ブログ

事例956「耐震性不足」

月刊誌の原稿の締め切りが
夏休みの関係で今月は1週間早い。

事前に言われていましたが、
締め切り前日の昨日から原稿を書き出しました。

 

■(1)今回の事例______________

「耐震性不足」
_______________________

耐力不足

◆写真解説

構造耐力不適合。
構造に疑問を抱き、こちらで計算し直したら基準法に適合していなかった。
風で家が揺れ、壁に多くのひびが入っている。新築住宅。

 

◆内容説明

一般的な木造2階建ては、確認申請で構造のチェックを受けない。
つまり、検査機関が気づかなければ、構造が不適合でも確認申請は下りますし、
検査済証も発行される。

この家は、私が検査に入る前から、耐力不足を施主さんが指摘してきた。
業者は改ざんした計算書を出し、安全だと言い張った。

素人は騙せると思ったのでしょう。

 

◆対策

構造図、計算書を提出させ
内容に不審点がないか確認する。又は第三者にチェックを依頼する。

 

==============================

■(2)編集後記

法律条文を理解できない工務店経営者、建築士が多い。

書類で法律条文のコピーをつけ、マーキングまでしてあげても理解ができない。
挙句の果て、自分の都合のよい方に解釈する。

建築の勉強だけしていると、読解力が鍛えられないかもしれません。

私も本をたくさん読むようになったのは30代から。
読むペースより買うペースのほうが早くて
読んでいない本が自宅の机の上に積み上げられています。

事例953「合板濡れ」

今日は移動距離が長かったのと
夜も打ち合わせを入れたため疲れました。

最近はハードに動いたあとでも体重が減りません。
1,2kg落とすのも大変です。

 

■(1)今回の事例______________

「合板濡れ」
_______________________

合板濡れ
◆写真解説

工事中に床合板が濡れた。
合板は乾きにくいため、数日経過しても含水率が70%もある。
乾くまでフローリングを貼れない。

 

◆内容説明

この時期に躯体を組むと濡れやすい。
最近の木造住宅は、1階床を先に組むケースが多いため
1階床が濡れやすい。

濡れたまま、フローリングを貼ると
接着剤が付かない、表面にカビが生えるなどの影響が出る。

 

◆対策

養生しても濡れることがある。
濡れた場合は、風を当てるなどして乾かす。

 

==============================

■(2)編集後記

5,6月は瑕疵検査のほうが少し落ち着いていましたが
7月はすでに瑕疵検査の依頼がたくさん入っております。

また書類作成に追われそうです。

事例940「基礎天端仕上げ不良」

弁護士との打ち合わせまで時間があるため、
名古屋市中区の弁護士事務所近くで書いています。
(送信は夜ですが・・)

まわりは大勢の警察官。
近くのホテルに要人が泊まるみたいです。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎天端仕上げ不良」
_______________________

◆写真解説

土台右側の角だけが基礎パッキンに接している。
原因を調べると、土台が反っているのではなく、
基礎天端が斜め。

 

◆内容説明

施工不良なのか、基礎幅150mmの端と端で
高さが数ミリ違っている。

基礎の天端は、流し込むだけで水平になる
「レベラー」という材料が多く使われている。

材料を信じ込み、確認しないと
このような不良も見逃してしまいます。

基礎へきちんと耐力を伝えるためには
土台の底がきちんとパッキンに接している必要がある。

 

◆対策

基礎完成時、基礎の天端を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

裁判終了の報告を頂きました。
予想通りの良い結果です。

夕方、新たに裁判物件が1つ増えたため、
手持ちの数は変わりません。

裁判に付き合うのも大変です。
確実に恨みを買いますし、途中いろいろ苦労します。

また、費用面を考えますと、断って他の仕事をしていた方が良いです。
それでも、依頼を受ければ最後まで努力いたします。

事例938「梁の欠損」

雨漏りした家の外壁撤去作業を見てきました。

予想どおり、あるべきもの(防水テープ)が施工されていない。

完全な手抜きですが、施工した職人は
これでいいと思って施工したと思います。

瑕疵の大半は無知が原因です。

 

■(1)今回の事例______________

「梁の欠損」
_______________________

梁の欠損

◆写真解説

2階床の写真。梁のど真ん中に配管の立ち上げがある。
大梁上部をかなり欠損している。

 

◆内容説明

梁の大きさ(高さ)は、下で支える柱間の距離や荷重。
または構造計算によって決める。

今回、大きな梁の中央部の上を、
配管を設置するため大きく切り欠いた。

政令には梁中央部の下は切り欠いてはいけないとある。
上部については記載されていないが、
大きな切り欠きは、構造の欠点になりやすい。

計算などで安全を確かめない限り、大きく切り欠いてはいけない。

 

◆対策

設備機器の配管位置を事前に確認。
できるだけ構造材に当たらないようにする。

 

==============================

■(2)編集後記

6月3日(金)セミナーを行います。

内容は建築業者向けで、一般の方向けではありません。
また、申し込み条件は、読者限定だったと思います。

詳細は以下
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/books/14/505057/041500002/
今回は、時間も長くかなりの情報を出す予定です。

裁判、紛争を数多くサポート。そのため業者から恨みを買い、
過去に2回も暴力団を送り込まれたことがあります。
法律が厳しくなった現在では、スパムメールを大量に送りつけられる。
検査が原因で損をしたと不当な請求を起こされることも。

業者から恨まれ、敵対していそうな私ですが、
それは悪徳業者に対してのみ。
前向き、真面目に取り組んでいる方への協力は惜しみません。

欠陥住宅を減らすための内容を講演します。

耐震等級

昨年は4件ほど、耐震等級3で契約、設計したにも関わらず
瑕疵検査の結果、手抜きにより、耐震等級1も満たしていない家があった。
(耐震等級は3が最高。1が基準法レベル)

保険の検査などがあるはずなのに、未だに構造瑕疵が多い。
手抜きをするような業者は、簡単に非を認めないため、
このうちの2件はすでに裁判になっている。

熊本の地震で耐震等級2の家が倒壊したようです。
設計だけ耐震等級を取っていても意味がないです。
きちんと施工をさせて、その性能になります。

新しい家も倒壊・全壊

建築学会が昨日発表した熊本県益城町を対象にした調査の速報値。
2000年以降に建った住宅のうち、倒壊・全壊したものは10~17棟。

全体数が分からないが、町の規模からすると、かなりの確率になるかもしれない。

阪神淡路大震災後の2000年に木造住宅の構造に関する基準が強化されている。
この基準を守れば大地震が来ても倒壊・全壊まではしないと思われていたが
実際に大きな被害が出てしまった。

法改正から数年間は、現場への認知が低く、規定通りでない現場が多かった。
私の記憶では2010年ころまで構造金物が正しく施工されていない家が多かった。

倒壊・全壊の原因が欠陥によるものか、今後情報が出てくるであろう。
その結果によっては、構造の基準が厳しくなる可能性がある。

また、熊本県では耐震等級2の家も倒壊したようです。
これらの情報を入手し、今後のアドバイスなどに生かそうと思います。

事例937「基礎のクラック」

ここ数ヶ月続いた忙しさがひと段落しました。

それでも雑誌原稿の締め切りが迫るなど
やることはたくさんあります。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎のクラック」
_______________________

異種基礎

 

◆写真解説

建物の基礎と擁壁が接合されている。
擁壁の動きでクラックが発生。本来は切り離す必要がある。

 

◆内容説明

建物基礎下には杭あり。擁壁下には杭がない。
施工時に一体でコンクリートを打設したため一体化。
擁壁が沈下で動き、ひび割れを起こした。

設計は切り離すようになっている。
現場判断で一体化させてしまった。

 

◆対策

現場監督が見落とさないように、設計図書の書き方を工夫する。

 

==============================

■(2)編集後記

建築業界で働く知人の判断が原因で
住宅メーカーとトラブルになっているケースが多い。

ほとんどのケースは知人に悪意はない。
自分の経験で意見したことが、住宅メーカー側からするとずれている。
1つの会社で仕事を長くやっていると他所のことが分からない。

瑕疵の判断は難しい。無駄な争いを避けるため、
ハウスメーカー側の説明も聞くことが大切です。

事例923「基礎鉄筋切断」

このところ昼間は現場に出っぱなしで
メールなどで送られてくる資料の確認が追いつきません。

仕事の優先順位があるため
後回しになる場合があることをご了解ください。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎鉄筋切断」
_______________________
鉄筋切断
◆写真解説

基礎にあとから穴をあけたとき、鉄筋を2本切断してしまった。
鉄筋の位置は非破壊で調べること可能。

 

◆内容説明

コンクリートに穴をあける機械は
設備屋さんならほとんどの人が持っている。

ただし、鉄筋の位置を測る機械はほとんど持っていない。

そのため、鉄筋の位置を気にすることなく
穴あけされるケースが多い。

横浜のマンションでこの穴あけが問題になり
建て替えが決定しました。

住宅の基礎でもあとからの穴あけは珍しくないです。

写真の現場、なぜあとから基礎の穴をあけたのか?
驚きの理由を次回紹介します。

 

◆対策

工事開始後の設備の変更を避ける。

設備配管の位置を基礎図に反映させ、
コンクリートを打設する前にスリーブを入れる。

 

==============================

■(2)編集後記

最近、大東建託の現場がやけに目につきます。
それだけアパートが建っているのでしょう。

よく本に、家は買うなと書いてある。

金銭の損得を考えればそうかもしれませんが、
借家は部屋が少ない、狭い、収納が少ないなど
条件が合うものがなかなかないため、
家を買おうという人も多いと思う。

過去、ハウスメーカーにいる時
何百件もの借家を建てました。

その中で4LDKは1件あったかどうかくらいで
ほとんどが1Kか2LDKくらい。3LDKもほとんどなかった。

広くなると家賃が上がり、借り手が少ない。
無難な2LDKくらいが増え続けます。

住宅の構造計算ミス

過去に起きたマンション偽装事件。
構造計算の偽装を役所などが見抜けなかった。

現在は法が改正され、高さ20mを超える鉄筋コンクリート造の建築物など
一定規模以上の建築物については、構造計算適合性判定があり
間違いがないかチェックをされている。

それ以外、3階建て住宅などは今でも適合性判定がないため、
偽装や間違いが頻発している。

先月、瑕疵検査を実施した木造3階建て。
荷重設定のミスや構造計算書と構造図、現場の不整合が多いため、
依頼者に追加費用を頂き、再計算を行った。

結果は予想どおり、いろいろNGが出てきた。

このような例は珍しくない。2階建ての耐震等級の計算や
壁量計算などもよく間違っている。

確認申請でミスを見つけないため、
計算が間違っている住宅が多数存在していると思われる。

事例911「大引き貫通」

本日、ダブルブッキングをやってしまいました。

そのため、比較的余裕な1日だったはずが、
バタバタの1日になりました。

再発防止策を考えないといけません。

 

■(1)今回の事例______________

「大引き貫通」
_______________________
大引き欠損
◆写真解説

1階床の荷重を支える鋼製大引き。
トイレの排水管が貫通し、ほぼ全面に及ぶ断面欠損。
補強措置などもない。

 

◆内容説明

配管は位置を大きく動かせない。
大引きの位置をずらしておくべきだった。

シロアリ対策のためか、鋼製の大引きを使用。
中は空洞なため、写真のように大きく切り欠かれると
耐力的に弱くなるのは確実。

1階床は、人や家具などの荷重しか支えないため
かなり重たいものをのせない限り、これでも持つ。

欠損させた場合は、補強をしておくべきである。

 

◆対策

配管位置を考慮し、大引き位置を図面で指示する。

 

==============================

■(2)編集後記

長期金利がマイナスになったことで
住宅ローンの借り換え相談が増えているようです。

残債が多く、返済期間が長く残っている方は特に、
借りた金利を確認し、金利差に開きがあれば
借り換えの検討をお勧めします。

これから借りる方も含め、固定金利にするか、変動にするか
迷われると思います。

今後、金利がどう動くか分かりません。
人に聞くよりは、自分で決めるしかないと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る