ブログ

事例1194 「火打ち梁、ナット締め未施工」

多い時には2時間以上、連絡業務に時間を割きます。
連休などは、連絡がほとんど入らないため、
それだけで非日常的な雰囲気を感じることができます。

 

■(1)今回の事例______________

「火打ち梁、ナット締め未施工」
_______________________

◆写真解説

火打ち梁ボルト締め未施工。大半の箇所で同様にナットが締まっていない。
本締めを忘れたたまま完成。

 

◆内容説明

1,2ケ所程度なら締め忘れ、チェック漏れがあるとしても
1軒の家でかなりの数、ボルトが締まっていなかった。

建て起こしまで、本締めを行わず、
目についた部分だけ締めた他は、緩んだまま完成。

構造的に重要な部材であり、仕口の緩みは
家の耐震、耐風性能に影響を及ぼす。

 

◆対策

ボルトの緩みは、気にしないと目につきにくい。
構造検査時にボルト締めの全数検査を行う。

 

 

==============================

■(2)編集後記

名古屋は本日、40度近い最高気温予想が出ております。
明日からも全国的に高温の予想が続きます。

現場予定がないのは、今日まで。
今週、標高1000Mくらいの場所での予定もありますが、
これだけ暑いと2000Mくらいの高地でないと、涼しくありません。

気温が高いと空調服も涼しく感じなくなります。
暑さを覚悟して、明日からの現場予定に備えないといけません。

事例1184  「ホールダウンボルトの埋込み不足」

事務所前の名鉄高架工事を見て、最近思ったことは、
コンクリートの打っ放しがきれい。

住宅の現場では、床下面は見えなくなる。
外周部は仕上げるため、表面のきれいさに気を使わない現場がほとんど。

少しの手間できれいになりますが、
最近は最少人数でコンクリートを打設している現場が多いため、
仕上げに関することに、手間をかけられないようです。

 

■(1)今回の事例______________

「ホールダウンボルトの埋込み不足」
_______________________

◆写真解説

柱の引抜きを防止するホールダウンボルト、基礎への埋込み不足。
約50mm。

 

◆内容説明

柱に大きな引抜き力がかかるのは、大地震時。
または、かなり猛烈な強風時。

設計の段階で、柱の引抜き力を算定し、
必要な箇所にホールダウンボルトを入れている。

アンカーボルト類は、太さ、埋込み長さの数値が大きいほど
引き抜きに対する強度が高くなる。

埋込み長さが不足をすると、所定の耐力が確保できない。

法改正があった当初(今から20年前)に比べ、最近は、金物の種類が増え、
埋込み長さもいろいろ。
金物をよく理解していないと、間違っているかどうかの判断も付きにくい。

 

◆対策

使用材料をあらかじめ理解し、施工時に埋込み深さを確認する。

 

 

==============================

■(2)編集後記

大手ハウスメーカーの営業の方が、展示場にお客さんが来ないと
言われておりました。

家の計画がある方においても
第2波の懸念もありますし、経済状況も気になると思います。

こういった状況が続けば、新築着工棟数はかなり落ち込むと予想します。
今現在着手している現場は、新型コロナ流行前に契約した方がほとんど。

夏ころには目に見えて着工が減ってくるかもしれません。

 

アンカーボルトが切れる

木造住宅のアンカーボルトのナット。
現在では、土台上にボルトを出さない納まりのため、
座金兼用のものを使う現場がほとんど。(写真)

昨年、アンカーボルトを締め付け中、ボルトが2本切れてしまった
という連絡をお客さんからいただいた。

詳しく聞いてみると、電動工具での締め付けがストップした場合、
さらに締め付けるためには手で締める。手で無理やり締めると、
ねじ山の途中で切断しやすい。

複数の大工さんに聞き取りしたところ、皆さんが経験していた。

切断したまま工事を進めた場合、レントゲンを撮らない限り
発覚することはない。隠蔽されやすく、構造上重要な接合部なので、
位置や数によっては、影響は大きい。

大工さんに原因を聞いてみた。
このナットの場合、土台の穴あけは上端からあける。
(座金の厚み分、座彫りするため)
土台に穴をあける際、垂直にあけることが難しく、多少斜めになる。
アンカーボルトも完全に垂直にはならない。
これらの要因からアンカーボルトと土台穴が接する箇所が出る。
土台との接触により、スムーズにナットが入らないが、
固定しないといけないため、強く締め付けてしまう。

大工さんの努力だけでは、どうにもならない面があるように思います。
メーカーに対し商品改良を促す予定です。

 

 

事例1166 「ナット締め未施工」

来週、検査機材のいくつかを点検に出す予定。
その間、代わりの機材を使えるものもあれば、ないものもあります。

機材をフルに使い1日かかる瑕疵検査は、
今日実施した現場を、今月最後とします。
瑕疵検査以外は通常通り行います。

 

■(1)今回の事例______________

「ナット締め未施工」
_______________________

◆写真解説

梁接合ボルト、ナット締め未施工。ナットは梁の上に置いたまま、
この状態で完成。同じような箇所が計3ケ所あり。
(梁の上部からの撮影)

 

◆内容説明

接合ボルト、ナットが未施工。
構造材の接合部は、大地震時に外れないよう、金物で緊結する必要がある。

ナットがない状態は、検査で目を凝らさなくても気づくはず。

計3ケ所も同様な状態があったということは、
誰も検査をしていない証拠。

今の住宅現場において検査しないまま、工事が進むことはよくあります。
この現場も上棟後に行う、瑕疵検査、中間検査も実施されている。
これらの検査は、ナットまで確認しないことがほとんど。

社内検査が機能しないのは、人手不足が原因であることが多い。

 

◆対策

品質管理が不十分な施工者に依頼をする場合、第三者検査を入れる。

 

==============================

■(2)編集後記

ここ近年、動画の勢いが増しています。
欠陥住宅の紹介のおいても動画は分かりやすい。

ただ、TVの場合、欠陥の重要度が高くても、画として分かりにくければ
取り上げてもらえない。
一昨日、昨日放送した家は、TVで見る以上にもっと深刻な瑕疵が多いです。

自分で動画を撮れば、思い通りになります。
ただし、きちんとした完成品にするには、ある程度の知識と時間が必要です。

プロに撮影、編集を頼むこともできます。
相場は50万円~。

それを考えますと、多少、自分の思い通りでなくても
TV局に入ってもらった方がメリットが大きいです。

 

 

構造検査

昨日くらいから顔の一部の肌荒れがひどい。
原因として、床下検査が続いていたため、マスクのゴムでかぶれたのかもしれない。
昨晩、マスクのゴム部分をしっかり洗いました。

社内検査を弊社や瑕疵保険の検査にゆだねている現場がある。
そういう現場は、検査に行くと不備が多く見つかる。

大工や監督は指摘されたら直せばいいという考えです。
本来は、大工が確認。そのあと監督チェック。

このやり方に慣れ、瑕疵保険の検査員がしっかり見ない人だったら
不備は是正されることなく、家は完成します。

社内検査体制ができていない会社は要注意です。

事例1142 「鋼製束の浮き」

6月も半ば、新築検査の手持ちが一時より減りましたが、
紛争関係の書類作成は、相変わらず多いです。

明日も裁判に参加。
そろそろ、裁判所の判断が出てくる頃。
こちらに有利な流れになると良いですが。

 

■(1)今回の事例______________

「鋼製束の浮き」
_______________________

◆写真解説

1階床を支える鋼製束の浮き。
施工途中にそのままになったと思われる。床がたわむ原因となる。

 

◆内容説明

社内検査後に伺った現場で指摘。
床下点検口の横なので、奥まで入らないでも確認は容易です。

鋼製束を1本、施工し忘れる例はあっても、
途中で施工をやめたのを見たのは初めて。

大工さんが完全に忘れてしまったのだと思います。

束を1本、飛ばしても、人が一人歩くくらいでは気づきません。

 

◆対策

完成時に床下をチェックする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

設計事務所の方たちの話によると、ハウスメーカーの営業マンが
間違ったことを平気でお客さんへ伝えてる例が多いようです。

私も思い当たることがあります。
この前、完成検査に行った際、営業も現場に来ていて、耐震などに関する
持論をお客さんへ述べていましたが、半分は間違っていると思いました。

技術的なことになると、営業は専門外。
カタログに書いている以上の深い説明は、無理だと思います。

大手などの場合、本社の研究部門の人以外、
詳しいことが分からないケースが多いです。

カタログなど、広告では何とでも書けますし、
口でも何とでも言えてしまうため、安易に信じ込むのは危険だと思います。

 

 

事例1139 「増築部、緊結未施工」

長期連休明けに現場予定が一杯になるように、
月曜日は連絡が多いです。

土日が少ない分、その反動だと思います。
現場予定や打ち合わせが多いと、その日のうちに処理できません。

 

■(1)今回の事例______________

「増築部、緊結未施工」
_______________________

◆写真解説

増築した屋根裏。既存と緊結されていない。
接合に使う予定だった金物が梁の上に置いてある。
大地震時に接合部分で破壊する可能性が高い。

 

◆内容説明

新築より確実に問題が発生する確率が高いのは、増改築。

見た目はきれいに工事が完了したが、
重要な構造が一体化されていない。

増築する場合、あえて既存部と切り離して施工することもある。
その場合は、大地震時にお互いがぶつからないように間をあける。
2階の軒先で40CMくらいの隙間が必要なケースもある。

今回は、一体化で計画したにもかかわらず、構造が接合されていない。
大地震時にバラバラに動けば、接合部で破壊する。

 

◆対策

増築の場合でも、構造計画を疎かにしない。
構造計算をするなどして、構造の計画を詳細に検討する。

 

 

==============================

■(2)編集後記

連休明けの現場の忙しさは一服。
月末にかけて、書類の締め切りに追われます。

昼間、現場予定が少なければ、書類を書く時間が確保されますが、
直近で、どんどん現場の予定が埋まってきます。

長時間労働の是正とは縁がない仕事です。

事例1133 「構造金物のビス施工不良」

事務所前で名鉄の高架工事が行われています。
現在、杭工事中。

複数のゼネコンで工区を分けて工事。
よく見ているとA社は1日に2本杭を施工。
B社は1日1本。
機械はほぼ同じ、何か違うのか気になります。

 

■(1)今回の事例______________

「構造金物のビス施工不良」
_______________________

◆写真解説

構造金物のビスが梁の座彫り部に入り、ビスが2本効いていない。

 

◆内容説明

構造金物を使い始めた頃、引き抜き力の大きな箇所は、ボルトを使用していた。
ボルトは施工性が悪いため、最近は長いビスを使う金物が増えてきた。

写真のような事例は、構造検査でよく指摘をする。
施工している大工さん自身も気づきにくいため、何らかの改善が必要だと思う。

効いているビスが短いと、その分、耐力が落ちる。
引き抜き力が弱くなり、大地震時、役に立たない恐れがある。

 

◆対策

プレカット図で、金物を付ける位置を記載する。
構造検査時に外側からも金物をチェックする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

昨日、弁護士から裁判の和解報告がありました。

私が今までサポートした裁判。和解で終える率は80%以上。
判決まで行く例はわずかです。

今回の裁判は、相手の様子から、判決まで行くと予想していました。
検査に行ってから3年。和解による解決でも時間はかかります。

 

事例1132 「筋交い金物ビス不足」

今日は朝6時に出発。
遠方の検査と打ち合わせでした。

打ち合わせの場所へ向かう最寄りの駅からの道。
春休みで人出が多く、少し歩いただけで疲れました。

 

■(1)今回の事例______________

「筋交い金物ビス不足」
_______________________

◆写真解説

筋交い金物、ビスが1本不足。
バーコードシールで穴が隠れていて、施工を忘れた。

 

◆内容説明

大工さんに指摘をすると、足りているでしょうという返答。

説明をしてシールをはがすと、ビス穴がもう一つ。
納得して、是正してもらいました。

柱側は、全ての穴にビスを施工する必要がある。
1本でも足らないと所定の耐力が期待できない。

シールを貼る位置の改善を、メーカーに求めました。

 

◆対策

構造金物類は、全数、よく見て検査をすれば
ビスの不足を見つけやすい。

 

==============================

■(2)編集後記

昨日気づいたこと。今年、花粉症になっていない。

毎年、症状は軽いですが、鼻も目も反応します。
今年、花粉が多いはずなのに、今のところ症状が出ない。

理由は分かりません。
外出しないわけでもありません。
花粉症で苦しんでいる方が多いので、原因を解明したいですね。

事例1115 「筋交い欠損」

先月は着手物件が多く、新築検査が忙しかった。

工程が皆、同じペースで進むと、検査も同じ時期に集中します。
来週あたり一旦、新築検査が少なくなる予定ですが、
また、今月中旬から予定が集中しそうです。

 

■(1)今回の事例______________

「筋交い欠損」
_______________________

◆写真解説

ホールダウン金物に干渉し、筋交いが削られている。
大きな力がかかった際、破損しやすくなる。

 

◆内容説明

大工なら、筋交いを切り欠いてはいけないことを知っている。
切り欠いて、知らん顔する大工は悪質です。

今回の原因は、基礎に埋め込んだボルトの位置が悪い。
本来、筋交いと干渉しない位置にボルトを埋め込む必要がある。

筋交いの切り欠きは建築基準法施行令でも禁止している行為。
切り欠きなどの欠点は、大地震時に筋交いが役に立たない恐れがある。

 

◆対策

構造検査時に、筋交いが切り欠かれていないか、全数検査をする。

 

==============================

■(2)編集後記

メインで乗っている車が、昨日で購入して丸1年。
走行距離は43,000KM。初回の車検時には13万KMになる計算です。
もう1台、遠出用の車があるので、合計年間5万KM以上、車移動しています。

ここ10日ほどは、珍しく100KM圏内で仕事してました。
明日は、久しぶりの出張。250KM先の場所に欠陥検査に行きます。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る