ブログ

事例1098 「耐力壁下の人通口」

名古屋はしばらく、気温35度越えが続きます。

こういう時に限って、外の検査、小屋裏の検査が多いです。
この仕事も長くやっているので、暑さ対策は万全です。

 

■(1)今回の事例______________

「耐力壁下の人通口」
_______________________

◆写真解説

耐力壁下の基礎人通口。
柱下すぐ近くに開口があると、基礎に力が伝達されにくい。

 

◆内容説明

基礎に設けられる人通口。
床下点検で人が通るために設けられる。

木造の2階建ては、構造計算をする必要はない。
計算を任意に行ったとしても、基礎の計算を省略することがある。
また、明快な基準もないため、構造を考慮せず、位置が決められることが多い。

私が検査で見る限り、構造をきちんと配慮して設計されている基礎は50%くらい。

 

◆対策

構造建築士に、基礎の図面を作成させるなど。

 

==============================

■(2)編集後記

近年、毎年豪雨の被害が出ているように思います。

地震対策ばかりに目が向けられていますが、
豪雨対策も立地によっては考えていく必要があると思います。

水浸かっても、すぐ乾く家。
土砂崩れに耐える家。

実現できそうですが、地震対策より、かなりの費用がかかりそうです。

あまりTVを見る時間がなく、西日本豪雨の被害状況を詳しく見ていません。
専門誌などで情報を得ようと思います。

 

海外現場の重大な懸念事項

現地の鉄筋施工で、一番まずいのは、柱の帯筋。フックが90度。

難しい説明は省略しますが、主筋(縦に入っている鉄筋)に大きな力がかかりはらんだ際、
90度だと開きやすい。日本では135度に曲げる。

大地震が来ないという前提で、建物が造られている。
柱も細いし、鉄筋の組み方も疑問だらけ。
ここが重要だというところに鉄筋が少なく、どうでもいい箇所に鉄筋が多く入っていたりする。

これではダメだと説明しても、これが標準だと言われてしまう。
また、どこの現場でも同様な施工がされている。

あとから調べると、大地震が来ない国ではない。
近年、急激に高層のコンドミニアムが増えている。
都市部に大きな地震が来たら、被害は相当なものになるのは確実でしょう。

日本は大きな地震が来るごとに、基準が見直されてきた。
同じようなことを繰り返すと思われる。

このまま、放置をするのか。
日本のやり方を無理やり押し付ける気はありませんが、
何らか改善できる方法を実行しようと思います。

「日本は人口が減る、これからの不動産投資は海外だ」
という広告を最近よく目にする。

現地事情を知らなくても、お金さえ出せば、簡単に買えてしまう。
(外国人に対し土地を買うことは認めていない国が大半。
コンドミニアムは例外で、日本のマンション同様な買い方ができる)

2年ほど前にも、この国を訪れている。
現地の人で、コンドミニアムは大きな地震が来たら倒壊する。
低層の家を買うと言っていた人がいた。

 

 

 

事例1094 「鉄筋径の間違い」

このところ躯体の木が雨で濡れたという相談が増えています。

少々の事でしたら問題ありませんが、繰り返し、大量に濡れると
影響が出ることもあります。

できるだけ濡らさない。濡れたら早期に乾かすことを
心がけてください。

 

■(1)今回の事例______________

「鉄筋径の間違い」
_______________________

◆写真解説

鉄筋径がD10、図面(D13)より細い。
コンクリートスラブの配筋。

 

◆内容説明

鉄筋径を太いもので統一すれば、施工ミスは起きにくいが、
コストの面からそのようなことは一般的には行われない。

床(スラブ)の配筋は、位置や方向により、鉄筋径が異なるケースが多い。
複雑になるほど、ミスは起きやすい。

径の大きい方へ間違えばよいが、小さい方へ間違うと耐力不足になる恐れがある。

 

◆対策

全数検査を行う。
鉄筋径は3mmごとにサイズが上がる。
慣れていれば、見るだけで径は分かるため、
全数検査をしても手間ではない。

 

==============================

■(2)編集後記

明日は、テクノロジーネクスト2018に参加します。

私は一番最後のセッションに登壇。
ただ、事前チェックが12時ころのため、早めに会場入りして、
自分以外のセッションも見る予定です。

最新テクノロジーの建物への実用化が思っている以上に進んでおります。
明日は、もっと驚く話も聞けるでしょう。

事例1082 「ビス間隔が遠い」

昔、勤めていたハウスメーカーでは、集合住宅の部署に居ました。
どうしても移動が多い3月に完成が集中するため、
昔から3月は忙しいイメージしかありません。

検査の仕事も、1年で3月が一番忙しいため、
4月になると少しホッとします。

 

■(1)今回の事例______________

「ビス間隔が遠い」
_______________________

◆写真解説

耐力壁石膏ボードのビス間隔。規定100mmのところ150mmで施工。
耐力不足。緑のテープはビスの位置(磁石で確認)

 

◆内容説明

ビスが少なければ、その分耐力が落ちる。
石膏ボードで耐力を取るのは、主に2×4住宅。

窓などの開口がない壁は、耐力壁としているケースが多い。

石膏ボードは、合板などに比べると、耐力は小さいが、
数が多いため、ビスの不備があると、かなりの耐力減となる。

在来工法になれた大工さんが施工すると間違いが起きやすい。

 

最近、裁判で和解案が出た事件は、このビス間隔不備を認めてもらいました。

その一方で、同じ裁判所で審議している別の事件では、
認められない雰囲気になっています。
もちろん、裁判官、専門委員は同じでありません。

同じ内容の瑕疵でも、判断が真逆になることも珍しくありません。
事前の予想が難しいのは、こういった理由があります。

 

◆対策

クロスを貼る前にチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

ドローンについて、少し調べてみました。

住宅の調査で使おうとすると、墜落のリスクを考え、小型が良い。
小型の一番のデメリットは、飛行時間がかなり短い。
電池が軽い分、仕方がないです。

飛行時間が飛躍的に長くなれば、実用化が進むと見ています。

電池以外にも、今時点でいろいろ問題がありますが、
将来的には解消されていくと思います。

 

構造計算ミス

構造計算の重大なミスを発見しました。
確認検査機関も見落としておりました。

ただし、それが修理・指導対象になるのかは、行政が検討中。

間違えたのは構造計算専門の会社。
おそらく、数百件の家がすでに建築済だと思われます。
この手の会社は、入力を素人のアルバイトが行っています。
社内建築士のチェックと言っても、さらっと見る程度だと思います。

確認検査機関などは、設計に間違いがないことを前提に審査している。
そのため、間違いを探すような目で書類や現場を見ない。

行政の対応が確定しましたら、詳細をご報告いたします。

 

 

 

 

事例1072 「大引き継手、施工不良」

このところ、裁判関係の仕事依頼が多い。

いつも何故か複数件、依頼がまとまります。
期日がある仕事なので、こちらの都合が優先できないのがつらいです。

 

■(1)今回の事例______________

「大引き継手、施工不良」
_______________________

◆写真解説

1階床を支える大引き継手の不備。
固定が不十分な上、近くに受ける束もない。

 

◆内容説明

プロの仕事ではないです。
本来、途中で継ぐときは、受ける側の近く(150mm内外)を束で支える必要がある。
さらに、継手部は釘(N75 2本等)で緊結する。

不安定であり、継手が動きやすく、床のたわみなどの原因となる。

 

◆対策

床下は手抜きされやすい箇所。
1度は床下を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

息子の大学入試、前期試験が終わりました。
明日から愛知県では、私立高校の入試が始まるようです。

少子化で受験は昔より楽なのかと思いますが、定員をオーバーすると
国が補助金を減らすようで、大学側も合格者を絞っているようです。
昔より、合格率が下がっていると高校の先生が言ってました。

 

受けた全ての大学は、ネット出願。出願時に受験料もクレジット払い。
その後、大学からデータで書類が届き、それをプリントアウトし、
写真や高校からの調査票を添えて書留で送る。
受験票自体もデータだけという大学もありました。

こういうところでも電子化が進んでおります。

事例1071 「筋交い未施工」

今日は2件、床下に入りました。
そのため、夜、事務仕事をしていると、顔が埃っぽい。
顔と目を洗いましたが、髪の毛や首周りに未だ残っている感じ。

気になると、仕事に集中できませんね。

 

■(1)今回の事例______________

「筋交い未施工」
_______________________

◆写真解説

屋根裏から2階壁上部を確認。図面に記載のある筋交いがない。

 

◆内容説明

完成した現場でも、壁の石膏ボードを梁まで施工していない場合、
屋根裏から筋交いが確認できます。

写真は瑕疵検査時に、発見した筋交い未施工。

中間検査や瑕疵保険検査がある現在でも、たまに見かける事例です。

未施工分だけ、耐力が弱くなる。

 

◆対策

工事中であれば、筋交いの有無の確認は容易です。
念のためチェックをする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

先週あたりから右ひじに痛みを感じ、昨日からはプラス右手首が痛い。
直前まで原稿を書いていたので、腱鞘炎かと思いましたが、位置が違う。

思い当たる原因として、今月は床下によく入る。
写真を撮る際に、タブレットを無理して持っていることくらい。

シャッターボタンが右にあり、右手だけで支えながら、ボタンを押すことがあります。
両手で持てばよいですが、無理なケースが多いです。

床下だけ普通のカメラに変えればよいですが、
黒板入りのタブレットを一度使ってしまうと、その便利さに後戻りできません。

痛みが引いたら、腕を鍛えようと思います。

 

事例1069 「梁の大きな欠損」

今月も完成現場が多いです。

3月から4月は引っ越し料金も高騰するので、今くらいに完成するのが良いですね。

 

■(1)今回の事例______________

「梁の大きな欠損」
_______________________

◆写真解説

梁の空洞。梁が接合されない部分に間違えて接合加工した。
大きな欠損で構造の弱点となる。

 

◆内容説明

梁を差し込むためにあけた穴。
間違えてあけたため、梁の接合はなく、空洞のままになった。
同様の箇所が全部で5カ所ほどあった。

原因は、図面を書かず、行き当たりばったりで手加工した。

穴を大きくあけること自体、強度を落とすため、
欠損が小さい、金物接合も増えています。

 

 

◆対策

仕上がる前に、構造材をチェックする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

今週、怪しい話を持ち掛けられました。
話を聞けば聞くほど、疑問な点が増え、当然、お断りしました。

紛争の仕事をやっているため、昔より疑い深くなりましたし、
嘘を見抜くのも上手になりました。

人を騙す奴らは、表向き、善人を装って近づいてきます。(今回はかなり装っていました)
皆様も気を付けてください。

 

事例1068 「土台のずれ」

今朝は冷え込みました。

車の温度計で、朝の外気はマイナス2度。
名古屋では最低気温に近いです。

最近は施工をしていないため分かりませんが、
昔、気温がマイナスになると水道管の破裂が多かったです。

 

■(1)今回の事例______________

「土台のずれ」
_______________________

◆写真解説

土台のずれ。基礎から半分以上ずれている。
アンカーボルトで緊結できていない。

 

◆内容説明

ユニットバス横の間仕切り壁の土台が基礎からずれている。
基礎梁の位置は間違いない。土台だけ、ずれた。

よく見てみると、土台をずらさなくても壁は納まる。
なぜ、ずらしたのか不明。

この土台に2階の床梁を受ける柱が載るため、構造的に影響がある。

 

◆対策

床組時または、完成時に床下を確認する。

 

 

==============================

■(2)編集後記

同一現場の欠陥写真を連続して掲載しています。
今回は5回目。(写真1114~)

内容はひどいものばかり。

施工者は、こんなひどい施工をしても、責任と取るとはっきり言っておりません。

この現場、再来週、フジテレビで放送予定です(関東地区のみ)。
施工者の言い分も放送予定です。

その前に、責任を取るか、取らないか最終決断をしてもらう予定です。

 

事例1067 「梁の継手不良」

今日から仕事初めの方も多いためか、受信するメールの量も急に増えました。

移動中でもスマホでメールをチェックできますが、
返信はパソコンからするようにしています。

 

■(1)今回の事例______________

「梁の継手不良」
_______________________

◆写真解説

梁の接合部。寸足らずで継手が、かみ合っていない。

 

◆内容説明

素人さんが見ても分かる施工不良。
屋根裏で隠れるため、補強されないまま隠蔽された。

継手の部分は構造の弱点となる。
この状態では、全く強度がない。大きな力がかかれば確実に破壊するでしょう。

 

◆対策

この現場は中間検査の検査員がこれを見逃した。
行政や業者任せにせず、自分でも現場を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

年末にかけて非常に忙しく、体のあちこちに不調を感じました。
美容院では首の固さが異常だと言われ、
整体では腰と首がやばいと言われました。

普段、ストレッチや軽い筋トレをしていますが、
予定が詰まりすぎると、出来ない日々が続いてしまいます。

例年1,2回、体をひどく痛めるため、今年は忙しくなっても継続できるように心がけます。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る