ブログ

事例1001「制震装置組み立て不備」

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

本日から仕事はじめです。
今日は、連絡業務をこなすのに精一杯。

夜に沖縄入りするため、夕方までしか仕事ができません。
本格的な名古屋での仕事開始は7日(土)からになりそうです。

 

■(1)今回の事例______________

「制震装置組み立て不備」
_______________________


◆写真解説

制震装置の固定ボルト。
ナットを締め忘れたまま、断熱材が施工されている。
組み立て不十分できちんと機能を果たさない。

 

◆内容説明

大手メーカーでは標準装備になっている制震装置。
地元工務店での採用率も年々上がっている。

写真は大工がきちんと組み立てしないまま、断熱材が施工された。
未施工は1箇所だけではなく、ほとんど全てのナットが締まっていなかった。

断熱材や石膏ボードで隠れてしまうので施工不備がばれにくい。
また、構造検査時に未施工であることも多いので、
指摘を受けることが少なく、大工もあまり重要視していないと思われる。

制震装置はきちんと組み立てて効果が発揮される。
接合部の緩みがあってはいけない。

 

◆対策

忙しくなると忘れが増える。
隠れる前に据え付けのチェックを行う。

 

==============================

■(2)編集後記

年末、WEBシステムが攻撃される恐れがあると
サーバー会社から連絡が入りました。

年末であるにもかかわらず、HPの会社が対策を講じていただき
安心して休みに入ることができました。

いろいろと外部の専門家に任せられるとよいですが
弊社のような零細組織は、業務に関することや顧客管理は自社で行うしかありません。

忙しくなると弊害も出てきます。
昨年末までに年賀状を処理しきれませんでした。
依頼頂いているお客様などへも出すことができず、
大変申し訳なく思っております。

今年はスタッフに1日余分に出勤してもらいましたが
他の仕事で時間を取られ、そのまま休みに入ってしまいました。

事務スタッフの補強を検討中です。

事例994「補強筋の位置ずれ」

昨日から寒くなりました。
これからはコンクリート打設時の気温を気にします。

打設中や打設後に凍結の恐れがあるときは
打設を中止してもらいます。

 

■(1)今回の事例______________

「補強筋の位置ずれ」
_______________________

人通口補強筋

◆写真解説

基礎開口部の補強筋。
真下に施工する予定が、左側に大きくずれている。
(赤い四角が基礎の開口、黄色の四角が地中に施工した補強筋、位置が合わないといけない)

 

◆内容説明

掘り方の際に位置を間違え、やり直しが面倒なため
ずれたまま、配筋検査を通そうとした。

基礎に開口を設けない方が良いが
それでは床下を点検できない。

開口をあけることによって、構造的に影響が出る場合は
写真のように補強を設ける。

構造計算が不要な木造2階建ては
補強の検討をしないことが多い。

最低でもスラブ内に補強筋を入れるなどした方が良い。

 

◆対策

補強筋は図面で指示がある。
配筋検査時に補強筋をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

最近のブログで何回か書いていますが、業者に嫌われることが多い。
今度は、一部上場企業が検査立ち合いを拒否してきました。

この会社は改善意識がなく、検査に入るたびに指摘が出る。
修理費用の累計が数億円になっていて、恨んでいるかもしれません。
第三者検査会社としては、嫌われる数が多い方が、良い宣伝になります。

来週は、民事再生を果たした会社の瑕疵検査に入ります。
今年だけでも、2件の大修理をさせました。
倒産したときに再生の道を選ばず、
解散してもらった方が世の中のためだったと思います。

事例990「構造上の欠点」

配筋検査の指摘で「かぶり不足」は相変わらず多い。
かぶりはコンクリートを打ってしまうと分からなくなるため
職人があまり注意しない。

非破壊試験の存在を知らないのでしょう。

 

■(1)今回の事例______________

「構造上の欠点」
_______________________

梁の割れ

◆写真解説

梁の端部。大きな節の真ん中が割れている。
貫通はしていないが、火打ちのボルトが取りつく箇所。
大きな力がかかったときに破壊しやすい。

 

◆内容説明

ひび割れ部にボルト貫通が2本。さらに火打ち梁の力がかかる。
この位置のひび割れた大きな節は構造の欠点となりやすい。

木材に節は付き物。
節を嫌っていたら、無垢材で家は建てられない。
構造的な弱点にならなければ、節やひび割れがあっても問題は無い。

プレカット工場で材料を判断してくれればよいが、
それは期待できない。

 

◆対策

構造検査時に確認する。
是正は補強を検討する。

 

==============================

■(2)編集後記

体調不良時の仕事の遅れを取り戻すため
時間的な余裕がありません。

週末も予定が一杯。
静養十分で体が元気な分、頑張って遅れを取り戻そうと思います。

事例985「スラブ筋 加工ミス」

明日から瑕疵検査が続きます。
また受け持つ紛争ごとが増えそうです。

瑕疵検査は1日現場に入りっぱなしになるため
連絡業務などが遅れると思います。

 

■(1)今回の事例______________

「スラブ筋加工ミス」
_______________________

ベタ基礎スラブ筋

◆写真解説

ベタ基礎スラブ筋の端部。
本来立ち上がりの鉄筋外側で曲げるところ(赤線部)、
加工ミスにより長さが短く、内側で曲げている。定着長さ不足。

 

◆内容説明

新築の配筋検査で指摘。

図面では150mm以上、立ち上がり部に定着を取るようになっている。
加工ミスにより100mm程度しか取れていない。
スラブ筋と立ち上がりの接合部が弱くなる。

職人と社内検査員は気づいているはず。
やりかえが大変なためと、コンクリートを打てば分からなくなるため
そのままにした。

 

◆対策

配筋検査で細かく見れば、このような施工は見落とさない。

 

==============================

■(2)編集後記

このところ仕事が非常に混んでおります。毎日、時間に追われています。
ただし、新規依頼を断るまでではありません。
直近1週間は予定が混んでいますが、それ以降は予定を組める状態です。

本業以外に取材や耐震補強計画の依頼なども頼まれたりします。
自分でなくてもできることは、他に任せたりしています。

このような状況で現在、はっきりお断りしているのは、
「電話での質問、匿名のメール相談」
もともと、無料相談は行っていませんが、困っているなら助けてあげたいです。
ただし、状況や相手がよくわからないのに答えるのは間違いのもと。
現場や写真を見ないと判断を誤る可能性があります。

ある医師が言っていました。
「電話での問い合わせが多いが、必ず来院するように伝える。
電話だけで完結して、判断を間違えても責任を取れない。」

建物も同様です。

事例982「2階床合板釘未施工」

今週、TVの撮影があります。

このところTVで欠陥住宅を取り上げる頻度が上がっています。
住宅購入時、気を付けてもらうきっかけになればよいと思います。

 

■(1)今回の事例______________

「2階床合板釘未施工」
_______________________

2階床合板釘未施工

◆写真解説

2階床合板釘未施工。釘の未施工は耐震性能が弱くなる。

 

◆内容説明

いくら壁を強くしても、2階床や屋根面が弱ければ
揺れやすい家となります。

最近の木造住宅は、火打ち梁を省略して
厚さ24mmなどの合板で床を固めます。

写真は肝心の釘打ちが未施工。
新築検査時の弊社の指摘率としては50%を超えます。
釘の数が多いため、社内検査で見落とすケースが多い。

通常、構造検討が、壁量計算だけの2階建ての木造住宅。
耐震等級2,3の計算では、床や屋根の強さも計算します。
確実な施工を行わないと、耐震等級を確保できません。

1階床は、土台が基礎に緊結されているため、計算はしません。

 

◆対策

構造検査時、2階床の釘を全数検査する。

 

==============================

■(2)編集後記

この前、現場で指摘を出したところ、
「設計担当に確認し、OKであれば直さない」と職人が言った。

強度的に明らかにおかしな施工で、図面どおりでもない。
保険会社の検査は、ミスがあっても設計者がOKだと言えばOKになるので
それと混同しているようでした。

結局は直させましたが、この職人は逃げることばかり考えているようです。
他にも加工ミスした材料をそのまま使っていたり
ミスを知っていながら、直さない職人でした。

いい職人さんが多い中で、久しぶり悪い職人に当たりました。

事例978「鋼製束施工不備」

今日は家から現場へ直行。

多治見市へ行く途中、瀬戸市の山中を車で走っていると
休みのような気分になりました。

 

■(1)今回の事例______________

「鋼製束施工不備」
_______________________

1028

◆写真解説

1階床組。鋼製束の長さが短く、間に木を挟んでいる。
正規の施工ではなく不安定な接合。

 

◆内容説明

1階床を支える鋼製の束。
発注ミスなのか、長さが短い。

材料を取り直すと余分な費用が掛かるため、
間違って注文した材料を使ったと思われる。

大地震時に束が外れ、床が抜ける可能性あり。

 

◆対策

床下を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

今日は忙しい1日でした。
現場を3件まわったあと、夕方からはセミナー。
100名くらい入る会場で講演しました。

いろいろな話し、説明をしますが、全てを覚えてもらうのは無理です。
2つ、3つくらい記憶に残ってくれたらよいと思い、話をしています。

事例974「梁接合部の割れ」

台湾へ被害をもたらした台風。
風速85mは信じられない数字です。

この規模の台風が来たら今の基準でも家は持たないでしょう。
年々、台風の威力が大きくなると予想されています。

家を持つことのリスクが上がりそうです。

 

■(1)今回の事例______________

「梁接合部の割れ」
_______________________

梁割れ

◆写真解説

接合部での梁の割れ。乾燥で木がねじれて割れた。
刻みを入れた加工部分は割れやすい。

 

◆内容説明

乾燥した材木を使っても組み立て後、さらに乾燥が進み
ボルトが緩んだり、割れが発生したりする。

接合部は、それぞれが違う動きをするため木が割れやすい。

もともと梁の接合部は、強度の弱点となるため、
金物で補強した上、影響が少ない箇所に設ける。

 

◆対策

このような現象を嫌う場合は
集成材と金物継ぎ手を利用する。

 

==============================

■(2)編集後記

愛知県は交通死亡事故多発警報が発令されています。
それと関係があるのか、名古屋第二環状線などを走っていても
覆面パトカーかいつもより多い気がします。

愛知県は毎年交通死亡事故が全国NO1。
車の多さが原因の1つみたいです。

他の県を走る機会が多いですが、愛知県が特別
運転があらいなどということはありません。

やはり車の多さなどに比例して事故は起きるのでしょうか。

事例971「鉄筋切断」

このところ現場に出過ぎで、休みなしで仕事をしても
書類などの仕事が減っていかない状況でした。

そのため今週、新築検査以外の現場予定を先延ばし又は、お断りをして
書類などの仕事を片付けました。

今後も定期的に仕事を片付ける週を設けるかもしれません。

 

■(1)今回の事例______________

「鉄筋切断」
_______________________

鉄筋切断

◆写真解説

鉄筋コンクリートの壁、設備開口付近で鉄筋切断が切断されている。
X線撮影で確認。

 

◆内容説明

設計図書に記載がない設備開口。
鉄筋切断を疑い、X線撮影したところ、予想どおり切断されていた。

鉄筋が切断されている箇所は構造的に重要な耐力壁。

 

◆対策

X線撮影は高価です。あとから全個所撮影することは難しい。
できるだけ工事中に検査をする。

 

==============================

■(2)編集後記

建物のX線撮影は価格が高いです。

また、1箇所撮影するのに機材のセットで時間を取られるため
1日にMAX15枚くらいしか撮れません。
その上、撮影範囲が15CMほどと狭いため、撮影箇所は限定されます。

それでも内部の鉄筋、金物、電線などを確認できるため
ハードルが下がると普及が進むでしょう。

建築業界でX線が普及したら、手抜きが減るかもしれません。
また、耐震診断などの精度が上がるでしょう。

事例959「基礎底、洗堀り」

名古屋は梅雨があけて良い天気です。

今年は雨があまり降っていません。
水不足が心配です。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎底、洗堀り」
_______________________

洗い堀り

◆写真解説

ベタ基礎底、根入れがないため、土が流れている。
基礎の根入れはベタ基礎で120mm以上必要。

 

◆内容説明

根入れとは、基礎が地中に入る深さ。
ベタ基礎で120mm、布基礎で240mm以上必要(告示)。

根入れは告示の基準を守り、さらに以下の3点に留意する。
・良好な地盤に支持させる
・凍結深度以深とする
・周辺の掘削や雨水の洗掘りによる影響

寒冷地以外では凍結深度を考えなくてよいが
他の2点は重要です。

基礎は根入れが深いと、掘削量が増えて手間。また、残土も出ます。
掘削をせずに現状地盤の上に基礎を施工し、根入れがない工事中の現場を多く見かける。

写真は完成後も土を入れず、1年以上根入れがない状態。

 

◆対策

現場で高さについての説明を受ける。
高さの基準はどこで、そこから地盤は何センチ上がるか。
土は足りるか、足らないかなど

また、その説明が図面どおりか確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

自分の家の欠陥写真を、ブログで紹介して欲しいという問い合わせがありました。

載せる載せないの判断をこちらに任せて頂ければ構いません。

掲載に当たり、確認事項があるといけないため
こちらから連絡を入れて良い方に限ります。(匿名不可)

事例957「柱、梁の隙間」

今週は現場予定が少なかったため
私用、雑用の処理、打ち合わせを多くこなした週でした。

今日の午後は打ち合わせ等が3本。
夜まで予定を埋めています。

 

■(1)今回の事例______________

「柱、梁の隙間」
_______________________

梁の浮き

◆写真解説

2階柱、小屋梁の隙間。ここ1本だけでなく全て空いている。
組み立て時の手抜き。鉛直荷重が柱に伝わらない。

 

◆内容説明

こんないい加減な仕事はプロの仕事ではない。
建築主が気の毒です。

躯体組み立て時、通常は梁を木のハンマーで叩きながら柱へ差し込む。
その作業を省略してしまったようだ。

屋根がガルバニウムで軽いため、屋根荷重でも下がらず
そのまま完成した。

このようなミスを想定していないため
隙間についての基準などはない。

柱、ほぞの断面は梁に接合していないため、荷重が伝わらない。

 

◆対策

構造検査時にチェックをする。

 

==============================

■(2)編集後記

今朝は涼しいです。
ここまで涼しいとエアコンが無くても過ごせます。

ただし、夏場のこういった日を涼しく過ごすには
室内に入る日射を遮る事と、風通しが重要。

日射はあとからでもシェードなどで遮る事ができます。
風通しは、建ててからでは何ともなりません。

契約時にきちんと考えておくことが重要です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る