ブログ

事例973「打継部からの雨漏り」

晴れていますが、久しぶりに涼しいです。
気温の変化で体調を崩さないように気を付けたいと思います。

 

■(1)今回の事例______________

「打継部からの雨漏り」
_______________________

打継目地
◆写真解説

マンションの打継目地のシーリングを撤去すると内部が濡れていた。
ここからの雨漏り例が多い。

 

◆内容説明

鉄筋コンクリート造のマンション。
コンクリート自体は水密性があるため、壁からの雨漏りは
ひび割れや打継部である場合が多い。

写真はタイル目地のひび割れ部から入った雨が下へ落ち
打継目地部から内部へ入った。

 

◆対策

シーリング前に目地内の防水対策を行う。

 

==============================

■(2)編集後記

裁判に必要な損害額算定に苦労しています。

業者が忙しく、見積もり依頼を断られたりするためです。
これから年末、来年3月に向けて、ますます忙しくなるでしょう。

忙しくなると、普段使わない職人を使ったりして
現場でのミスが増えます。

事例965「フローリングの濡れ」

早いと明日から休みのメーカーもあるようです。
私はいつから休むかまだ決めていません。

かなり仕事がたまっておりますが、
2,3日は休む予定です。

 

■(1)今回の事例______________

「フローリングの濡れ」
_______________________

床の濡れ

◆写真解説

フローリングの濡れ。
目視では分からない濡れている範囲が、
赤外線サーモグラフィーカメラで見るとはっきりわかる。

 

◆内容説明

鉄筋コンクリート造の家。
フローリング下に雨水が入り、部分的にひどく湿気ている。

高周波含水率計でも判断できるが
画像化するには赤外線サーモグラフィーカメラが便利。

 

◆対策

打継部からの浸水例が非常に多い。
打継目地の防水処理をきちんと行う。

 

==============================

■(2)編集後記

名古屋の中京テレビから赤外線サーモグラフィーカメラを
貸して欲しいと連絡があった。

猛暑の様子を取りたいようでした。

弊社の持っている機種は、レンタルすると10万円弱かかるため
無料で借りようと思ったのでしょう。

知り合いのデレクターから頼まれれば貸したかもしれませんが
今日連絡があったのは面識がない人。
数百万円するカメラを知らない人には貸せません。

事例962「シーリング切れ」

昨日は1日、北陸で検査。

気温が高い中、1日中動きまわり
夜、体重計に載ったら体重が2KGも減っていた。

体の水分が出ただけなので、こういう落ち方はすぐに戻ります。

 

■(1)今回の事例______________

「シーリング切れ」
_______________________

シーリング切れ

◆写真解説

接着不良によるシーリングの切れ。
施工不良が原因であるのに自己負担で修理するケースが多い。

 

◆内容説明

先日、雨漏り検査に伺った家は、
シーリング切れが原因で、躯体内に雨が入っていた。

シーリング切れは、雨漏りにつながる可能性が高いため
確実に施工しておくことが重要です。

 

プライマーという付着性を高める下塗り材を
シーリング施工面に塗る。

色が透明なのできちんと塗れているか確認しずらく
施工忘れなどが起きやすい。
(色付きの材料を使っている時代もあった)

きちんと施工しても、施工面が汚れていたりすると
接着不良が出やすい。

 

◆対策

専門職による施工。施工面の汚れ、水分の確認。

 

==============================

■(2)編集後記

このところ、自宅の家電の故障が続いています。

今度はTVが壊れました。
買ってから8年です。

修理か買い替えか迷いましたが、買った当時に比べ価格は5分の1。
修理後、違う部品が壊れる可能性が高いと
メーカーが言うので買い替えることにしました。

最近の家電は壊れやすいように思います。

雨漏り検査

今年は雨漏り検査の依頼が多い。
この週末も2件の雨漏り検査に伺いました。

今月はあと、マンションの雨漏りなどの依頼もあります。
これから梅雨の末期で大雨、その後台風も来るので
雨漏り検査依頼は増えそうです。

赤外線サーモグラフィーカメラを持っているため
雨漏り検査の依頼をしてくるケースが多いです。

実際は赤外線サーモグラフィーカメラだけで分からないケースが大半で、
高所に上り、水を掛けることが多いです。

事例955「通気胴縁の腐朽」

昨日、工場の検査で梯子を何度も登り降りしていたら
治りかけていた足の筋を再度痛めた。

負傷する頻度が年々増えています。
体を鍛える時間を作らないといけないですね。

 

■(1)今回の事例______________

「通気胴縁の腐朽」
_______________________

胴縁腐朽
◆写真解説

雨漏りによる通気胴縁の腐朽。
雨漏りの量によっては、通気胴縁も腐る。

 

◆内容説明

雨漏りが原因で通気胴縁が腐朽している。
腐朽が進むと外壁材を保持できなくなる。

通気層内へ入る雨は問題ないと処理されることもある。
雨漏りの修理は、雨が入る個所と室内の被害箇所だけの場合が多く
通気胴縁はそのままになることが多い。

胴縁の腐朽は外壁をめくらないと分からない。
(濡れているかの判断は外壁をめくらなくても分かる)

 

◆対策

外壁仕上げ面での防水施工をきちん行う。

 

==============================

■(2)編集後記

プレハブメーカーのサンヨーホームズ。
現場でサイディングを貼っているのには驚きました。

工業化住宅の特徴でもある工場施工をあえて減らしている。
現場施工にすれば、外壁の柄、色が自由に選べます。

また、断熱の細かな施工もプレハブメーカーの中では出来ている。
断熱性は同じ電気系メーカーのPホームよりかなりよさそうです。

事例947「防水の破れ」

昨日のTVは、反響がありました。

受注につながらなくても、うれしいです。

なぜ、業者は責任を取らないか。

・・「修理にお金がかかるからです」

 

■(1)今回の事例______________

「防水の破れ」
_______________________

防水層の破れ

◆写真解説

屋上防水のドレン(排水)部分。小さな穴から水が出ている。
この穴から水が入り、雨漏りの原因になっている。

 

◆内容説明

このところ、ビルオーナーやマンション管理組合さんなどから
防水リフォーム時の検査依頼を受けることが多い。

職人は故意に手抜きしないと思うが
ミスがあってはいけないという思いからのようです。

今回の例。水が集まるドレン廻りでのミス。
形が平滑でないため、ミスが出やすい。

接着不良で、さらに穴も開いてしまっている。

 

◆対策

防水工事は、工事途中と完成時に
施工をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

昨日は滋賀県、今日は静岡県。明日は三重県。
移動が多い週です。

さらに今週末、海外出張に出かけます。
物件のチェックと取材が目的。

取材の方は、内容が良ければ記事になる予定。
私の取材能力にかかっています。

行先はアジア。ただ、日本から直行便がない。
深夜便のLCCを使い、朝、乗り継ぎ。

現地の不動産、建築業者からいろいろ情報を仕入れる予定です。

事例946「物干し金物、取り付け穴からの雨漏り」

今週は移動が多い週です。

移動時間をうまく使わないと仕事が溜まるため、
出来るだけ、移動時間も仕事するように心がけます。

 

■(1)今回の事例______________

「物干し金物、取り付け穴からの雨漏り」
_______________________

ボルトからの雨漏り

◆写真解説

物干し金物を固定するスクリューボルトからの雨漏り。
貫通穴部の防水が不十分。

 

◆内容説明

既製品の物干し金物。
多くの家で施工されているが、ここから雨漏りする事例は少ない。

取り付けスクリューボルトの頭を見ると色が本体色でない。
付属品でなく現場調達をした感じを受ける。

付属品であれば、ねじ部に防水シール加工されている。

現場調達する場合は、シーリングをするなど
防水対策することが必要。

 

◆対策

ボルト貫通部の防水を確実に行う。

 

==============================

■(2)編集後記

約10年ほど雨漏りの原因を特定できていない現場に伺った。

水かけ検査は、長時間に及ぶことも多く、手分けの意味で
低所はスタッフ。高所は私が担当する。
低い箇所からかけていくので、最初はスタッフによる水かけ。

水かけは単純な作業ですが、適当にやっているわけではありません。
スタッフは私から指示された、かける角度、時間を守ってます。

かけ方を誤ると、同じ個所にかけても漏水しない場合がある。
この現場も、過去何度も水かけ試験しているが、実際に漏水したのは
今回が初めてだった。

かける角度や時間は、現場を見て、私が判断しています。

事例945「外壁下端ふさぎ」

このあと弁護士と打ち合わせ。
また1件、新たな裁判が始まると思います。

そのあとは屋外での検査。暑そうです。

 

■(1)今回の事例______________

「外壁下端ふさぎ」
_______________________

外壁下、水出口

◆写真解説

外壁下にシーリングの施工。
カッターでシーリングを切ると水が出てきた。

外壁通気の入口を塞ぐと共に、通気層内の水が排出できない。

 

◆内容説明

雨漏り検査に伺い、外壁をいろいろ調べると
普段施工しないような箇所にシーリングが施工されていた。

雨漏りの原因は、通気層内に入った水が、下端でたまり
オーバーフローし壁内へ侵入する。

外壁の通気層内に水が入らないことも大切ですが
万が一入ってしまった場合に、水が抜ける箇所を確保するのも大事。

写真はガルバの外壁。
下端を水切り上に載せて施工されている。

本来は通気や水抜きのスペースを取る必要がある。

 

◆対策

シーリングの施工位置を、事前に打ち合わせする。

 

==============================

■(2)編集後記

スター選手ばかり集めても、毎試合勝ち続けることは難しい。
監督の采配であったり、チームワークも必要です。

現場も同じ。トップレベルの職人を集めても
監督の段取りや指示が悪いと、品質が悪くなることがある。

現場監督は人気がない職種。
この人は向かないと経営者が思っても
他に代わりがなく、続けさせるしかないケースが多いようだ。

その結果、建て主や職人に迷惑がかかる。

現場監督になりたい人が増えることも
欠陥住宅の削減につながると思います。

ただ、給料を上げれば、なりたい人が増えるわけではなく、
難しい問題です。

事例939「防水テープ未施工」

急に暑くなりました。

毎年、暑さに慣れるまで、体がすっきりしません。
体調を壊さないよう、気を付けたいと思います。

 

■(1)今回の事例______________

「防水テープ未施工」
_______________________

防水テープ未施工

◆写真解説

雨漏り修理のため外壁をめくったら、窓廻りの防水テープが未施工だった。
雨が漏って当然。

 

◆内容説明

鉄骨造、外壁はサイディング。

窓廻りの防水テープの施工を忘れるのは
普通では考えられない。

素人のアルバイトか、この業界に入ってすぐの職人見習いが
施工したと思われる。

きちんと検査や監理ができていれば、このようなミスは起きない。

年に1件くらい、同様の事例が出てきます。

 

◆対策

防水紙の施工は専門職に任せる。

 

==============================

■(2)編集後記

今週のサミット開催時に、セントレアのある
知多半島方面で1件予定を入れています。
空港へ行く知多半島道路で、規制や検問などあるかもしれません。

名古屋高速でも規制があるようです。
事前に把握していないと、現場に遅れてしまいます。

今週は道路情報をいつも以上に確認しないといけません。

事例935「床下の漏水」

今日から現場に出ています。
久しぶりに1日中、同じ現場に居たため、
休み気分は吹っ飛びました。

 

■(1)今回の事例______________

「床下の漏水」
_______________________

床からの漏水

◆写真解説

サッシ下からの漏水。外側から水をかけると
内部の仕上げ材下の含水率が上がる。

 

◆内容説明

外と中の仕上げ高さは同じ。
サッシ下の防水に不備があり、屋内床下に雨が入る。

床材が変色する。室内が湿気る。
壁の石膏ボードにカビが生えるなどの影響あり。

 

◆対策

やや難しい納まり。
複数の意見を聞き、防水納まりを決定する。

 

==============================

■(2)編集後記

今回紹介しました雨もりの例。

新築からずっと漏水しているにも関わらず
改善しないまま、もうすぐ10年を迎えます。

業者側は代理人を立て、逃げる体制。
そこで弊社に依頼がありました。

漏水の原因は特殊機材によって明らかになりました。
素直に非を認めるとよいですが。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る