ブログ

事例1150 「ホールダウンボルトの位置が悪い」

今日は朝7時から検査をしてきました。

普段でも渋滞がひどい箇所を通るため、渋滞しない時間にしてもらいました。
融通が利くのも、何度か依頼を頂いているためです。

 

■(1)今回の事例______________

「ホールダウンボルトの位置が悪い」
_______________________

◆写真解説

ホールダウンボルトが端すぎる。ボルト外側のコンクリート厚は15mm。
土台を敷く前からコンクリートが割れている。

 

◆内容説明

直径16mmのホールダウンボルト。
基礎に直接埋め込み、柱に緊結。地震時に柱が抜けるのを防ぐ。
埋め込み深さは一般的なタイプで360mm(25KN・・約2.5tまで)

端に寄せて施工する理由は、筋かいとの干渉を防ぐため。
端に寄せ過ぎれば、写真のように割れて、コンクリートの付着が無くなる。

かぶりも考慮し30mm以上(土に接する立ち上がりは40mm)確保すれば
構造的にも問題が無く、割れる可能性は少ない。

 

◆対策

立ち上がりのコンクリート打設時に、設置位置を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

来月、放送予定だったTV取材。お蔵入りがほぼ確実になりました。
今年、お蔵入りがこれで3本目。

視聴率重視のTV局。ギリギリラインを狙う企画が増えてます。
その上で、会社の安全を確保するため、少しでも危ないと判断すれば
放送を取りやめてしまいます。

今回の取材内容は、かなりヤバい内容でした。
今のTV局に放送する勇気はないと予見はしつつ、協力していました。

番組スタッフの気持ちも良く分かるため、
今年3度目のお蔵入りでも、文句は言いません。

 

事例1042 「アンカーボルトの錆」

今日は昨日と一転、蒸し暑かったです。
久しぶりに汗もたくさんかきました。

明日は、大手メーカーの手抜きを暴く検査。
申し訳ないと一度は言いながら、態度を一転、逃げています。

大きな現場で1日かかりっきりになります。
遅くまで検査する予定で、連絡が取りにくいと思います。

 

■(1)今回の事例______________

「アンカーボルトの錆」
_______________________

◆写真解説

約築50年の家。アンカーボルトが錆びて膨張、コンクリートを割っている。
躯体が基礎に緊結されてなく危険な状態。

 

◆内容説明

意外ですが、木造のアンカーボルトに関する規定は基準法や告示でうたわれていない。
品質においても、指定建築材料から外れているため、法的な制限を受けない。

役割的には重要な部材であり、建築学会やフラットの仕様書などでは、
きちんと規定が決められている。

今回の例は、錆に対し50年持たなかった。
今現在は長期優良住宅が一般化。
アンカーボルトは交換することができない。家を壊すまで持たせる必要がある。

裁判で品質が疑わしいアンカーボルトの使用を瑕疵だと主張したことがある。
特に違いがあるのがメッキの性能。
耐久性に関わることであるにも関わらず、主張は退けられた。

 

◆対策

木造住宅で使用する構造金物。
Zマークなどの品質が確かである認定品を使用する。

 

==============================

■(2)編集後記

単発の検査申し込みがかなり入っております。
新築検査の予定を優先しながら、順番にこなすため、現在の待ちは約2~3週間。
内容と場所によっては早めに予定を組めることもあります。

依頼するかどうか迷っている場合は、予定を押さえることもできません。
検査を急ぐ場合は、早めに検討されることをお勧めします。

事例1012 「アンカーボルト、熱を加え曲げた」

新築検査がひと段落しましたが、紛争ごとが忙しくなっています。

その他、出張の欠陥検査や来週のセミナー準備、
月初の原稿作成も重なり忙しいです。

ここ1週間はこれ以上予定を入れることができません。

 

■(1)今回の事例______________

「アンカーボルト、熱を加え曲げた」
_______________________

◆写真解説

アンカーボルトの表面が炭化している。
現場で熱を加え曲げようとした。
鉄筋やアンカーボルトは熱を加え加工してはいけない。

 

◆内容説明

埋め込み済のアンカーボルト。
斜めだったものをバーナーであぶり真っすぐにした。

熱を加えることで材質に影響が出る恐れがある。
また、アンカーボルトは表面に亜鉛メッキが施されていて、
メッキ自体に耐熱性は考慮されていない。

熱を加えてはいけないことを職人は知らなかったようだ。
こういうことは、親方が教えないと、知らないままかもしれません。

 

◆対策

コンクリート打設前にアンカーボルトを正しい位置へ固定する。

 

==============================

■(2)編集後記

瑕疵検査の問い合わせが多いです。
検査は丸1日かかりますし、書類を書くにも結構時間を費やします。

平均して1週間に1件しか欠陥検査の予定を入れません。

それでも、急ぎを希望される方が多いです。
理由を聞くと、次の裁判の期日に間に合わせたい。
保証期間が切れてしまうなど。

予定が空いていれば、イレギュラーに予定を組むこともありますが
どうしても予定が組めないこともあります。

瑕疵検査をやろうか迷っている方は、早めに行動を起こすことをお勧めします。

 

■================================■
3月にセミナーを行います。建築関係者向けです。
「欠陥施工のトラブル防止術」

欠陥施工の事例、欠陥の対処法などを説明します。
資料を配布しますが、それを読むだけではありません。
ライブでしか言えない話も数多く入れていきます。

先日、ある紛争に立ち会った時にふと思いました。
セミナーの中で私が一番伝えたいことと建築業者の方が
私から聞きたいことは同じではないか。

一番伝えたいことを、伝わるように説明します。

 

日時 2017年3月9日(木) 13:00~16:00

会場 東京国際展示場「東京ビッグサイト」会議棟6階
東京都江東区有明3-11-1

定員 100名

料金 一般価格:25,800円(税込)
読者特価:16,800円(税込)
※「日経ホームビルダー」「日経アーキテクチュア」定期購読者の方は読者特価でお申し込みいただけます。

申し込みはこちらから
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/books/14/505057/122600006/

今回セミナーは建築・建材展のイベントの一つです。
建築・建材展の入場は別途2.000円必要です。事前登録をすると入場料が無料になります。
https://messe.nikkei.co.jp/ac/

事例761『アンカーボルト ナット未施工』

今日発売の日経ホームビルダーに
アンカーボルトの埋め込み深さについての記事を書いています。

また今日は、次月号の原稿の締め切り日。
建築のプロにとっては、面白い内容を書いたつもりです。

購読がまだの施工者の方、ホームページをリンクしておきます。
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/HB/

■(1)今回の事例______________

「アンカーボルト ナット未施工」
_______________________
アンカーボルトナット欠落

◆写真解説

アンカーボルトのナット締めがない。
基礎と緊結できないため、大地震時に土台が浮き、
建物が破損しやすくなる。

 

◆内容説明

基礎のアンカーボルト。ナットの施工忘れ。

最近の木造住宅は、躯体組み立て時に1階床を組む家が多く、
アンカーボルトをあとから見ることができない。

写真は配管スペース内で床がないため
たまたま確認することができた。

全てを施工し忘れるようなことは、通常はない。
ナットがいくつか不足し、未施工になるケースが多い。

 

◆対策

1階の床が施工される前に、アンカーボルトのチェックを行う。
木造住宅の新築検査では、土台施工時の検査をお勧めしております。

 

==============================

■(2)編集後記

先日、テレビ局のディレクターが
「住宅の多くは、資格のない営業がプランを書き、
資格のない現場監督で工事を行うんでしょう」と尋ねてきました。

新築工事なら1500万円未満、リフォームなら500万円以下
の工事は建設業の許可も不要ですし、
建設業の許可だけ何とか取得し、実際、社内に建築のプロはいない
という会社も存在します。

確認申請や専門的なことは、外注の建築士へ出せばよいので、
社内に業務に精通した建築士が居なくてもよい。

建築の請負は扱う金額が高いため
金儲けを狙い、建築の知識がなくても建築会社を興す人も多い。

そんな会社は、利益しか考えてないため、
いい職人は離れていく。そうなると、品質も確保できなくなる。

欠陥住宅をつかみたくなければ、きちんとした第三者にチェックをさせるか
業者の技術力を見抜くことが重要です。

事例751『アンカーボルトの位置が柱から離れすぎている』

高3の娘が、学年末試験で赤点を取り、
先週から早朝補修授業に出ています。

昨年夏から、娘の弁当造りは私の担当。
おかげで来週末まで、いつもより1時間早起きです。

 

■(1)今回の事例______________

「アンカーボルトの位置が柱から離れすぎている」
_______________________
アンカーボルト

◆写真解説

アンカーボルトの位置が柱から遠い。
規定では引抜き力のかかる柱から200mm以内に設置する。
写真は450mm。

 

◆内容説明

平成12年の法改正(告示1460号二)で、柱の引抜き力に応じて
柱の仕口に金物を付けるようになりました。

柱脚に付ける金物は、土台と柱が離れないようにするもの。
土台と基礎の緊結は、基礎から埋め込むホールダウンボルト以外は
アンカーボルトの役割です。

引抜き力がかかるのは、主に耐力壁部の柱。
耐力壁部の柱芯から200mm以内にアンカーボルトが必要です。
(木造住宅工事仕様書(フラット35)や金物メーカーの規定)
これが案外守られていない現場が多いです。

 

◆対策

基礎伏せ図にアンカーボルトの位置を明記させ。
不足がないかチェックをする。

 

==============================

■(2)編集後記

昨日検査に行った家の隣は、
同じく新築で引渡し前の共同住宅。

現場内がやや騒がしく、役所の作業服を着た人たちが複数居て、
大きな声で何か指示していた。
暖かい日で窓が空いていたため、声が聞こえてきた。
どうやら、防火基準を全く無視して施工したことが
役所にばれたようです。

なぜばれたのか分かりません。
誰かが告発したのでしょうか。

事例690『アンカーボルト 設置不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
移動中の車中で書いています。
今から今日最終の現場に向かっています。
到着は18時30分の予定です。
こんな遅くまで検査できるのは
今の時期だけです。
■(1)今回の事例__________
「アンカーボルト 設置不備」
__________________
 
アンカーボルト
 
◆写真解説
アンカーボルトが斜めに設置され、先が型枠に付いている。
このままコンクリートを打てば、先が露出する。
◆内容説明
アンカーボルトをセンターに設置したいけど、
鉄筋が邪魔している。
多少の斜めは仕方がないが、
写真はかなりひどい状態。
先の方は、かぶりも足らない。
かぶりがないと、コンクリートの付着力も減ってしまいます。
斜めに設置しても、上部はあとから曲げて
垂直にできます。
◆対策
コンクリート打設前に確認する。
基礎幅に余裕がなく、鉄筋を動かせない場合、
途中がカーブしていて、鉄筋を避ける
アンカーボルトもあります。
====================
■(2)編集後記
検査をしていて常に思う事ですが、
図面が少ない業者が多いです。
職人は図面を見て施工するので、図面が少ないと
職人の自己判断部分が多くなります。
結果、ミスも起こりやすい。
図面が少ない理由は、費用削減。
下請けの建築士に書かせるため、図面が増えるとコストが増します。
反対に、図面が無駄に多い会社もあります。
それは一部の大手ハウスメーカー。
いろんなパターンに対応するため、情報を全て記載。
その現場に関係がないことまで記載されている。
1枚の図面に関係ない記載が多いと、
重要な情報を見落とす原因になります。
どちらの例も、一つの現場にかける図面費用を削減している結果です。

事例640『ホールダウンボルトのずれ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
明日土曜日まで現場に出ます。
日曜日は少し雑用を片付け、
5日(日)まで休みの予定です。
■(1)今回の事例________
「ホールダウンボルトのずれ」
_________________
 
ホールダウンボルトのずれ
 
◆写真解説
ホールダウンボルトのずれ。
基礎端に寄りすぎてコンクリートにヒビが入っている。
ボルト径(16mm)の1.5倍以上、端からの距離が無く、
強度に影響を及ぼす。
◆内容説明
ボルトの位置が基礎の端に寄りすぎている。
計測すると20mmを切っている。
解説に記載した以外にも
上につく金物が柱の端につくなど
構造的影響はいろいろあります。
◆対策
コンクリートを流し込む前に
位置を確認する。
=====================
■(2)編集後記
すでに休みに入った会社もあるようです。
早めに休暇をもうけ、旅行代金が安いうちに
海外などを見てくるのが目的のようです。
私は例年31日くらいまで、ずるずる仕事をしてしまうので
今年は30日からプライベートの予定を入れました。

事例637『アンカーボルト位置の不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
冬至近くなり、日が落ちるのが早いです。
そんな時期なのに夕方5時からとかに
検査依頼をしてくる現場があります。
やはり今年は、異常なくらい現場は忙しいのでしょう。
■(1)今回の事例__________
「アンカーボルト位置の不備」
__________________
 
アンカーボルト
 
◆写真解説
アンカーボルトが柱のほぞ穴部分にある。
ナットが締まらず土台の緊結不良になる。
また、柱のほぞもカットしないとおさまらない。
◆内容説明
アンカーボルトの位置がずれ、柱部に設置。
基礎屋さんの設置ミスですし、監督の確認が
無かったと思います。
アンカーボルトは土台端部、ジョイント部、
柱芯から200mm以内の箇所などに入れます。
位置がずれれば、役割を果たしません。
◆対策
数が多いので、間違いやすい。
2重チェックすると良いです。
======================
■(2)編集後記
瑕疵を確認するため、
狭い天井裏に無理やり体を入れたところ、
靴の先が天井材に触れ、割れてしまいました。
20年前の薄い天井材で、力を入れなくても、
硬いものが触れるだけで割れてしまう材料でした。
瑕疵の証拠を撮影するため無理をすると
現場のものを壊すリスクが高まります。
ファイバースコープを突っ込みすぎて
断熱材をずらしたり、
ダウンライト穴から手を入れ、
ボードにひびを入れたり
今までも小さな破壊は数知れません。
無理しなければ、検査は楽なんでしょうけど
ベストを尽くそうとすると、ついやりすぎてしまいます。
今回の天井材も、修理の手配を早速しました。

事例618『ホールダウンボルト埋込み不足』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
検査で基準より薄い構造材、断熱材の使用を指摘。
基準の詳細を知らない施主さんは
現場を見ても気づかない。
高い性能をうたっておきながら、ごまかす。
ずるい会社です。
■(1)今回の事例_________
「ホールダウンボルト埋込み不足」
_________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-ホールダウン
 
◆写真解説
ホールダウンボルトの埋込み不足(埋込みラインが出ている)
+端へ寄りすぎて、コンクリートにひび割れが起きている。
耐力に影響する重大な施工ミス。
◆内容説明
ベタ基礎のスラブコンクリートを打設したあと、
ホールダウンボルトを設置。
立ち上がり高さがスラブから340mm
だったため、20mm埋め込み不足になった。
引抜き力25KNまでのホールダウンボルトは
コンクリートに360mm以上埋込みが必要です。
コンクリートのひび割れは、ホールダウンボルトを
基礎の端に設置しすぎて、上部で力をかけたため割れた。
◆対策
基礎の立ち上がり高さ。
あとあとの点検なども考えますと、
スラブから360mmはあったほうが良い。
今まで何社かに指摘し、基礎の高さを変えてもらっています。
======================
■(2)編集後記
昨日、完成時の検査に行った現場、
クロスの出来がひどかった。
監督に聞くと、普段は腕のいい職人らしい。
今月は仕事に追われていて、
この現場は予定を5日もずれて現場入り。
遅れているので、徹夜で仕事したそうです。
この会社、工事前に業者を決め、注文書類を
発行してしまうと、途中で業者の変更は出来ないらしい。
他に暇な業者がいても変更できないため
このようになってしまうようです。
臨機応変に対応できないシステムは
問題がありますね。

事例605『アンカーボルトの位置ズレ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
三重県へ移動中の車内で書いています。
午前中の現場、指摘が多すぎて
完了予定時刻を1時間も過ぎてしまいました。
大工さんが下手すぎる現場。
施主さんが気の毒です。
■(1)今回の事例_________
「アンカーボルトの位置ズレ」
_________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-アンカーボルトズレ 
 
◆写真解説
アンカーボルトの位置ズレ。
引き抜き力がかかる柱部で、柱芯から200mmの位置に
設置する予定が、施工ミスで470mmも離れてしまった。
◆内容説明
躯体と基礎を緊結するアンカーボルト。
引き抜き力がかかる耐力壁の柱は、
芯から200mm程度にアンカーボルトを設置しないといけません。
図面は間違っていませんが、設置するときに
職人さんの勘違いで位置がずれた。
◆対策
やりかえが容易でないアンカーボルト
コンクリートを打つ前に十分チェックしましょう。
当然、アンカーボルトの田植えは厳禁です。
==================
■(2)編集後記
検査写真を普段から大量に印刷します。
印刷する紙の大敵は湿気。
湿気を含むと、プリンター内で紙詰まりがおきやすくなったり
紙が2枚重なったりします。
両面印刷をよく使うので、この現象は困ります。
夏場は多少、外が涼しくてもエアコンが欠かせません。
今朝は久しぶりにカラットした天気。
久しぶりに窓を開けました。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る