ブログ

ウレタン吹き付けの種類

今までウレタン吹き付け(断熱材)を数多く見てきましたが、
木造住宅の現場で30倍発泡を見たのは、今日が初めてです。
一般的によく施工されているのは100倍発泡。
文字通り、膨らみが大きく、触るとやわらかい。30倍発泡は硬いです。

少しネット検索をして気づいたことは、
ウレタン30倍発泡で検索すると、
100倍発泡を批判しているものが目立った(その反対もあった)。

今まで断熱材メーカー、施工業者は、違う種類の断熱材を批判することが多い。
例えば、ウレタンメーカーがグラスウールを批判するなど。
30倍発泡は100倍発泡の客層を奪うつもりでしょう。

値段は高いですが、性能の良さから今後、30倍発泡は、
住宅の省エネ化の波に乗り、シェアを伸ばしていくと思います。

断熱材はそれぞれ一長一短があるため、私はあえてどれが良いか勧めません。
あとからかえることが困難な材料だけに、選ぶ際はよく考えてください。

事例1116 「鉄筋切断」

今日の午前中は三重県の現場。

朝、雨が降っていたため、名二環、東名阪が、かなり混んでいました。
天気や曜日などで渋滞状況が変わるため、
なるべく早めに出発することを心がけています。

 

■(1)今回の事例______________

「鉄筋切断」
_______________________

◆写真解説

基礎の立ち上がりにあとから換気孔をあけた。
鉄筋が切られている可能性があり、非破壊の機械を使い調べたところ、
縦横各1本づつ切断されていた。(赤線が鉄筋位置)

 

◆内容説明

床下の通気が不足しているため、通気のための孔をあけた。

コンクリートに孔をあけるより、鉄筋位置を調べるほうが費用が掛かる。
そのため鉄筋探査を省略するケースが多い。

今回、主筋が切られている。
基礎の耐力への影響は大きい。

工務店さんで鉄筋探査の機械を自社で持っているところは皆無だと思います。
孔あけするので鉄筋探査をして欲しいという依頼は、年に1件くらい。
そのくらい、孔あけ時においても、鉄筋位置を調べる習慣はありません。

 

◆対策

コンクリートに孔をあける場合は、鉄筋の位置を調べる。

 

==============================

■(2)編集後記

約束を守れない大手ハウスメーカーの工事責任者がいる。
約束しても期日までに行動が出来ず、8ケ月くらい逃げている。

こんな人が責任者ですと、下請けも付いてこないでしょう。
また、部下へも悪影響が出ると思います。

一部上場企業と言えば、きちんとしたイメージがありますが
この業界では、人出不足の影響で、そうでもありません。

この工事責任者がいる支店で家を建てないほうが良いです。

こちら側が諦めるのを待っているのかもしれません。
このまま、約束を履行しない場合、社名、名前を公開しようと思います。

 

 

 

スイッチ交換

自宅は築15年。

最近、洗面所のスイッチが壊れました。
入り切りの頻度が高いので、壊れやすい。
品名は、パナソニックのコスモシリーズ。

瑕疵検査でよくスイッチを外すため、部品構成をわかっています。
ホームセンターで内部の部品を購入し、自分で交換しました。
時間は5分くらい。(簡易的な力の弱い電動ドライバー使用)
部品代は250円くらい。

作業自体は簡単。ただし、知識がないとばらし方、電線の外し方が難しい。
ご自身でチャレンジする場合は、ネットで交換方法を調べてから行うことをお勧めします。

10年過ぎますと、いろいろ順番に壊れます。

 

 

 

 

スマホ買い替え

先月くらいからアイフォーンの電池の持ちが異常に悪くなってきた。
朝100%でも昼には30%くらいになる。
車移動の時は充電に困りませんが、電車移動では電池の残量が気になる。

購入して4年目、電池を替えるより、機種交換が良いと思い、
連絡の少ない日曜日。雨で現場予定がずれたため、空き時間で交換してきました。

パソコンやスマホは、買い替え時のデータ移行が面倒。
それさえなければ、もっと早く替えていると思います。

案の定、いくつかスムーズに移行ができず、半日くらいつぶれました。

新しいアイフォンは、ホームボタンが無くなり、操作が未だ不慣れです。

 

 

事例1115 「筋交い欠損」

先月は着手物件が多く、新築検査が忙しかった。

工程が皆、同じペースで進むと、検査も同じ時期に集中します。
来週あたり一旦、新築検査が少なくなる予定ですが、
また、今月中旬から予定が集中しそうです。

 

■(1)今回の事例______________

「筋交い欠損」
_______________________

◆写真解説

ホールダウン金物に干渉し、筋交いが削られている。
大きな力がかかった際、破損しやすくなる。

 

◆内容説明

大工なら、筋交いを切り欠いてはいけないことを知っている。
切り欠いて、知らん顔する大工は悪質です。

今回の原因は、基礎に埋め込んだボルトの位置が悪い。
本来、筋交いと干渉しない位置にボルトを埋め込む必要がある。

筋交いの切り欠きは建築基準法施行令でも禁止している行為。
切り欠きなどの欠点は、大地震時に筋交いが役に立たない恐れがある。

 

◆対策

構造検査時に、筋交いが切り欠かれていないか、全数検査をする。

 

==============================

■(2)編集後記

メインで乗っている車が、昨日で購入して丸1年。
走行距離は43,000KM。初回の車検時には13万KMになる計算です。
もう1台、遠出用の車があるので、合計年間5万KM以上、車移動しています。

ここ10日ほどは、珍しく100KM圏内で仕事してました。
明日は、久しぶりの出張。250KM先の場所に欠陥検査に行きます。

もしかして お蔵入り

今月、2番組のTVロケを行いました。

放送をするにあたり、いろいろ障害が出ております。
一つは、撮影したビルからNGが出ている。
もう一つは、責任者が一部の内容の放送を躊躇している。

2つとも、過激な部分も確かにあります。
そのため、放送後に、相手側から苦情が来ることを懸念しているようです。
TV局の慎重さが伺えます。

大物タレント等がよく、最近のTVは、つまらないと言います。
予算が厳しくなっているのと、当たり障りない内容しかできなくなっているのは、事実です。

このような内情を見ていると、今後、ますますTVは衰退すると思います。

 

多発する結露、カビ

いろんな所で発言していることがあります。
「今後、建物の省エネ化が進むと、結露とカビが増えていく」

20年ほど前に構造の法改正があった時は、構造金物の瑕疵が多かった。
法改正後や建物の性能の変わり目は、瑕疵が出やすい。

今現在、結露、カビの訴訟を何件かサポート中。
前例があまりなく、裁判所に理解してもらうのに苦労しています。

今日、瑕疵検査に伺った現場も、結露、カビの家でした。
カビ臭くて住めないため、すでに転居。
楽しみにしていた家に住めていません。

原因は、設計、施工の不備。被害を予見できれば、防げたはず。
予見できるようになるには、痛い目に会うか、勉強するしかありません。

ハウゼコという換気部材のメーカーさんが通気などの勉強会を行ってくれます。
お問い合わせ先↓
http://hauseco.jp/

 

 

事故検証

年に数件、車がぶつかった建物の検証を行います。

今日伺った現場は、外壁の損傷はひどかったですが、
躯体への影響はありませんでした。

普通乗用車の場合、基礎、土台付近にバンパーが当たるため、
猛スピードで突っ込まない限り、躯体への被害は出にくいです。

 

 

事例1114 「鋼製束施工忘れ」

昨日のTVロケの疲れが出たのか、
今朝は1時間ほど、寝過ごしました。

普段、朝早く事務所に行っているため、
現場の予定に遅れることはありません。

 

■(1)今回の事例______________

「鋼製束施工忘れ」
_______________________

◆写真解説

鋼製束の施工忘れ。
910mm間隔で設置する計画で、図面にも記載がある箇所。
床がたわむなどの影響がある。

 

◆内容説明

新築の完成検査で発見。原因は入れ忘れ。
取りつけした大工は、未施工に気づいていないと思う。

頻繁にある事例ではないですが、時々、見かけます。

一般的には900mm~1000mm間隔に束を設置し、1階床を受ける。
施工忘れは、大引きがたわみやすくなる。

 

◆対策

2重チェックなどで防げる事例。

 

==============================

■(2)編集後記

免震装置の不正がKYB以外に、川金HDでも発覚。

今後、さらに増えるのではないかと思っております。
免震装置だけにとどまらず、住宅の制震装置にまで飛び火していく
可能性があるかもしれません。

住宅の制震装置を交換しようとすると、壁をめくる必要があり、
工事が大変です。

TVロケ

午後からTVのロケでした。
撮影時間は計5時間。疲れました。

放送は来月初めころ。フジテレビ プライムニュースイブニング。
関東圏での放送後、地方で再放送予定。

TV放送は、影響時間が短いので、SNSと絡めるなどして
情報を拡散していくと、悪徳業者の評判が広がります。

過去、TV放送後、社員が全員辞めた会社、社名変更をした会社、夜逃げをした社長もいます。

今回の結末を、裁判サポートしながら見届けたいと思います。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る