ブログ

事例1082 「ビス間隔が遠い」

昔、勤めていたハウスメーカーでは、集合住宅の部署に居ました。
どうしても移動が多い3月に完成が集中するため、
昔から3月は忙しいイメージしかありません。

検査の仕事も、1年で3月が一番忙しいため、
4月になると少しホッとします。

 

■(1)今回の事例______________

「ビス間隔が遠い」
_______________________

◆写真解説

耐力壁石膏ボードのビス間隔。規定100mmのところ150mmで施工。
耐力不足。緑のテープはビスの位置(磁石で確認)

 

◆内容説明

ビスが少なければ、その分耐力が落ちる。
石膏ボードで耐力を取るのは、主に2×4住宅。

窓などの開口がない壁は、耐力壁としているケースが多い。

石膏ボードは、合板などに比べると、耐力は小さいが、
数が多いため、ビスの不備があると、かなりの耐力減となる。

在来工法になれた大工さんが施工すると間違いが起きやすい。

 

最近、裁判で和解案が出た事件は、このビス間隔不備を認めてもらいました。

その一方で、同じ裁判所で審議している別の事件では、
認められない雰囲気になっています。
もちろん、裁判官、専門委員は同じでありません。

同じ内容の瑕疵でも、判断が真逆になることも珍しくありません。
事前の予想が難しいのは、こういった理由があります。

 

◆対策

クロスを貼る前にチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

ドローンについて、少し調べてみました。

住宅の調査で使おうとすると、墜落のリスクを考え、小型が良い。
小型の一番のデメリットは、飛行時間がかなり短い。
電池が軽い分、仕方がないです。

飛行時間が飛躍的に長くなれば、実用化が進むと見ています。

電池以外にも、今時点でいろいろ問題がありますが、
将来的には解消されていくと思います。

 

下手くそな出来栄え

完成検査で伺った現場。大工さんの仕事に呆れました。
各所、素人の仕事かと思える出来栄え。
これから引き渡しまで、かなりやり替えないと、まともにはなりません。

職人不足で、需要があるため、下手でも使ってくれますが、
建て主はたまったもんではありません。

多少の腕の差は仕方がないとしても、今回見た仕事は、
お金をもらえるレベルの腕ではなかったです。

こういう例は、稀ではありません。
年に数件、見かけます。

 

怪しいチラシ

3月末は毎年、忙しいです。
今週は予定がぎっしり。あと数日、過密スケジュールをこなさないといけません。

自宅に「排水管高圧洗浄」のチラシが入っていた。
通常30,000円~50,000円が、キャンペーンで3,000円と書かれています。

チラシをよく見ると、小さく「1箇所3,000円」、さらに
4Mを超えると割り増しとあります。

つまり3,000円ではおさまらない。
排水管を隅々まで全て行えば、通常の3~5万円になるでしょう。

過去にこの手の清掃を入れて、作業完了後、漏水チェックと理由を付けて業者が床下を点検。
基礎が危ないと煽られた方も見えます。

怪しいチラシの業者には頼まない方が良いです。

明日は、リフォーム詐欺にあっているかもしれないという現場を見てきます。
詐欺が事実であれば、早めに手を打たないといけません。

 

事例1081 「かぶり不足」

昨日、今日は近くの現場ばかり。

明日からやや遠く(150KM~200)の出張が続きます。
暖かくなってきたので、車のタイヤもスタッドレスから普通タイヤに換えました。

 

■(1)今回の事例______________

「かぶり不足」
_______________________

◆写真解説

下の地盤が雨で緩み、サイコロが沈下、かぶりが無くなっている。
コンクリートを流し込まれると分からなくなる。

 

◆内容説明

基礎下の地盤はしっかり転圧しているはずですが、
雨が降っただけでぬかるんでしまう現場が多い。

写真は地盤が緩く、人が乗っただけで、サイコロが沈み、
かぶりがほぼゼロになっている状態。

コンクリートが鉄筋まわりに十分まわらず、
耐力不足、早期の劣化などが懸念される。

スラブ下のかぶりは、建築基準法施行令第79条の規定を守り6CM以上確保する。

 

◆対策

コンクリート打設前にチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

今回の例、現場担当者が基礎配筋検査日を間違えて認識していた。
そのため、急遽現場へ行き検査を行った。

タイミングが悪ければ、そのままコンクリートを打たれていた事例。

ほぼかぶりゼロは、裁判所も建て替えを命じる可能性が高い瑕疵。
検査出来て良かったです。

コンクリートを打った後でも、かぶりは非破壊で確認出来ます。
ただし費用は高額になるため、前もって見ておくことが良いです。

この状態で瑕疵保険の検査は合格していた。
第三者検査を頼まなければ、重大な瑕疵が隠されるところでした。

ドローン活用

特急列車で移動中です。
検査機材をたくさん持って、欠陥修理後の是正確認に伺います。

6月にテクノロジーNEXTというイベントに登壇し、
テラドローン、徳重社長とクロストークを行います。
私が担当する内容は、最新のテクノロジーを検査や点検へどう活用するか。
※このイベントの詳細は分かり次第ご案内します。
入場料もかなり高額で、内容も個人向けではありません。

顔合わせのため、徳重社長にお会いしました。
(電動バイク、テラモータースも経営されています)
https://www.terra-drone.net/

ドローンの活用は、出来たらいいなと考えていましたが、
お話を伺い、実用化が予想以上に進んでことに驚きました。

特に外部を3D撮影し、屋根や外壁の面積が出せることには驚きました。
正確な面積が出せれば、計測、計算作業の軽減、その他、面積をごまかす事が出来なくなり
悪徳リフォーム業者の追放にもつながります。

今後、メンテナンスや検査などで急速に活用されると思います。
弊社がドローンを持つのも、早いと思います。
徳重社長には、実現して欲しい内容を伝えました。

 

 

住宅以外の検査

昨日は昼間の現場を終えたあと、夕方から2時間の相談、
そこからさらに21時からの打ち合わせをこなしました。

今日、明日は続けて出張。
朝早く出社し、出かけるまで書類を片付けました。

たまに住宅以外の検査依頼を受けます。
現在、新築検査を行っているクリニックの新築工事。
ベテランの頼りになる現場監督さんが常駐するという、
戸建てのお客さんからしてみれば、うらやましい現場。

ただ、検査に行くと、いろいろ施工忘れを指摘します。

見ていると現場監督は常に忙しいそう。
広い現場で、一人で品質チェックをするには無理かもしれません。
この監督でなければ、もっと滅茶苦茶な現場になっていると思います。

他にアパートなどの検査依頼も頂いております。

 

 

 

品質意識

祝日でも予定が一杯でした。毎年3月は休みが取れません。

この長雨で予定がずれています。基礎の工程が延びているためです。
一昔前は、雨でもコンクリートを打つ業者が多かった。
最近は、ほとんどの業者が打ちません。

少しづつではありますが、品質意識が高くなっていると感じます。

 

 

 

 

事例1080 「24H換気扇工事の不備」

名古屋も桜が開花しました。

地元の桜まつりは、日程が固定されているため、
例年より1週間も早い開花は、祭りの頃には花が散っていると思います。

 

■(1)今回の事例______________

「24H換気扇工事の不備」
_______________________

◆写真解説

24H換気。接続ミスで給気の箇所が排気になっている。
(写真はティッシュペーパーで吸排気を確認)

 

◆内容説明

本体のダクトの接続位置を間違え、吸排気が反対になった。
設計通りでないでないため、換気計画が狂う。

24H換気は、実際に確かめないと
吸っているのか、給気しているのか分かりにくい。

吸排気口に表示があれば間違いは減ると思う。

 

◆対策

完成検査時にチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

見積書をごまかされ、返金請求している事件をサポートしている。
見積書の数字を足していくと、何百万円も合計が多い。

パソコンで見積書を作る時代に、まさか計算が間違っているとは思わず、
計算ミスに気が付いたのが代金支払い後。

明かなミスなので、当然返金されると思っていましたが、
裁判所の判断は、どうも怪しい感じ。

加算された額は、高額であっても、家の価格は一般的な範囲内。
金額に納得して契約している以上、計算ミスに気付かなかった自己責任。
なかなか厳しい判断です。

 

 

保証切れ

この週末も現場に出ています。
現在、書類が溜まっているため、現場以外の時間は書類作成に忙しいです。

保証切れに注意。
相手に重大な過失があっても、重大な欠陥でも
保証期限が過ぎていて、業者が知らないと言えば、自己負担で修理するしかありません。

中には、保証が切れてからでも、施工時の過失が明らかであれば
無償修理をしてくれる会社もあります。

今週立ち合った現場は、10年を過ぎた家でしたが、雨漏り修理を無償で行っています。

倒産の可能性が低く、責任をいつまでも負ってくれる会社を選びましょう。
ただし、そんなことはスーモカウンターなどでは教えてくれません。
情報を集めるしかないです。

雨漏り検査

雨漏り検査依頼が多いです。

たまに、以前検査をしてまた漏ったという依頼もあります。
先日伺った現場は、修理の際に防水が切れて、同じところが漏れていました。

今月もあと数件の予約が入っています。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る