ブログ

事例1087 「鋼製火打ち梁、座金未施工」

連休後半、現場予定を入れなかったため、
今週は現場予定がほぼ、埋まっております。

週末も休みなしで現場へ出ます。

 

■(1)今回の事例______________

「鋼製火打ち梁、座金未施工」
_______________________

◆写真解説

鋼製火打ち梁、ボルト部の座金未施工。最近検査でよく指摘をする。

 

◆内容説明

木製に代わり、最近では鋼製火打ちが主流になってきた。
ボルト接合部で、材へのめり込みを防ぐため、座金を使用するのが一般的。
施工マニュアルを見ても座金使用がうたわれている。

また、基準法施行令にも記載がある。

建築基準法施行令 第3節木造 第47条2
・・・ボルト締には、ボルトの径に応じ有効な大きさと厚さを有する座金を使用しなければならない。

火打ち本体が鋼製のため、座金は要らないと大工さんが勝手に判断しているケースもある。

 

◆対策

構造検査時に全数チェックをする。

 

==============================

■(2)編集後記

この連休、子供のリクエストで、1日だけ春スキーに行きました。
標高2000M超にあるゲレンデはこの日、猛吹雪。
気温も低く、春スキーという雰囲気には程遠かったです。

駐車場でブーツに履き替える際、腰に違和感が出ました。
滑るには問題のない痛さのため、1日滑り切りました。

最近、腰の違和感を頻繁に感じるようになり、針治療だけに頼るのは、無理がある。
なので、腰を鍛えることにしました。

鍼灸師やスポーツトレーナーによると
私の腰痛の原因は、お尻の筋肉にあるそうです。

原因が分かれば、そこを集中して鍛えます。

「テクノロジーネクスト2018」

明日から6日まで事務所を休みにします。
休み前で、今日は相談を連続で入れています。

「テクノロジーネクスト2018」の紹介
http://tech.nikkeibp.co.jp/campaign/2018/tecnext2018/?i_cid=nbpnxt_infor_nxt_180418tnxt

私は6月18日の「建築・住宅×IT・ロボット・AIが生む新ビジネス」に登壇します。

今、メインで乗っている車はセンシングが付いています。
最初、疑っていたスタッフも、最近、高速道路ではセンシングに頼っています。

この技術、建築の分野でも使えます。
すでに大手ゼネコンや大学等が研究を進め、可能性は確かです。
そう遠くない将来、検査、点検はAI・ロボットが行うでしょう。

これらの技術の可能性を知ってから、この先、長く仕事をしようとするなら、
検査の仕事を引退前に辞める時が来るだろうと思っております。

AIに奪われる仕事という話題をよく目にします。
私の仕事に限らず、最近では時代の変化が早く、仕事は10年15年で
変えていくことも必要だと言われています。

検査の仕事を辞めて、次に何をするか、休みの間に考えたいと思います。

 

現場のマナー

構造検査に伺った現場。大工(50代後半)の態度が悪かった。

保険の検査員は、恐縮し、ささっと帰ってしまった。
現場に入った瞬間に、態度の悪さに気づきましたが、
あえて何こちらからは何も言いませんでした。

こちらが黙って検査をしていると、
材料を投げたり、ぶつぶつ言ったり、早く帰れという態度。
いい加減、目にあまったため、ある一言を言ったら、急におとなしくなった。

住宅系の雑誌で、職人や監督の現場マナー教室という広告を見たことがある。
需要はないだろうと見ていましたが、そうでもないようですね。

 

 

 

事例1086 「気密シート切れ」

3連休の最終日、やや道路は混んでいました。

後半の休みは、道路渋滞も激しくなると予想されています。
高速で移動する現場予定は入れておりません。

 

■(1)今回の事例______________

「気密シート切れ」
_______________________

◆写真解説

屋根の気密シートを貫通する電気配線。
気密テープの隙間があり、気密切れの原因となっていた。

 

◆内容説明

気密工事後に配管施工をして、気密が切れることが多い。
設備屋さんの多くは、気密の事を理解していない。

気密測定をしないと、気密切れは見落としやすい。
高い省エネ性を目指す場合、気密測定は必要です。

最近、気密測定に立ち会う機会も増えています。
注意点などを今度紹介したいと思います。

 

◆対策

設備貫通部の処理をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

最近の外壁塗り替え業者は、非常に親切です。
無料で点検を行い、報告書まで出してくれます。

その報告書に施工当時の不備も記載されます。
不備の大半は、サイディングやタイルの浮きなど、雨漏りに関する部分は少ないため、
修理が自己負担になります。
築10年以内で雨漏りに関することであれば、施工者に修理要求できますが、
大半は10年過ぎてから塗り替えを検討するため、保証切れになっているケースが多い。

短期保証が切れる前(通常1~2年)に、外壁なども点検することをお勧めします。

 

ミス情報の共有

朝7時過ぎからの検査を終え、アシスタントと合流し、構造検査に向かいます。
そのあとは、結露で腐朽した屋根のやり替え工事の確認に行きます。

 

最近、省エネ化の影響で結露が非常に増えています。
先日も、この施工では屋根が結露すると指示したところ、相手はピンと来てない。
一度、自分で経験し、痛い目に合わないと、分からないものです。

建築業界は、失敗を隠す傾向にあり、失敗の情報を消去したがる。
(前に読んだ本によると、医療業界もそうらしい)
本来、再発防止のため、全社員、関係業者へ失敗事例を伝達すべきです。

業者向けのセミナーでこの言葉を紹介します。
「他人の失敗から学びなさい。あなたは全ての失敗ができるほど長くは
生きられないのだから」 エレノア・ルーズベルト

会議の一部をミス共有の時間にあてて欲しい。
また、若手は経験が少ないためベテランから失敗事例を教えてもらうべきです。

私が日経ホームビルダーで連載している記事の内容は、まさに他人の失敗。
会議の資料として使ってください。

航空業界は、会社を飛び越え、業界全体に失敗事例が伝わるようです。
飛行機事故が確率的にかなり少ない理由は、同じ失敗を繰り返さないことにあります。

 

なれ合い

瑕疵検査からの帰り。
行きは、直前で事故により高速道路が通行止め。
遅れると思いましたが、早めに出発したため、ぎりぎり約束時間に間に合いました。

検査で構造計算のミスを指摘。
間違いを素直に認めないため、責めたてたところ、
下請けを責めないで欲しいと、ハウスメーカーの担当者が言ってきた。

構造のミスは安全性に関わること。甘やかしてはいけないと思うのは、
古い考えなんでしょうか。

 

 

杜撰な施工で雨漏り

先月、雨漏り検査に行った現場。
原因は「施工が杜撰だ」と書類にはっきり書いた。

書類を見た施工業者は、依頼者を介し、
書類の内容に異議があると言ってきた。
さらに雨漏りしない約束をした覚えはないみたいなことを言っているらしい。

ひどい雨漏りで、過失は明らか。
バカを相手にするほど暇ではないため、訴訟を勧めました。

少し前に書いた、雨漏りでハウスメーカーが責任逃れしている件。
意見書を送りつけ、TVを入れようとした途端、突然、動きがありました。
修理してくれるならTVは止める予定です。

もし中止になったら、この現場に代えます。
私に直接文句を言いたいらしいので、カメラをスタンバイさせて
呼び出すのも良いですね。

びっくりするくらい杜撰な施工で、大量の雨が室内に漏ります。
そのうち画像を公開します。

 

裁判参加要請

月曜日は裁判、昨日はセミナー。
2日間、現場予定を入れられなかったため、スライドさせた現場検査が詰まっています。
このまま、検査予定が連続し、GW前半は休みが取れそうにありません。

「裁判所の専門員の建築士が黒を白だと言っている。
反論できる証拠が欲しい。また、デタラメを言わせないように
次回、裁判に同席して欲しい」という依頼がありました。

裁判に参加するのは構いませんが、時間が取られますし、費用も掛かります。
また、裁判官を前にして、専門委員にダメ出しするのは少し勇気が要ります。
それでも、デタラメな判断がまかり通らないように、出席したほうがいいケースもあります。

裁判所での専門的な判断はAIが行う時代が来るでしょう。
そうなれば、消費者側が勝つ確率も増えると思います。

昨日のセミナー会場。会場は広く、ダブルスクリーンは初めて。
参加者は約200名。
普段、現場でインプットしていることをアウトプットさせていただきました。

 

 

裁判所

証人尋問に呼ばれ、遠方の裁判所へ行ってきました。
工事による車線規制が多く、思ったよりも移動に時間がかかりました。

今回、途中1度も裁判に出席してないため、相手側の情報を知らない中での参加。
不安に思っても仕方がないため、出たとこ勝負みたいな感じで挑みました。

尋問を受ける時は、裁判官の正面、法廷の真ん中に1人で座ります。
初めての時は緊張しましたが、今は慣れたもので、リラックスでき、汗も出ません。
資料などは持ち込めず、手ぶらで着席。
聞かれた内容に対し、簡潔に答えないといけません。
また、嘘を言ったことが発覚した場合は、偽証罪に問われます。

今回、予定の55分をかなりオーバー。90分間尋問を受けました。

予想より、緩かった印象ですが、何か作戦があると思われます。
何を考えているんだろうという疑問を残し、帰ってきました。

全ての裁判で尋問を行うわけではありません。
平均すれば、5~10件に1件くらいでしょうか。
楽しい仕事でないことは確かです。

コンクリートを綺麗に仕上げる

昨日は往復350KMほど高速道路走行。
フロントガラスやボンネットに付く虫の量は今シーズン最高でした。

ワイパーでは取れないため、セルフ以外のガソリンスタンドに入るか
自分で取るしかないです。

今日もこのあと、やや遠くの現場へ出かけます。
また、虫だらけになるでしょう。

 

基礎コンクリートの表面気泡や砂すじ。
著しい場合は、補修を求めています。

基礎職人や現場監督へ補修を指示すると、
仕方がないことで、何か問題でも?と言いたそうな顔をします。

表面気泡についての実験論文を読んだことがあります。
当然、気泡なしの方が、中性化や水密性に優れます。

基礎内部は、雨や直射日光の影響がないため、劣化は外部ほどは気にしなくても良いですが、
ひと手間で綺麗に施工できるなら、気泡抜きの施工を付け加えるべきだと思います。

前から認識してますが、こんないい道具があります。
http://www.pikacon.com/

これの代わりに木用の細い電動ドリルを使っている基礎屋さんも良く見かけます。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る