ブログ

事例1228 「エコキュートアンカーボルトの不備」

7月末からの忙しさがひと段落しました。
暑さが厳しくなっているので、タイミング的に良かったです。

今回は、先回のブログで取り上げました
今でも指摘率が非常に多い内容を再掲載(写真は新しいもの)。

修理がやや大変なため、指摘率を減らしたいと思います。

 

■(1)今回の事例_____________

「エコキュートアンカーボルトの不備」
_______________________ 

◆写真解説

エコキュートアンカーボルトの径が規定より小さい。
(M12を使用すべきとところM10使用)
座金も小さく、脚元の緊結が不十分。

 

◆内容説明

脚のアンカーボルトが取り付く箇所は、M12を想定しているため、
M10で施工すれば、座金が小さく、脚の部分を十分に押さえない。

告示で定められている内容で、施工マニュアルを見れば間違うはずはない。
にもかかわらず、間違いが多いのは、施工マニュアルを読まない
監督、職人が多いことが分かる。


エコキュートは15年前後で、故障しやすくなる。
交換するまでに大地震が来なければ、これでも問題はないが、
来るか来ないかは分からない。

 

◆対策

完成時にアンカーボルトを確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

先日、私の指摘に対し、細かすぎると文句を言ってきた監督がいます。

いろいろ押し問答する中、最後に
「俺は、資格はないが、現場経験はお前より長い。俺の判断が正しい」
と言って帰って行きました。

そんなこと言われても、お客さんや私が、そうですかと納得するわけがありません。
この会社、監督がこの人だけなので、先が思いやられます。

 

 

 

 

エコキュート、アンカーボルトの不備

今月末に実施した完成検査で指摘が多かった内容は、
「エコキュートのアンカーボルトの径が小さい」

この件は、日経ホームビルダーで記事を書きましたし、
ホームページの欠陥写真でも解説しております。

告示で定められている内容ですが、
なぜか、業界全体の認識が低いです。

間違いやすい原因は、
1、アンカーボルトが現場手配。商品に付属でない。
2、取り付け業者が施工マニュアルを読まない。
3、配管カバーが付くため、設置後は目につかず、間違いに気付きにくい。

平時は、径の細いボルトでも支障はありませんが、
大地震時にタンクが倒壊する可能性が高くなります。

一般的なサイズのエコキュートのアンカーボルトは
「おねじアンカーM12」での施工が必要。

告示は計算によってアンカーボルトを算出するため、
施工マニュアルを確認したほうが分かりやすく、確実です。

事例1192 「アルミダクトのつぶれ」

愛知県のコロナ感染者数が100人を超えました。
今後、どう推移していくのか、今週の数字に注目しています。

検査は、国や県から自粛要請などが出ない限り、
普段どおり実施していく予定です。

遠方への検査も同様に考えております。

 

■(1)今回の事例______________

「アルミダクトのつぶれ」
_______________________

◆写真解説

キッチン換気扇、アルミダクトのつぶれ。
ダクトの断面積が減り、排気効率が悪くなる。

 

◆内容説明

外壁部への接続時、手で潰してしまったと思われる。
アルミ製のため柔らかく、簡単に潰れます。

消防条例等の規準では、キッチンのダクトにアルミ製は使えない。
また、山折りと谷折りの繰り返し構造になっている
フレキ管の使用を禁止している。理由は油が溝に溜まるため。

ただし、住宅の現場では、慣習的に昔からアルミダクトが使用され
消防署も黙認しているのが現状である。つまりグレーゾーン。
(業務用に比べると火力も弱く、支障がないという判断をしているようです)

消防検査の対象となる住宅以外でも、
施工性から曲げ部だけ、アルミフレキを使うケースが多い。

破損、変形しやすいアル三ダクト。
施工中の破損等には気を付ける必要があります。

 

◆対策

石膏ボードで隠れる前にチェックをする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

7月の天気は、ほとんど曇りか雨でした。
過去、このような天候は記憶にありません。
今年の冬は雪が異常に少ないなど、明らかに気象変動が起きています。

住宅への影響ですが、冬が暖かいのは、特に気にする面はありません。
問題は梅雨から夏場にかけての、雨と湿気と台風。

雨は雨漏り、浸水、がけ崩れ。
湿気は結露、カビ。
台風は雨漏り、屋根などの破損。

去年から確実にカビ被害は急増しています。
特に海に近い土地、内陸部でも風通しの悪い土地では、その確率が高まっています。

カビの原因となる結露。
一般的には冬場に多く発生するイメージですが、
最近はサッシ性能がよくなり、冬場の結露は減っています。

反対に夏場、床下、壁内の結露が急増しています。

 

 

 

事例1181 「エコキュート固定不備」

今日は屋外での検査2件。

屋外での仕事がメインの基礎屋さんは、普段どおり仕事している方が多いです。
最近の基礎屋さんは、一人で工事している方が多く、
大工さんなどに比べれば、現場での感染リスクは低くそうです。

 

■(1)今回の事例______________

「エコキュート固定不備」
_______________________

◆写真解説

エコキュートの脚を固定するアンカーボルト。
告示やメーカー仕様はM12のボルト使用。
現場はワンサイズ小さいM10のボルトで施工されていた。

 

◆内容説明

東日本大震災でエコキュートの転倒が多かったのを受けて
給湯器類の固定に関する告示が改正された。

告示内容をわざわざ確認しなくても、マニュアルを見れば
固定方法が明記されているが、自己流で行う職人もいます。

大きな機械の脚元で、カバーをはめられると
見えにくくなるため、気にされないことが多い。

 

◆対策

社内検査などでチェックをする。

告示の施行は7年ほど前。それ以前に設置された方は買い替え時に
現行基準で留め直しをすることをお勧めする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

休み期間中、書類作成や原稿書きの仕事以外は、動画や映画を結構見ました。
普段、10分くらいの動画は見る気になりますが、
30分を超えるようなものは、連休中くらいにしか視聴出来ません。

動画等に時間を取られ、本を読む時間が大幅に少なかったです。

 

事例1171 「床下の濡れ」

3連休は毎日、検査予定が埋まっておりました。

明日から来週まで遠方の現場予定が続きます。
スケジュールが結構きついため、
遠くへ行っても、現場以外、どこにも寄れないのは残念です。

 

■(1)今回の事例______________

「床下の濡れ」
_______________________

◆写真解説

トイレ下の水漏れ。
気づかず放置すると木部が湿気てカビが発生する。

 

◆内容説明

完成検査時に床下に潜り発見。
少量の水の場合、点検口から見えない奥は、
覗いただけでは分からない。

水がたまると、水分の蒸発により床下が湿気る。
通気を設けている床下であってもカビが生えやすい。

 

◆対策

昔に比べ、漏水は減っている。
それでも定期的に床下を点検する。

 

 

==============================

■(2)編集後記

今月中旬を過ぎて、完成検査ラッシュ。

月の前半は完成検査が少なく、後半に集中するパターンは
どの月でも同じ。

もう少し分散化しないと、仕上げに関わる職人が大変です。

 

事例1164 「配管が梁を貫通」

現場は昨日まで。
今日は事務所で裁判の意見書作成。

相手側は無茶苦茶なことを主張しています。
本心でないことは承知していますが、反論しておかないといけません。

裁判のこういうところは、時間とお金の無駄と常々、感じてます。

 

■(1)今回の事例______________

「配管が梁を貫通」
_______________________

◆写真解説

2階床梁を配管が貫通。
スパン中央に大きな穴、構造的な欠点となる。

 

◆内容説明

木造住宅において、設計時に設備を計画していないことが多い。
そのため2階の配管類は、通る位置によっては、天井が下がるなどの
影響が出ることもある。

今回の写真も、設備業者が勝手に配管したと思われる。

設備で径が大きいのは、換気ダクトと排水管。
これらについては、基本、構造を傷めず施工する。

 

◆対策

梁に穴をあける以外の方法を考える。

 

==============================

■(2)編集後記

来年度以降の住宅業界。
専門機関などの予想では、注文住宅の着工数は、しばらく横ばい。

この状況でも、メーカーや工務店は、数を伸ばしたいところがほとんどで
業者間の競争はますます激化していくと思います。
特に着工数の落ち込みが少ない都市部での激化が予想されます。

買う方にとっては、良い条件に見えますが、弊害も伴います。
今現在も、弊害の実例をいくつか、目の当たりにしています。

依頼する会社がどんな状況に置かれているのか、
気にして、確かめるのも重要だと思います。

 

 

事例1163 「ユニットバス脚の固定不良」

今週は予想どおり、新築検査の予定で混み合っています。
土曜日まで検査予定を埋めております。

 

■(1)今回の事例______________

「ユニットバス脚の固定不良」
_______________________

◆写真解説

ユニットバスの脚、完全に固定されていない。
ボルトでの固定部、3ケ所締め忘れがあった。

 

◆内容説明

大きくは動かないと思われるが、
床の高さが狂うと、壁や天井などにも変異が生じる。

原因は、故意ではなく、うっかり締め忘れたものだと思われる。
普段目につかない箇所であるため、
気づかないと未施工がそのままになる。

 

◆対策

完成時に床下を検査する。

 

==============================

■(2)編集後記

現場へ行くと、職人さんの道具に目が行きます。

100%当てはまる訳ではありませんが、
道具が良い職人さんは、品質も良い。

こんなことを書くと、単価が安くて買い替えれないと言われそうですが、
道具にお金をかける、かけないは、単価だけの問題でないと思います。

職人さんの考え方次第だと思います。

 

 

事例1155 「エアコンの水、床下に垂れ流し」

今日は新幹線で出張。

帰りの新幹線内は、お年寄りが多かったです。
席で大きな声で電話をしていても、車掌は注意せずに通り過ぎます。

一人だけでなく、複数の方が、次々に電話をするので
非常にうるさかったです。

 

■(1)今回の事例______________

「エアコンの水、床下に垂れ流し」
_______________________

◆写真解説

エアコンのドレン未接続のため、床下に水が垂れ流し。
床下が湿気る原因になる。

 

◆内容説明

ドレンをあとから繋ぐ予定だったそうですが、
事情を知っているのは、エアコン屋さんと監督だけ。

工事に来た職人がエアコンをつけたため、床下が水浸しになった。
床下で漏れていても、室内にいれば気づくことはありません。

室内に「スイッチを入れてはダメ」などの表示はありません。

 

◆対策

完成時に床下を社内で検査する会社はわずか。
第三者検査会社でも、奥まで入らないケースが多い。

完成時に床下を点検する。

 

==============================

■(2)編集後記

今使っているノートパソコンとスマホは、顔認証でロックを解除。
昨日の夕方、顔認証でロックが解除できない状態が続きました。

今朝は、問題なく解除可能。
もしかしたら、疲れて顔が違ったのかもしれません。

先週は、年度末ということもあり、現場予定が混み合い、週末は遠くへ車での出張。
その夜、足が痛くなり、寝ていて何度か目が覚めたので、疲れが出たのかもしれません。

今朝は6時台の新幹線に乗りました。
昨晩は、早めに寝たため、体は回復しています。

キッチンダクトの材質

新築検査が混みあっています。
現在、割とフルな状態にあります。

現場監督さんも忙しいのか、工程の連絡が急なケースばかり。
スケジュールのやりくりが大変です。

1年のうちで今から、新築検査が混み合います。

今年の初め、日経BP社に取材依頼をした。
それは、キッチンの換気ダクト。
フレキ(ジャバラ)でいいのか、各地の消防署に取材をしてもらった。

取材の結果、大阪を除き住宅においてもフレキの使用はNG。
消防条例で禁止しているのは、アルミがダメという理由ではなく、
溝に油が溜まるからという理由。

位置を出しやすいため、実際の現場ではほぼ100%フレキが使われている。
それで何か被害が出たこともないのか、黙認されています。

今日、伺った現場は、規定どおりのダクト施工をしていた。

大手ではありません。地元工務店です。
妥協しない方針は、素晴らしいです。

これ以外においても、きちんと施工がされています。

 

事例1107 「ユニットバスの水漏れ」

移動が多い週で、TVを見る時間があまりありません。

台風や地震の被害状況が気になります。
今日はこれを書いたら、TVニュースで確認したいと思います。

 

■(1)今回の事例______________

「ユニットバスの水漏れ」
_______________________

◆写真解説

ユニットバスのドア枠角からの水漏れ。
枠が変色、柱や土台まで腐朽していた。

 

◆内容説明

私にとっては初めての事例。
ユニットバスは水が漏れないと思っていましたが、
人間がある確率でミスをするのと同じく、
どこのメーカーでも一定の割合で起きているようです。

水漏れが起きるのは、主に床の取り合い。
今回、修理まで立ち合い、
腐朽した土台、柱を入れ替え、構造的に十分補強しました。

 

◆対策

定期的に床下を点検する。

 

==============================

■(2)編集後記

大きな災害が起きるたび、予防が出来ないかと思います。

土砂災害、地盤の液状化、浸水など。
予見が可能なものは、多いはずです。

ただし、それを判断できる専門家は少ないですし、
すでに建っている家はどうすることもできないケースが多いと思われる。

心配すればきりがありませんが、
保険だけに頼るのではなく、土地を買うとき、家を建てる時に
自然災害についてよく考えることも大事だと思います。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影