ブログ

事例1212 「屋根改修工事の不備」

緊急事態宣言中のため、いくつか欠陥検査を保留しています。
出張がないと、3時起きや長距離移動をしなくて済むため、体は楽です。

ただ、保留した分、解除になってからは、忙しくなりそうです。

 

■(1)今回の事例_____________

「屋根改修工事の不備」
_______________________

◆写真解説

屋根改修工事を行ったが雨漏りが発生。
改修工事で既存(カラーベスト)の上に新たな金属屋根材を施工した際、
ルーフィング施工を忘れたことが原因。
(写真は新設屋根材を一部めくった状態。ルーフィングがない)

 

◆内容説明

既存屋根を撤去すると処分費や解体手間がかかるため、
屋根や外装においては、新しいものを既存の上からかぶせる
カバー工法での改修が多い。

屋根の防水は、通常、仕上げ材とルーフィングの2つがセット。
改修の際、古いルーフィングは劣化しているため、当然、
新たなルーフィングの施工が必要なことは、プロならわかるはず。
業者が無知なため、施工を省略した。

新たに施工する材料の施工マニュアルを読めば、
ルーフィングが必要なことが記載されている。

多くの職人、現場監督はマニュアルを見ない。

 

◆対策

業者の良し悪しは、新築よりリフォームの方が見極めが難しい。
慎重に業者を選び、工事中は自分で写真を撮り、記録を残す。

 

==============================

■(2)編集後記

ここ数年、社内検査を外注に委託するケースが増えている。
私が現場を見る限り、自社できちんと検査している会社の方が圧倒的に品質が良い。
第三者検査を入れてますという謳い文句に騙されてはいけません。

先日、全棟、外注の検査会社に検査を委託している会社の現場に入った。
重要な屋根通気の納まりに大きな問題があり、今まで指摘を受けてないか
訪ねたところ、言われたことがないという回答でした。

何社か業者向けの検査会社がありますが、どこも似たような感じです。

 

事例1211 「早期のシーリング切れ」

先月、通信障害やソフトなどの不具合が起きたため、
システムのグレードアップを図る予定です。

調べれば調べるほど技術の新化に驚きます。
何をどうするか考え、決めるだけでも、相当な時間がかかりました。

 

■(1)今回の事例_____________

「早期のシーリング切れ」
_______________________

◆写真解説

新築してすぐに外壁シーリングが切れた。
施工不良が原因。雨漏りしやすくなる。

 

◆内容説明

30年くらい前、ハウスメーカーにいた頃、シーリング切れの問題
が数多く発生した。
その時代は、正しい施工をしていても、外壁材やシーリング材自体に
問題があり、早期に切れる現象は他所でも多かった。

それ以降、改善が進み、さらに最近では高耐久のものが発売されるなど
シーリングが切れる事例は珍しくなったが、
施工不良による不具合は、ごくまれに出ている。

今回の例は、界面で切れていることから、プライマーの施工不良が原因だと思われる。

シーリングが切れると、「劣化」で仕方がないという業者もいる。
早期の切れは、何らかの不具合が原因であることが多く、劣化ではない。

 

◆対策

シーリング工事に張り付いて見ているわけにはいかない。
完成後、シーリングが切れていても、気にしないと気づかないため、
定期的にシーリング切れを確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

ここ数日、パソコンで文字ばかり打っておりました。
(音声入力はアイフォーンで使う程度)

パソコン上で文章を見直ししても、最終プリントすると
いくつか修正があります。

前から思っていますが、紙とパソコン上で見る文章の違いは
何なのか、本もタブレットで読むこともありますが、
その違いは分かりません。

 

事例1204  「雨漏り ウレタン断熱材仕様の家」

昨日は1ケ月ぶりに新幹線に乗りました。
夕方、東京から名古屋へ帰る新幹線は、混んでました。

ようやく普通に戻りつつある状況において
新規感染者数が増えているので、今後、どうなるか気にしております。

 

■(1)今回の事例______________

「雨漏り ウレタン断熱材仕様の家」
_______________________

◆写真解説

ウレタン施工(断熱材)の家で雨漏りが起きると、
木の腐朽がひどいケースが多い。
ウレタンが雨を吸水し、壁内が乾きにくいのが原因。

(写真:ウレタンを絞ると大量の水がでる)

 

◆内容説明

以前からこの件は懸念しております。
ウレタンはスポンジのように水を吸うため、
相当な雨量でない限り、室内に水滴が落ちることはありません。

写真のお宅も、2階のバルコニーからの雨漏りでしたが、
1階への漏水はありませんでした。

晴れが続くと水分を徐々に放出、雨が降ると吸水を繰り返します。
常に水を含んでいるため、ウレタンに接する木部は水の供給を受けて、
腐朽していきます。

壁内を確認すると、柱、梁などの腐朽がかなり進行してました。
雨漏りが、構造瑕疵までに発展するケースです。

 

◆対策

できる限り、雨が漏りにくい設計を行う。

 

 

==============================

■(2)編集後記

大手ハウスメーカーの商品改良のペースが最近、早い気がします。
検査に入るごとに、少しづつですが、改良した箇所を目にします。

商品価値を上げるのと、コストダウンをはかる努力を
常に専門部署が行っているようです。

特に構造面の改良は、よく考えていると感心します。

 

 

 

短期で柱がひどく腐朽。原因は雨漏り

数年前より「軒ゼロ」、「ウレタン断熱材」が増えています。
「軒ゼロ」は雨が壁に当たりやすくなるため、雨漏りの確率が増えます。
また、サイディングの藻の付着も軒ゼロの家に多い。

「ウレタン断熱材」は、雨漏りした場合、
ウレタンがスポンジのように水を吸い込むため、発覚が遅れます。
壁内で保水した状態が長く続き、木の腐朽を促進する。

実際、被害にあった現場を見ました。
従来の雨漏りのように、水滴が落ちることがなく、
壁にカビやひび割れが出てきて、雨漏りではないかと疑い出した。
壁をめくると、柱がひどく腐朽。
グラスウールなどではあり得ない状況です。
(近いうちに写真を紹介できると思います)

雨漏りによる躯体の腐朽は、今後増えていくと予想します。
今主流の外装材で雨漏りを100%防ぐことは不可能。
軒を出すなど、デザイン面でも工夫していく必要があると考えます。

 

事例1188 「土台水切り裏に雨がまわる」

昨日、3階建ての現場で3時間ほど検査。

マスクを着用して、階段を何度か上り下りしていたら、
酸欠気味になり、事務所に戻ってからも頭が痛かったです。

夏用のマスクでも、動く時は着用しない方が良いですね。

 

■(1)今回の事例______________

「土台水切り裏に雨がまわる」
_______________________

◆写真解説

床下に入り、基礎と土台の間から外部側を撮影。
土台水切りの裏側に雨が入っている。
本来、雨が入る箇所ではない。

 

◆内容説明

土台水切りが機能を果たしていない事例が多くあります。
メーカーに事例を突きつけても、不備を認めないため、
証拠を集めている最中。

検査で床下に入っている時、雨が強く降ってきた。
注意して床下から土台水切り裏を観察したところ、
本来、雨が入る箇所ではない裏側が、かなり濡れてきた。

この水が基礎天端へ移動し、室内に入る例が多発している。
基礎パッキンがない現場では、土台が濡れ、腐朽する。

 

◆対策

不具合の出やすい材料を選ばない。

 

 

==============================

■(2)編集後記

新型コロナウイルスの影響で、検査依頼の数は昨年より減っていますが
毎日、予定が埋まります。

自粛が解除され、裁判や話し合いが再開し、
打ち合わせや、反論意見書の作成依頼が増えているためです。

来月に入ると、夏型結露と雨漏り調査依頼が増えてくると思います。

 

事例1182 「屋根防水リフォーム不備」

今日の名古屋の気温は30度くらいまで上がっていると思います。

お昼くらいに屋根裏へ入り、その時点で屋根裏は35度近くありました。

 

■(1)今回の事例______________

「屋根防水リフォーム不備」
_______________________

◆写真解説

リフォームで屋根防水工事を依頼。
排水ドレンまわりの亀裂を処理しなかったため、雨漏りが直らない。

 

◆内容説明

屋根防水が劣化していたため防水改修工事を依頼。
その工事は、防水塗料を全体に薄く塗っただけのもので
既存の雨漏りの原因である亀裂などの不具合は、修理されていない。

リフォーム業者は、既存の状態に適した改修方法を提案せず、
安価で済む塗装だけを職人に指示をしたようだ。

全般的に雨が漏っていて、全面的な改修が必要な状態。
リフォーム業者が行った塗装は、無駄になる。

 

◆対策

屋根防水工事は、工法、耐用年数、保障内容を確認し、
施工内容を決める。

 

 

==============================

■(2)編集後記

中国で子供がマスクをして運動をし、命を落としているニュースを見ました。

普通のマスクは、息が荒くなると酸欠になりやすい。
大人なら頭が痛くなった時点で外せば、問題ありませんが、
子どもが先生に言えなくて頑張ってしまうと危険です。

私が検査を始めたころ、普通のマスクを着用し、床下に入っていました。
毎回、頭が痛くなりましたが、酸欠だと気づいたのは、ずいぶんあと。

今では呼吸が楽な防塵マスクを使用しています。

 

事例1162 「床下への雨漏り」

年内の営業は実質2週間。
新築検査のスケジュールが混んできております。

今日の午前中は1件延期があり、空きました。
その分、来週の予定がきつくなります。

 

■(1)今回の事例______________

「床下への雨漏り」
_______________________

◆写真解説

外壁を伝った雨水が、基礎内へ入ってくる。重大な施工不良。

 

◆内容説明

長期優良住宅などの基準では、土台水切の施工が必要。
外壁の雨水が土台を濡らしてしまうと、耐久性が無くなるからです。

写真は、大手ハウスメーカーの家。
外壁下に土台水切りのようなものがついているが機能していない。
この家だけの問題か、全体の問題かは不明。

新築時からの現象で、もうすぐ10年になる家。
施主の言うことを聞かないので、私と弁護士に依頼。
品質、アフターサービスの悪さはピカイチです。

 

◆対策

外壁を伝う雨水は、土台水切りなどを設け、土台へかからないようにする。

 

==============================

■(2)編集後記

今現在、サポートしている裁判の一つ。
判断が不服として、相手側が裁判所を攻撃し出した。

裁判所が相手にすることはないため、
結局、こちらが相手することになる。

その他、いくつか意見書作成依頼が来ているため、
年初にかけ、紛争の仕事も忙しくなりそうです。

 

事例1160 「防水紙位置の不備」

今週から年末にかけて、出張が多くなります。

週末は、ほぼ予定を埋めていて、
分譲の完成検査で週末を希望されると、対応が難しいと思います。

欠陥住宅検査も今からの申し込みは、検査が来年になります。
新規対応可能は新築検査だけです。

 

■(1)今回の事例______________

「防水紙位置の不備」
_______________________

◆写真解説

サイディングのすぐ裏に防水紙がある。
本来は通気層の躯体側に施工するもの。雨漏りしやすくなる。

 

◆内容説明

施主さんが工事中に疑問に思うが、そのまま完成。
完成後の瑕疵検査で器具を外して、防水紙の位置を確認。

サイディング+通気工法が一般的になったのは20年ほど前。
今では、施工方法を知らない人はいないはず。
何らかの思い込みで間違って施工した。

本来は、柱又は構造用合板(面材)に防水紙を施工。
通気胴縁をその上から施工する。

 

◆対策

外壁を張る前に、下地防水をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

寒くなったと思えば、昨日今日は暖かく、体調を崩しそうです。
この週末も現場予定を埋めていました。

1年を通じ、スケジュールがパンパンで、
年齢的にも仕事のペースを落とそうかと思うことが良くあります。

そんな時に、自分より年上の方たちが元気に動いているのを見てしまいます。
先週も移動先で出会った10歳以上年上の方たちの元気さに刺激を受けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事例1151 「鉄筋コンクリート壁の雨漏り」

8月は出張が少なかったように思えますが、
数えると4回行ってます。

来月の出張はやや多め、年内に海外2箇所へ行く予定もあり、
うまくスケジュールを立てないといけません。

スケジュール管理を他の人に任せようと何度か考えましたが
仕事が一様ではなく、移動ばかりなので、自分でやらないと無理があります。

 

■(1)今回の事例______________

「鉄筋コンクリート壁の雨漏り」
_______________________

◆写真解説

鉄筋コンクリート造の外壁。
各所にひび割れがあり、雨漏りで室内にカビが発生した。
壁と断熱材をめくり位置を特定。

 

◆内容説明

分譲マンションの高層階。部屋が湿気てカビが発生。
カビ臭くて住めなくなった。
原因を特定するため、雨漏り検査を実施。

保険会社へ原因を報告するため、室内の壁を撤去した。
コンクリートをあらわにしたところ、ひび割れを多数発見。
全ひび割れ箇所から雨が入っていた。

ウレタンを吹きつけているが、それで止水はできず
床まで水が落ちていた。

 

◆対策

ひび割れを入りにくくする研究は進んでいますが、
ゼロにすることは、今でもかなり難しい。

外からの定期的な点検でひび割れを見つけ、修理する。

 

==============================

■(2)編集後記

電話での無料相談は一切行っていませんが、
今週も多くの無料相談希望のお電話を頂いております。

電話で説明を受けても状況がよく分かりません。
こちらの想像で答えて、何か迷惑をかけてもいけませんし、
有料で相談をされている方に申し訳ないです。

相談を希望される方は、有料相談予約をしてください。(面談又は電話)

特例として、紹介者(過去の弊社のお客様)がいる場合は、
無料対応することもあります。

その場合においても、電話ですと紹介者の照合がすぐにできない
こともあるため、メールで連絡を頂くと確実です。

 

 

雨漏り多発

先週、日本に上陸した台風10号。
名古屋市付近において、風による被害はほとんどありませんでした。

ただ、夜に強い風を伴った雨が降りました。
この影響で、雨漏りした家が多かったようです。

現在、多く市販されている外壁材は、今回のような台風時に
100%雨漏りを防ぐことができません。

改善するのは、かなり困難なため、市販され続けています。

これに気づいている実務者は多いです。
独自に改善を試みている建築業者も多いです。

メーカーとしては、自然災害は仕方がないという考えです。
だが、建築業者は仕方がないとは言えません。

瑕疵担保期間内であれば、建築業者が修理をしている例が多いです。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る