ブログ

事例1168 「建物の動きが原因のひび割れ」

先週末、東京から帰ってきた翌日から風邪の症状が出始め、
木曜日の夕方、熱が38度以上まで上がりました。
病院で薬を処方してもらい、翌朝には平熱まで下がりましたが、
薬の影響なのか、眠く、頭が重たい状態が続いていました。

マスクなしで過ごしたことを反省しています。

 

■(1)今回の事例______________

「建物の動きが原因のひび割れ」
_______________________

◆写真解説

L字型形状の建物接続部分。
それぞれが異なる動きをするため、接続部にひび割れが入りやすい。

 

◆内容説明

建物の形状がL字型の場合、一般的には、
ビルやマンションなどでは、接続部分で躯体を分離し隙間をつくる。
低層の住宅では、分離せず一体化する。

構造検討で一体となって動くように設計すれば問題はないが、
住宅の場合は、不整形の建物においても、整形の建物同様の
構造検討で終わっている。

接続部が損傷するのが確実であっても、計算基準はクリアするため、
あまり重要視されていない。

 

◆対策

L型、凸型、コの字型などの家の場合、詳細な構造検討を行う。

 

 

==============================

■(2)編集後記

広告などで「設計士」という文字をよく見かけます。
何気なく聞いていると疑問に思いませんが、どういう意味なんでしょうか。

「士」がつきますが、国家資格であるのは「建築士」で、設計士という国家資格はありません。
設計のプロを強調するなら「建築家」と名乗った方が良いのではと思います。
「建築家」は国家資格ではありませんが、「日本建築家協会」という団体があります。

結論として「設計士」は設計をする人全般のことだと思います。

 

 

 

 

事例1167 「屋根の勾配が反対」

今シーズン、名古屋の積雪は今のところなし。

生コンの凍結を心配するような気温にならないため
今年は、凍結の注意を1回も出していません。

 

■(1)今回の事例______________

「屋根の勾配が反対」
_______________________

◆写真解説

屋根の勾配が打ち合わせと反対。
最終図面を間違って作成したのが原因。

 

◆内容説明

実施設計に移る際、屋根の向きを設計者が誤って反転。
そのまま施工された。

最終図面に確認のサインをする際、
施主は1年近く、細かく打ち合わせをしてきたこともあり、
間違いがあるはずがないと思い、よく見ずにサインしてしまった。

ハウスメーカーは、明らかな設計ミスであるにもかかわらず、
責任は最終図面の確認を怠った施主にあると主張。修理に応じない。

本来、間違いがないことを確認するのは、設計者の仕事。
屋根の向きを間違えるのは、全くチェックしていないと思われる。

 

◆対策

図面にサインや捺印を求められた場合、
持ち帰るなどして、一通りチェックをする。

 

 

==============================

■(2)編集後記

現役の不動産業者が集い、忖度のないつぶやきで話題を集める
ツイッター集団「全宅ツイ」の本を複数買って読みました。

普段から不動産に関するニュースをチェックしているので
目新しいものはありませんでしたが、不動産業界を知らない
これから不動産を買おうとしている人は、読んだ方が良いかもしれません。

私自身、3回、不動産購入の経験があります。
1回目は20代後半。完全に素人扱いされ、相手のペースでした。
2回目は30代半ば、競売の入札に参加。土地の引き渡しまでに妨害などもあり
良い経験をさせていただきました。
3回目は40代後半。相手はこちらを警戒していただいて、どちらかといえば
私のペースで取引ができました。

4回目がある時は、さらに上手く取引できると思います。
自分自身の経験を活かし、皆様にアドバイスをしていけたらと思います。

 

 

事例1164 「配管が梁を貫通」

現場は昨日まで。
今日は事務所で裁判の意見書作成。

相手側は無茶苦茶なことを主張しています。
本心でないことは承知していますが、反論しておかないといけません。

裁判のこういうところは、時間とお金の無駄と常々、感じてます。

 

■(1)今回の事例______________

「配管が梁を貫通」
_______________________

◆写真解説

2階床梁を配管が貫通。
スパン中央に大きな穴、構造的な欠点となる。

 

◆内容説明

木造住宅において、設計時に設備を計画していないことが多い。
そのため2階の配管類は、通る位置によっては、天井が下がるなどの
影響が出ることもある。

今回の写真も、設備業者が勝手に配管したと思われる。

設備で径が大きいのは、換気ダクトと排水管。
これらについては、基本、構造を傷めず施工する。

 

◆対策

梁に穴をあける以外の方法を考える。

 

==============================

■(2)編集後記

来年度以降の住宅業界。
専門機関などの予想では、注文住宅の着工数は、しばらく横ばい。

この状況でも、メーカーや工務店は、数を伸ばしたいところがほとんどで
業者間の競争はますます激化していくと思います。
特に着工数の落ち込みが少ない都市部での激化が予想されます。

買う方にとっては、良い条件に見えますが、弊害も伴います。
今現在も、弊害の実例をいくつか、目の当たりにしています。

依頼する会社がどんな状況に置かれているのか、
気にして、確かめるのも重要だと思います。

 

 

連休の真ん中

明日から休みにするため、連休前半は、毎日予定がぎっしり。
混まない方面へ検査に行きましたが、途中、事故が多く、渋滞にはまりました。

 

「地元工務店が造る木造住宅は、2,3回目にくる地震に弱い」
大手ハウスメーカーの営業マンが、よく言うセリフです。

1回目の大地震で、筋交いや構造用面材が破損。
2回目、3回目で筋交い、構造用面材が壊れ、倒壊する。

過去の大地震で、そのような崩れ方をした家が実際にあるため、
それを根拠にしていると思います。

耐力を高める、制震装置を入れるなどの対策した家であれば、
繰り返しの地震でも倒壊しません。

地震が心配だからと言って、木造住宅をあきらめる必要はありません。
きちんと計画をすれば、強い建物が造れます。

 

 

事例1134 「躯体の濡れ」

昨日までの特に午前中の寒さは、厳しかったです。
今日は暖かくなる予想で、うれしいです。

夕方まで現場。次の現場の合間に更新してます。

 

■(1)今回の事例______________

「躯体の濡れ」
_______________________

◆写真解説

屋根合板の濡れたあと。長期間、雨に濡らしたために水シミあとが目立つ。
垂木間ではやや合板に反りも出ている。

 

◆内容説明

躯体組み上げ(上棟)後の雨仕舞が遅く、雨に何度か濡らした。

せっかく乾燥した材木を搬入しても、何度も雨に濡らせば
乾燥材を入れた意味が無い。

完成してから結露などの原因になることがある。

合板製造側の組合が、多少の濡れは影響がないと告知している。
確かにその通りです。
工事中、雨に濡れることをそれほど心配しなくて良いですが、
養生をせず、長期間、濡れたままにすることはよくないです。

 

◆対策

できるだけ濡らさない努力をするよう、事前に伝える。

 

 

==============================

■(2)編集後記

依頼が来たものをすべて抱え込むのではなく、
私が行かなくても、他の優秀な専門家に委託できるものは、
紹介という形で、他社へふるようにしております。

弊社が間に入り、経費を取ることもないですし、紹介料を頂くこともありません。

先日、音の調査依頼を業者から受け、専門の方を紹介しました。
紹介した方が、前金でのご請求をしたところ、その会社は前払いが会社の規則で
できないため、弊社に代わりに支払ってくれと言ってきました。

この件に関し、全く関りがないため、当然拒否しましたが、
お願いをしてくる担当者の非常識さにあきれました。

この会社は一部上場企業。会社の規模はかなり大きい。
その割に、内部の体制は非常にだらしない。
そのだらしのなさが、現場品質にも表れています。

 

事例1120 「基礎が低い」

移動中の車内で書いています。
秋の行楽シーズンが終わり、新幹線も混んでいません。

今週、出張は今日1日だけ。日曜日まで遠方の予定はありません。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎が低い」
_______________________

◆写真解説

木造住宅の基礎天端。地面からの高さが低い。
地面に近いと土台などが湿気やすい。

 

◆内容説明

地面に近いほど湿気やすく、また、雨の跳ね返りを受ける。
土台などの耐久性を考慮し、地面からの基礎天端の高さは、基準法で
30cm以上、フラット35、長期優良住宅では40cm以上必要。

設計では40cmを指示しているが、外構工事との絡みで
低くなってしまった。

建てる前の敷地調査が不十分だったと思われる。

 

◆対策

図面を簡略化しているケースは、ミスが起きやすい。
外構工事が別途のケースもあるが、建物周囲の高さ設定は、
家の計画時、詳細に決めておく。

 

==============================

■(2)編集後記

以前、腰痛の原因がお尻の筋力低下だったと書きました。

もう一つ、原因が分かりました。
下半身の筋力の左右差が大きい。

見た目は、差がありませんが、調べてみると、かなりの差がありました。

左右差が大きいため、どうしても弱い方に負担がかかる。
良く痛めるほうは、筋力が弱い方でした。

バランスの悪さの原因は思い当たりません。
若い頃、空手を長くやっていました。
左右の得意が分かると相手に攻撃を読まれるため、
両方均等に蹴りや突きを出すスポーツ。
やめた後の日常生活で差が出たかもしれません。

筋力の差を調べるには、自分自身では少し難しいです。
スポーツトレーナーなどに言えば、見てくれると思います。

今現在も左右差はありますが、下半身を鍛えることで、腰痛は全く出ておりません。

 

事例1098 「耐力壁下の人通口」

名古屋はしばらく、気温35度越えが続きます。

こういう時に限って、外の検査、小屋裏の検査が多いです。
この仕事も長くやっているので、暑さ対策は万全です。

 

■(1)今回の事例______________

「耐力壁下の人通口」
_______________________

◆写真解説

耐力壁下の基礎人通口。
柱下すぐ近くに開口があると、基礎に力が伝達されにくい。

 

◆内容説明

基礎に設けられる人通口。
床下点検で人が通るために設けられる。

木造の2階建ては、構造計算をする必要はない。
計算を任意に行ったとしても、基礎の計算を省略することがある。
また、明快な基準もないため、構造を考慮せず、位置が決められることが多い。

私が検査で見る限り、構造をきちんと配慮して設計されている基礎は50%くらい。

 

◆対策

構造建築士に、基礎の図面を作成させるなど。

 

==============================

■(2)編集後記

近年、毎年豪雨の被害が出ているように思います。

地震対策ばかりに目が向けられていますが、
豪雨対策も立地によっては考えていく必要があると思います。

水浸かっても、すぐ乾く家。
土砂崩れに耐える家。

実現できそうですが、地震対策より、かなりの費用がかかりそうです。

あまりTVを見る時間がなく、西日本豪雨の被害状況を詳しく見ていません。
専門誌などで情報を得ようと思います。

 

海外現場の重大な懸念事項

現地の鉄筋施工で、一番まずいのは、柱の帯筋。フックが90度。

難しい説明は省略しますが、主筋(縦に入っている鉄筋)に大きな力がかかりはらんだ際、
90度だと開きやすい。日本では135度に曲げる。

大地震が来ないという前提で、建物が造られている。
柱も細いし、鉄筋の組み方も疑問だらけ。
ここが重要だというところに鉄筋が少なく、どうでもいい箇所に鉄筋が多く入っていたりする。

これではダメだと説明しても、これが標準だと言われてしまう。
また、どこの現場でも同様な施工がされている。

あとから調べると、大地震が来ない国ではない。
近年、急激に高層のコンドミニアムが増えている。
都市部に大きな地震が来たら、被害は相当なものになるのは確実でしょう。

日本は大きな地震が来るごとに、基準が見直されてきた。
同じようなことを繰り返すと思われる。

このまま、放置をするのか。
日本のやり方を無理やり押し付ける気はありませんが、
何らか改善できる方法を実行しようと思います。

「日本は人口が減る、これからの不動産投資は海外だ」
という広告を最近よく目にする。

現地事情を知らなくても、お金さえ出せば、簡単に買えてしまう。
(外国人に対し土地を買うことは認めていない国が大半。
コンドミニアムは例外で、日本のマンション同様な買い方ができる)

2年ほど前にも、この国を訪れている。
現地の人で、コンドミニアムは大きな地震が来たら倒壊する。
低層の家を買うと言っていた人がいた。

 

 

 

事例1094 「鉄筋径の間違い」

このところ躯体の木が雨で濡れたという相談が増えています。

少々の事でしたら問題ありませんが、繰り返し、大量に濡れると
影響が出ることもあります。

できるだけ濡らさない。濡れたら早期に乾かすことを
心がけてください。

 

■(1)今回の事例______________

「鉄筋径の間違い」
_______________________

◆写真解説

鉄筋径がD10、図面(D13)より細い。
コンクリートスラブの配筋。

 

◆内容説明

鉄筋径を太いもので統一すれば、施工ミスは起きにくいが、
コストの面からそのようなことは一般的には行われない。

床(スラブ)の配筋は、位置や方向により、鉄筋径が異なるケースが多い。
複雑になるほど、ミスは起きやすい。

径の大きい方へ間違えばよいが、小さい方へ間違うと耐力不足になる恐れがある。

 

◆対策

全数検査を行う。
鉄筋径は3mmごとにサイズが上がる。
慣れていれば、見るだけで径は分かるため、
全数検査をしても手間ではない。

 

==============================

■(2)編集後記

明日は、テクノロジーネクスト2018に参加します。

私は一番最後のセッションに登壇。
ただ、事前チェックが12時ころのため、早めに会場入りして、
自分以外のセッションも見る予定です。

最新テクノロジーの建物への実用化が思っている以上に進んでおります。
明日は、もっと驚く話も聞けるでしょう。

事例1082 「ビス間隔が遠い」

昔、勤めていたハウスメーカーでは、集合住宅の部署に居ました。
どうしても移動が多い3月に完成が集中するため、
昔から3月は忙しいイメージしかありません。

検査の仕事も、1年で3月が一番忙しいため、
4月になると少しホッとします。

 

■(1)今回の事例______________

「ビス間隔が遠い」
_______________________

◆写真解説

耐力壁石膏ボードのビス間隔。規定100mmのところ150mmで施工。
耐力不足。緑のテープはビスの位置(磁石で確認)

 

◆内容説明

ビスが少なければ、その分耐力が落ちる。
石膏ボードで耐力を取るのは、主に2×4住宅。

窓などの開口がない壁は、耐力壁としているケースが多い。

石膏ボードは、合板などに比べると、耐力は小さいが、
数が多いため、ビスの不備があると、かなりの耐力減となる。

在来工法になれた大工さんが施工すると間違いが起きやすい。

 

最近、裁判で和解案が出た事件は、このビス間隔不備を認めてもらいました。

その一方で、同じ裁判所で審議している別の事件では、
認められない雰囲気になっています。
もちろん、裁判官、専門委員は同じでありません。

同じ内容の瑕疵でも、判断が真逆になることも珍しくありません。
事前の予想が難しいのは、こういった理由があります。

 

◆対策

クロスを貼る前にチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

ドローンについて、少し調べてみました。

住宅の調査で使おうとすると、墜落のリスクを考え、小型が良い。
小型の一番のデメリットは、飛行時間がかなり短い。
電池が軽い分、仕方がないです。

飛行時間が飛躍的に長くなれば、実用化が進むと見ています。

電池以外にも、今時点でいろいろ問題がありますが、
将来的には解消されていくと思います。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る