ブログ

事例1070 「火打ち梁のボルトの種類が違う」

気温が上がりません。
滋賀県に検査に行きましたが、帰り道、彦根あたりで2℃。

明後日くらいまでこの寒さが続きます。
水道管、生コンなどの凍結に注意が必要です。

 

■(1)今回の事例______________

「火打ち梁のボルトの種類が違う」
_______________________

◆写真解説

火打ち梁の固定ボルト。抜いてみたら長さ5CMのスクリューだった。
本来、貫通ボルトを施工する必要がある。

 

◆内容説明

鋼製の火打ち梁。固定は、貫通ボルト+釘で構造認定を取得している商品。
短いスクリューでは、強度不足になる。

釘は一緒に付いてくるが、ボルトは現場調達。
大工がボルトの種類を確認しなかった。

ボルトの頭だけ見れば、違いが分かりにくい。
ボルト未施工部があり、その穴を見て間違に気づいた。
(仮にあけた穴が貫通していなかった)

 

◆対策

構造検査時に確認すれば、貫通しているか判断できる。

 

 

==============================

■(2)編集後記

この20日に発売された「日経ホームビルダー」

私がたくさん登場します。
・キッチン換気扇ダクトの記事
・2018年の住宅業界を読む
・結露水の記事
・いつもの連載

このうち2つは12月に取材。TV取材なども重なり、バタバタしました。
2018年の住宅業界を読むは、プロのカメラマンを呼んで約1時間半撮影。
そのうち、使われた写真は1枚だけでした。

TVでも15時間撮影して、放送は15分。
メディア業界は大変ですね。

 

価格の差の要因

高いハウスメーカーほど、職人の単価や材料が高いと思われている方が多いと思います。
単価が高い=いい職人を使っている、だから安心だと思われていませんか。

住宅系の雑誌で、大工賃金が公開されていました。
坪単価100万円超の会社と50万円以下のローコストメーカーでも賃金は変わらない。
地域によってはローコストメーカーの方が上。

当たり前ですね。賃金に大きな差があれば、皆、そちらへ行きます。
材料費もほとんど変わりません。
大手は、生コンやサッシ、住設が半値になるなんて話はありません。
何で価格差が出るかと言えば、利益や経費です。

売値の高い安いではなく、品質管理に費用をかけているかどうかで、品質レベルに差が出ます。

 

データ

最近読んだ本、「残酷すぎる成功法則」
エリック・バーガー著 飛鳥新社
そこに書いてある弁護士に関するデータを引用します。(アメリカのデータです)

・弁護士はほかの職業より3.6倍うつ状態に陥りやすい。

・弁護士は報酬が最も高い職業であるにもかかわらず、54%は自分の仕事に不満がある。

・弁護士とは、その就業者の退職を手助けする準専門職が存在する唯一の職業である。

細かな説明は省略しますが、紛争ごとは、代理人の立場であってもこうですから、
当事者はもっと、うつ状態になりやすいです。

 

昨年、新規で欠陥検査した現場のほとんどは、話し合いなどで解決してます。
新規の裁判が増えるペースが減ってきたことは嬉しいです。

それでもまだまだ、多くの裁判に関わっていて、
来月あたり、嫌な仕事の一つ、証人尋問も予定されています。
今年は、裁判手持ち数を20%くらい減らしたいですね。

 

 

 

分譲住宅、競争激化

「トヨタホームの木造住宅、本格参入」
今後、新築着工数がさらに減ることを懸念しての策だと思います。
まずは分譲からで、木造の分譲業者が競合になっていくでしょう。

現在、愛知県でも分譲住宅の新築が盛ん。
地元業者以外にも、ハウスメーカーの分譲もたくさん建っています。
また一時、勢いが弱かった新築マンションも最近は多く見かけます。

今後、確実に需要がしぼんでいく中、売り上げ拡大を狙う会社がほとんど。
しばらくは供給過多になるかもしれません。

 

 

 

 

事例1069 「梁の大きな欠損」

今月も完成現場が多いです。

3月から4月は引っ越し料金も高騰するので、今くらいに完成するのが良いですね。

 

■(1)今回の事例______________

「梁の大きな欠損」
_______________________

◆写真解説

梁の空洞。梁が接合されない部分に間違えて接合加工した。
大きな欠損で構造の弱点となる。

 

◆内容説明

梁を差し込むためにあけた穴。
間違えてあけたため、梁の接合はなく、空洞のままになった。
同様の箇所が全部で5カ所ほどあった。

原因は、図面を書かず、行き当たりばったりで手加工した。

穴を大きくあけること自体、強度を落とすため、
欠損が小さい、金物接合も増えています。

 

 

◆対策

仕上がる前に、構造材をチェックする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

今週、怪しい話を持ち掛けられました。
話を聞けば聞くほど、疑問な点が増え、当然、お断りしました。

紛争の仕事をやっているため、昔より疑い深くなりましたし、
嘘を見抜くのも上手になりました。

人を騙す奴らは、表向き、善人を装って近づいてきます。(今回はかなり装っていました)
皆様も気を付けてください。

 

欠陥修理完了

大手メーカーの最終欠陥修理確認に行ってきました。

瑕疵検査をしたのは昨年8月。
書類を出すと、すぐに非を認め、修理工事を行うことが決まりました。

内部をほぼ丸裸にして、屋根もやり替える大工事。
本来は12月に工事が終わる予定でしたが、メーカー側が途中で約束を反故。
少し揉めたあと、当初の約束通り工事をすることを再度約束させ、
何とか1ケ月遅れで、工事が終わりました。

途中、約束を破りそうになりましたが、大手メーカーでも裁判に持ち込み、出来るだけ損害を
少なくしようという流れが多い中で、この会社だけは、比較的真摯に修理に応じてくれました。
(裁判に勝ったとしても100対0というような内容はほとんどない。裁判に負けたとしても、
要求額をかなり減額できるケースが多く、裁判に持ち込みたがる会社が多い)

たくさんやっていれば、ミスも出る。
その後の対応は非常に重要です。責任感の強い会社へ依頼しましょう。
(個別相談では、裏事情を教えること可能です)

今回、お互いに弁護士の登場はなし。建て主さんの金銭負担もなし。
解決までの時間も早かった。
こういった解決を増やしていきたいです。

 

 

時間の無駄

先週は年末年始の休み明けで、比較的ゆっくりした1週間でした。
今週からは、予定が埋まりだし、またバタバタが始まりました。

忙しい時に嫌だと思うもの。

1、くだらない反論に答える

相手からの反論の90%以上はくだらない。今日、再反論したものも、時間の無駄。
嘘しか書かれていないため、嘘だということを証明した。
相手が嘘をつかなければ、必要のない作業です。

2、営業電話

検査機材の定期点検を請け負う会社の営業を叱り、ようやく電話がかかって来なくなりました。
点検を出してすぐ、来年の予約をしませんかとか、以前は、月に2回くらい電話がありました。
他に不満はありませんが、営業がしつこい。依頼先を変えようと思います。

3、資料開示に手間がかかる資材メーカー

資料を取るのにいちいち会員登録しないといけない会社。
根拠として、調べものをする頻度が高いが、紛争を警戒して、大事な性能や資料を非公開にしている
ケースが多い。一つの内容が分かるまでに、時間がかかる。

センター試験

先週末、センター試験があり、本格的に大学入試が始まりました。

今年、受験生の子供が、我が家にいます。センター試験も受けました。
大学受験はお金がかかります。それ以前の塾の費用も高いです。
ちなみにうちの子供は、2つの塾、合わせて週3日、通っています。

今回、受験料だけで30万円以上かかるでしょう。
学校から、浪人する気が無ければ、できるだけたくさん受けてくれと言われています。
本命が受かるまでにキープする金額を入れると、受験だけでかなりの費用になります。
受験料や大学受験の苦労を考えますと、一貫校が良いと思います。

日本は大学に入るためにお金がかかりすぎます。
定員削減、受験生の増加などで、その傾向は益々、高まるでしょう。
一番お金がかかる時に、家のメンテナンスがかぶらないようにしたいですね。

 

 

事例1068 「土台のずれ」

今朝は冷え込みました。

車の温度計で、朝の外気はマイナス2度。
名古屋では最低気温に近いです。

最近は施工をしていないため分かりませんが、
昔、気温がマイナスになると水道管の破裂が多かったです。

 

■(1)今回の事例______________

「土台のずれ」
_______________________

◆写真解説

土台のずれ。基礎から半分以上ずれている。
アンカーボルトで緊結できていない。

 

◆内容説明

ユニットバス横の間仕切り壁の土台が基礎からずれている。
基礎梁の位置は間違いない。土台だけ、ずれた。

よく見てみると、土台をずらさなくても壁は納まる。
なぜ、ずらしたのか不明。

この土台に2階の床梁を受ける柱が載るため、構造的に影響がある。

 

◆対策

床組時または、完成時に床下を確認する。

 

 

==============================

■(2)編集後記

同一現場の欠陥写真を連続して掲載しています。
今回は5回目。(写真1114~)

内容はひどいものばかり。

施工者は、こんなひどい施工をしても、責任と取るとはっきり言っておりません。

この現場、再来週、フジテレビで放送予定です(関東地区のみ)。
施工者の言い分も放送予定です。

その前に、責任を取るか、取らないか最終決断をしてもらう予定です。

 

瑕疵を根本から無くす

通常、雨漏りは夏場に多い。
しかし、昨年は秋になっても雨漏り検査依頼が多かった。
この冬も2件ほど雨漏り検査依頼が来ています。

気を付けて施工していても、不具合が起きることがある。
雨漏りもその現象の一つです。
目視で分からない穴などは、検査で見落とす可能性が高い。

今年は、雨漏りを激減させる施工方法を公開したいと思います。(木造、鉄骨)
実用化に向けて、いくつか現場提供などをお願いするつもりです。

実用化すると、雨漏りが減り、自分の仕事が減ります。
会社にとってはマイナスですが、全然構いません。

雨漏り以外にも瑕疵を防ぐ方法を考案し、順番に公開していこうと思います。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る