ブログ

事例1031 「フローリング ボンド未施工」

現在、基礎の着工が多くなっているようです。
今後、躯体の組み立てが忙しくなり、大工不足が懸念されます。

今年も新築の着工は、比較的多い見通しです。

 

■(1)今回の事例______________

「フローリング ボンド未施工」
_______________________

◆写真解説

家全体で床なりが発生。
フローリングをめくって見ると、必要である接着剤が全く付いていなかった。

 

◆内容説明

フローリング材のクレームは頻繁に起きている。
そのため、新築検査でタイミングが合えば、細かな個所を確認している。

施工不備を指摘すると、ほとんどの大工は反発する。
自分が良いと思って施工している方法にケチをつけられるからでしょう。
「あとから不備が出たら、全て責任を取れ」と言うと、黙って従うことが多い。

建材メーカーはクレームに備え、接着剤や釘の施工を強化してきた。
ただ、その情報が施工者側に伝わっていないことが、不備が多発する原因です。

フローリングの不備については、来月発売の日経ホームビルダー8月号で
詳しく紹介します。

 

◆対策

施工中、釘の長さ、施工位置、
ボンドの種類、ボンドの施工箇所を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

瑕疵の責任を下請けに擦り付ける例が多い。
不具合を理由に、支払いを止めると、下請けへの支払いも止まる。
下請けに支払いをしなければ、元請けの損害はないか、減る。

中には、直接代金を請求してきたり、資材を勝手に引き上げる下請け業者もいる。

代金決済の前にもめた場合は、注意が必要です。

 

気密確保は必要か

昨日の夕方、事務所に戻ってから激しい腹痛に襲われ、仕事が全く手つかず。
早出して、仕事しています。
今からは相手業者とその代理人である弁護士との現場立ち合い。
どんな進展になるか予想できません。

この数年、建物の省エネ化から、気密に興味を示す方が増えています。

ハウスメーカーの担当者からは、気密を高めすぎると息が詰まりますと言われるなど
本当はどっちが良いか迷われる方も多いと思います。

東京大学 准教授 前真之先生の著著「エコハウスのうそ」によると
「気密は快適・省エネ暖房の要。気密なしでは機械換気も効果が半減する」
とあります。

全くその通りです。
暖房か効かない、結露がひどい原因のほとんどが気密不足。
(漏気の影響、24H換気が機能しないなど)

今後の家とトレンドとして、省エネ化とともに気密化もしていくでしょう。
時代遅れの家にならないために、気密のことも考えた家造りをしましょう。

 

 

 

事例1030 「ホルムアルデヒド放散」

昨日は4時起きで、遠方まで検査に出かけ、帰ってきたのは22時。

昨日以外も、今週は現場予定がびっしり。移動中もやることが一杯。
帰ってからは、書類処理に追われ、それが終わると裁判書類等の作成に追われます。

今週末も、紛争の現場立ち合いなど、予定が埋まっております。
急な検査依頼対応ができない状態です。

 

■(1)今回の事例______________

「ホルムアルデヒド放散」
_______________________

◆写真解説

あるメーカーのキッチンから、やや高めのホルムアルデヒドが放出されている。
F☆☆☆☆の表示が疑わしい。

 

◆内容説明

完成検査の際に、ホルムアルデヒドを測定している。

春頃より、あるメーカーの家だけ、数字が上がる。
発生源を調べたところ、原因はキッチンでした。

大手ブランドのキッチン。おそらくフォスター表示はインチキだと思う。

シックハウスの発症率は、それほど高くない。
また、24h換気を回せば、濃度が下がるため、今のところ問題にはなっていないようです。

こういった件は国が調べて、摘発してくれればよいが、
ホルムアルデヒドに関しては、対応はしてくれないようです。

もう少し証拠を集めてみます。

 

◆対策

法改正以降、シックハウスのことは、あまり聞かなくなった。
ただし、新たに発症している人は未だいる。

使う材料を、設計時に確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

現場で使うカメラを買い換えました。
今までとは機能が大幅に違います。現場撮影専用に開発されたカメラです。

新築検査の途中の方は、様式が少し変わることをご了解ください。
グレードアップのため、途中からでも変更させていただきます。

中古住宅検査

中古住宅の検査に行ってきました。
近年、国が中古住宅のインスペクションを推進。
瑕疵保険制度もできたため、保険を扱わない、弊社への検査依頼は減っています。

保険の簡易な検査より、もっとよく見て欲しいという依頼を受けています。


(築35年でも、きれいな床下)

今回は、耐震診断も行い、結果によっては耐震適合証明を発行する依頼。
築20年経過した家で、何も補強しないで適合証明が出せる確率は、ゼロに近い。

耐震診断の点数は、入力する建築士の判断で違いが出る。
私は厳し目に判断をするため、補強なしで耐震適合証明を出したことはありません。

35年前と今の家を比較すると、消えてしまった、また、主流ではなくなったものがほとんど。
最近では、省エネ化が進んでいるため、ここ数年で、家もさらに変わってくると思います。

 

マンションの知識

車で390KM先の現場へ行ってきました。
行きも帰りも渋滞なし。早めに帰れました。

マンションを購入する方へお勧めの本
マンションは日本人を幸せにするか (集英社新書)

榊 淳司 著
http://amzn.asia/8fM771G

マンションについて、いろいろなことが書かれている。
この本を読んだら、マンションを買うのが嫌になるかもしれません。

私は分譲マンションに住んだことがなかったため、
管理組合や管理会社の仕組みが良くわからなかった。

瑕疵紛争などでマンションも手掛けるため、知らないでは困る。
実際に自分で購入し、総会などにも参加。よくやく仕組みが理解できた。

全てお任せでも、住むには支障がない。
ただし、本でも記載しているように、不正などが蔓延れば、不利益を被ります。

マンション全体のシステムを把握してから購入することをお勧めします。

 

床下配管

午前中の現場が終わり、次の目的地へ行く途中です。

写真は床下の配管(給湯)。

床下では、台車の上に乗って移動するため、配管が障害になる。
端に施工してくれれば、邪魔にならないが、
通路を横切って施工されているため、配管を越えないといけない。

台車のタイヤを持ち上げ、配管を越える作業は少ないほうが楽です。

配管の細かな位置まで図面で指示しないので
職人さんがやりやすいように施工するケースがほとんど。

点検の頻度は少ないですが、点検のことを考慮し施工してもらうとよいです。

事例1029 「コンクリート砕石、代替品の疑い」

東名阪集中工事のため、今日も三重県まで列車移動。

早めに目的地の駅に着いたにもかかわらず、タクシーがいない。
駅は特急も止まる駅。すぐに乗れると思ったのが間違いでした。

タクシーに乗れたのは結局、30分後。
10分遅刻で、弁護士などを待たせてしまいました。

 

■(1)今回の事例______________

「コンクリート砕石、代替品の疑い」
_______________________

◆写真解説

RCレーダーによる基礎内部の異常画像。
砕石の代替品として鉄鋼スラグなどが使われている可能性が高い。

 

◆内容説明

今まで見たことがない画像が出てきて、最初は機械の故障かと思った。
そこで隣の擁壁に機械をあてると、いつもどおり正常な画像が出てきた。

↓正常な画像 山の頂点に鉄筋がある。
縦軸:深さ  横軸:距離

機械メーカーへ画像を見てもらうと、私の予想どおり、
通常のコンクリートの材料でないものが混じっていることを指摘された。

良質な砕石の不足、地球環境などを考えれば、
鉄鋼スラグなどの代用品を使うことはダメではない。

ただ、住宅の基礎で使われることはほとんどなく、
きちんと管理したうえで使用、施工されたか疑問が残る。
おそらく、元請けの指示はなく、基礎屋が勝手に注文した可能性が高い。

実際に何を使ったか、情報開示を求めていくところです。
なぜ、代用品を使ったのか、理由も聞いてみたいです。

 

◆対策

住宅の現場では、生コンの注文を基礎屋に任せでチェックしていないケースが多い。
事前に配合計画書を取り寄せ、中身をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

今回の例は、鉄筋探査を行わない限り発覚しなかった事項です。
RCレーダー自体、普通にある機械ではないため、
何かきっかけがないと使うことはないです。

今週も、鉄筋位置の確認依頼を受けました。
この機械、4つタイヤがついていて、車のおもちゃのような姿。
立ち会った方に、「値段はトヨタ アクアが買える」と説明をしたら驚いてました。

健康診断と同じで、検査をしないとわからないことがあります。
結果はどうであれ、やれることは最大限やっておくことをお勧めします。

図々しい会社

検査で面識ができた程度で、その後電話でいろいろ聞いてくる業者がいる。
調べるのが面倒なので、私に聞けば早いと思うのでしょう。

こちらは、時間を奪われるため非常に迷惑です。
1日のうちで隙間時間はあっても、余裕時間はほとんどありません。
ちょっとのことは対応しますが、度が過ぎる場合は注意をします。

先日、建築学会の本のコピーをFAXしてくれと言った奴がいた。
この会社はケチな印象があったので、本を買うのが惜しいのでしょう。
著作権のこともありますし、ダメだと突き放しました。
その後も業務依頼するふりをして、何度か質問をしてくる。
思わず「せこい会社ですね」と口が滑ってしまいました。

これとは反対に、無料でいいことでも、費用を請求してくださいと言ってくる方もいる。
我々、士業の報酬体系を理解している常識がある方です。

数分で終わる業務でいちいち請求をしませんが、
より深く、やってあげようという気になります。

 

責任転嫁

先週は名神、今週は東名阪、名二環が集中工事を行っているため
電車での移動が多いです。
今日は午後から近鉄特急で三重県まで行ってきました。

急いで紛争解決をして、修理をしたい建物がある。
しかし相手(代理人)は、無責任な主張をしている。
一例として簡単にまとめました。

・設計者に責任がある。設計図どおりの施工で、施工側に非はない(設計は別会社)
・ローグレードの建物だから仕方がない。(安ければ悪くて当たり前)
・建築主、設計者の指示でやった。
・カノムが検査の時に手を加えて欠陥現象を造った。

特に最後はひどい。いつも巻き込まれます。

スタッフの小学校3年生の息子が、ミスをするたび、他人や物のせいにするので
よく叱りつけるという話を聞いたばかり。

ミスを潔く認めてはいけない場合、他人のせいにする。
それは大人の社会でも同じです。

他にサポートしている紛争でも、くだらない反論ばかり来る。
いちいち付き合っているほど暇ではありませんが、
何も反応しなければ、認めたと思われるので、付き合うしかありません。

SNSに公開したくなるくらい、ひどいものが多いです。

 

 

事例1028 「通気が抜けてない外壁通気層の湿度」

欠陥検査へ向かう車中で書いています。

いつもの渋滞する四日市を渋滞なしで通過。
これから梅雨時にかけて、行楽の車は少なめです。

 

■(1)今回の事例______________

「通気が抜けてない外壁通気層の湿度」
_______________________

◆写真解説

上部で通気の抜け口がない、外壁通気層内の湿度。
通気を抜くことの重要性がわかる数字である。

 

◆内容説明

室内側から壁に穴をあけ、温湿度計のセンサーを通気層内にセットした写真。
日が当たると、資材から水分が蒸発、湿度が上がる。
水蒸気が室内側に移動し、エアコンで冷やされた壁に接すると、結露が発生する。
その後、結露水にカビが付く。

外壁や屋根の通気層は、上下両側を解放する必要がある。
片側だけ空いていても空気は抜けない。
太陽で暖められた空気は上に上がるため、上部の開放が重要です。

 

◆対策

通気層の空気の抜けを考えない建築関係者が多い。
雨漏りするからわざと設けないと言い訳する人もいる。

最近は、通気部材もいろんな種類が発売されている。

設計、施工段階で通気の抜けを確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

検査業務を始めて15年以上経過。
IT技術の進化に伴い、いろいろ新しいものが出てきています。

来月、新築検査のソフトとハード面を改良する予定です。
写真などに関しては1度も改良していないので、大幅改良になる予定です。

時間短縮などにはあまり効果はなさそうですが、
時代遅れにならないため、バージョンUPをいたします。

検査自体の質はかわりませんのでご安心ください。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る