しをすることもあります。

業者を褒めると、私と業者とつながっているのかと疑うお客さんも見えます。
ダメ出しすると、ほとんどの業者は、顔色が変わり、言い訳をしてきます。

結果を気にしていたら、言いたいことが言えなくなります。
言いたいことが言えなくなったら、この仕事を辞めたほうが良いと考えております。

事例1019「かぶり不足」

名古屋の桜は、ほぼ満開。

今週末も予定が一杯ですし、
天気もしばらく雨のため、今年も花見はできそうもありません。

 

■(1)今回の事例______________

「かぶり不足」
_______________________


◆写真解説

コンクリートの調査。
表面に機械を当たるだけで、鉄筋、電線等の位置、厚さ、
大きな空洞など、内部の状況が分かる。
写真はかぶり不足(30mm以下)を表示している。

 

◆内容説明

電磁波レーダーを当て、コンクリート内部を調査。

作業をしながらモニターの画像で、即時に鉄筋位置、
コンクリートの厚さなどを確認できる。

写真は鉄筋位置が近い表示が出ている。
詳しく調べると、最低かぶり厚さを確保できていない。

 

◆対策

コンクリート内部の調査は、機械の進化で容易になりつつある。
あとから調べてもNGが出ないように、基準どおり施工をしておく。

 

==============================

■(2)編集後記

瑕疵調査に入った相手業者から攻撃を受けることは、
過去に何度かありました。

一番側近では昨年、1件ありました。
こういうケースは、相手が無法者であることが多い。
馬鹿馬鹿しいことを言ってくるので、面白い面もあります。

最近検査に入った現場の依頼者から、業者の攻撃を懸念する連絡がありました。

対応は慣れているので、何の問題もありません。
面白いことをやってくれば、マスコミ向けのネタになるかもしれません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る