ブログ

事例1201 「ジャンカ、コールドジョイント」

久しぶり、夕方に打ち合わせなどの予定がありません。

昼間は現場、夕方からは打ち合わせ、相談等を入れていると
ゆとりの時間がなく、ブログなどが後回しになります。

 

■(1)今回の事例______________

「ジャンカ、コールドジョイント」
_______________________

◆写真解説

鉄筋コンクリート造の壁。改修工事で断熱材を撤去したところ、
多数のジャンカ、コールドジョイントが出てきた。
新築時、断熱材でコンクリート表面が見えず、発見できなかった。

 

◆内容説明

スタイロフォームなどの断熱材を型枠に張り付け
コンクリートを打設する工法。

あと貼りに比べ、断熱材が確実にコンクリートと密着して良いが
今回の例のようにコンクリートの施工不良を発見できない。

住宅の基礎でも同様の施工があるが、
高さが低い分、打設時の不良は出にくい。

品質のチェックや、打設時の型枠への振動を考慮すると
断熱材はあと施工が良い。

 

◆対策

断熱材はあと施工にする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

検査の問い合わせは、メールを入れていただくように案内しております。

ホームページ通りの内容でしたら電話だけでも問題ありませんが、
記載以外の検査や交通費が加算される場合は、金額を口頭で伝えると
あとで金額の食い違いが出ることがあります。

事務所の電話は記録を残しておりますが、
出先で携帯から掛ける場合は、記録が残りません。

金額以外に、瑕疵検査などは、いろいろ聞き取ることが多く
メールで連絡を頂いていると、多少時間が経過していても
過去の内容を見返すことができます。

一部、メールを使い慣れていない方にはご不便をおかけしますが、
確実な業務委託のため、メールでの問い合わせを今後も続けていきます。

携帯キャリアからのメールやショートメールにも対応しています。

 

事例1200 「コンクリート内、土混入」

台風が近づくと、電話などの連絡が少なくなる気がします。

現場監督さんたちが、現場養生に忙しくなるからでしょうか。
本日、週末でも連絡が少ないです。

 

■(1)今回の事例______________

「コンクリート内、土混入」
_______________________

◆写真解説

コンクリート内に土の塊が混入。擁壁の水抜き穴をコア抜きして発覚。
土の大きさによっては構造的な影響が大きい。

 

◆内容説明

建物周囲がぬかるんでいる場合など、靴や型枠などの材料についた土が
型枠内へ入ることがあります。

コンクリートを打設する前にチェックをすればよいですが、
チェックしている現場は皆無だと思います。

過去にもあとから発覚した現場がありますが、それは、表面に見えていたため、
一部が表面に出ていないと、発覚することはないでしょう。

土は強度がなく、空洞扱い。
強度不足以外に、位置によっては、かぶり不足となる。

 

◆対策

基礎工事時においても周囲の整地。
コンクリートを打設する前に型枠内のチェック。

 

 

==============================

■(2)編集後記

現在、欠陥住宅検査依頼が多く、多少、お待ちいただいている状態です。

欠陥検査は丸1日かかる検査のため、予定を組める日は
私が全く予定を入れていない日になります。

新築検査も行っているため、概ね10日くらい先まで予定を埋めます。
その先は、裁判関係、前もって日にちを決める大手ハウスメーカーの
新築検査予定を組んでいるため、欠陥検査は、週に2件実施できるかどうかです。

最近、また、無知型の欠陥住宅が増えています。
この問題は、なかなか無くなりません。

 

 

 

事例1197 「地盤からの基礎高さ」

4連休ですね。
今朝、名古屋高速一宮線で事故が2件もあり、
早めに出発したにもかかわらず、15分ほど遅れました。

今日は終日、どこへ行っても道路が混雑。
最近は新型コロナの影響で、連休でも道路は空いていたため、
久しぶりに車の多さを感じました。

 

■(1)今回の事例______________

「地盤からの基礎高さ」
_______________________

◆写真解説

周囲地盤からの基礎の高さが低い(300mmほど)。
フラット35や長期優良住宅の仕様は劣化対策で400mm以上必要。

 

◆内容説明

地面からの雨の打ち返しや、シロアリが上りにくい高さを考慮し、
地盤面からの基礎高さは400mm以上という規定がある。
(告示では300mm以上)

図面より基礎本体を低く施工するというよりは、
周囲の土を上げすぎる事例がほとんど。

GL設定や庭の設計に無理がある場合に起きやすい。

 

◆対策

完成時に基礎の高さを確認する。
(テラスやポーチなどは対象外)

 

 

==============================

■(2)編集後記

今月バタバタしている原因は、完成現場が多いためです。
8月に比べると10倍くらい完成があります。
完成検査に付きものの床下に、今週は毎日入っています。

連休があると、休み前後に工事中の検査予定が埋まりやすくなります。
そのため、この連休は欠陥検査などの予定を埋めています。

事例1187 「かぶり不足」

先週後半は、スケジュールを詰め込み過ぎて
ブログ更新ができませんでした。

サポートしている裁判が一気に動き
打ち合わせなどに時間を割きました。

 

■(1)今回の事例______________

「かぶり不足」
_______________________

◆写真解説

基礎立ち上がり、鉄筋のかぶり不足
(写真内の線が鉄筋。数字が表面から鉄筋までの距離)。
非破壊試験で鉄筋の位置を確認。

 

◆内容説明

布基礎立ち上がり部の鉄筋かぶり。
あばら筋(縦筋)の位置と表面からの距離(かぶり)を
非破壊試験械で計測。

布基礎の土に接する箇所は、施行令の規定で40mm以上、
接しない箇所においても30mm以上のかぶりが必要。
土に接していない上部を計測しているが、
通常、鉄筋は真っすぐ。地中部もかぶりが不足している可能性が高い。

非破壊の誤差を言ってくる業者が多いが、
機械の特性としてプラス側の誤差が出るケースがほとんど。
実際は、測定結果より不足している可能性が高い。

 

◆対策

生コン打設前にかぶりを確認する。

 

 

==============================

■(2)編集後記

ある名古屋の建築業者。
おしゃれできちんとした感じを広告などで出していますが、
社員はだらしのない人が多い。

欠陥検査に私が入った際、支払いがその業者からだったため、
遠回しに検査を甘くして欲しいと言ってきた。

もちろん聞く耳持たずで、全力で指摘を出したら、
それまで下手に出てた態度が急変した。
あとで調べると、数年前に関連会社相手の裁判サポートをしていた。

多くの業者を見てきて、だらしのない業者はトラブルも多く、
同じトラブルを繰り返す。
だらしなさは、数回のやり取りで分かります。

だらしない業者に対しては、お客さんから評判を聞かれれば、
その業者はやめた方がいいと教えます。

 

 

 

 

事例1177 「基礎鉄筋露出」

緊急事態宣言が出されました。
7都府県の建築現場への影響が気になります。

きりが良い工程で止めるのは、支障が少ないですが、
工程によっては、雨に濡れるなど、問題があります。

明日以降、どのような対応になるのか、分かってくると思います。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎鉄筋露出」
_______________________

◆写真解説

基礎の天端、鉄筋(主筋)が露出している。
鉄筋の組み方が悪く、位置が高すぎたことが原因。

 

◆内容説明

鉄筋が露出している例は、3年ほど前にも見たことがあります。
かぶりゼロの状態は、コンクリートの付着力も期待できませんし、
すぐに錆びてしまいます。

新築検査の配筋検査時に、鉄筋組の不備を指摘。
修理方法まで指示したのに、この結果。
基礎職人のレベルが低すぎます。

 

◆対策

コンクリートを打つ前、打った後にチェックをする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

愛知県は外れましたが、影響は出てくると思います。
特に従業員の多い会社ほど影響は大きそうです。

私も複数~大勢の前で話す仕事はしばらく取りやめ。
今月予定していた一般の方へのセミナーは、
楽しみにしていただけに残念です。

今回、書く仕事は、全く問題ありません。
セミナー等は動画にして配信することも
今後あるかもしれません。

 

 

事例1176 「基礎立ち上がりの構造クラック」

4月に入りましたが、業務に追われています。
現在、建て替え要求の書面作成中。

争いごとの処理に追われています。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎立ち上がりの構造クラック」
_______________________

◆写真解説

基礎の立ち上がりに入ったひび割れのほとんどは収縮が
原因で起きたもの。写真は構造が原因。幅が太い。

 

◆内容説明

収縮クラックは「ヘアークラック」とも呼ばれ、
太いもので幅0.5mmほど、大半は0.1~0.3mmくらい。

写真は幅1.4mm。当然、貫通していて、内側は2.2mmもあった。
床の傾斜が確認でき、構造的に入ったものだと断定した。

最近の現場は、基礎表面に弾性系の塗装を塗る現場が増えた。
収縮クラック程度では、塗料が切れないことも多いですが、
今回のような太いクラックが入れば、塗装も切れます。

 

◆対策

構造クラックは、地盤沈下が原因で入ることが多い。
地盤調査を行い、適切な基礎補強判断の有無を行う。

 

 

==============================

■(2)編集後記

仕事のやり方などにおいて、今回、大きな変革期になりそうです。
数年先だと思っていたことが一気に進むかもしれません。

スケジュールが落ちついてきたら、じっくり考えてみたいと思います。

 

 

 

事例1168 「建物の動きが原因のひび割れ」

先週末、東京から帰ってきた翌日から風邪の症状が出始め、
木曜日の夕方、熱が38度以上まで上がりました。
病院で薬を処方してもらい、翌朝には平熱まで下がりましたが、
薬の影響なのか、眠く、頭が重たい状態が続いていました。

マスクなしで過ごしたことを反省しています。

 

■(1)今回の事例______________

「建物の動きが原因のひび割れ」
_______________________

◆写真解説

L字型形状の建物接続部分。
それぞれが異なる動きをするため、接続部にひび割れが入りやすい。

 

◆内容説明

建物の形状がL字型の場合、一般的には、
ビルやマンションなどでは、接続部分で躯体を分離し隙間をつくる。
低層の住宅では、分離せず一体化する。

構造検討で一体となって動くように設計すれば問題はないが、
住宅の場合は、不整形の建物においても、整形の建物同様の
構造検討で終わっている。

接続部が損傷するのが確実であっても、計算基準はクリアするため、
あまり重要視されていない。

 

◆対策

L型、凸型、コの字型などの家の場合、詳細な構造検討を行う。

 

 

==============================

■(2)編集後記

広告などで「設計士」という文字をよく見かけます。
何気なく聞いていると疑問に思いませんが、どういう意味なんでしょうか。

「士」がつきますが、国家資格であるのは「建築士」で、設計士という国家資格はありません。
設計のプロを強調するなら「建築家」と名乗った方が良いのではと思います。
「建築家」は国家資格ではありませんが、「日本建築家協会」という団体があります。

結論として「設計士」は設計をする人全般のことだと思います。

 

 

 

 

事例1128 「基礎梁のずれ」

事務所に財布を置いて出かけてしまいました。

財布を忘れても、スマホを持っていれば
食事などで困ることはありません。

アイフォンの中に、モバイルスイカ、アップルペイ、PayPay等が
入っています。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎梁のずれ」
_______________________

◆写真解説

基礎梁のずれ。位置を3CMほど間違えて施工。
塗り足したモルタルが剥離している。

 

◆内容説明

2,3CM程度のずれは、鉄筋だけの状態である配筋検査時は分かりにくい。
そのため、位置の間違いは、よくある。

間違えても適切に処理をすればよいが、今回の例は
適切な補修材を使わずに塗り足した。
そのため、剥離やひび割れが多数発生。当然、強度もない。

大きく位置がずれると、アンカーボルトが土台から外れるなどの影響もある。
床下で目につかないため、放置または雑に修理されやすい。

 

◆対策

立ち上がり位置の確認を行う。

今回は、完成1回の検査で発見。床下を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

レオパレスの問題。
木造3階などのアパートも危険が潜んでいる可能性が高いです。

一昨年検査したアパート(木造3階)は、屋根裏の界壁の未施工以外に、
防火、構造違反がたくさんあり、全面的に改修をさせました。

物件は瑕疵保険に加入をしていましたが、施工者の重過失と判断され保険は下りず、
下請け業者が費用を負担したと思います。
工事中の大家さんの損害は、元請けがお金がないと言って逃げました。

品質の良さは一般的に 注文住宅>建売>アパート

アパートは自分が住まない。目的が収益や節税などの理由から
施主自身が建物の工事に興味がなく、施工業者も品質面で気が緩む。

最近は、将来の売却を考えて、施工時に検査を依頼する方も見えますが
圧倒的に数は少ないです。

 

 

 

 

事例1123 「壁の大きなジャンカ」

今年初の出張。
新幹線や駅は、行きも帰りもガラガラ。

年末年始の休み明けで、旅行する人が少ないかもしれません。

 

■(1)今回の事例______________

「壁の大きなジャンカ」
_______________________

◆写真解説

コンクリート壁の空洞。打設不良が原因。
放置せず適切な補修をすれば強度等の問題は無い。

 

◆内容説明

壁式鉄筋コンクリート造。壁の大きなジャンカ。

型枠をばらしてみるまで、ジャンカの有無は分からない。
しっかり締め固めたつもりでもジャンカが出てしまう事もある。

特に指示をしないと、現場にあるセメントと砂を混ぜて
簡単に補修されてしまう可能性が高い。

ジャンカが出てしまった場合、ジャンカの程度を判断し、補修方法を決め、
ポリマーセメント等、品質の確かなものを充填するように指示を出すことが重要。

 

◆対策

ジャンカが出ないように、打設時に注意をはらう。
ジャンカが出た場合の補修方法などの基準を確認しておく。

 

==============================

■(2)編集後記

年末年始はスキー場で過ごしました。

丸2日間、朝から夕方まで、昼ごはんも食べず滑り続けました。
(レストランが混んでいて座れなかったためです)

今回行ったスキー場、半数以上は外国人。
周囲にある分譲マンション、別荘の看板も外国人向けでした。

外国人が来なかったら、スキー場やホテルは成り立たないくらいの比率です。

SNSなどのおかげで、日本に来る外国人が増えています。
年末年始など、ますますホテルの予約が取りにくくなると思います。

 

 

事例1117 「鉄筋切断」

今日は、列車移動。

朝はいつもより新幹線が混んでいました。
何かあるのでしょうか。

天気が良いので、移動も快適です。

 

■(1)今回の事例______________

「鉄筋切断」
_______________________

◆写真解説

コア抜きによる鉄筋切断。
図面のミスであとからコンクリートに孔をあけた。
大手鉄骨系住宅メーカーの現場。

 

◆内容説明

先回に続き、基礎の鉄筋を切断した事例。
大手メーカーでも起こり得る。

主筋が切断されているのを目視で発見。
(コア抜き箇所で鉄筋の切断面が見えた)
構造検査時に指摘をして、部分的に基礎をやり替えました。

あとから孔をあける必要が生じる場合もある。
その時に、鉄筋の位置を調べてあければ、切断する可能性は低い。

 

◆対策

コンクリートに孔をあける場合は、鉄筋の位置を調べる。

 

==============================

■(2)編集後記

見渡す限り、新しい家ばかり建っている場所に来ています。
住宅の建設ラッシュで、大通りはハウスメーカーや住設のショールームが目立ちます。

新たな大規模開発地は、圧倒的にハウスメーカーが強いです。
(土地を大量に買える資金力があるため)

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る