ブログ

事例1042 「アンカーボルトの錆」

今日は昨日と一転、蒸し暑かったです。
久しぶりに汗もたくさんかきました。

明日は、大手メーカーの手抜きを暴く検査。
申し訳ないと一度は言いながら、態度を一転、逃げています。

大きな現場で1日かかりっきりになります。
遅くまで検査する予定で、連絡が取りにくいと思います。

 

■(1)今回の事例______________

「アンカーボルトの錆」
_______________________

◆写真解説

約築50年の家。アンカーボルトが錆びて膨張、コンクリートを割っている。
躯体が基礎に緊結されてなく危険な状態。

 

◆内容説明

意外ですが、木造のアンカーボルトに関する規定は基準法や告示でうたわれていない。
品質においても、指定建築材料から外れているため、法的な制限を受けない。

役割的には重要な部材であり、建築学会やフラットの仕様書などでは、
きちんと規定が決められている。

今回の例は、錆に対し50年持たなかった。
今現在は長期優良住宅が一般化。
アンカーボルトは交換することができない。家を壊すまで持たせる必要がある。

裁判で品質が疑わしいアンカーボルトの使用を瑕疵だと主張したことがある。
特に違いがあるのがメッキの性能。
耐久性に関わることであるにも関わらず、主張は退けられた。

 

◆対策

木造住宅で使用する構造金物。
Zマークなどの品質が確かである認定品を使用する。

 

==============================

■(2)編集後記

単発の検査申し込みがかなり入っております。
新築検査の予定を優先しながら、順番にこなすため、現在の待ちは約2~3週間。
内容と場所によっては早めに予定を組めることもあります。

依頼するかどうか迷っている場合は、予定を押さえることもできません。
検査を急ぐ場合は、早めに検討されることをお勧めします。

個人メディア

久しぶりの現場。今日は1日涼しく、体が楽でした。

先日、在京キー局から取材、出演依頼が来た。
初めての番組で、担当者も初めての人。

しかし、企画書を見てやる気が無くなった。完全に他所のパクリ。
目新しさは一つもなく、やる意味あるの?と疑問に思いました。
欠陥がテーマの場合、深く突っ込めない。身を守るため、無難なところを狙う。
これだからTV離れが進むのだと思う。

私も何でも受けるわけではない。担当ADの非常識な一面も見えたため
今回は、協力しないと決めました。

10年前と今とを比べると、TV局も大きく変化している。
いろいろ制約があり、予算もなく、自社の都合ばかり考えるTV局の放送が面白いわけがない。
ある程度、好き勝手にできる個人の発信の方が面白い。

今現在、動画を撮ったり、見たりする環境は当たり前に整っている。
ユーチューブへのアップロードも簡単。小学校低学年のユーチューバーもいる。

欠陥住宅に関する動画の投稿も、増えていくでしょう。
もし、配信する立場である場合、怒りに任せて、配信することはお勧めしません。
冷静になって内容をよく考えてから、配信しましょう。

 

 

 

 

 

ミス防止策

昨日1日で3冊の本を読み、夜は家で映画を見たりして過ごしました。
体を動かさないのは久しぶり。その理由は、2週間前に痛めた怪我の回復が悪いため。
痛めた箇所をしっかり休ませました。

検査に行った際、監督と雑談をしたり、質問することが多いです。
よく質問するのは、ミスの防止策を何か行っているか。

一番多い防止策は、施工基準を図にして職人へ渡す。

ある大手メーカーは、職人に対し定期講習、認定制度を設けている。
正しい施工方法、基準を覚えないと仕事ができない仕組みになっている。

このような取り組みをしている会社は、品質への意識が高い。

ただし、それらを実施してもミスや手抜きは起きる。
図を渡されても良く見ていないとか、
頭の中では分かっていても、楽をしたい気持ちから、手を抜いてしまうからでしょう。
車の運転で、法規を知っていながら、つい違反を犯してしまう事と同じだと思う。

最終的には、現場検査を厳密に行わない限り、ミスや手抜きは無くなりません。

将来的に、ロボットが現場を見張り、ミスを指摘する時代が来るでしょう。
すでにどこかの会社が開発を進めているかもしれません。

 

 

 

 

 

ミス防止を考えていない商品

休み前で昨日まで現場予定が一杯。
昨日は、渋滞にはまりながらも、何とか予定どおりスケジュールをこなしました。

今日から4日間は現場予定なし。
暑い中、現場に出なくてよいのはうれしいです。
欠陥検査の書類作成、原稿書き、本を読むなどして過ごします。

 

日々、検査をしていて、現場でのミス防止措置が足らないと感じることが多いです。
一つの例を紹介します。

写真が鮮明でなく、少し見ずらいですが、
2種類のホールダウンボルトの写真。
メーカー、形状、太さ、色が同じ。
違いは、引き抜き力が違う。(上部の商品の方が強い)

メッキ性能確保のため、色分けが難しく、同じ色になっていると思います。
2種類のボルトが現場に入った場合、長さが同じであれば、間違える確率は高い。

職人や監督がパッと見てわかるような製品つくりをメーカーに求めます。

省エネ化の知識

車、住宅の省エネ化が進んでいます。

将来的にはガソリン、ディーゼル車が無くなるのは確実でしょう。
バイク好きの私にとって「ハーレーダビッドソン 」の商品がどう変わって聞くか楽しみです。
モーターだけのハーレ。振動、排気音なし・・想像できません。

プレハブメーカーの一部で、省エネ化が遅れています。
商品開発や工業化認定を取るのに莫大な費用がかかるからでしょう。

どこかで転換しないと確実に時代遅れになります。
省エネの進化は今後、早まると予想します。

住宅の実務者でも、省エネ知識がある方は、まだまだ少ない。
買う側も知識を持って、計画することをお勧めします。

住宅の省エネ本のおすすめ。
ホントは安いエコハウス 松尾和也 著 日経BP社
http://amzn.asia/gZPlERS

日経ホームビルダーに連載しているときから、興味深く読んでいました。

強くお勧めできる本です。

 

移動の多い1週間

移動の多い1週間。
北から始まり、今日は西、明日は東、明後日は南。

夏休みで人出が多く、いつもより道路など混んでいます。

この時間(20時前)もまだ移動中。日付が変わる前には帰れそうです。

事例1041 「ひび割れからの雨漏り」

台風5号。
進路が外れることを期待していましたが、多くの地域を通りました。
明日、検査に行く方面は、今回の台風の影響で被害が出ているようです。

雨漏り調査の依頼も数本、来ています。

 

■(1)今回の事例______________

「ひび割れからの雨漏り」
_______________________

◆写真解説

基礎のひび割れからの漏水。
基礎立ち上がりのひび割れは、貫通していることが多い。
幅が広いと内部に雨が入る。

 

◆内容説明

コンクリートは水密性があるが、ひび割れやジャンカなどがあると
そこから雨が入る。マンションなど鉄筋コンクリートの建物は、
ひび割れからの雨漏りに結構、悩まされている。

木造や鉄骨でも基礎はコンクリート。
写真のようにひび割れから水が入る恐れがある。

住宅の基礎の場合、入る水の量は少量で、天気になればすぐに乾くでしょう。
ただし、内部の鉄筋が水、空気にさらされるため、早期に錆びる。
耐久性の問題も大きい。

 

◆対策

幅0.15mm(諸説あり)を超えると水漏れを起こす。

外部に面するひび割れは、早期補修が必要。

 

==============================

■(2)編集後記

欠陥住宅でメーカーと話し合い中の依頼者から
「建て替え」が決定したという、うれしい報告がありました。

今年に入り、その他に
建て替え(調停) 1件。
契約解除(任意の話し合い) 1件。
全面やり替え(任意の話し合い) 1件。

なかなか、良い結果が続いています。

その反面、裁判を行っている事案は、勝ったとしても、削られる部分も多い。

これまで多くの紛争に携わってきて、闘い方のデータ、コツがかなり蓄積されてきました。
一生で一番高い買い物で、欠陥をつかみ、苦しい闘いをしてきた人たちの
苦労が報われるよう、今後の業務に生かしていきたいと思います。

また、メーカーが安易に裁判へ逃げることができないような、
被害者救済のシステムつくりも実施したいですね。

 

 

台風5号接近

朝、三重県、愛知県に暴風警報が発令。
午前中、出席を予定していた調停も中止になりました。

この調停は、進展が遅く、今回から少し前に進むかと思っていたところの延期。
解決までまだまだ時間がかかりそうです。

午後からの現場予定は予定どおり。
大雨の外部検査はやりにくいです。

これから近畿、東海地方、ますます雨風が強まります。
十分にお気をつけください。

 

情報アップデート

このところ移動ばかりで、久しぶりに事務所の椅子に長く座っています。
溜まっている仕事を順番に処理、まだ終わりが見えません。
今週も移動がかなり多いです。

一昔前のやり方で施工されている現場を続けて2件見た。

建築工法、材料は年々変化し、5年くらいで結構違いが出ることもある。
今回見たのは20年前くらいのやり方。
設計者、現場監督、大工さんの知識が古い。

私のように、いろんな会社を見ていれば、常に情報はアップデートできる。
一つの会社だけの仕事をしていると、情報が古いままになる可能性が高い。

2件とも共通しているのは、設計者がかなりのベテラン。
建築士の番号から、おそらく70代くらいだと思う。
施工者も昔からのコンビで同じ年くらいだと思われる。

やり方等が古いと何か弊害になるか。

・法律、基準に適していない家ができる恐れがある。
・仕様が古いと、新築を建てても、未使用の中古住宅を買ったようになる。

これから省エネ等、ますます家は進化していくと予想します。
建築士や施工者が情報をアップデートしているか見極める必要があります。

 

 

 

 

事例1040 「気密シート未施工」

自宅の寝室は2階建ての2階にあります。
今年の夏、エアコンを入れたのは未だ1回だけ。

夜は涼しいです。

家のある場所は標高50Mほど。
北側に大きな県の公園がありますが、環境は市街地です。

天井断熱材、風通し等を考慮して家をつくれば、涼しい家になります。

 

■(1)今回の事例______________

「気密シート未施工」
_______________________

◆写真解説

居室直上、バルコニー下のウレタン吹き付け。
外側に通気層がなく、室内側に気密シートの施工を図面で指示をしているが、施工し忘れた。
湿気が抜けず、結露を起こす恐れあり。

 

◆内容説明

ウレタン吹き付けにも種類があって、木造住宅で多く使われている
硬質ウレタンフォームA種3は、グラスウール同様、透湿性が高い。
そのため、外側には湿気を排出する通気層が必要。

ウレタンは、湿気を通さないイメージがあるため、
通気層を省略する場合でも、気密シートを忘れてしまう現場が多い。
湿気がこもり、冷えた部材に接すると、結露を起こす。

グラスウールやロックウールでは、気密シートを省略しないケースがほとんど。
ウレタンは、気密シートを省くことが多い。
(工務店さんによっては安全のため、気密シート施工を標準としている)

ウレタン吹き付けの家で、湿気が高いという申し出で伺うと、
通気層への水蒸気の排出が機能していないことが多い。

 

◆対策

ウレタン吹き付けの場合でも、気密シートの施工等
湿気対策を考慮する。

 

==============================

■(2)編集後記

今年は結露の相談が多いです。
原因は、家の中途半端な気密化だと考えております。

省エネ化が進み、断熱施工などが一昔前より変化しています。
新しいことにチェレンジすれば、失敗が出る可能性は高いです。

ここ数年は、結露被害が増えると思います。
実績が少ない工法や材料に飛びつくのは危険です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る