ブログ

事例1160 「防水紙位置の不備」

今週から年末にかけて、出張が多くなります。

週末は、ほぼ予定を埋めていて、
分譲の完成検査で週末を希望されると、対応が難しいと思います。

欠陥住宅検査も今からの申し込みは、検査が来年になります。
新規対応可能は新築検査だけです。

 

■(1)今回の事例______________

「防水紙位置の不備」
_______________________

◆写真解説

サイディングのすぐ裏に防水紙がある。
本来は通気層の躯体側に施工するもの。雨漏りしやすくなる。

 

◆内容説明

施主さんが工事中に疑問に思うが、そのまま完成。
完成後の瑕疵検査で器具を外して、防水紙の位置を確認。

サイディング+通気工法が一般的になったのは20年ほど前。
今では、施工方法を知らない人はいないはず。
何らかの思い込みで間違って施工した。

本来は、柱又は構造用合板(面材)に防水紙を施工。
通気胴縁をその上から施工する。

 

◆対策

外壁を張る前に、下地防水をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

寒くなったと思えば、昨日今日は暖かく、体調を崩しそうです。
この週末も現場予定を埋めていました。

1年を通じ、スケジュールがパンパンで、
年齢的にも仕事のペースを落とそうかと思うことが良くあります。

そんな時に、自分より年上の方たちが元気に動いているのを見てしまいます。
先週も移動先で出会った10歳以上年上の方たちの元気さに刺激を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事例1151 「鉄筋コンクリート壁の雨漏り」

8月は出張が少なかったように思えますが、
数えると4回行ってます。

来月の出張はやや多め、年内に海外2箇所へ行く予定もあり、
うまくスケジュールを立てないといけません。

スケジュール管理を他の人に任せようと何度か考えましたが
仕事が一様ではなく、移動ばかりなので、自分でやらないと無理があります。

 

■(1)今回の事例______________

「鉄筋コンクリート壁の雨漏り」
_______________________

◆写真解説

鉄筋コンクリート造の外壁。
各所にひび割れがあり、雨漏りで室内にカビが発生した。
壁と断熱材をめくり位置を特定。

 

◆内容説明

分譲マンションの高層階。部屋が湿気てカビが発生。
カビ臭くて住めなくなった。
原因を特定するため、雨漏り検査を実施。

保険会社へ原因を報告するため、室内の壁を撤去した。
コンクリートをあらわにしたところ、ひび割れを多数発見。
全ひび割れ箇所から雨が入っていた。

ウレタンを吹きつけているが、それで止水はできず
床まで水が落ちていた。

 

◆対策

ひび割れを入りにくくする研究は進んでいますが、
ゼロにすることは、今でもかなり難しい。

外からの定期的な点検でひび割れを見つけ、修理する。

 

==============================

■(2)編集後記

電話での無料相談は一切行っていませんが、
今週も多くの無料相談希望のお電話を頂いております。

電話で説明を受けても状況がよく分かりません。
こちらの想像で答えて、何か迷惑をかけてもいけませんし、
有料で相談をされている方に申し訳ないです。

相談を希望される方は、有料相談予約をしてください。(面談又は電話)

特例として、紹介者(過去の弊社のお客様)がいる場合は、
無料対応することもあります。

その場合においても、電話ですと紹介者の照合がすぐにできない
こともあるため、メールで連絡を頂くと確実です。

 

 

雨漏り多発

先週、日本に上陸した台風10号。
名古屋市付近において、風による被害はほとんどありませんでした。

ただ、夜に強い風を伴った雨が降りました。
この影響で、雨漏りした家が多かったようです。

現在、多く市販されている外壁材は、今回のような台風時に
100%雨漏りを防ぐことができません。

改善するのは、かなり困難なため、市販され続けています。

これに気づいている実務者は多いです。
独自に改善を試みている建築業者も多いです。

メーカーとしては、自然災害は仕方がないという考えです。
だが、建築業者は仕方がないとは言えません。

瑕疵担保期間内であれば、建築業者が修理をしている例が多いです。

 

マンション雨漏り

本日は分譲マンションの雨漏り調査の立ち合い。

鉄筋コンクリート造で内側にウレタンを吹きつけていると
雨漏りしていても表に出ないことが多い。

今日、立ち合いした世帯はカビ臭く、住めない状態になったため、
雨漏り検査を実施。検査の結果、原因を突き止めました。

原因は新築時からの施工不良。
しかし、施工者はすでに倒産。売主の瑕疵担保期間も過ぎている。

大規模修繕後は、雨漏りの発生確率が下がるため、
大規模修繕工事を行う15年くらいまで瑕疵担保保証があると良いと思います。

 

 

事例1144 「鉄筋コンクリートの雨漏り」

雨漏りは事実であるのに、人工的に水を掛けて再現するのが
鉄筋コンクリート造の場合は比較的難しい。

今現在、鉄筋コンクリート造の雨漏りを解明しないといけない現場が3件ほどあります。

今回紹介する例は、すでに原因を調べ終わった現場。
水密性が高いコンクリートもひび割れがあると水を通す。

 

■(1)今回の事例______________

「鉄筋コンクリートの雨漏り」
_______________________

◆写真解説

鉄筋コンクリート床のからの漏水。
外壁から入った雨が床上を伝い、床のひび割れ部から階下へ落ちている。

 

◆内容説明

1階天井が濡れる。それも外壁際ではなく、部屋の中心。
2階は雨漏りしていない。

2階床上を水が走っていると推定。
水かけ試験を行い、床のひび割れ部から水が出ていることを確認した。

鉄筋コンクリート造は、雨が入る位置と出る位置が大きく離れることがあり、
原因の特定が困難なケースが多い。

 

◆対策

ひび割れが起きにくい設計、施工を行う。
(完全にゼロにすることは困難でも、ひび割れは制御できます。)

 

 

==============================

■(2)編集後記

通話専用の携帯電話。8年くらい使っているため、更新時期内であり、新しくしました。

窓口へ行かず、ネットで注文。
商品は翌日に届きましたが、電話帳が移行できない。

暗証番号の4桁を忘れたためです。
いろいろ調べるうちに暗証番号は初期設定のままだったことが判明。
これは解決しましたが、次に赤外線通信でエラーが出る。

何度やってもダメで、最終的にはSDカードで移行。
機種が届いて3日目でようやく新しくできました。

事例1111 「外壁の雨漏り」

事例1111 ぞろ目ですね。

このところ投稿ペースが空いているのは、忙しいからです。
8月末から規模の大きな瑕疵現場を続けて検査をしたり
書籍の販促、TV撮影なども加わりバタバタしました。

この3連休、現場予定も埋まっておりますが、
裁判や瑕疵検査書類を集中して作成する予定です。

忙しいのは、弊社だけではありません。
最近、雨漏り検査は、他を紹介していましたが
紹介先の2社も予定が混み合い、即対応できない状況です。

 

■(1)今回の事例______________

「外壁の雨漏り」
_______________________

◆写真解説

外壁からの雨漏り。
小屋裏から外壁の内側を見ると、防水紙を通過し、雨が内部に入っている。
外装材は天然木。隙間や反りが多数。

 

◆内容説明

1階の天井が濡れる雨漏り。
漏れている上は、2階の外壁ライン。小屋裏に上がると写真の状態でした。

雨を防ぐ、外壁裏の防水紙で雨を防げていない。
外壁全体から雨が漏り、1階の天井へ落ちていました。

防水紙は、釘やタッカーを打つため、そこから雨が入ることもある。
また、経年劣化で防水性が悪くなったものを見たこともあります。

今回、外壁が板張り。劣化が激しく、あちこち隙間や反りがあり、
雨がたくさん裏側に入り、防水紙を通過した。

外側の仕上げがきちんとしていることも、雨漏り対策には重要です。

 

◆対策

新築時、良い品質の防水紙を使う。
外壁の劣化を放置しない。

 

==============================

■(2)編集後記

今現在、ご依頼いただいても即、動けません。
この状況を解消するため、受注調整を少ししております。
雨漏りや漏水などの建物検査以外は、裁判の損害額を算定してもらっている業者さんに
お願いしております。

あと、すぐに見て欲しい的な検査はお断りさせて頂いております。
1週間先くらいまでは、予定が埋まっています。
(新築検査で監督さんが連絡を忘れていて、急な検査設定は、日程を調整します)

裁判関係の書類も、今月中くらいまでほとんど完了。
今月の後半からは、通常に戻る見込みです。

事例1106 「シーリング切れ、補修の不備」

また、暑い日が続いています。

一時ほどは気温は上がりませんが、湿度が高く体感的には暑く感じます。

暑すぎるため、早く夏が終わらないかと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

■(1)今回の事例______________

「シーリング切れ、補修の不備」
_______________________

◆写真解説

外壁のシーリング切れ。1年目で切れ、補修をしたが、またすぐに切れた。
鉄骨造のALC壁。シーリングが切れると即雨漏りにつながる。

 

◆内容説明

シーリングが切れた場合、補修を安く済ませようとすると
上からシーリングを塗る。

上塗りは薄いため、すぐに切れやすい。
本来、打ち替えすべきでした。

切れ、補修を何度か繰り返すたび、10年の雨漏り保証期間が過ぎ、業者に逃げられた。

その後、私に依頼があり、原因は施工不良である証拠を突き付け、
さらに強く圧力をかけて、修理の約束を取りつけました。

今週、ニュースになっていたマンションの外壁タイルの落下も同じ。
大半が経年劣化と理由を付けて逃げ、補修費用は住民の負担となる。

マンションの外壁タイルに関しては、施工方法を
根本的に変えないと、落下問題は無くならない。

 

◆対策

シーリングが切れた際の補修は、打ち替えをする。

 

==============================

■(2)編集後記

一部のメーカーでは、強制的に職人さんにスマホを持たせ、
撮った写真をサーバーにアップさせている。

また、図面などもサーバーから引っ張る会社も増えている。

いろいろ改善されている話は聞きますが、実際に現場監督さんなどと
接していると、あまり変化を感じません。

今の時代、良いシステムがたくさんあるのに
昔ながらのやり方で仕事している方が大半。

この前、電話で話をしていた監督は、深夜まで仕事をしていることを
自慢していましたが、それは時代遅れです。
おそらく、電卓で計算をし、面積などを手で拾っているのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨漏り検査

朝6時半に事務所を出て、午前中の現場を済ませ。
午後からは雨漏り検査。

雨漏り検査は、業者の方でやりつくし、それでも分からないケースばかり。
つまり、難解なものしか依頼がありません。

今回は10年間、根本的に直らない雨漏りの検査。

いろいろ疑い、考えて、4時間かけて、何とか結果を出しました。

(写真:ドア枠上から水が出てきた様子)

その間、休憩なしで、梯子の上に立っていため、体が痛いです。

雨漏り検査で重要なことは、焦らない。
焦るほど、やり方を間違えてしまいます。

しっかり、体をほぐしてから寝ようと思います。

事例1088 「先張りシート未施工」

連休明けの今週。
かなり多くの現場に行きました。
連絡も、いつもよりかなり多かったです。

来週からは、ようやく正常に戻りそうです。

 

■(1)今回の事例______________

「先張りシート未施工」
_______________________

◆写真解説

屋根と壁の取り合い部からの雨漏り。雨漏りしやすい箇所の一つ。
下地防水に不備があった。

 

◆内容説明

屋根と壁がぶつかる箇所は雨が漏りやすい。
取り合いが複雑で、防水シートの施工だけでは不十分になりやすい。
雨漏りした個所、外壁と屋根との間に、先張り防水シートの施工があれば、
雨漏りを防げた可能性が高い。

下地防水施工は、木造住宅工事仕様書(住宅金融支援機構)等を参考に行うとよい。

 

◆対策

防水検査を厳しく行う。

 

==============================

■(2)編集後記

最近の家の断熱性能は、かなり上がっています。

ただし、中には見よう見まね、自己流でやってる会社もあり、
不十分な面を目にすることも多いです。

きちんと勉強し、細部まで取り決め、やっていくことが重要です。

広告やカタログに記載されている高断熱、高気密の表示。
これは、勝手に書くことができます。

検査で契約内容と違う性能だと指摘をすると、
自社基準では高断熱、高気密だと言い張ります。

 

杜撰な施工で雨漏り

先月、雨漏り検査に行った現場。
原因は「施工が杜撰だ」と書類にはっきり書いた。

書類を見た施工業者は、依頼者を介し、
書類の内容に異議があると言ってきた。
さらに雨漏りしない約束をした覚えはないみたいなことを言っているらしい。

ひどい雨漏りで、過失は明らか。
バカを相手にするほど暇ではないため、訴訟を勧めました。

少し前に書いた、雨漏りでハウスメーカーが責任逃れしている件。
意見書を送りつけ、TVを入れようとした途端、突然、動きがありました。
修理してくれるならTVは止める予定です。

もし中止になったら、この現場に代えます。
私に直接文句を言いたいらしいので、カメラをスタンバイさせて
呼び出すのも良いですね。

びっくりするくらい杜撰な施工で、大量の雨が室内に漏ります。
そのうち画像を公開します。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る