ブログ

事例1266 「ほぼ全て、床タイルが剥離」

今回の台風、途中から速度が上がったため、
台風の影響による出張の変更はありませんでした。

予定が空けば、書類作成の仕事が進みますが、
どこかでスケジュールがきつくなります。


■(1)今回の事例_____________

「ほぼ全て、床タイルが剥離」
______________________ 

床タイル剥離

◆写真解説

床タイルが剥離し、業者がタイルを撤去。
その後、修理が中断し、下地のまま放置されている。

 

◆内容説明

RC造の家、施工不良で入居後からタイルが浮き、
最終的には全て浮いた。

浮くことで、段差が出来て、足を怪我する、タイルが
割れるなどの影響あり。

モルタルで貼りつけた場合、壁でも床でもタイルは
剥がれる事例が多い。今回も剥がれた面を見ると、
施工不良が疑われる。

木下地では、接着剤で貼りつけるため、剥離の可能性
は低い。
RC下地でも接着剤で貼るケースが増えています。

 

◆対策

完成時や初期の定期点検時にタイルの浮きのチェック
をする。

 

===========================

■(2)編集後記

夏場の家に発生するカビ問題。
件数が多い割に、被害者以外、騒がれていません。

裁判所を含め、一般的にはシロアリ被害のような考えで、
設計や施工者の注意で100%防ぎきれるものではなく、
発生した場合は、程度に関係なく、自己対応。

今年もかなりの数のカビ被害情報が寄せられています。
今後、気象変動や家の気密化が進むと、被害は今より
増加していくと思います。

誤った計画により、カビが発生しているものは、告示
などである程度の規定を決めれば、被害は減らせると
思います。しかしながら、国が動くには、シックハウス
のような社会問題にならないと無理です。

マンションのケースで一度に百人単位で被害者が出れば
注目を受けますが、戸建ての場合は、集団被害は出にくい
ので注目されにくい。

集団被害が出ない=規格住宅を大量に供給している大手
では被害が少ないということです。

 

事例1253 「ゴミ隠し」

この仕事をしていると、10連休を取るのは難しい
です。

それでも、大型連休は、普段よりは現場スケジュール
が入りにくく、普段に比べ、休みが取りやすいです。

 

■(1)今回の事例_____________

「ゴミ隠し」
______________________

瓦破片

◆写真解説

瓦ぶきの屋根。隅棟部に瓦の破片を入れている。
乾式施工においては重くなる、通気を阻害するなどの
デメリットしかないが、複数の業者へ聞き取りすると、
これが一般的な施工だという回答が多かった。

 

◆内容説明

破片は、隅棟部の瓦をカットしたもの。
ここの施工業者含め、複数の屋根業者に聞き取りした
ところ、回答の多くは、漆喰を使う湿式施工の時、瓦
の破片を入れて漆喰を施工するので、問題ないという
内容でした。

本現場は、湿式ではなく、乾式の施工。
今の時代、瓦のほとんどが乾式の施工で、湿式は少ない。
漆喰を施工しないのなら、瓦の破片に役割はなく、ゴミ
である。

念のため、瓦の施工マニュアルをいくつか確認しました
が、乾式施工において、割った瓦を入れるような表記は
ありません。

完成すれば見つからないため、下ろす手間、処分費削減
を目的として、故意にやっていると思われる。
それだけ発注単価が安く、利益が少ないのかもしれない。

地中や壁内、屋根裏などにゴミを放置するのと同じこと、
これで良いと判断していることが理解できない。

 

◆対策

工事中に確認すると言っても高所のため、
施主自身での確認は困難。

事前に瓦の処理について、確認をしておく。

 

===========================

■(2)編集後記

本日、ネットのニュース、
欠陥住宅裁判で「慰謝料を認める異例の判決」という内容が
出てました。

このニュースを読んで、意外だと思われる方がほとんどだ
と思います。

弁護士のコメントで、
「建物の瑕疵(かし)で慰謝料が認められるのは画期的」
とあるように、欠陥住宅裁判では、私も慰謝料は認められ
ないものだと思っています。

裁判でなく、直接の話し合いであれば、慰謝料を請求し、
相手が支払うケースはあります。

外壁の耐久性

家を建てる方へ、仕様の希望を聞くと、
「できるだけメンテナンスのかからない家」
という回答が多い。

対応する仕様として、ハウスメーカーから
高耐久シーリングやタイル外壁などを勧められる
ケースが多いようです。

あるハウスメーカーは、耐久性が高いとして
屋根、外壁とも、ガルバを勧めています。

先日、見たガルバの外壁の家。
雨の当たらない軒下は、塗装が劣化してました。
いろいろ調べるとガルバは、雨に当たる方が、汚れが落ちて、
長持ちするようです。

そうなると、ガルバ外壁の場合、軒ゼロ仕様に加え、
雨の当たらない箇所ができる場合は、
そこだけ、材料を替えたほうが良いことになります。

外壁の塗装業者に聞くと、今のガルバが使われるように
なってから20年くらい。住んでる方は、30年くらい
塗り替えしなくても良いと思っている方が多く、少々、
塗装が劣化していても放置している人が多いと言ってました。


事例1248 「サイディングの汚れ」

先週、これから建てる方の見積書をチェックした際、
昔に比べ確実に値上がりしていると思いました。

戦争が始まったことで、さらなる資材高騰が懸念され
家を建てる方には条件が悪くなっています。

 

 ■(1)今回の事例_____________

「サイディングの汚れ」
______________________ 

外壁汚れ

◆写真解説

サイディングの汚れ(藻、苔、カビ)。
築浅でも汚れがひどく、美観を著しく損傷している。

 

◆内容説明

外壁に藻などが付き、ハウスメーカーに連絡をすると、
よくあることで自然現象だから、自分で洗ってくださいと
言われるケースが多い。

藻などの付着を完全に防ぐことは難しく、少々であれば
仕方がない。しかし、写真のようにひどく汚れている場合は、
建物の設計や施工に問題があることが多い。

被害のひどい家に共通している内容として、
サイディングの色が汚れが目立ちやすい白系。
また、藻などが付くには水分は欠かせないため、
軒がなく、壁に雨が当たりやすい家、その他、
外壁通気層の施工に不備がある家が多い。

 

◆対策

周辺環境を見て、対策を講じる必要があると判断した場合、
濃い系の色のサイディングを選ぶか、外壁をガルバなどにするなど。

外壁通気を十分機能させることは、汚れに関係なく
建物の耐久性に影響するため、重要です。

 

==============================

■(2)編集後記

今月すでに、2つの裁判に参加しました。

建築紛争の当事者になった方が口をそろえて言うことは、
「こんなに、いい加減な場だと思わなかった」

今回も主張している主旨が、一部、ずれていて
説明をしても、聞く耳を持ってくれません。

そんな状況でも最終手段として裁判は必要で、
納得する、しないは別として、解決には有効です。

 

事例1240 「床下のカビ」

年末の休みまで、あと2週間ほど。

未だ、年内に予定を入れて欲しいという依頼がありますが、
特に混み合う時期でもあり、新築検査の枠以外、
ほとんど予定を埋めております。

また、今月対応できない予定を1月にスライドしているため、
欠陥住宅検査などは、これから依頼を頂きますと
2月の検査になる可能性が高いです。

 

■(1)今回の事例_____________

「床下のカビ」
______________________

◆写真解説 

1階床合板のカビ。基礎の打ち継ぎ部から雨が浸入。
基礎断熱仕様の家であるが、床下換気はなく、密閉状態。
それゆえ、床下が猛烈に湿気て、カビが大量発生した。

 

◆内容説明 

カビ問題は、最近急増しております。裁判で争っている家も年々、
増えており、問題解決のノウハウをかなり蓄積しつつあります。

今回の例は、基礎の打ち継ぎ部が、地面より低く、地下水が浸入した。
これはよくあるパターンで、設計者や現場監督の経験が豊富であれば
予見できる内容です。

こうなると、水が入らないように防水し、
内部を徹底的に乾燥させ、除カビ、防カビ処理を行う必要がある。

もともと、床下の換気計画もないため、今後の湿気対策として、
床下換気の設置も、再発防止のために検討する必要がある。

 

◆対策

カビ被害を予見できる現場の実務者は非常に少ない。
夏場の湿気、カビ対策を家の計画時に検討する。

 

==============================

■(2)編集後記

設計事務所に設計を委託。
工事中に第三者検査を入れる旨を伝えたところ、
拒否されたという話を伺いました。

設計者である建築士は自分自身の無知がばれるため、
NGを出すケースが多いです。

設計事務所は、開業資金がそれほど必要ではなく、独立しやすい商売。

独立しやすいため、十分な経験、知識の蓄積無しで独立する人も多く、
独立してしまうと、誰もダメ出しをしないため、
間違っていてもそのままになる。

最近は、設計、デザイン力のある工務店が増えています。
淘汰されないためには、検査を断っている場合ではないと思います。

 

 

 

 

事例1230 「漆喰のかび(外壁)」

お盆休み明けから、かなりスケジュールが混んでおりました。
1日の予定の上限を決めているものの
やむを得ず、それ以上に入れてしまう日が多かったです。

気温の高さもあり、この時期に現場予定が多いのは厳しいです。

 

■(1)今回の事例_____________

「漆喰のかび(外壁)」
_______________________

◆写真解説

これは何の写真かわかりますか?漆喰の外壁に発生したカビです。
ひび割れも全般的に発生している。

 

◆内容説明

新築してすぐ、外壁が黒くなり出し、
施工業者が原因を解明しないため、検査依頼を受けました。

同時例で裁判中の現場もあり、原因は同じかと思いましたが、
根本の原因は、下地のモルタルが薄いことで、全般的にひび割れ、
雨が内部へ浸入するためと判断しました。

外壁以外に重大な設計、施工不良が多い家です。

 

◆対策

モルタルの厚さは、防火基準にも関係する。
職人への指示の徹底と施工中に厚さなどをチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

欠陥住宅検査を実施した家、
3件続けて、ひどい欠陥住宅でした。

この仕事を20年ほど行ってきて、
未だ、このような現場が無くならないのは、残念に思います。

検査で私の指摘を受け、会社ぐるみで品質改善するのは10社中1,2社。
残りは、その時だけ対応し、元通り。

6年ほど建築専門誌で施工ミスなどについて連載もしましたが、
そもそも、雑誌を読んでいるのはごく一部で、
さらに発行部数減で休刊になってしまいました。

向上心もなく、勉強もしない業者がほとんど。
最近ではSNSの影響で素人の施主の方が知識が豊富だったりします。

この状況を改善するには、行政に期待できない分、
業者自体をかえていくしかありません。

最近では、SNS上で情報がいろいろ出ています。
これらが脅威となり、品質が上がていけば良いと思います。

SNSだけでなく、TVの影響も見るようにしています。
以前告知したフジテレビの報道番組のロケ、
来月には放送予定です。

 

 

 

 

完成検査 傷の指摘なし

今年は、緊急事態宣言などもございますが、
3月の忙しさは例年どおり。
月末までほぼスケジュールを埋めております。

昨日、新築の完成検査の現場。
傷、汚れの指摘がゼロでした。
軽微なものが5つ以内という現場は、年に数件ありますが、
ゼロは20年間くらい検査の仕事をしてきて初めてです。
名前は出すのを伏せておきますが、大手ハウスメーカーです。
監督さんが、かなりしっかりした方でしたし、
大工さんなども皆さん、丁寧でした。

一般的には、完成検査時に傷などを指摘すると、嫌な顔をする監督が多いです。
どうせ住めば傷が付くと言って、施主さんからの傷の指摘を受け付けない会社
もあります。(意外と上場企業に多い)

傷ついた材料を交換しろと言えば、抵抗があるかもしれませんが
補修業者の予算を確保し、傷がない、きれいな状態で引き渡した方が
お互いが気持ちが良いと思います。

この辺りの対応でも業者の良し悪しが分かります。

 

 

事例1213 「タイルの施工不良」

本日は遠方への打ち合わせ、
来週以降も出張予定がたくさん入っています。

2月にあまり動かなかった分、3月に集中。
現場へ出るのは、2月より3月の方が暖かくて良いです。

 

■(1)今回の事例_____________

「タイルの施工不良」
_______________________

◆写真解説

フロアタイルの浮き。
施工不良により、全体の約3割のタイルが浮いている(裏側に隙間がある)。
タイルや目地が割れやすい。

 

◆内容説明

写真は、1階床のタイルを打音検査し、浮いている箇所に印をしたもの。
引き渡し直後に建て主が気づき、施工業者に修理を要求したが、拒否された。

土間コンの上に施工する大判のタイルは、施工時、裏に空洞ができやすい。
それを分かっていながら、丁寧に施工しなかった。

一部のタイルはすでにひび割れ、目地も多数割れている。
それでも修理対応しない。

 

◆対策

完成時に、たたき棒でたたいて浮きをチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

購入して1年以内のレーザープリンターの調子が悪くなった。
1度修理をして、直ったが、症状が再発。

メーカーに連絡を入れましたが、昨日は音沙汰なし。
もう1台、プリンターがあるため業務は止まりませんが、
早く修理していただきたいです。

1年以内に故障が頻発するのは、商品自体が不良品だったかもしれません。

 

事例1193 「サイディングの変形」

事務所前の名鉄高架工事と市道拡張工事が全休しているため、
とても静かで、お盆休みの雰囲気を感じてます。

昔に比べ建築現場も休みが増えています。

 

■(1)今回の事例______________

「サイディングの変形」
_______________________

◆写真解説

サイディングの変形。
全ての継ぎ目に反りが出て、ひび割れも多数発生。
美観を著しく損ねている。

 

◆内容説明

新築して間もなく、飛び込みのリフォーム業者が次々に来て、
外壁改修したほうが良いと勧められ、異常に気付く。

施工した会社、外壁メーカーは原因を特定しないまま
のらりくらりと時間を稼ぎ、来年で築10年目。

建て主はあきらめず動き続け、第三者などにも見てもらい
それでも原因が特定できないため、最終的に私へ依頼。
現場へ行き、外壁をめくってみたら原因が分かりました。

原因はサイディング材の留め付け不良。
釘の保持力が不足し、サイディングの収縮力に留め付け金具
が引っ張られた。

このような状態になると将来、塗り替えも拒否されます。
張り替え以外に対処法はなく、全面張り替えを要求します。

 

◆対策

サイディングの留め付け不良は、意外と多い事例。
工事中に留め付けをチェックする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

6月に購入したカラーレーザープリンターの調子が悪く、
当初、メールでメーカーとやり取り。
それでも直らないため、全交換かと思っていましたら、
昨日、修理に来て部品、トナーを交換し解消。

プリンターはトナーで儲けを出すため、本体は安価。
本体を宅急便でのやりとりで交換したほうが、手間や費用が
安く抑えられそうですが、きちんと直すところは、
さすが大手メーカーだと思いました。

 

事例1191 「乾式タイル壁の下がり」

明日がなぜ祝日なのか、ふと疑問に思いました。

調べると「スポーツの日」
オリンピック開催のため、10月の体育の日が移動したんですね。

 

■(1)今回の事例______________

「乾式タイル壁の下がり」
_______________________

◆写真解説

木造住宅、乾式タイル壁の落下。
下地のボードが重みで下がり、目地が切れた。

 

◆内容説明

現在、木造住宅の外壁タイルは、モルタルを使わない
接着剤による乾式貼りが主流です。

今回紹介するのは、下地サイディングの下がり。
一部分だけの下がりのため、釘の本数が不足していた可能性がある。

検査でタイル下地の施工を見ると、100%釘、釘とビスの併用、100%ビス
など施工方法は会社により様々。施工マニュアル以上であれば、指摘はしません。
また、下地サイディングは胴縁に固定するため、胴縁の固定も重要です。

 

◆対策

通常のサイディングの重さに加え、タイルの重みも加算される。
下地の留め付けを施工中にチェックする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

一般的な外壁は、2重に防水をしていても、雨漏りをなかなか減らせません。

外壁は継ぎ目や取り合いが多く、100%雨の浸入を防げない。
下地防水も釘などの穴が開くため、100%ではない。
2重にすることで、補完し合い、100%に近づけていています。

これとは対照的に鉄骨系の大手メーカーの外壁は、防水が1重の会社が多い。

1重防水が可能なのは、外壁材の大きさの違い。
大判であるため、継目が少ない。
大判が扱えるのは、工場生産の強みです。

雨が漏りやすいのに継ぎ目が多いのは、運搬や施工性から。
外部に継ぎ目を無くせることができれば、雨漏りは激減します。

7月は雨が多かったため、雨漏り検査の依頼もいくつか来ています。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影