ブログ

事例1115 「筋交い欠損」

先月は着手物件が多く、新築検査が忙しかった。

工程が皆、同じペースで進むと、検査も同じ時期に集中します。
来週あたり一旦、新築検査が少なくなる予定ですが、
また、今月中旬から予定が集中しそうです。

 

■(1)今回の事例______________

「筋交い欠損」
_______________________

◆写真解説

ホールダウン金物に干渉し、筋交いが削られている。
大きな力がかかった際、破損しやすくなる。

 

◆内容説明

大工なら、筋交いを切り欠いてはいけないことを知っている。
切り欠いて、知らん顔する大工は悪質です。

今回の原因は、基礎に埋め込んだボルトの位置が悪い。
本来、筋交いと干渉しない位置にボルトを埋め込む必要がある。

筋交いの切り欠きは建築基準法施行令でも禁止している行為。
切り欠きなどの欠点は、大地震時に筋交いが役に立たない恐れがある。

 

◆対策

構造検査時に、筋交いが切り欠かれていないか、全数検査をする。

 

==============================

■(2)編集後記

メインで乗っている車が、昨日で購入して丸1年。
走行距離は43,000KM。初回の車検時には13万KMになる計算です。
もう1台、遠出用の車があるので、合計年間5万KM以上、車移動しています。

ここ10日ほどは、珍しく100KM圏内で仕事してました。
明日は、久しぶりの出張。250KM先の場所に欠陥検査に行きます。

事例1114 「鋼製束施工忘れ」

昨日のTVロケの疲れが出たのか、
今朝は1時間ほど、寝過ごしました。

普段、朝早く事務所に行っているため、
現場の予定に遅れることはありません。

 

■(1)今回の事例______________

「鋼製束施工忘れ」
_______________________

◆写真解説

鋼製束の施工忘れ。
910mm間隔で設置する計画で、図面にも記載がある箇所。
床がたわむなどの影響がある。

 

◆内容説明

新築の完成検査で発見。原因は入れ忘れ。
取りつけした大工は、未施工に気づいていないと思う。

頻繁にある事例ではないですが、時々、見かけます。

一般的には900mm~1000mm間隔に束を設置し、1階床を受ける。
施工忘れは、大引きがたわみやすくなる。

 

◆対策

2重チェックなどで防げる事例。

 

==============================

■(2)編集後記

免震装置の不正がKYB以外に、川金HDでも発覚。

今後、さらに増えるのではないかと思っております。
免震装置だけにとどまらず、住宅の制震装置にまで飛び火していく
可能性があるかもしれません。

住宅の制震装置を交換しようとすると、壁をめくる必要があり、
工事が大変です。

事例1113 「鋼製束施工不備」

本日、帰りの新幹線、エクスプレス予約ができない。

カード会社へ問い合わせしたところ、限度額を超えそうとのこと。
急遽、窓口で購入しましたが、スマホでチケットが買えないのは不便です。

カード会社へ連絡し、限度額を上げてもらいます。

 

■(1)今回の事例______________

「鋼製束施工不備」
_______________________

◆写真解説

1階床を支える鋼製束。
大引きを受ける箇所が半分折り曲げられ、かつ、ナットも締まっていない。

 

◆内容説明

床下点検口を設ける時、邪魔なので折り曲げ、
あとから直そうとして、そのままになった。

ジャッキ部のナットの締め忘れも、家全体で5ケ所ほどあった。

床下で指摘されないことが多く、大工は手を抜きやすい。

鋼製束が動けば、床鳴りなどの原因となる。
地震などで床が壊れないためにも、きちんとした施工が大事です。

 

◆対策

完成時に床下を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

「免震装置、KYBが不正 データ改ざん」
不正や改ざんのニュースはたくさんありすぎて、驚かなくなりました。

消費者が飛びつきたくなる商品。
販売ができないと会社の売り上げに大きく影響する。
ズルしてでも認定を通したかったのでしょう。

住宅では免震装置を見かけなくなりました。
制震装置にシェアを奪われたためだと思います。

不正した装置を取り替えるとなるとKYBは費用を負担できるのでしょうか?
今後の動きに注目です。

 

 

事例1108 「火打ち梁 ボルト未施工」

明日、検査に行くところは、7月の大雨で土砂崩れが起き、
未だに国道が通行止め。

遠回りして現場に入らないといけません。

昨日も大雨が降っています。
年々、雨の降りが強くなっているため、
家もそれに対応していく必要があると思います。

 

■(1)今回の事例______________

「火打ち梁 ボルト未施工」
_______________________

◆写真解説

完成後の検査で見つけた火打ち梁、接合ボルト抜け。
施工忘れ+検査をしていない(見落としている)。

 

◆内容説明

昔の写真ではありません。最近のものです。

構造は瑕疵保険の検査もありますが、
細かな所まで見るようになっていないようです。
また、大工も気づいていないと思われる。

構造材の留め忘れは、耐力低下につながる。

 

◆対策

ボルトくらいの大きさでも、気にして見ないと、見えてこない。
金物類の全数検査を行う。

 

==============================

■(2)編集後記

ドイツにボランティア(歴史建造物の修復)に行っていた息子が帰国しました。
もともとスリムなのに、約20日間で5KGも痩せて帰ってきました。

農村だったため、野菜をメインに支給されたのと
圧倒的に女子が多く、そのほとんどがベジタリアンだったようです。

寝袋、自炊生活という条件にもかかわらず、参加者のほとんどが女子。
日本人は、息子の他に一人だけ。
皆、積極的で英語のレベルも高く、圧倒されていたようです。

現地集合で個人的に申し込むボランティア。
女子人気が高いということを知りませんでした。

現地とベルリンの写真

事例1087 「鋼製火打ち梁、座金未施工」

連休後半、現場予定を入れなかったため、
今週は現場予定がほぼ、埋まっております。

週末も休みなしで現場へ出ます。

 

■(1)今回の事例______________

「鋼製火打ち梁、座金未施工」
_______________________

◆写真解説

鋼製火打ち梁、ボルト部の座金未施工。最近検査でよく指摘をする。

 

◆内容説明

木製に代わり、最近では鋼製火打ちが主流になってきた。
ボルト接合部で、材へのめり込みを防ぐため、座金を使用するのが一般的。
施工マニュアルを見ても座金使用がうたわれている。

また、基準法施行令にも記載がある。

建築基準法施行令 第3節木造 第47条2
・・・ボルト締には、ボルトの径に応じ有効な大きさと厚さを有する座金を使用しなければならない。

火打ち本体が鋼製のため、座金は要らないと大工さんが勝手に判断しているケースもある。

 

◆対策

構造検査時に全数チェックをする。

 

==============================

■(2)編集後記

この連休、子供のリクエストで、1日だけ春スキーに行きました。
標高2000M超にあるゲレンデはこの日、猛吹雪。
気温も低く、春スキーという雰囲気には程遠かったです。

駐車場でブーツに履き替える際、腰に違和感が出ました。
滑るには問題のない痛さのため、1日滑り切りました。

最近、腰の違和感を頻繁に感じるようになり、針治療だけに頼るのは、無理がある。
なので、腰を鍛えることにしました。

鍼灸師やスポーツトレーナーによると
私の腰痛の原因は、お尻の筋肉にあるそうです。

原因が分かれば、そこを集中して鍛えます。

事例1070 「火打ち梁のボルトの種類が違う」

気温が上がりません。
滋賀県に検査に行きましたが、帰り道、彦根あたりで2℃。

明後日くらいまでこの寒さが続きます。
水道管、生コンなどの凍結に注意が必要です。

 

■(1)今回の事例______________

「火打ち梁のボルトの種類が違う」
_______________________

◆写真解説

火打ち梁の固定ボルト。抜いてみたら長さ5CMのスクリューだった。
本来、貫通ボルトを施工する必要がある。

 

◆内容説明

鋼製の火打ち梁。固定は、貫通ボルト+釘で構造認定を取得している商品。
短いスクリューでは、強度不足になる。

釘は一緒に付いてくるが、ボルトは現場調達。
大工がボルトの種類を確認しなかった。

ボルトの頭だけ見れば、違いが分かりにくい。
ボルト未施工部があり、その穴を見て間違に気づいた。
(仮にあけた穴が貫通していなかった)

 

◆対策

構造検査時に確認すれば、貫通しているか判断できる。

 

 

==============================

■(2)編集後記

この20日に発売された「日経ホームビルダー」

私がたくさん登場します。
・キッチン換気扇ダクトの記事
・2018年の住宅業界を読む
・結露水の記事
・いつもの連載

このうち2つは12月に取材。TV取材なども重なり、バタバタしました。
2018年の住宅業界を読むは、プロのカメラマンを呼んで約1時間半撮影。
そのうち、使われた写真は1枚だけでした。

TVでも15時間撮影して、放送は15分。
メディア業界は大変ですね。

 

事例1052 「ホールダウンボルトが細い」

新幹線の中からの更新です。

選挙期間中のため、国会議員を駅などでよく見かけます。
今日は片山さつぎ議員と山本一太議員を駅で見かけました。

帰りも名古屋駅で誰か見かけるかもしれません。

 

■(1)今回の事例______________

「ホールダウンボルトが細い」
_______________________

◆写真解説

地震時の柱の引き抜きを防ぐホールダウンボルト。
規定(M16)より細いボルト(M12)が使われている。
所定の耐力が期待できない。

 

◆内容説明

ホールダウンボルトはM16を使用する。
木造住宅の大工や監督にとって、必須の知識です。

未だに間違えるのは、法律、基準に疎い、誰かに指摘を受けないからだと思います。

ボルト径が細いと、地震時の大きな力に耐えられない恐れがある。

 

◆対策

構造の検査時に確認する。
プロであれば、見るだけでM12かM16か区別できる。

 

==============================

■(2)編集後記

今回の件に関する告示が出てから15年以上経過しています。
未だに基準を理解しなくても、仕事ができるこの業界はおかしいです。

日産や神戸製鋼のニュースを見るたび、住宅業界よりは、ましだと思ってしまいます。

明日は建築総合展NAGOYAのセミナー。
満員御礼。毎回、セミナーでは情報の出し惜しみは致しません。
前準備は、ぎりぎりの明日午前中がメインです。

 

事例1049 「火打ち梁の撤去」

今日1日、たくさんのご依頼、お問い合わせがありました。

今現在、10日先くらいまでの予定は結構埋まっているため、
急ぎの依頼は受けられない可能性が高いです。

新築検査以外は、お早めにお問い合わせください。

 

■(1)今回の事例______________

「火打ち梁の撤去」
_______________________

◆写真解説

火打ち梁が取りついていた跡。納まりに支障があり1本外した。
ぎりぎりの設計をしていると、耐震等級が確保できない恐れがある。

 

◆内容説明

小屋梁の火打ち。
耐震等級計算を行うと、火打ちの数が計算に反映される。
計算をしない場合、隅角部については、取り付けが必要であるが、
その他の箇所は設計者の判断で設置をする。
(プレカット業者にお任せが多い)

写真の現場は、耐震等級3の家。
天井点検口と干渉したため、外したと思われる。

1本外したら、計算上問題にならない個所へ、付け直せばよい。
図面、設計通りでない施工。

 

◆対策

施主が構造図を見比べることは、まず行わない。
完成時に建築士のチェックを入れる。

 

==============================

■(2)編集後記

この仕事をしているので、業界の内面をよく知っている。

最近気にして見ていたのは、業者のお客さんへの対応が平等でない。
つまり、エコひいきが存在する。

紛争の場合で例を挙げると、
あるお客さんに対しては解決金を奮発する。
その反面、別のお客さんへは、1円も払わず、簡単な補修で済ませ、
嫌なら紛争を勧める。

業者の対応が悪くなるケースは、過剰な要求をする、
瑕疵に該当しない軽微なことを次から次へ指摘し、きりがないケースなど。
これらは、業者側が嫌う行為の代表的なものです。

反対に対応が良くなるケースは、ミスを責めながらも、
関係者の反感を買わず、相手に迷惑をかけたと思わせることが出来たときなど。

対応を決めるのは相手。担当者の気持ちで対応が決まることも当然ある。
その相手を徹底的に攻撃をしても良い結果は得られません。

冷静になって、うまく立ち回ることを勧めます。

 

 

事例1047 「火打ち梁 緊結不良」

このところ続けて、そこそこ有名な住宅メーカーが倒産している。

詳しい内容まで分かりませんが、忙しくて倒産することもある。
この業界、人出不足などの問題もあり、しわ寄せが拡散しないとよいですが。

 

■(1)今回の事例______________

「火打ち梁 緊結不良」
_______________________

◆写真解説

鋼製の火打ち梁。ボルト部の座金+釘3本未施工。
認定内容どおりでなく、緊結不良な状態。

 

◆内容説明

Zマーク表示金物の鋼製火打ち。
必要な座金、釘が未使用。

(マーク表示金物は、公益財団法人日本住宅・木材技術センターが
1978年に軸組工法用接合金物として制定した規格金物)座金や釘は、別売りでなく、一緒に送られてくる。
大工の勝手な判断で使用されていない。

規格に適合した内容で施工を行わないと、強度が確保できない。

 

◆対策

使用する金物の施工要領を確認し、大工へ指示する。検査をする。

 

==============================

■(2)編集後記

社内検査を現場監督が行っている会社が多い。

現場で見ていると、頻繁に電話をしている監督もいる。
仕方がないかもしれませんが、検査に集中できないでしょう。

私は、携帯を持って現場に入ることはありますが、検査中は電話に出ません。

集中を切らしてはダメだと思うからです。

裁判書類や欠陥検査書類の作成時も、まとめに入る時は一切、電話に出ません。
支障がない早朝に行うケースが多いですが、予想以上に時間が押し、
昼までかかることもあります。

 

 

 

ミス防止を考えていない商品

休み前で昨日まで現場予定が一杯。
昨日は、渋滞にはまりながらも、何とか予定どおりスケジュールをこなしました。

今日から4日間は現場予定なし。
暑い中、現場に出なくてよいのはうれしいです。
欠陥検査の書類作成、原稿書き、本を読むなどして過ごします。

 

日々、検査をしていて、現場でのミス防止措置が足らないと感じることが多いです。
一つの例を紹介します。

写真が鮮明でなく、少し見ずらいですが、
2種類のホールダウンボルトの写真。
メーカー、形状、太さ、色が同じ。
違いは、引き抜き力が違う。(上部の商品の方が強い)

メッキ性能確保のため、色分けが難しく、同じ色になっていると思います。
2種類のボルトが現場に入った場合、長さが同じであれば、間違える確率は高い。

職人や監督がパッと見てわかるような製品つくりをメーカーに求めます。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る