ブログ

事例1012 「アンカーボルト、熱を加え曲げた」

新築検査がひと段落しましたが、紛争ごとが忙しくなっています。

その他、出張の欠陥検査や来週のセミナー準備、
月初の原稿作成も重なり忙しいです。

ここ1週間はこれ以上予定を入れることができません。

 

■(1)今回の事例______________

「アンカーボルト、熱を加え曲げた」
_______________________

◆写真解説

アンカーボルトの表面が炭化している。
現場で熱を加え曲げようとした。
鉄筋やアンカーボルトは熱を加え加工してはいけない。

 

◆内容説明

埋め込み済のアンカーボルト。
斜めだったものをバーナーであぶり真っすぐにした。

熱を加えることで材質に影響が出る恐れがある。
また、アンカーボルトは表面に亜鉛メッキが施されていて、
メッキ自体に耐熱性は考慮されていない。

熱を加えてはいけないことを職人は知らなかったようだ。
こういうことは、親方が教えないと、知らないままかもしれません。

 

◆対策

コンクリート打設前にアンカーボルトを正しい位置へ固定する。

 

==============================

■(2)編集後記

瑕疵検査の問い合わせが多いです。
検査は丸1日かかりますし、書類を書くにも結構時間を費やします。

平均して1週間に1件しか欠陥検査の予定を入れません。

それでも、急ぎを希望される方が多いです。
理由を聞くと、次の裁判の期日に間に合わせたい。
保証期間が切れてしまうなど。

予定が空いていれば、イレギュラーに予定を組むこともありますが
どうしても予定が組めないこともあります。

瑕疵検査をやろうか迷っている方は、早めに行動を起こすことをお勧めします。

 

■================================■
3月にセミナーを行います。建築関係者向けです。
「欠陥施工のトラブル防止術」

欠陥施工の事例、欠陥の対処法などを説明します。
資料を配布しますが、それを読むだけではありません。
ライブでしか言えない話も数多く入れていきます。

先日、ある紛争に立ち会った時にふと思いました。
セミナーの中で私が一番伝えたいことと建築業者の方が
私から聞きたいことは同じではないか。

一番伝えたいことを、伝わるように説明します。

 

日時 2017年3月9日(木) 13:00~16:00

会場 東京国際展示場「東京ビッグサイト」会議棟6階
東京都江東区有明3-11-1

定員 100名

料金 一般価格:25,800円(税込)
読者特価:16,800円(税込)
※「日経ホームビルダー」「日経アーキテクチュア」定期購読者の方は読者特価でお申し込みいただけます。

申し込みはこちらから
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/books/14/505057/122600006/

今回セミナーは建築・建材展のイベントの一つです。
建築・建材展の入場は別途2.000円必要です。事前登録をすると入場料が無料になります。
https://messe.nikkei.co.jp/ac/

失敗から学習できない組織

「失敗の科学」  マシュー・サイド著
http://amzn.asia/j2qZYdN

題名のあとに書かれている文字は
「失敗から学習する組織、学習できない組織」

建築業界は、後者です。
業界自体がまとまっていないため、人の失敗を知る機会が少なく、学習ができない。
ちなみに学習する組織として「航空業界」
学習ができない組織として「医療業界」の例が書かれています。

今現在、私が日経BP社の雑誌で連載している内容は、失敗事例。
「記事を読んでます」と声を掛けてくる人は、品質意識が高い人ばかり。
一部の人だけ学習ができています。

来週の建築建材展のセミナーでも、失敗事例の紹介に2時間くらい使う予定です。

この本の中でエレノア・ルーズベルト 米第32代大統領夫人の言葉が紹介されています。

「人の失敗から学びましょう。自分で全部経験するには、人生は短すぎます」

確かにそう思います。
現場監督や職人含め、人の失敗事例をたくさん学び、ミスを未然に防いで欲しいと思います。

 

時間短縮

建築士や現場監督、弁護士、出版社、TV関係のスタッフなど、
私を含め、まわりには労働時間短縮に無縁の人たちが多い。

今日新たな機材が届きました。
現場での時間短縮のために、機械の入れ替えです。

現場での時間短縮は、立ち会う業者やお客さんにとってもメリットがあります。
今までいろいろ工夫をして、検査の精度を上げながら、時間短縮を行ってきました。

今日届いた機械は、床などの水平を取る機械。
水平ラインが360度出るため、いちいち機械を回転させなくて済みます。
(以前のものは約120度の範囲でしかラインが出ないため、測定位置が大きくかわるたび、
機械のところに戻り、機械を回転させる必要がありました)

機械を回転させないため、機械が載っている三脚も動くことはなく
精度も確実に確保されます。

レーザー墨出し機。最近、安価なものが楽天などで販売されていますが、
精度と耐久性が高いタジマを選んでいます。

事例1011「通気層塞ぎ」

朝7時に事務所を出発。
天気が良い土曜日で高速道路が混んでました。

来週も遠方の検査が数件入っています。

 

■(1)今回の事例______________

「通気層塞ぎ」
_______________________


(サイディング施工中、上から通気層を見た写真)
◆写真解説

ウレタン吹き付けにより、外壁通気層が塞がっている。
壁内結露が起きやすくなる。

 

◆内容説明

防水紙の留めつけが甘く、吹き付け時のウレタンの膨張によって
通気層が塞がれてしまった。

外壁通気層の役割は主に2つ、壁内の湿気を逃がす。雨漏りを防ぐ。

透湿性が高いウレタン材は、外壁通気を条件に室内側の防湿材を省略できる。
通気層が塞がれると、室内結露が起きやすくなる。

防水紙へのウレタン吹き付けは、よく行われている。
今回のような施工不備も事例としては多いため、
できる限り、防止紙直接の吹き付けは避けたほうが良い。

 

◆対策

構造用合板などの面材を施工し、そこへ吹き付ける。

 

==============================

■(2)編集後記

昨晩、弁護士事務所からの帰り、近道である錦三丁目(名古屋を代表する歓楽街)を
横切って、栄駅まで歩きました。
居酒屋やバーなどは、金曜でかなりにぎわっていました。

不動産業界はよく飲みに行くイメージですが、
最近、飲みに行く暇もないくらい忙しい人がまわりに多いです。
プレミアムフライデーが浸透するのは一番遅い方だと思います。

■================================■

3月にセミナーを行います。建築関係者向けです。
「欠陥施工のトラブル防止術」

欠陥施工の事例、欠陥の対処法などを説明します。
資料を配布しますが、それを読むだけではありません。
ライブでしか言えない話も数多く入れていきます。

先日、ある紛争に立ち会った時にふと思いました。
セミナーの中で私が一番伝えたいことと建築業者の方が
私から聞きたいことは同じではないか。

一番伝えたいことを、伝わるように説明します。

 

日時 2017年3月9日(木) 13:00~16:00

会場 東京国際展示場「東京ビッグサイト」会議棟6階
東京都江東区有明3-11-1

定員 100名

料金 一般価格:25,800円(税込)
読者特価:16,800円(税込)
※「日経ホームビルダー」「日経アーキテクチュア」定期購読者の方は読者特価でお申し込みいただけます。

申し込みはこちらから
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/books/14/505057/122600006/

今回セミナーは建築・建材展のイベントの一つです。
建築・建材展の入場は別途2.000円必要です。事前登録をすると入場料が無料になります。
https://messe.nikkei.co.jp/ac/

瑕疵防止材料

今日は裁判関係の打ち合わせが多かったです。合計4件。
瑕疵の内容が似ていても、裁判所の判断は様々です。
全く正反対の判断をすることもあります。

瑕疵が無ければ裁判しなくて済みます。
本日、構造検査に行った現場で、欠陥防止材料を見ました。

1つは、ダイライトをとめる釘頭を大きくしている。

ダイライトなどの面材は釘頭がめり込みやすい。
めり込みは耐力低下につながるため、釘頭を大きくして、めり込みにくくしている。
この釘、構造認定も取れていて、壁倍率も通常より高くなるようです。

もう1つは、ダイライトの隙間確保材。

1,2階などの境は、隙間をあけないといけません。
地震などの際、躯体の変形で面材が破損するのを防ぐためです。

実際に、すき間が確保されていない現場が多い。
この会社は2階床に金具を入れ、2階のダイライトを金具に載せています。
確実で簡単に隙間が確保できます。

この材料は他の現場で見たことがありません。
おそらく自社開発でしょうか。
住宅業界は良いものを開発しても、自社だけに使用をとどめる傾向があります。
良いものは、他社が買えるようにすればよいと思います。

私が現場で見てよいと思った材料は他に
・雨漏りを防ぐ防水紙。裏側に特殊な加工があり、水が裏にまわった場合、特殊材料が水を止める。
・基礎表面を保護するシート。収縮クラックが入っても、補修の必要性がない。

事例1010「布基礎立ち上がり部 かぶり不足」

今月は欠陥写真やブログの更新がかなり少ない。

仕事が遅れ気味で時間の余裕がありません。
現場のピークは越えたので、遅れを取り戻そうと思います。

そうは言っても予定どおり行かない日も多いです。
昨日は床下に2時間も入っていたため、
体が痛くなり、戻ってから何もできませんでした。

 

■(1)今回の事例______________

「布基礎立ち上がり部かぶり不足」
_______________________

◆写真解説

布基礎立ち上がり部のかぶり不足。
40mm(基準法施行令)必要なところ26mmしかない。

 

◆内容説明

瑕疵検査で基礎の鉄筋を調べます。

コンクリートを打設してしまえば見えなくなるという理由で
かぶりが不足しているケースが多いためです。

布基礎は下部が地中に埋まっているため
かぶり不足の修理は容易ではありません。
防湿コンクリートを割り、土を掘り起こす必要があります。

かぶりが不足すると耐久性などに影響が出ます。

 

◆対策

コンクリートを打設する前にかぶりを確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

鉄筋を調べる機械はいくつかあります。
10万円くらいの機械は、鉄筋の有無を調べる目的の
中古住宅検査などでは有効でしょう。

きちんとかぶりなどを計測するには高額な機械を使う必要があります。
弊社は2種類の機械を自社で所有し、基礎を調べます。(それぞれ機械の長所、短所をカバーしあう)
同じ機械をレンタルすると1日合計20万円ほど。

また、瑕疵検査で使っている高精度赤外線サーモグラフィーカメラを
レンタルすると12万円ほど。

現在、弊社の瑕疵検査は25万円(税別)。
特殊機械のレンタル代の合計で、瑕疵検査の代金を超えてしまいます。
機械代を一般的な価格で見積もれば50万円にしても良いでしょう。

瑕疵検査は、丸1日かかり、書類作成も大変なため、週に1件と決めています。
そのため、予約が先になることもあります。
事情があり、急がれている場合は、スケジュールの空きがあれば即対応します。

 

■================================■

 

3月にセミナーを行います。建築関係者向けです。
「欠陥施工のトラブル防止術」

欠陥施工の事例、欠陥の対処法などを説明します。
資料を配布しますが、それを読むだけではありません。
ライブでしか言えない話も数多く入れていきます。

先日、ある紛争に立ち会った時にふと思いました。
セミナーの中で私が一番伝えたいことと建築業者の方が
私から聞きたいことは同じではないか。

一番伝えたいことを、伝わるように説明します。

 

日時 2017年3月9日(木) 13:00~16:00

会場 東京国際展示場「東京ビッグサイト」会議棟6階
東京都江東区有明3-11-1

定員 100名 (募集状況は弊社では把握しておりません)

料金 一般価格:25,800円(税込)
読者特価:16,800円(税込)
※「日経ホームビルダー」「日経アーキテクチュア」定期購読者の方は読者特価でお申し込みいただけます。

申し込みはこちらから
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/books/14/505057/122600006/

今回セミナーは建築・建材展のイベントの一つです。
建築・建材展の入場は別途2.000円必要です。事前登録をすると入場料が無料になります。
https://messe.nikkei.co.jp/ac/

景色

強風の中、山梨県の現場へ行ってきました。

行きは恵那から中津川、諏訪湖あたりで吹雪。
中央道もよく走りますが、今日は積雪している山が多く、
いつもと違う風景を楽しめました。

帰るときは晴天。富士山、八ヶ岳、南アルプスがきれいに見えました。
いつも曇りや雨が多いため、ここまできれいな景色を見たのは久しぶりです。

こういう景色ばかりですと、長い移動時間も苦になりません。

明日は1日、隣の県で欠陥検査です。

 

同じ監督でも品質はバラバラ

今日は4件の現場を回りました。
1日4件。移動距離が長いと不可能ですが、短い場合は可能です。
4件もまわると、書類が即日処理できません。

今週、同じメーカーの完成検査を2件行いました。
2件とも現場監督は同じ。しかし、現場の出来は全く対照的。

現場の品質は、現場監督より、職人によるところが大きいです。
ほとんどのメーカーの現場監督は、材料や工程の手配に追われて
職人に指示を出さないし、自ら品質をチェックできていません。

いかに良い職人が付くかが重要です。
職人はどうやって決まるのか?

大工さんの場合は、現場が終わる時期を見て、次の現場を決める。
工務店が現場の予定と大工さんの予定がうまくかみ合うように調整している。

いい大工さんを指定する場合、工程の空きが出ることを覚悟しなければいけません。

 

セミナー

現場予定がしばらくたて込んでいる中、
建築・建材展のセミナー資料の締め切り日が2日後に迫っております。

現場予定が多いため、資料作成する時間があまりありません。
基になる資料はありますが、テーマに合わせ編集したり、
最新のものにアップデートするため、時間を要します。

私自身のセミナー経験は多い方だと思います。
ここ数年は本業が忙しく、年に数本しか行っていませんが、
累計するとおそらく300回くらい過去に行っています。

きちんと費用を頂けるようになった頃、
お金を頂く以上、ある程度のレベルでないといけないと思い
セミナーのプロである有名コンサルタントの方からセミナー技術を学びました。
かなり高額な受講料でしたが、確実にレベルアップできました。

たまたまですが、最近読んだ本が、ジャパネットたかた 創業者 高田 明著
「伝えることから始めよう」東洋経済新報社
http://amzn.asia/1xsPgUY

今度のセミナーで、伝え方の参考になりそうです。

こちらから宣伝はしていませんが、今現在も数件、セミナー依頼の打診を頂いております。

 

 

事例1009「基礎厚さ不足」

今日は静岡市で検査。

気温も久しぶりに暖かく、富士山もきれいに見えました。

静岡市までは200KM弱。
片道500KMでも車で日帰りするため、遠く感じません。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎厚さ不足」
_______________________


◆写真解説

布基礎の底版、厚さ不足。図面の指示は150mm。
施工は120mm。30mの不足。
仕様規定違反でもあり、かぶり厚が不足する。

 

◆内容説明

布基礎の底盤部分、地面に埋まり隠れるため、いい加減に施工されることが多い。

完成した家の検査で、底盤の厚さを測ると
図面や告示規定の150mmが確保されていなかった。

全て地中に埋まる布基礎の底盤は、かぶり厚(60mm)を確保するためなどから、
告示で厚さが150mm以上と決められている。
(かぶり上60mm+下60mm+鉄筋径10mm×2など)

 

◆対策

埋め戻し前に基礎の出来形をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

昨年からあるメーカーの欠陥検査依頼が多い。
原因は今のところ分かりません。

開示されているデータを見ると
経営状態はよく、過去最高の業績。

利益確保が優先で、下請けを叩き、職人の質が落ちているか
手抜きをしているのでしょうか。

 

■================================■
3月にセミナーを行います。建築関係者向けです。
「欠陥施工のトラブル防止術」

欠陥施工の事例、欠陥の対処法などを説明します。
資料は最新の事例などを付け加え、現在作成中です。

 

日時 2017年3月9日(木) 13:00~16:00

会場 東京国際展示場「東京ビッグサイト」会議棟6階
東京都江東区有明3-11-1

定員 100名

料金 一般価格:25,800円(税込)
読者特価:16,800円(税込)
※「日経ホームビルダー」「日経アーキテクチュア」定期購読者の方は読者特価でお申し込みいただけます。

申し込みはこちらから
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/books/14/505057/122600006/

今回セミナーは建築・建材展のイベントの一つです。
建築・建材展の入場は別途2.000円必要です。事前登録をすると入場料が無料になります。
https://messe.nikkei.co.jp/ac/

(募集状況は弊社では把握していません)

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る